Microsoft Power Query for Excel のヘルプ

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query では、データ検出、データ変換、データ エンリッチメントのため、クラウドに対応するデスクトップを提供します。

標準的な Power Query の機能

Excel で詳細に分析するためのデータの簡単な検索、結合、絞り込み。

* 一般向けに提供された (GA) バージョン番号は、Power Query 1.5.3296.2082 と Power Query 2.10.3547.461 です。

Power Query for Excel の詳しい情報

はじめに

Microsoft Power Query for Excel は、データ検出、データ変換、データ エンリッチメントのために、直感的なユーザー インターフェイスを備えています。

作業の開始

組織内でクエリの共有、管理やデータの検索を行うことができます。クエリの共有方法の詳細については、「クエリを共有する」を参照してください。

Microsoft Power Query for Excel の概要

Microsoft Power Query for Excel は、データ検出、データ変換、データ エンリッチメントのために、直感的なユーザー インターフェイスを備えています。

外部データ ソースからデータをインポートする

Power Query では、さまざまなデータ ソースからデータを Excel にインポートできます。 データ ソースに接続した後、データ分析の要件に合うようにデータを整理できます。

データの整理

データ分析の要件に合うように、クエリ ステップを編集して、複数のデータ ソースから取得したデータを整理します。

Excel ワークシートにクエリを追加する

クエリから Excel ワークシートにデータを挿入します。 クエリからデータを挿入するとき、Excel データ モデルにクエリを読み込むことを選択できます。

チュートリアル

Power Query 101

このチュートリアルでは、Web ページからデータのテーブルを抽出して変換する方法について説明します。

複数のデータ ソースからデータを結合する

このチュートリアルでは、製品情報を含むローカルの Excel ファイルと製品注文情報を含む OData フィードから、データをインポートします。 変換と集計のステップを実行して、両方のソースのデータを結合し、"製品および年あたりの売上合計" レポートを作成します。

SAP BusinessObjects BI のユニバースと Power Query を接続する

このチュートリアルでは、Power Query for Excel を使って SAP BusinessObjects BI のユニバースでディメンションとメジャーからデータ セットに接続する方法や、データ セットの操作方法、形成方法を説明します。

クエリ エディターの使い方

クエリ エディターの概要

クエリ エディターでは、データ ソース間を移動できます。また、データ ソースを対象として、変換操作を定義し、実行することができます。

数式を変更する

ユーザーは、ビルダーと関連付けられていない数式、または既存の数式を変更できます。

クエリ ステップの設定を編集する

[ステップ] ウィンドウで、クエリ ステップの追加、編集、並べ替え、削除を行って、データを変換する方法を変更できます。

クエリを更新する

クエリを更新して、もう一度クエリを作成せずにテーブルに最新データをインポートします。

データをフィルター処理、並べ替え、グループ化する

テーブルをフィルター処理する

テーブルをフィルターして、サイズ、値、条件などに基づいて行や列を除外し、クエリ結果のサイズを減らします。

テーブルを並べ替える

1 つ以上の列にある文字 (アルファベット) や数値などを使って、条件によってクエリ結果のテーブル行を、昇順または降順に並べ替えることができます。

テーブル内の行をグループ化する

1 つ以上の列の値に基づいて、行をグループ化して、複数の行の値を 1 つの値にグループ化することができます。行をグループ化する方法の詳細については、チュートリアル「複数のデータ ソースからデータを結合する」を参照してください。

クエリのデータを整理する

クエリを整理または変換する

データ分析の要件に合うようにするために、クエリ ステップを追加、削除、編集して、複数のデータ ソースから取得したデータを整理できます。

重複部分の削除

選んだ列で値がそれ以前の値と重複している場合、重複しているすべての行をテーブルから削除します。 値セットが最初に表示される行は削除されません。

エラーのある行を削除する

データ エラーがある行をクエリから削除します。

プライバシー レベル

プライバシー レベルでは、分離レベルを指定して、特定のデータ ソースを他のデータ ソースと分離する度合いを定義します。

列を操作する

テーブルにカスタム列を挿入する

インデックスまたはカスタム (数式を定義した) の列を現在のクエリに挿入します。

列のデータを集計する

関連付けられているテーブルを含む列からデータを集計し、Sum、Count、Average、Min、Max などのグループ操作の結果を表示します。

列をマージする

2 つ以上の列の値をクエリで 1 つの列にマージします。

行を列見出しにする

行を列見出しにします。

列の削除

クエリから選んだ列を削除するか、それ以外の列を削除します。

列の名前を変更する

データ ソース列の名前を変更します。 新しい列名がクエリで使われます。

値を置き換える

選んだ列で、ある値を別の値に置換します。

テキストの列を分割する

テキストの列は、区切り記号または一定の文字数で複数の列に分割できます。

列をピボット解除する

選んだ列を属性値のペアに変換します。

関連クエリから取得したデータを結合する

複数のクエリを結合する

Power Query では、クエリをマージまたは追加して、複数のクエリをシームレスに結合することができます。 マージ追加の操作は、データを取得するデータ ソースとは関係なく、テーブルの形式で、クエリ上で実行されます。

