Microsoft Office Visio 2007 へのアップグレード後に速やかに作業を開始する

最新バージョンの Microsoft Office Visio へようこそ。

Microsoft Office Visio 2007 では、Visio 2003 に比べていくつかの新しい機能が追加され、従来の機能の一部は他の機能に置き換えられたり削除されたりしています。これらの違いにすぐに慣れることができるように、この記事では主要な改善点と変更点について説明します。

新機能の詳細については、「Microsoft Office Visio 2007 の新機能」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

必要なテンプレートを探す

オートコネクトを使用して図形をすばやく接続および追加する

図面をデータに接続する (Office Visio Professional 2007 が必要)

データ グラフィックを使用してデータを表示する (Office Visio Professional 2007 が必要)

ピボットダイアグラムを作成して複雑な情報を探索する (Office Visio Professional 2007 が必要)

テーマを適用して微調整する

Visio 2007 の相違点について

必要なテンプレートを探す

Office Visio 2007 の新しい [作業の開始] ウィンドウでは、必要なテンプレートを簡単に見つけることができます。各テンプレートは、わかりやすくなったテンプレートのカテゴリに整理されています。大きくなった縮小表示プレビューと各テンプレートの説明を判断材料に、自分が作成する図面に最も適しているテンプレートを識別できます。各カテゴリで最も頻繁に使用されるテンプレートが、各カテゴリのビューの一番上に表示されるようになりました。最近使用したテンプレートを開くショートカットが新しく導入されています。Office Visio Professional 2007 では、新しいサンプル図面とデータ ソースを参照し、データに基づいて独自の図面を作成するための着想を得ることができます。

テンプレートを開くには、次のいずれかの操作を行います。

  • テンプレートのプレビューをダブルクリックします。

  • テンプレートの説明の下にある [作成] をクリックします。

注: テンプレートを開くと、[作業の開始] ウィンドウが閉じられます。このウィンドウをもう一度開くには、次のいずれかの操作を行います。

  • [ファイル] メニューの [新規作成] をポイントし、[作業の開始] をクリックします。

  • [標準] ツールバーの [新規作成] の横にある矢印をクリックし、[作業の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

オートコネクトを使用して図形をすばやく接続および追加する

多くの Visio 2007 テンプレートに用意されているオートコネクト機能を使用すると、図形を接続する手間を省くことができます。この新機能により、数回のクリック操作を行うだけで、図形が自動的に接続され、均等配置され、正確に整列されます。オートコネクトを使用して図形を接続するには、次の 3 とおりの方法があります。

図形を図面ページにドラッグして接続する

  1. 図面ページの図形の上にマウス ポインタを置きます。

    図形の回りに青色の矢印が表示されます。

  2. 他の図形を青色の矢印のどれか 1 つにドラッグします。

    2 つの図形が自動的に接続され、均等配置され、整列されます。

図形をドラッグせずにすばやく追加して接続する

  1. [図形] ウィンドウの図形を選択します。

  2. 図面ページの図形の上にマウス ポインタを置き、図形を接続する側の青色の矢印をクリックします。

    図形が自動的に追加されて接続され、均等配置され、整列されます。この方法を使用すると、フローチャートなどの一連の図形を短時間で接続できます。

図面ページ上の既存の図形を接続する

  • 一方の図形の青色の矢印のうち、もう一方の図形に最も近いものをクリックします。

ページの先頭へ

図面をデータに接続する (Office Visio Professional 2007 が必要)

Office Visio Professional 2007 を使用すると、任意のバージョンの Visio で作成したあらゆる図面に、データ ソースを簡単にすばやく接続できます。

まず、Microsoft Office Excel ワークシートや Microsoft Office Access データベースなどの 1 つまたは複数のデータ ソースに図面を接続します。次に、図面内の図形にデータを関連付けます。必要な機能は、新しい [データ] メニューと [データ] ツールバーにすべて収められています。

  1. データをリンクする図面を開きます。

  2. [データ] メニューの [図形にデータをリンク] をクリックします。

  3. データ選択ウィザードの手順に従って、図面をデータ ソースに接続します。

  4. 次の方法のいずれかを使用して、データを図形にリンクします。

    • 図面内のすべての図形に自動的にデータをリンクするには、[データ] メニューの [自動的にリンク] をクリックします。データ選択ウィザードの指示に従って、Office Excel、Office Access、Microsoft SQL Server、およびその他のよく使用される外部データ ソースに接続します。カスタム データ範囲を選択したり、インポートするデータをフィルタにかけたり、図面を複数のデータ ソースにリンクしたりすることもできます。

    • データ行を既存の図形に 1 つずつリンクするには、新しい [外部データ] ウィンドウからデータ行の 1 つを図面内の図形にドラッグして、手動でデータを図形にリンクします。データを図形にリンクすると、[図形データ] ウィンドウ (以前は [カスタム プロパティ] ウィンドウと呼ばれていました) にデータが表示されます。

