Microsoft Office SharePoint Server 2007 の概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

この記事では、 Microsoft Office SharePoint Server 2007を紹介し、ビジネス プロセスを合理化する、組織内の他のユーザーと情報を共有してコンテンツを管理に使用する方法について説明します。この記事で説明する機能の空き時間情報は、組織内のOffice SharePoint Server 2007環境をカスタマイズする方法によって異なります。たとえば、サイトとサブサイトを作成するかどうかによって異なる方法、組織がそのサイトと、それらを作成する権限を設定します。

注: この記事では、IT 担当者や開発者向け機能は採り上げません。SharePoint サイトの管理とその機能では、「参照」セクションを拡張するに関する詳細情報へリンクを検索します。

この記事の内容

概要

Office SharePoint Server 2007 と Windows SharePoint Services

グループ作業

ユーザーと個人用設定

検索

コンテンツ管理

ビジネス プロセスとフォーム

ビジネス インテリジェンス

概要

Office SharePoint Server 2007は、 2007 Microsoft Office systemの一部である新しいサーバー プログラムです。組織での共同作業を容易にするため、コンテンツ管理機能を提供する、ビジネス プロセスを実装およびは組織の目標とプロセスに必要な情報へのアクセスを提供するOffice SharePoint Server 2007を使用できます。

特定のコンテンツの発行、コンテンツの管理、レコードの管理をサポートする SharePoint サイトをすばやく作成できます。 またはビジネス インテリジェンス必要があります。ユーザー、ドキュメント、そのデータを効果的に検索、フォーム駆動型ビジネス プロセスに参加してアクセスして大量のビジネス データを分析できます。

また、その他のプログラム、サーバー、および2007 Office リリースでテクノロジを効率的に操作する設計にOffice SharePoint Server 2007されています。たとえば、 2007 Office リリースプログラムの多くを開始したりがドキュメントまたはアクションの承認プロセスなど、ビジネス プロセスに関連するタスク、特定の順序でアイテムの自動の動きのワークフローに参加します。経費レポートします。

次の一覧では、特定の2007 Office リリースプログラムの例を使用するOffice SharePoint Server 2007が用意されています。

  • Microsoft Office PowerPoint 2007   Office SharePoint Server 2007サイト上で他のユーザーと共有できる PowerPoint のスライドのライブラリを作成します。

  • Microsoft Office Access 2007   SharePoint リストをオフラインにして、データを表示し、移動中にレポートを作成するOffice Access 2007のレポート機能を使用します。SharePoint リストを使用するフォームとレポートは完全な対話型、およびOffice Access 2007は、後で、オンラインに戻す、ノートを表示するとオンラインのリストとローカルのリストを同期できます。

  • Microsoft Office Outlook 2007   ドキュメント ライブラリをオフラインにします。SharePoint フォルダーは、その他の Outlook フォルダーと同じように表示されます。

  • Microsoft Office InfoPath 2007   ブラウザー互換フォーム テンプレートをデザインし、 Office SharePoint Server 2007のサイトに発行します Web ブラウザーで使用できるようにします。

  • Microsoft Office Excel 2007   ユーザーがブラウザーを使用してアクセスできるように、SharePoint サイト上のワークシートを保存します。管理および保護の機密情報など、財務モデル、ワークシートに埋め込まれているときに、1 つの中央で最新バージョンを効率的に共有するのには、これらのワークシートを使用できます。

  • Microsoft Office SharePoint Designer 2007   作成して、 Office SharePoint Server 2007サイトとワークフローをカスタマイズします。サイトを一貫した外観をするために、独自のマスター ページとコンテンツ ページを作成する、または Web 基準拡張ハイパー テキスト マークアップ言語 (XHTML) コードでは、およびカスケード スタイルなど、最新の ASP.NET テクノロジを使用してサイトをカスタマイズします。シート。

ページの先頭へ

Office SharePoint Server 2007とWindows SharePoint Services

Windows SharePoint Servicesへ聞いたことがある場合、 Office SharePoint Server 2007との関係が思うかもしれません。Windows SharePoint Servicesは、Microsoft Windows Server 2003 に含まれるテクノロジです。Windows SharePoint Servicesにより、チームのユーザー、ドキュメント、その情報を受け取るに適切な意思決定を行い、作業を行うために必要な情報を簡単にアクセスを提供することによって、接続と生産性を維持します。

