Microsoft Outlook 2010 の新機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Outlook 2010 では、知り合いと連絡を取り合ったり、時間や情報を管理したりするのに役立つ新機能が導入されています。

拡張されたリボン

Microsoft Office Outlook 2007 で初めて導入されたリボンは、Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスの一部です。リボンは、作業を行うのに必要なコマンドをすぐに見つけることができるように設計されています。コマンドは機能別のグループに分類されており、さらにそのグループがタブにまとめられています。Outlook 2010 のメイン ウィンドウでは、以前のメニューの代わりにリボンが使用されています。また、作業スタイルに合わせてカスタマイズできるユーザー設定のタブを含むように、リボンをカスタマイズすることもできます。

リボンの [新しい電子メール] コマンド

アカウントを管理しやすく

印刷コマンドやアカウントの管理オプションなど、Outlook アイテムの作成や管理に直接関連していない多くの Outlook 設定は、Microsoft Office Backstage viewに統合されました。[ファイル] をクリックすると、アカウントの管理、ルールや自動応答の設定など、バックグラウンドで実行する操作のオプションを使用できます。

さらに多くのメッセージを表示する

メッセージを使用して作業する際に、機能が強化されたスレッド ビューを使用できるようになりました。このビューにより、メッセージが保存されているフォルダーに関係なく、関連性のあるメッセージの追跡および管理が容易になります。自分の返信を含む、スレッド全体を確認し、最新の返信や最も重要なメッセージを簡単に見つけることができます。また、スレッド全体を簡単に分類したり無視したりすることもできます。詳細については、「スレッド ビューについて」を参照してください。

受信トレイのメッセージ一覧のスレッド

メッセージの処理とファイリングが迅速に

クイック操作     よく使うコマンドや手順を 1 回のクリックで実行できます。既定のクイック操作をカスタマイズして、頻繁に行う操作を組み合わせた独自のボタンを作成できます。クイック操作のギャラリーには、ファイリングとフラグ設定を 1 回のクリックで行うためのボタン、チームへのメッセージ送信ボタン、その他のよく使用されるコマンドが用意されています。詳細については、「よく行う作業や繰り返し行う作業を自動化する」を参照してください。

クイック操作のギャラリー

会議出席依頼を返信     会議のスケジュール設定は、メッセージに返信するのと同様、簡単にできます。[会議出席依頼を返信] コマンドを使うと、メッセージを読んでいるときに、メッセージの受信者全員との会議のスケジュールを設定できます。1 回のクリックで、メッセージの受信者全員が新しい会議出席依頼に追加されます。詳細については、「会議出席依頼を使用して電子メール メッセージに返信する」を参照してください。

クイック検索の改善    Outlook 2007 では、クイック検索を紹介します。Outlook 2010では、送信者、件名キーワード、および添付ファイルの有無などの他の情報などの条件を使用して、検索結果を絞り込むには簡単です。検索ツール] コンテキスト タブには、一連希望するアイテムを分離する検索の範囲を効率的にフィルターにはが含まれています。詳細については、メッセージまたはクイック検索を使用してアイテムを検索するを参照してください。

クイック検索の絞り込みコマンド

受信トレイの不要なメールを削減する

スレッドの無視     スレッドに関心がなくなったら、それ以降、返信が受信トレイに配信されないようにすることができます。[無視] コマンドを使うと、スレッド全体と今後スレッドに含まれるすべてのメッセージが削除済みアイテム フォルダーに移動します。詳細については、「スレッド内のすべての電子メール メッセージを無視する」を参照してください。

[ホーム] タブの [削除] グループ

スレッドのクリーンアップ     メッセージにスレッド内の以前のメッセージがすべて含まれている場合、[クリーンアップ] をクリックして、他の重複するメッセージを削除できます。たとえば、受信者がスレッドに返信すると、その返信が最上部に表示され、スレッド内の以前のメッセージがそれより下に表示されます。各メッセージを確認するのではなく、スレッド全体が含まれている最新のメッセージだけを保存してください。詳細については、「スレッドのクリーンアップを使用して冗長なメッセージを削除する」を参照してください。

リボンの [クリーンアップ] コマンド

メッセージの操作をよりスマートかつ効率的に行う

メール ヒント     Outlook 2010 には、行いがちで厄介なミスを回避するために役立つメール ヒントが表示されます。メール ヒントの警告は、多数の受信者に対して [全員に返信] をクリックした場合、組織外のユーザーに重要な情報を送信する場合、外出中のユーザーにメッセージを送信する場合などに表示されることがあります。詳細については、「メール ヒントのオンとオフを切り替える」を参照してください。