    • データ行にリンクされた図形を自動的に作成するには、[図形] ウィンドウの図形を選択し、新しい [外部データ] ウィンドウからデータ行の 1 つを図面ページにドラッグします。その図形は、図面ページに追加されると同時にデータと関連付けられます。

データを図面に接続したら、新しい [外部データ] ウィンドウを使用してそのデータを確認できます。

図面のデータを更新する

データ更新機能を使用して、図面のすべてのデータを更新できます。

  1. [データ] メニューの [最新のデータに更新] をクリックします。

  2. データの競合が発生したら、[競合のリフレッシュ] 作業ウィンドウを使用して競合を解決します。

指定した時間間隔で自動的に更新されるように、更新をスケジュールすることもできます。

ページの先頭へ

データ グラフィックを使用してデータを表示する (Office Visio Professional 2007 が必要)

データを図面に組み込むのは、図面を強力な監視ツールへと作り替える過程の第一歩に過ぎません。Office Visio Professional 2007 では、図面内へのデータの表示と、データの外観のカスタマイズを簡単に行うことができ、必要な情報を効果的に伝えるのに役立ちます。

  • 新しい [データ グラフィック] 作業ウィンドウで、図面内のデータに適用する表示形式をクリックします。

    [データ グラフィック] 作業ウィンドウが表示されていない場合は、[データ] メニューの [図形にデータを表示] をクリックします。

たとえば、可変データに対しては進行状況バー、増減のあるデータに対しては矢印、ランキング データには星を使用できます。このような表示形式は Visio によって制御されるので、自分で設定する必要は一切ありません。

さらに、データの値によって形状の色や外観を制御できます。この場合も、手動で表示形式を設定する必要はありません。必要なのは、表示形式の適用条件を指定することだけです。

ページの先頭へ

ピボットダイアグラムを作成して複雑な情報を探索する (Office Visio Professional 2007 が必要)

Office Visio Professional 2007 には、ピボットダイアグラムという新しい種類の図面が用意されています。ピボットダイアグラムでは、ツリー状の構造に配置された図形の集合としてデータが表示されるため、データを視覚的でわかりやすい形式で分析および要約するために役立ちます。ピボットダイアグラムを使用すると、ビジネス データを視覚的に探索、分析、ドリルダウンし、複数のビューを作成して情報をより深く洞察できます。

  1. ピボットダイアグラム テンプレートを開くと、データ選択ウィザードが直ちに起動します。

    このウィザードの指示に従って操作すると、図面をデータ ソースに接続し、データ ソース内の全データにリンクされるピボット ノードを作成できます。

  2. 図面ページで最上位のノードをクリックし、[ピボットダイアグラム] ウィンドウの [ブレークダウン項目の追加] で、選択したノードのデータをグループ化するために使用する項目をクリックします。

  3. 新しいサブノードをさらに展開してより多くのレベルを表示するには、展開するサブノードをクリックし、新しい項目を追加します。

  4. [ピボットダイアグラム] ウィンドウの [集計項目の追加] で、図面内で集計または要約するデータをクリックします。

  5. 図面内のデータの設定を指定するには、[ピボットダイアグラム] ウィンドウの [集計項目の追加] で、設定するデータの種類を右クリックし、ショートカット メニューの使用する設定をクリックします。

ピボットダイアグラムでは、データと図形の表示にデータ グラフィックが使用されるため、[データ グラフィック] 作業ウィンドウを使用して、ピボットダイアグラムに表示される条件付き書式をデータに適用することができます。これにより、問題点やデータの傾向をすばやく把握できます。

ページの先頭へ

テーマを適用して微調整する

Office Visio 2007 のテーマ機能を使用すると、色や効果を選択するときに試行錯誤を繰り返す必要がなくなります。簡単なマウス クリック操作だけで、図面に本格的なタッチを適用できます。

テーマは次の 2 つの部分で構成されています。

  • テーマの色    プロの手でデザインされた組み込みテーマの色を選択できます。組み込みテーマの色は、PowerPoint や Word など、他の 2007 Microsoft Office system プログラムのテーマの色と同じものです。

  • テーマの効果    フォント、塗りつぶし、影、直線、コネクタ用の統一されたデザイン要素セットを適用して、図面に視覚的な統一性を持たせることができます。

テーマを図面に適用する

  1. [書式] メニューの [テーマ] をクリックします。

    [テーマ] 作業ウィンドウが図面ページの右に表示されます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • テーマの色を選択するには、[テーマ] 作業ウィンドウの [テーマ: 色] をクリックします。