Office SharePoint Server 2007は、リスト、ライブラリ、サイトの管理、サイトのカスタマイズの一貫性のある、使い慣れたフレームワークを提供するためのWindows SharePoint Services 3.0技術に依存します。Windows SharePoint Services 3.0で利用できる機能もOffice SharePoint Server 2007で使用できます。

ただし、 Office SharePoint Server 2007には、Windows SharePoint Services サイトでは利用できない拡張と他の機能が提供されています。たとえば、 Office SharePoint Server 2007とWindows SharePoint Servicesの両方には、同僚と共同作業を行うと、会議のセットアップのサイト テンプレートが含まれます。ただし、 Office SharePoint Server 2007には、エンタープライズと発行のシナリオに関連するその他のサイト テンプレートの数値が含まれています。同様に、 Office SharePoint Server 2007には、SAP、Siebel、およびその他のビジネス アプリケーションのビジネス データを検索する機能などの大規模の組織内の従業員に便利な機能を追加するのには、 Windows SharePoint Services 3.0から検索テクノロジが向上します。

ページの先頭へ

コラボレーション

Office SharePoint Server 2007次の機能を使用すると、使用するより効率的にかつ効率的に他のユーザー、組織内で。

サイト テンプレートを使用して共同作業を行うか、会議を管理します。   新しいOffice SharePoint Server 2007サイトを作成すると、他のユーザーと共同作業し、会議を管理するためのサイト テンプレートのさまざまな種類のいくつかのいずれかを選択して開始できます。コラボレーション] で、サイト テンプレートは、プロジェクトの組織内のチーム ドキュメントの共同作業を設計されています。たとえば、ドキュメント ワークスペース サイト テンプレートを使用するに文書または一連のドキュメントで他のユーザーと操作できます。[会議] グループのサイト テンプレートは、組織内のチーム会議の種類を管理するために設計されています。このグループのテンプレートでは、上の決定に重点を置いた会議やイベントの基本的な会議からすべてをサポートします。

ドキュメントの共有、連絡先、タスク、および予定表   Office Outlook 2007とOffice SharePoint Server 2007予定表を同期することができます。終日のイベントを入力し、繰り返し、定期的なイベントの他の種類を指定できます。視覚的な曜日と月のビューでより効率的にチーム プロジェクトを管理できます。

Wiki サイトを簡単に brainstorm   Wiki サイトを使用すると、ブレインストーミング、チームのデザインの共同作業、知識、データベースを作成する、または簡単に作成および変更のある形式で日常的な情報を収集できます。チーム メンバーが、ブラウザーからの wiki に投稿できます: word プロセッサや特別な技術情報が必要はありません。

ブログでアイデアを共有    ブログまたはブログ投稿の最新の投稿を順に表示されているで構成されます。Office SharePoint Server 2007で数回クリックだけをいくつかブログを作成する、ブログに投稿する、購読する、ブログの更新またはブログをカスタマイズします。

RSS がリストとライブラリへの更新を受信   リストとライブラリは、ワークグループのメンバーが更新プログラムを自動的に受信できるように、実際に Simple Syndication (RSS) テクノロジを使用します。RSS は、表示、更新プログラムやニュース、ブログ、およびその他の統合の場所で興味のあるアイテムのフィードを表示できるユーザーを有効にするテクノロジです。

プロジェクトを管理する    ガント チャートを含むプロジェクト タスク リストを作成できます。ガント チャートには、チーム タスクの日程および進捗状況を監視するために使用できる、プロジェクト タスクの視覚的な概要が示されます。

コンテンツへのモバイル アクセスを取得します。   移動するときにチーム プロジェクトやタスクで現在の状態に維持するためのモバイル デバイスでは、ポータル、チーム サイト、およびリストを表示できます。たとえば、電話 (または国際標準をサポートするその他の通信デバイス) は、各ページのコンテンツをスクロールへのリンクを簡素化されたテキスト形式のリストが表示されます。