不在の受信者にメッセージを送信する場合に表示されるメール ヒントの警告

件名の入力確認     メッセージに件名を入力せずに [送信] をクリックすると、件名を意図的に入力していないのかどうかを確認するメッセージが表示されます。

件名が入力されていないメッセージに対する警告ダイアログ ボックス

オートコンプリート リストの機能強化     オートコンプリート リストの候補から名前を簡単に削除できるようになりました。Microsoft Exchange Server アカウントを使っている場合は、Exchange アカウントで Outlook を使うすべてのコンピューターからオートコンプリート リストを使用できます。詳細については、「オートコンプリート リストから名前を削除する」を参照してください。

削除アイコンが表示されているオートコンプリートの入力候補の一覧

添付写真のサイズを変更する     サイズの大きい添付写真のサイズを変更するオプションを使うことができます。詳細については、「画像および添付ファイルのサイズを小さくする」を参照してください。

Backstage ビューの添付図のサイズ変更オプション

スクリーンショットを含める     新しい [スクリーンショットを含める] コマンドを使って、画面に表示された内容を他のユーザーと簡単に共有できます。コンピューターの画面全体または一部を選んで、そのスナップショットをメッセージに含めます。

[スクリーンショットの挿入] コマンド

より多くの場所でスペル チェックを行う     より多くの場所でスペル チェックを使用できるようになりました。メッセージの件名、タスク、会議出席依頼などで使うことができます。

より詳細な配信情報を確認する     Microsoft Exchange Server アカウントを使うと、受信メッセージと送信メッセージの両方に関する詳細な配信情報を確認できます。

予定表の全体像を把握する

会議開催日時の候補     会議出席依頼を作成すると、Outlook 2007 で導入された会議開催日時の候補が表示されるようになりました。出席者のスケジュールが分析され、各出席者の空き時間情報に基づいて会議に最適な日時の候補が表示されます。

[会議開催日時の候補] ウィンドウ

予定表グループ     共同作業することが多い相手の予定表を簡単に確認できます。一度メンバーを選ぶと、毎回予定表グループを使用して、同じ予定表を表示できます。予定表グループには、会議室などのリソースを含めることもできます。これは、社内の空いている会議室を見つけるのに適した方法です。詳細については、「予定表グループを作成、表示、または削除する」を参照してください。

ナビゲーション ウィンドウの予定表グループ

グループ スケジュール     新しい予定表グループを使う場合、または複数の予定表を手動で選んで確認する場合、新しいグループ スケジュールを使うと、推測に頼らずに会議を設定できます。個人、リソース、または予定表グループの予定表が上下に並べて表示されるため、会議に最適な日時が簡単にわかります。

予定表のグループ スケジュール

クイック ビュー     会議出席依頼を受信したら、クイック ビューを使って、その会議出席依頼が自分の予定表に及ぼす影響を把握することができます。会議出席依頼を作成したり、会議出席依頼に返信したりするときに、予定表のスナップショットが会議出席依頼に表示されます。会議出席依頼から移動せずに、自分の予定表上で会議と重なっているアイテムやその前後のアイテムをすぐに確認できます。

会議出席依頼メッセージに表示される予定表のクイック ビュー

Outlook で自分のすべてのアカウントを操作する

複数の Exchange アカウント     Outlook 2010 では、1 つの Outlook プロファイル内で複数の Exchange アカウントがサポートされます。

IMAP の機能強化     IMAP メール アカウントのメッセージは、他の種類のメール アカウントの場合と同様に削除できます。削除したメッセージは、削除済みアイテム フォルダーに移動されます。削除用にメッセージをマークしてから削除する必要はなくなりました。

常に自分のタスクを把握する

To-Do バー     To Do バーは、ユーザーからの要求に基づいて機能強化されました。Outlook 2010 では、終日の予定とイベントに簡単にアクセスできます。その他の機能強化としては、重なっている予定や返信していない会議出席依頼が視覚的にわかりやすいこと、縦線による各日の分離、必要なときに必要な情報をより多く確認するためのドラッグ アンド ドロップによる便利なサイズ変更機能などがあります。詳細については、「To Do バーのサイズや内容を変更する」を参照してください。

