Microsoft Project Server 2013 の新機能

< その他の Project のヘルプ

このリリースでの機能強化の中心は、作業の管理を容易にすることと、作業を簡単に効率よく実行できるようにすることです。Project Web App for Microsoft Project Server 2013 では、プロジェクト マネージャー、チーム メンバー、ポートフォリオ マネージャー、サイト管理者のための機能が強化されています。さらに、Microsoft SharePoint Foundation 2013 に追加された機能が Project Web App for Project Server 2013 と緊密に統合されています。この記事では、これらの機能強化について説明します。

この記事の内容

時間および作業状況の報告と承認

プロジェクト管理に関して強化された機能

Project Web App での SharePoint タスク リスト

Microsoft Exchange Server と Project Web App の統合

プロジェクト データへのモバイル アクセス

BI センターとレポートの可用性の強化

需要管理

Project Web App for Microsoft Project Online

SharePoint Foundation 2013 のプロジェクト サイトとマイ タスク

プロジェクト サイト

ユーザーの個人用サイトでの [マイ タスク]

時間および作業状況の報告と承認

チーム メンバーのためのタイムシート ユーザー インターフェイス (UI) が大きく変更されています。リボンのオプションが複数のタブに分けられ、最もよく使われる機能が 1 つのタブにまとめられているので、報告作業が簡単になります。タイムシートへの行の追加が以前よりも簡単になりました。また、管理のための行がタイムシート間で引き継がれます。さらに、プロジェクト作業データとは別の管理用データをサードパーティのアプリケーションや内部レポートで使うことができますが、このデータからチーム メンバーのタスクやプロジェクトまで管理されることはありません。

チーム メンバーから提出された時間およびタスクの状況を承認するための機能についても、改善が行われています。承認プロセスを組織の既存のビジネス プロセスに合わせることができるように、変更が加えられました。具体的には次のとおりです。

  • 承認プロセスにイベントを追加できます。このイベントを利用すると、サードパーティのアプリケーションでタイムシート承認ワークフローを実装できるようになります。

  • タイムシート合計のチェックに関して、パートタイム従業員を考慮するような詳細な調整ができます。

また、Project Web App の新機能として、過去のタイムシート データを無期限に保管できるようになりました。そのため、コンプライアンスなどの理由で古いタイムシートの記録を残しておく場合も、パフォーマンスに大きな影響が及ぶことはありません。

ページの先頭へ

プロジェクト管理に関して強化された機能

Project Web App のスケジュール Web パーツが改善され、データへのアクセス速度が向上すると共に、Microsoft Project 2013 クライアント アプリケーションで使われているスケジューリング エンジンに機能性が近づきました。次のような点が更新されています。

  • 現在のタスクだけでなく、プロジェクト計画全体のスケジュール設定を、[計算] をクリックしたり F9 キーを押したりしなくても行うことができます。

  • コスト型や数量単価型のリソースをタスクに割り当てることができます。

  • タスクに期限を割り当てることができます。

  • 数式型のユーザー設定フィールドは、ユーザーが Project Web App でフィールドを操作しているときにすぐに更新されます。

  • タスクのタイプとして "期間固定" と "残存作業の優先" があり、どちらもすべての機能を備えています。

  • ユーザーがプロジェクトを編集しているときに、何も操作が行われないまま一定の時間が経過すると編集セッションはタイムアウトになります。これは、メモリの浪費を防ぐためです。また、タイムアウトは、電源、ネットワーク、ディスクなどの障害から復旧できるようにするためにも必要です。

  • プロジェクト タスクを視覚的に表すタイムラインがスケジュール Web パーツに追加されました。

ページの先頭へ

Project Web App での SharePoint タスク リスト

Project Web App では、SharePoint タスク リストをプロジェクト センターに取り込むことができるようになりました。これは、これまでのライトウェイト プロジェクトの管理から、より成熟したエンタープライズ プロジェクト管理ソリューションへの移行をサポートするためです。SharePoint タスク リストが Project Web App に接続されると、そのタスク リストはプロジェクトの 1 つとして、主に読み取り専用状態で表示されます。SharePoint タスク リスト プロジェクトをレポートに取り込むこともできます。また、SharePoint タスク リスト プロジェクトでの割り当ては、リソースの利用可能性を検討するときに考慮されます。