Office SharePoint Server 2007に電子メールを送信します。   ディスカッション、ミーティング、および、 Office SharePoint Server 2007サイト上のドキュメントに参加するのには、電子メール プログラムを使用できます。問い合わせて、タスクとプロジェクト チームに電子メール メッセージを送信するのと同じようで、 Office SharePoint Server 2007のサイトまたは特定のリストまたはライブラリに電子メール メッセージを送信することもできます。

ドキュメントの管理と一部の種類のリストをオフライン   任意の場所にすると、重要な作業を実行できます。Office Outlook 2007] でライブラリのファイルと、次の種類のリストのアイテムでオフラインで作業できます: 予定表、連絡先、タスク、およびディスカッション。オンラインに戻す、接続した場合に、サーバー上のファイルを更新できます。リスト アイテムが自動的に更新されます。

ページの先頭へ

ユーザーと個人用設定

Office SharePoint Server 2007で、次の機能を使用して、組織内の適切なスキル、知識、およびプロジェクト経験を持つユーザーは接続できます。

個人用サイトで情報を保存して共有   個人用サイトで、コンテンツ、リンク、および連絡先を格納できます。個人用サイトは、他のユーザーに関する情報を検索するためのとしても機能します。スキルとロール、仕事仲間とマネージャー、グループと所属している配布リストを使用しているドキュメントなど、自分自身に関する情報を表示する個人用サイトを使用することができます。それぞれのサイトには、発表して、だれにどれだけの情報を選択するように厳格なプライバシー コントロールとセキュリティ メカニズムが含まれています。Office SharePoint Server 2007ユーザーごとに個別の個人用サイトがあります。

自分の情報を表示できるユーザーを管理します。   一般向けの個人用サイトのコンテンツのプライバシー設定を使用すると、サイトで情報を共有するユーザーを制限します。ワークグループのみまたはマネージャーと携帯電話番号などの個人情報を共有するときに役立つできます。

特定の対象ユーザーにターゲット情報   特定のユーザーのグループをリストまたはライブラリ アイテム、ナビゲーション リンク、および Web パーツ全体などのコンテンツを表示することができます。適切な権限があれば、コンテンツ クエリ Web パーツを使用して SharePoint リストまたはライブラリを特定の対象ユーザーの任意の項目のターゲットを指定できます。その他の種類の Web パーツおよびその内容を特定の対象ユーザーを対象することもできます。さらに、サイトのナビゲーション リンクの対象ユーザーを対象にできます。コンテンツの対象ユーザーに表示のみの情報とナビゲーション リンクに関連するため、ユーザー エクスペリエンスでは、簡単になります。

ページの先頭へ

検索

適切な情報またはユーザーの検索は、どのような検索の概要です。正確に検索、作業の実行に必要な知識を持っているユーザーなどを見つけるには、 Office SharePoint Server 2007の強力な検索に関連する機能を使用することができます。

検索センターからの検索   検索センター サイトは、クエリを開始して、検索結果を参照する中央の場所を提供します。個人用サイトのページには、自分に関する情報を追加する場合、組織内の他のユーザーをプロジェクト、および連絡先に関する情報を検索する検索センターを使用できます。

イントラネット上のドキュメントを検索します。   ドキュメントを特定の語句を含む特定の言語で記述されたは、特定のアプリケーションで作成されるか、特定のプロパティであることを検索することができます。

イントラネット上のユーザーを検索します。   右側のユーザーを検索すると、すばやく事項を取得するために重要なことができます。他のユーザーの名前で検索したり、スキル、現在のプロジェクト、またはタイトルなどの他のプロファイル情報を使用することができます。組織のエンタープライズ アプリケーション内のユーザーを検索することもできます。

企業アプリケーションでのビジネス データを検索します。   Office SharePoint Server 2007の検索機能を使用する組織の SAP、Siebel などのエンタープライズ アプリケーションまたは作成したカスタム データベース内の情報を検索できます。

ページの先頭へ

コンテンツ管理

Windows SharePoint Services 3.0は、バージョン管理、監査、およびワークフローなど、ドキュメント管理タスクの基礎を提供します。Office SharePoint Server 2007では、これらの機能強化されたドキュメントの編集、ビジネス ドキュメント処理、Web コンテンツ管理と発行、レコード管理、ポリシーの管理、および発行の多言語のサポートを提供するまで拡張します。