クエリをマージする

[マージ] 操作を実行すると、既存の 2 つのクエリから新しいクエリが作成されます。

クエリを追加する

[追加] 操作を実行すると、最初のクエリのすべての行と、その後の 2 番目のクエリのすべての行が含まれる新しいクエリが作成されます。

関連テーブルにドリルダウンする

Power Query では、関連テーブルへのリンクを含む列には、[エントリ] リンクまたは [テーブル] リンクが設定されます。 [エントリ] リンクをクリックすると、1 つの関連レコードに移動します。 [テーブル] リンクをクリックすると、1 つの関連テーブルに移動します。

関連テーブルを含む列を展開する

関連付けられているテーブルを含む列を展開して、関連データを表示します。 すべての列の値を抽出できます。また、関連テーブルの列の値を選んで抽出することもできます。

クエリを共有する (Power Query バージョン 2.10 のみ)

クエリを共有する

目的のデータ ソースに接続して、要件に合うようにデータを改善したら (フィルター処理、整理、変換)、処理結果のデータセットのメタデータを、Power Query 内のクエリとして、エンタープライズ内の全ユーザーまたは特定のユーザー セットと共有できます。

共有クエリを管理する

共有クエリを表示、更新する

共有クエリを表示、更新して、クエリの定義またはメタデータを編集します。

クエリを認定する

クエリを証明すると、下線付きのデータが信用できるものであることをユーザーに知らせることができます。

共有クエリを削除する

共有クエリを削除します。

ブックでクエリを表示、管理する

1 つの場所から Excel ブック内のクエリを管理します。

共有クエリを検索して使う

共有クエリを検索して使う

データ分析とレポートを目的として、クエリで基本データを使うために、共有クエリを検索して実行することができます。

内部のデータ ソースへのアクセスを要求する

共有クエリでは、共有クエリからデータをインポートできるように、内部のデータ ソースへのアクセスを要求できます。

共有クエリの使用状況分析を表示する

Power Query から共有クエリの使用状況分析を表示する

Power Query で共有クエリを管理する一方で、共有クエリの使用状況分析を表示します。

詳細クエリ

詳細クエリを作成する

Power Query の数式言語を使って、詳細クエリを作成します。

Power Query の数式カテゴリ

参照

データ ソースの前提条件

Microsoft Power Query for Excel は、多くのデータ ソース プロバイダーをサポートしています。 Power Query は、プロバイダーごとに、プロバイダーの特定のバージョンとオブジェクトをサポートします。

データ ソースの設定

Microsoft Power Query for Excel では、使用したデータ ソース接続とデータ ソース プライバシー レベルごとに、データ ソースの資格情報またはサインイン ID が保存されます。

Power Query のコンテキスト メニューの概要

Power Query リボンの概要

Power Query の数式について

Power Query の数式は、データの取得や変換などの操作を実行するために使用されます。

Power Query の数式カテゴリ

Microsoft Power Query for Excel のアクセシビリティ機能

Power Query は、障碍のある方々が機能を使えるように設計されています。 Power Query には、Microsoft Excel 2013 で共通のアクセシビリティ機能のほか、一般的なシナリオのアクセシビリティ サポートが組み込まれており、可能な場合は回避策が提供されます。

用語集

Power Query の仕様と制限

トラブルシューティング

言語対応

ロケールに応じてデータをビジュアル化するために、Power Query には、さまざまな言語対応の機能が備わっています。 Windows オペレーティング システムの場合、ロケールとはユーザーの言語、環境、文化的慣習などに関連する一連のユーザー設定情報のことです。

携帯端末の暗号化

セキュリティに関するお知らせ : Power Query では、ローカルの資格情報を dpapi で暗号化することによって、 Microsoft SDL プロセス、に従って、携帯端末の暗号化ガイドラインに準拠します。

Microsoft Power Query サービス利用規約

Power Query とプライバシー関連の機能

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×