情報を保存する

新しいデータ ファイル名     Outlook の情報をコンピューターに保存する場合は、データ ファイルが使用されます。以前のバージョンの Outlook では、これらのファイルに個人用フォルダー ファイル (.pst) とオフライン フォルダー ファイル (.ost) という名前が付いていました。これらは、Outlook Data File (.pst) と offline Outlook Data File (.ost) という名前になりました。詳細については、「情報を保存するファイルを作成する」を参照してください。

Outlook データ ファイル (.pst と .ost) へのアクセスが容易に     以前のすべてのバージョンの Outlook では、データ ファイルがコンピューター上の隠しフォルダー内の個人用フォルダー ファイル (.pst) やオフライン フォルダー ファイル (.ost) に保存されていました。Outlook 2010 では、新たに作成するデータ ファイルはすべて、既定で Documents\My Outlook Files フォルダーに保存されます。このため、Outlook データをバックアップしたり、データ ファイルを見つけて新しいコンピューターにコピーしたりする作業を簡単に行うことができます。詳細については、「情報を保存するファイルを作成する」を参照してください。

関係を維持する

Outlook Social Connector    Outlook Social Connector (OSC) は、Microsoft SharePoint や Windows Live、人気のある各種サード パーティのサイトを始めとする、さまざまなソーシャル ネットワークやビジネス ネットワークに接続できる新機能です。Outlook から離れることなく、ネットワークで豊富な情報を入手し、人とのつながりを保つことができます。詳細については、「Outlook Social Connector の概要」を参照してください。

閲覧ウィンドウの人物情報ウィンドウ

クイック連絡先     クイック連絡先を使うと、メールを表示したままインスタント メッセージやプレゼンス インジケーターなどの連絡先へすぐにアクセスできるようになります。リボンの新しい [連絡先の検索] ボックスに、検索するユーザーの名前を入力し始めると、インスタント メッセージ、電話、メール、会議のスケジュールなど、そのユーザーへのさまざまな連絡方法を含む検索結果がすぐに表示されます。Microsoft Lync 統合が有効になっている場合は、ユーザーの名前だけでなく、写真、役職、空き時間情報を表示する先行入力検索を使って、グローバル アドレス一覧 (GAL) と連絡先を検索できます。

階層的なアドレス帳     Outlook のアドレス帳で組織のツリー ビューを参照して、メッセージ、会議出席依頼、タスク割り当ての受信者を選ぶことができます。

ユニファイド メッセージングの機能強化

ボイス メールのトランスクリプト     ボイス メール プレビューでは、ボイス メールに残されたメッセージの音声をテキストに変換して閲覧できます。

トランスクリプト付きのボイス メール メッセージ

安全性の高いボイス メール     保護されたボイス メールは、ボイス メールの安全性を高め、意図した受信者にのみ送信するのに役立ちます。

その他の機能強化

ズーム コントロール     ウィンドウ下部にある新しいズーム スライダー コントロールを使って、メールや予定表のビューを拡大または縮小できます。

ズーム コントロール

クォータ情報   新しい Backstage viewでは、アカウント情報に、メールボックスの空き容量が視覚的にわかりやすく表示されます。

メールボックスの空き容量を示すインジケーター

ナビゲーション ウィンドウ     これまでNavigation Paneに含まれていたすべてのコマンドとビューは、リボンに移動しました。フォルダーの順序も変更され、一般的な既定のフォルダー (具体的には、受信トレイ フォルダーと削除済みアイテム フォルダー) が見つけやすくなりました。一部のヘッダーとアイコンが削除され、ナビゲーション ウィンドウの外観がすっきりと整理されました。

拡張性     Outlook 2010 には、開発者から要望があった、Outlook ユーザー インターフェイスをアプリケーション固有のものにカスタマイズする機能が用意されています。Outlook UI のプログラミング機能が向上しただけでなく、Outlook オブジェクト モデルでは、スレッドやモバイル アイテムなどの新しい拡張機能がサポートされるようになりました。

コマンド ライン スイッチ    展開とトラブルシューティングの追加のコマンド ライン スイッチが追加されました。詳細については、Microsoft Office 製品のコマンド ライン スイッチをを参照してください。.

64 ビットのサポート     Outlook 2010 は、32 ビット版と 64 ビット版の両方で使用できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×