Office SharePoint Server 2007] で、コンテンツの管理が 3 つのカテゴリに分割された: ドキュメントの管理、レコード管理、および Web コンテンツ管理します。次のセクションでは、これらの各カテゴリの詳細について説明します。

ドキュメント管理

ドキュメント管理機能では、方法、組織内のドキュメントが作成した、確認、発行およびアクセスを決定します。Office SharePoint Server 2007ドキュメントのライフ サイクルの各手順で適切なポリシーを適用するため、して使用する一元的なリポジトリにドキュメントへのアクセス、保存、管理、ラベルとバーコード効率的にドキュメントを追跡することはできます。次の機能より効率的に使用し、効果的な方法で組織のドキュメントを管理する際に役立ちます。

ドキュメント センターでドキュメントの管理   ドキュメント センター サイト テンプレートには、組織の大規模なドキュメントの高度な構造化ドキュメント管理のシナリオをサポートする管理サイトを作成することができます。サイト テンプレートのサポートの安全性の高いコンテンツ コントロールのドキュメント センターの既定の設定: 編集、メジャー バージョンとマイナー バージョンが有効にするには、チェック アウトが必要な複数のコンテンツ タイプを有効にして、上のコンテンツの変更を追跡する監査を有効のサポート時刻です。

翻訳ドキュメントの管理とプロセス   翻訳管理ライブラリでは、作成、保存、およびビューと手動のドキュメントの翻訳プロセスを容易にする機能を提供することで、翻訳済みドキュメントを管理するに企業を支援します。このライブラリの機能変換を元の文書でグループ化したビューをカスタマイズします。手動の翻訳プロセスを管理するために使用できる翻訳管理ワークフローを機能もあります。

サーバー上のドキュメントを変換します。    Office SharePoint Server 2007では、別の 1 つのファイル形式のドキュメントのサーバー側の変換のサポートを提供します。

サーバーとクライアントでドキュメント管理の統合   Microsoft Office Word 2007Office Excel 2007などの2007 Office リリースクライアント プログラムと密接に統合パワフルOffice SharePoint Server 2007でさまざまなドキュメント管理機能が拡張されます。2007 Office リリースクライアント プログラムでは、ユーザーは開始でき、完全なワークフローのタスク、ドキュメント情報パネルで、サーバー ドキュメントのプロパティの更新など、サーバー ドキュメントにバーコードまたはラベルを挿入します。

レコード管理

レコード管理は、プロセスの収集、管理、および組織のポリシーに基づく一貫性のある一貫した方法で (と思われる情報の履歴、知識、または会社の法的な方法は防衛分野の重要な) 企業のレコードの廃棄です。これらのポリシーは、組織は、それが直面する法的なリスクの種類作業の種類によって形し、法律および規制決定します。Office SharePoint Server 2007が新しいセットを作成するための機能を紹介し、組織内のレコード管理機能のサポート、正式なします。

情報管理ポリシーを実装します。   組織を定義し、企業のビジネス プロセスに準拠するOffice SharePoint Server 2007サイトに対する情報管理ポリシーや法令情報の管理を使うことができます。情報管理ポリシーには、コンテンツの管理方法を制御するには、サイト管理者またはリスト管理者が有効にします。Office SharePoint Server 2007には、ある組織単独または組み合わせてに使えるがサイトの情報管理ポリシーを定義、いくつかの定義済みのポリシー機能が含まれます。サイト コレクション全体または特定のリスト、ライブラリ、またはコンテンツ タイプに対して定義できます、これらのポリシー機能には、アーカイブと有効期限のフォームの変換、監査、バーコード、ラベルが含まれます。さらに、組織は、ユーザー設定の情報管理ポリシーを作成することができます。

サイトからダウンロードしたファイルの制限のアクション   Office SharePoint Server 2007組織は、ユーザーは、SharePoint リストまたはライブラリからダウンロードしたファイルに対して実行できる操作を制限するのに Information Rights Management (IRM) を使用できます。IRM では、ダウンロードしたファイルを暗号化し、ユーザー、これらのファイルの暗号化を解除する許可されているプログラムのセットを制限します。IRM は、ファイルの読み取り、ファイルからテキストのコピーの印刷部数などの操作を実行することはできませんが、許可されているユーザーの権限を制限することもできます。