タスクの作業が進んでいくと、プロジェクトの計画と管理に関する Project Web App の堅牢な機能が大いに役立つ可能性があります。接続されたタスク リストをエンタープライズ プロジェクトに変更すると、このプロジェクトは Project Web App で変更できるようになり、元の SharePoint サイトでは読み取り専用となります。

ページの先頭へ

Microsoft Exchange Server と Project Web App の統合

Project Web App では Exchange Server との統合に関する機能が強化されており、チーム メンバーはタスクの進捗状況を、Microsoft Outlook や Outlook Web App を使って、あるいは Exchange に接続されたモバイル デバイスを使って報告することができます。多くのユーザーが常時起動したままにしているツールと、Project Web App が統合されるので、作業時間やタスクの状況の報告がいっそう簡単になります。

このようなタスク レベルの統合に加えて、Project Web App では "不在" 情報も統合されています。そのため、プロジェクトの作業をスケジュールするときに、ユーザーの Exchange 予定表で設定された不在時間を考慮するように Project Web App を設定できるようになりました。ユーザーの Outlook 予定表は、リソース カレンダーと同期されるので、不在になる時間帯が Outlook で指定されていると、そのユーザーの作業時間は、Project Web App のスケジューリング エンジンによって、不在の時間帯を除いて計画されます。つまり、休暇の予定に合わせてスケジュールを複製する必要はなくなりました。

ページの先頭へ

プロジェクト データへのモバイル アクセス

Project Web App での新機能の 1 つに、プロジェクト データへのモバイル アクセスがあります。Web ベースのモバイル サイトが追加されたので、チーム メンバーやプロジェクト マネージャーがプロジェクトの状況をモバイル デバイスで簡単に見ることができます。このタッチ対応のモバイル サイトでは、プロジェクト関連ドキュメントにアクセスして編集することや、プロジェクト計画を編集することができ、Windows Phone 7.5 (Internet Explorer 9 ブラウザーを使用)、Apple iPhone、Android デバイスに対応しています。

ページの先頭へ

BI センターとレポートの可用性の強化

Project Web App では、ビジネス インテリジェンス (BI) センターのレポート機能が改善されており、よりスムーズに操作できるようになりました。具体的には、ユーザー インターフェイスが改善され、視覚的にわかりやすい一連のレポートとダッシュボードが新たに導入されました。新しいレポートは、多くの部分がカスタマイズ可能であり、新しい OData サービスが使用されているので、その場でオンライン レポート作成が可能です。

ページの先頭へ

需要管理

需要管理機能は、Microsoft Project Server 2010 で導入されました。需要管理とは、すべての作業提案を取り込んで 1 か所に集め、複数のステージが用意されたガバナンス プロセスを通過させることです。この中で、どの提案を承認するかが決定され、作業完了までの間、進行状況が追跡されます。Project Web App for Project Server 2013 での大きな変更点の 1 つは、Microsoft SharePoint Designer 2013 を使って需要管理のための Project Web App ワークフローを作成できるようになったことです。

ページの先頭へ

Project Web App for Microsoft Project Online

Project Web App for Project Server 2013 のリリースに合わせて、Office 365 の新しいサービス、Project Web App for Microsoft Project Online がリリースされました。Project Web App for Project Online では、運用のための保守はすべてホステッド サービスによって処理されるので、残りはプロジェクト管理オフィス (PMO) 管理タスク (ユーザー、タイムシート、ユーザー設定フィールド、ビューなどの設定) だけとなります。ポートフォリオ マネージャー、プロジェクト マネージャー、チーム メンバーは、インターネットに接続できる場所ならばどこからでも Project Web App for Project Online にアクセスできます。また、 Project Online には Microsoft Project for Office 365 が含まれています。これは、Microsoft Project Professional 2013 のサブスクリプション版であり、ダウンロード可能です。

