Microsoft Power Query for Excel の概要

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

注: クエリ エディターは、Power Query の一部です。クイッククエリ エディターを表示する方法のビデオは、この記事の最後を参照してください。

Power Query では、直感的な操作とな一貫性のある、グループの検出と組み合わせると、さまざまなソース リレーショナル、構造化、半構造化など、OData、Web、Hadoop の間でデータを絞り込むのために、Excel のセルフ サービス ビジネス インテリジェンス (BI) が向上します。

作業の開始

Power Query の動作に関心がある場合は、 『Power BI - 作業の開始ガイド』で、外部データに接続し、データを変換し、データ モデルを作成するブックの作成に使用されている Power Query を示したセクションを参照してください。 ガイド全体を読むことも、「Power Query」のセクションに直接進むこともできます。

Power Query では、組織内でクエリの共有、管理やデータの検索を行うことができます。企業内のユーザーは、これらの共有クエリ (共有されている場合) を検索して使用し、クエリの中の基になるデータを使用してデータ分析やレポート作成を行うことができます。クエリの共有方法の詳細については、「クエリを共有する」を参照してください。

Power Query で可能な操作

  • さまざまなソースのデータを検索、接続します。

  • データ ソースをマージ、整形してデータ分析要件に合わせたり、PowerPivot や PowerView などのツールで詳しい分析、モデリングの準備をしたりします。

  • データのカスタム ビューを作成します。

  • JSON パーサーを使用して、Big Data や Azure HDInsight のデータを可視化します。

  • データ クレンジング操作を実行します。

  • 複数のログ ファイルからデータをインポートします。

  • Excel グラフを表示する Facebook などからクエリを作成します。

  • XML、Facebook、ファイル フォルダーなどの新しいデータ ソースから、更新可能な接続として PowerPivot にデータを取り込みます。

  • Power Query 2.10 以降では、組織内でクエリの共有、管理やデータの検索を行うことができます。

Power Query のデータ ソース

  • Web ページ

  • Excel ファイルまたは CSV ファイル

  • XML ファイル

  • テキスト ファイル

  • フォルダー

  • SQL Server データベース

  • Microsoft Azure SQL データベース

  • Access データベース

  • Oracle データベース

  • IBM DB2 データベース

  • MySQL データベース

  • PostgreSQL データベース

  • Sybase データベース

  • Teradata データベース

  • SharePoint リスト

  • OData フィード

  • Microsoft Azure Marketplace

  • Hadoop ファイル (HDFS)

  • Microsoft Azure HDInsight

  • Microsoft Azure テーブル ストレージ

  • Active Directory

  • Microsoft Exchange

  • Facebook

関連トピック

外部データ ソースからデータをインポートする

データの整理

クエリを共有する

注: クエリ エディターは、新しいクエリの読み込み、編集、または作成を行うときにのみ表示されます。次のビデオは、Excel ブックからクエリを編集した後で表示される [クエリ エディター] ウィンドウを示します。既存のブック クエリを読み込んだり編集したりせずにクエリ エディターを表示するには、[Power Query] リボン タブの [外部データの取り込み] セクションから [その他のデータ ソース]、[空のクエリ] の順に選択します。次のビデオでは、クエリ エディターを表示する 1 つの方法を示しています。

Excel でクエリ エディターを表示する方法

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×