レコード センターで管理するレコードの保持   Office SharePoint Server 2007でレコード センター サイト テンプレートは、組織のレコード管理と保持プログラムの実装のために設計されています。このサイト テンプレート拡張Office SharePoint Server 2007別のレコードとレコード コレクション インターフェイスなどの管理機能の保管機能、レコード ルーティング (監査、有効期限、バーコードなど)、情報管理ポリシーの機能と保留中のレコードを配置する機能です。

電子メール レコードを管理します。    Office SharePoint Server 2007はMicrosoft Exchange Server 2007と密接に統合されています。これにより、Exchange 管理対象電子メール フォルダーを作成するのにはOffice Outlook 2007内のユーザーに公開されている組織。組織では、これらのフォルダーに保持期間またはクォータを指定の情報管理ポリシーを定義できます。ユーザーは、 Office SharePoint Server 2007内のレコード センター サイトに電子メールを送信する次のフォルダーを使ってもできます。

Web コンテンツ管理

Office SharePoint Server 2007には、デザイン、展開、およびエンタープライズ イントラネット ポータル、企業インターネット プレゼンス Web サイト、部門ポータル サイトを管理するのに便利な多くの機能が含まれています。これらの機能を使用すると、組織内の従業員が作成し、コストと複数のサイトを管理するのに減らすことができますが、適切なタイミングで Web コンテンツを公開できます。

一貫性を向上させるとサイトのデザインの効率化   マスター ページ、ページ レイアウト、およびコンテンツ ページを使用すると、簡単に設定したり、サイト全体ですべてのページの外観を変更できます。マスター ページを検索] ボックスまたはナビゲーション リンクなど、共有するサイトですべてのページを使用する一般的な要素を定義します。ページ レイアウトでは、特定の種類のコンテンツ] ページで、新規アーティクル ページなどのレイアウトを定義します。また、投稿者がさまざまな種類の記事のタイトル、グラフィックス、見積、および非構造化テキストなどの記事の内容を入力できるフィールドを定義します。コンテンツ ページがブラウザーで表示されると、マスター ページでは、一般的なコンテンツとコンテンツ] ページでは、関連する [ページ レイアウトに表示されるページ固有のコンテンツです。

Office SharePoint Designer 2007でサイトをカスタマイズします。   Office SharePoint Designer 2007は、新しい作成しOffice SharePoint Server 2007サイトのカスタマイズ、および SharePoint テクノロジに基づくワークフローを有効にしたアプリケーションを作成します。Office SharePoint Designer 2007を使用して、作成、ページ レイアウトとOffice SharePoint Server 2007サイトのマスター ページをカスタマイズすることができます。Office SharePoint Server 2007発行ポータルの既定のマスター ページと呼びます blueband.master、れ、サイトをブランド化の開始点です。ただし場合、 Office SharePoint Designer 2007での新しいマスター ページをデザインできます。カスケード スタイル シートを使用している最新の編集ツールとマスター ページを使用すると、簡単かつ効率的に行うことサイト全体の変更できます。 

SharePoint の発行サイトをより体系的に    Office SharePoint Server 2007には、特定のコンテンツのニュース サイトと共同作業を公開し、[発行ポータルをサポートするサイト テンプレートが含まれています。各サイト テンプレートには、発行機能を有効にしたページ編集ツールバー、コンテンツ エディター、チェック アウトなどがあります。これらの機能を使用すると、ワークフローのタスクの発行を関連付ける、ページの発行スケジュールを設定、バージョン管理機能を使用してページ レイアウトを制御できます。

コンテンツ エディター Web ベースのページを作成し、更新   Office SharePoint Server 2007発行サイトをコンテンツの所有者は組み込みのコンテンツ エディターを使用して、作成、サイト上の Web ページを更新します。たとえば、部門マネージャーの場合は、チーム Web サイトで下書きと書式設定のお知らせとその他の情報をコンテンツ エディターを使用することができます。テキストを入力し、ハイパーリンクや画像を挿入、スタイルを適用するには、コンテンツ エディターを使用できます。すべての HTML コードは、バック グラウンドで行われます。または、HTML エディターを使用して、アクセスして、ページの基になる HTML コードを編集することができます。