ページの先頭へ

SharePoint Foundation 2013 のプロジェクト サイトとマイ タスク

Microsoft SharePoint Foundation 2013 で多数の新機能が追加された結果、ライトウェイト プロジェクトの管理機能は、Project Web App がインストールされていなくても実行できるようになりました。Project Web App もインストールされているときは、この SharePoint の機能が拡張されて、Project Web App のさらに複雑なプロジェクト管理機能が組み込まれます。

この SharePoint との統合の目標は、1 人のユーザーのすべての作業を 1 つの場所でできるようにすることです。SharePoint Foundation 2013 の中で、その "1 つの場所" となるのは、プロジェクト サイト (プロジェクトでのチーム作業に最適) またはユーザーの個人用サイトです。

プロジェクト サイト

プロジェクト サイトを使うと、組織内のユーザーはライトウェイト プロジェクトで効率的に共同作業できます。プロジェクト マネージャーは、プロジェクトの進行状況を簡単に把握でき、チーム メンバーは全体の中での自分の作業の役割を簡単に確認できます。プロジェクト サイトでは、チームは関連するデータ、ドキュメント、およびコミュニケーションへアクセスしたり、これらを共有したりできます。

プロジェクト サイトの特徴は次のとおりです。

  • プロジェクトのタスクを視覚的に表すタイムライン

  • プロジェクトの完全なタスク スケジュール

  • プロジェクトの関連ドキュメントを保管するためのライブラリ

  • プロジェクトについての情報をすばやく取り込んで整理するためのノートブック

  • チームのイベントの共有予定表

  • Project 2013 クライアント アプリケーションへの接続が可能

  • Project Web App への接続が可能

SharePoint Foundation 2013 が Microsoft Exchange Server 2013 に接続されているときは、プロジェクト サイトにチーム メールボックスを組み込むこともでき、進行中のプロジェクトに関するコミュニケーションをすべてここに集めることができます。プロジェクト サイトが Project Web App に関連付けられたサイト コレクションの一部である場合、問題、リスク、および成果物の把握にも使用できます。

Project Web App での SharePoint タスク リスト」でも説明しているように、プロジェクト サイトのタスク リストを Project Web App のプロジェクト センターに取り込んで、レポートやリソース使用可能性の分析で使うことができます。プロジェクトが成長して複雑さが増した場合は、プロジェクト サイトのタスク リストをエンタープライズ プロジェクトに変換すると、Project Web App を使用して管理できるようになります。

ユーザーの個人用サイトでの [マイ タスク]

ユーザーの個人用サイト内にある [マイ タスク] ページを使うと、SharePoint タスク リスト、Outlook、OneNote、Project Web App のタスクを 1 つの場所に集めて見ることができます。タスクを表示して編集するためにさまざまな製品、リスト、サイト、サイト コレクションに移動する必要はなく、自分の [マイ タスク] ページにアクセスするだけで、対応が必要なタスクをすべて 1 つの場所で見ることができます。

[マイ タスク] ページでは既存の Project Web App タスクを更新でき、結果は Project Web App に同期されます。たとえば、アクティブな Project Web App タスクの状況を [マイ タスク] ページで "完了" に変更すると、変更は Project Web App に転送されます。

[マイ タスク] ページには、タスクの整理に便利な多数の機能があります。

  • タイムライン   タイムラインとは、そのユーザーに割り当てられている最近および今後のタスクを視覚的に表す機能です。 既定の設定では、過去 1 週間と今後 3 週間のすべてのタスクが表示されます。タイムラインはすべての部分がカスタマイズ可能であり、自分にとって最も意味のある形でタスクを表示するのに役立ちます。

  • 重要なタスク    [重要] フラグを使うと、そのタスクが高優先度である、または自分にとって特に重要であることを指定できます。

  • ビューとフィルター   さまざまな方法でタスクを表示およびフィルタリングできるので、見たいタスクを見たい形で表示できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×