    • テーマの効果を選択するには、[テーマ] 作業ウィンドウの [テーマ: 効果] をクリックします。

  3. テーマを図面ページに適用するには、縮小表示をクリックします。

  4. テーマを図面のすべてのページに適用するには、適用するテーマを右クリックし、ショートカット メニューの [すべてのページに適用] をクリックします。

ユーザー定義のテーマを作成する

  1. 作成するテーマに似ている組み込みテーマを右クリックします。このテーマを少し変更してカスタマイズします。

  2. [複製] をクリックします。

    複製されたテーマが、作業ウィンドウの [ユーザー定義] の一覧に表示されます。

  3. テーマを編集するには、テーマを右クリックし、ショートカット メニューの [編集] をクリックします。

ページの先頭へ

Visio 2007 の相違点について

Visio 2007 では、Visio 2003 に用意されていたテンプレート、ツール、および機能の一部が削除されているか、新しい機能に置き換えられています。

変更された項目

変更内容

配色アドオン

配色アドオンは、新しいテーマ機能に置き換えられました。

テーマ機能は [配色] アドオンよりも豊富な機能を備え、カスタマイズも簡単です。また、配色を 1 つのページに適用することも、図面全体に適用することもできます。さらに、組み込み図形だけでなく、ユーザーが作成した図形にも配色を適用できます。

新しい [配色] 作業ウィンドウを開くには、[書式] メニューの [テーマ] をクリックし、[配色] をクリックします。

以前のバージョンの Visio で作成した図面のページを右クリックすると、引き続き [配色] アドオンを起動できます。ただし、新しいテーマ機能を使用して新しい配色を適用すると、その図面では [配色] アドオンを使用できなくなります。

NetMeeting とファイル検索

Microsoft Windows NetMeeting とファイル検索は、Microsoft Office Live Meeting と Office Search に置き換えられました。

はじめに (チュートリアル) と図表ギャラリー

はじめに (チュートリアル) アイテムと図表ギャラリー アイテムは、Microsoft Office Online Web サイトのシナリオ ベースのビデオ デモと対話型のトレーニング コースに置き換えられました。

ギャラリー設定の図表の種類のプレビューを表示するには、[新規作成] メニューの [図面の種類の選択] をクリックします。

メニュー

Visio 2007 では、次のメニューが変更されました。

  • 図形のショートカット メニューから [表示] メニュー項目が削除されました。

  • ページのショートカット メニューから [図形] メニュー項目が削除されました。

  • 開発モード以外では、[書式] メニューの [特殊文字] メニュー項目が表示されなくなりました。

  • [ツール] メニューから [カスタム プロパティ セット] メニュー項目が削除されました。

これらの変更の結果、より簡単に重要な機能にアクセスできるインターフェイスが提供されています。

Novell Directory Services テンプレートとステンシル

Novell Directory Services (NDS) テンプレートとそのステンシルは削除されました。

組織図のテーマ

組織図のテーマ機能は、新しいテーマ機能に置き換えられました。新しいテーマ機能には、より豊富な機能が用意されています。

新しい [テーマ] 作業ウィンドウを開くには、次のいずれかの操作を行います。

  • [書式] メニューの [テーマ] をクリックします。

  • [書式設定] ツールバーの [テーマ] をクリックします。

[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [作業状態の保存] チェック ボックス

Visio 図面と共に図面作業状態を保存するかどうかを指定するオプションは、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスからファイルのプロパティ ダイアログ ボックスに移動されました。この変更により、他の 2007 Office リリース アプリケーションとの操作の一貫性が向上しました。

作業状態の情報を除外して図面を保存する場合は、[ファイル] メニューの [プロパティ] をクリックし、[作業状態を保存する] チェック ボックスをオフにします。

スタイル

既定では、スタイル機能が表示されなくなりました。

ほとんどの状況ではスタイル機能よりも新しいテーマ機能が優先されますが、独自の図形を開発している場合は、必要に応じてスタイル機能にアクセスすることができます。

スタイル機能にアクセスするには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。次に、[開発モードで実行する] チェック ボックスをオンにします。スタイルを適用するには、1 つまたは複数の図形を選択し、[書式] メニューの [スタイル] をクリックします。

Sybase と INFORMIX のサポート

Sybase データベースと INFORMIX データベースをリバース エンジニアリングする機能は、Office Visio Professional 2007 のデータベース モデリング機能から削除されました。この変更で、より幅広く使用されているデータベース管理システム (DBMS) がサポートされるようになりました。

汎用の ODBC ドライバと汎用の OLEDB ドライバを使用すると、引き続きデータベースをリバース エンジニアリングすることができます。汎用のドライバは大部分の環境と大部分のデータベース スキーマで機能します。ただし、Sybase データベースまたは INFORMIX データベースに固有のスキーマの詳細に対しては、汎用のドライバを使用できない場合があります。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×