作成または2007 Office リリースクライアント プログラムからページを更新する   Office SharePoint Server 2007サイトで、[ドキュメント変換機能が有効である場合は、Web ページに2007 Office リリースの既存のドキュメントを変換することができます。たとえば、サイト コレクションの Web ページを作成するのにはOffice Word 2007ドキュメントを使用することができます。Office InfoPath フォーム (.xml ファイル) を Web ページに変換して、追加のファイル形式をサポートするカスタム コンバーターを作成することもできます。オーサリング クライアントでは、Web ページをすばやく作成するのには、 2007 Office リリースプログラム、またはインターネットに接続することがなく、豊富な機能を使用できます。

を作成して、サイトのバリエーションを維持する   Web サイトの対象ユーザーは、デバイス、または会社名を参照、地域の言語をなど、さまざまな方法で異なることができます。ジョブの作成と、サイトのバリエーションを維持するには困難と時間がかかるを使用できます。Office SharePoint Server 2007] で、バリエーション機能により、サイト管理者のバリエーションを管理するには、各ターゲット サイトの元のサイトからコンテンツのカスタマイズ可能なコピーを維持するプロセスを簡略化します。この機能は、多言語サイトを公開するために特に便利です。ソース サイト (たとえば、プレス リリース-英語)」と「複数のターゲット サイト (たとえば、プレス リリース-フランス語、プレス リリース-日本語)、元のサイトとターゲット サイトが同期Office SharePoint Server 2007保持を指定する場合などです。

サイト ナビゲーションをより簡単に管理します。    Office SharePoint Server 2007は、サイト コレクションの階層構造に基づいて、ナビゲーション モデルを行います。(たとえば、サブサイトを移動する場合)、サイトの構造を変更すると、変更は、サイトのナビゲーションで自動的に反映されることになります。さらに、サイト、ページ、または内部リンクが更新されると、自動的に名前を変更または削除されるナビゲーションにします。ページ、ドキュメント、その他のサイトなどの内部リソースおよびポータルへのイントラネットやインターネット リソースなどの外部の場所にナビゲーションへのリンクを作成することができます。常に、サイト、ページ、およびユーザーに表示される内部のリンクの表示は、ユーザーのアクセス許可レベルに適応します。サイトの所有者は、ページとサイトのナビゲーションで自動的に表示する、並べ替え、ナビゲーション リンクの編集しまたはグローバル ナビゲーションと現在のナビゲーションを親サイトから継承することができます。ナビゲーション コントロール マスター ページに含まれることが直接カスタマイズおよびOffice SharePoint Designer 2007でスタイルを適用します。

サイトをより効果的に管理します。   SharePoint サイト コレクションの構造とコンテンツを管理するのにには、[サイトのコンテンツと構造] ページを使用します。コンテンツを管理するには、サイト、リスト、およびリスト アイテムの操作を実行します。たとえば、チェック アウト、チェックイン、または同時に複数のアイテムを発行します。サイトおよびリスト アイテムに簡単にコピーまたはサイト コレクション内の別の場所に移動します。作成、カスタマイズ、および表示するレポートの作成に関連するもことができます。たとえば、検索し、保留中の承認やチェック アウトされているすべてのドキュメントをサイトのすべてのドキュメントを表示することができます。これらのドキュメントは、それらを承認またはチェックインなどの操作を実行できます。

ページの先頭へ

ビジネス プロセスとフォーム

ビジネス プロセスは、任意の組織の中心とフォームが経費明細書の承認プロセスなど、多くのビジネス プロセスの中央に多くの場合はします。Office SharePoint Server 2007には、プロセスを自動化するための組み込みワークフローテンプレートが用意されています。共同作業するプロセスを合理化するカスタム ワークフローを作成することもできます。InfoPath Forms Services によって提供された電子フォームを収集し、ビジネス プロセスを推進する情報を確認することができます。

ワークフローを使って、プロセスを合理化します。   ワークフローでは、ユーザーはドキュメントの共同作業し、ドキュメントおよびアイテムOffice SharePoint Server 2007サイト上の特定のビジネス プロセスを実装することによって、プロジェクトのタスクを管理するのに役立ちます。Office SharePoint Server 2007には、一般的なビジネス シナリオに対応するように設計された、いくつかの定義済みワークフローが含まれています。

  • [承認]    このワークフローでは、ドキュメントまたはアイテムが承認のためにユーザーのグループに送信されます。

  • [フィードバックの収集]    このワークフローでは、ドキュメントまたはアイテムがフィードバックのためにユーザーのグループに送信されます。

  • [署名の収集]    このワークフローでは、デジタル署名を収集するために Microsoft Office ドキュメントがユーザーのグループに送信されます。

  • 廃棄承認   このワークフローでは、レコード管理プロセスをサポートするには、ドキュメントの有効期限を管理して、期限切れのドキュメントを保持または削除するかどうかを決定する参加者を許可することによって保持します。

  • [3 段階の状態管理]    このワークフローを使用すると、カスタマ サポートの問題、見込み客、プロジェクト タスクなど、大量の問題やアイテムを追跡する必要があるビジネス プロセスを管理できます。

  • 申請   このワークフローには、階層の組織図、承認者を選択し、署名の代わりにスタンプ コントロールを使用して承認を許可することができますが用意されています。このソリューションは、東アジア言語の市場の特別に設計されています。

  • [翻訳管理]    このワークフローでは、翻訳するドキュメントのコピーを作成し、翻訳タスクを翻訳者に割り当てて、手動のドキュメント翻訳プロセスを管理します。このワークフローは翻訳管理ライブラリのみで利用できます。

収集しブラウザー ベースのフォームを使用して情報を検証します。   Office InfoPath 2007のフォーム テンプレートをデザインするOffice SharePoint Server 2007サイトに展開すると、ユーザーを Web ブラウザーを使ってフォームに入力できるようにするための設定を有効にできます。Office SharePoint Server 2007InfoPath Forms Servicesテクノロジを使用するためですが、ブラウザー ベースのフォームの展開を有効にするほか: 一元的に保存し、組織のフォーム テンプレートを管理すます。

サイトとOffice SharePoint Server 2007フォーム テンプレートを発行するとき、だけでなく、イントラネットにも外部の Web サイト、エクストラネット サイトや企業の Web サイトなどに配布できます。これにより、顧客、パートナー、サプライヤー、および他のユーザー、勤務先または組織の成功を握るからデータを収集することができます。たとえば、大保険企業を収集および保険金請求書の処理がインターネットやイントラネット サイトをそのフォーム テンプレートを展開 1 つのフォーム テンプレートを使用することができます。

ページの先頭へ

ビジネス インテリジェンス

従来、大量の分析を行うための非構造化データにアクセスするためのツールは、データ ウェアハウスまたはデータ マイニングでの操作環境の年のあるユーザーにのみ使用可能なでした。複数のソースからデータを使用して Web に発行された開発者やコンサルタントにこれまでに制限します。Office SharePoint Server 2007の新しい機能を使用すると、インフォメーション ワーカーは複数のソースからデータを収集し、そのデータを Web に公開します。

Office SharePoint Server 2007は、SAP、Siebel、および Microsoft SQL Server 2005、レポート、リスト、および主要業績評価指標 (Kpi) を簡単に公開することができるようにするなどのビジネス アプリケーションにリンクできます。

これらのシステムのいずれかのデータからレポートを発行するときは、意思決定者に戦略または運用上のデータを提供します。役員や上司は、情報に基づいて決定する適切なタイミングで正確なレポートを使用します。レポートの例には、Microsoft Office Excel ブック、SQL Server Reporting Services レポート、および Microsoft Office Access のレポートが含まれます。

レポート センターのストア レポート   レポート センター サイトは、グループが少人数のチームまたは大規模な組織であるかどうか、グループに共通するレポートを保存するための 1 つの場所を提供します。レポート センター サイトに特別なドキュメント ライブラリでは、レポート、リスト、および外部データ ソースへの接続を保存します。サイトでは、ページ テンプレートと、ページ、ビジネス情報を含むリストを作成するための Web パーツへのアクセスも提供します。ユーザーがカテゴリを使用してアイテムを検索ことができますレポート センター内には、予定表を今後のレポートの表示し、関連するレポートを購読します。

対話型レポートとしてOffice Excel 2007ブックを共有する    Excel Servicesが共有、セキュリティ、および組織全体で一貫した方法で対話型レポートとしてOffice Excel 2007ブックを管理するに使用できるサーバー テクノロジです。Excel Services を使用すると、サーバー上の Excel ブックを保存し、そのブックを Web ページ上の任意の部分を発行できます。ユーザーには、ライブ データの表示し、操作のためのブラウザーだけが必要があります。ブックの Excel Web Access Web パーツを使用して Web ページに発行します。Web パーツにブックを発行する利点の 1 つは、サーバー上ですべての計算が発生します。その結果、ブック内のビジネス ロジックは公開されません。別の利点は、中央、安全な場所に格納されているブックのコピーを 1 つだけがあることです。Web ページからは、ユーザーにブックへのアクセスを制限する表示のみの権限を与えることができます。たとえば、Excel でブックを開いてされないようにすることができますや、ユーザーが表示できるかを制限することができます。

外部データ ソースに接続する SharePoint サイト   その他のビジネスなどのアプリケーションから、SAP、Siebel、SharePoint リスト、ページ、および Web パーツでのデータを使用することができます。通常、管理者は、システムの接続を作成して、レポート センターのデータ接続ライブラリに保存できます。これにより、中央の接続の管理簡単にアクセスし、できる権限を持つユーザーで再利用します。外部データ ソースへの接続を使って、Web ページを作成して SharePoint リストを SharePoint ページから外部ソースでデータを操作できるようにします。

履歴の記録の主要業績評価指標   主要業績評価指標 (Kpi) は、チーム、マネージャー、およびビジネス明確な目標に対する進捗状況をすばやく評価するために役立ちます。SharePoint の Kpi を使用すると、簡単に表示できます質問に対する回答を次のような: どのような am 上に進み、または後ろにはよいですか。どの程度先まで、または遅れているすればよいですか。完了する必要があります最小値とは何ですか。Kpi は、KPI リストを使用して作成され、KPI の Web パーツを使用して、表示されます。レポート センターまたはその他のサイトでOffice SharePoint Server 2007へのアクセス許可を持つユーザーで利用できる KPI リストを格納することができます。

ダッシュ ボードでの複数のソースからの情報の表示   ダッシュ ボードは、状態を通信するために使用されるツールとドライブ アクションにします。Office SharePoint Server 2007のダッシュ ボードは、Web ページ テンプレートを作成し、レポート、グラフ、測定値、Kpi などのさまざまなソースからの情報を表示することができます。たとえば、人事部は、従業員を使用して、給与またはの主な利点履歴などの個人情報を表示するダッシュ ボードをデザインする可能性があります。

さまざまな方法で情報を接続してフィルター処理   フィルターを使用すると、表示するデータのサブセットだけを表示できます。たとえば、データ セットをでは、全体の国または地域の複数の製品の 5 年間の履歴を含めることができます。フィルターを使用する、1 つだけの販売地域など、わかりやすいものを表示できます 1 つの製品、または現在の年のみです。Office SharePoint Server 2007では、Web パーツが必要な情報だけを表示できるように、ページ上の 1 つまたは複数の Web パーツの内容を変更するのには使用できる 10 フィルター Web パーツがあります。たとえば、現在のユーザー フィルター Web パーツには、コンピューターにログオンしているユーザーに基づく情報が自動的にフィルター処理します。これは、機能は、お客様のアカウントやタスクなど、そのユーザーに割り当てられている情報のみを表示するときに便利です。

ビジネス データ カタログをビジネス データのロックの解除   ビジネス データ カタログ (BDC) を構成した後、組織のユーザーは、検索、表示するには、SAP、Siebel、および Microsoft SQL Server などのビジネス アプリケーションで保存されているデータを分析するOffice SharePoint Server 2007を使用できます。SharePoint サイトと 1 つのリストまたはライブラリで、外部ビジネス アプリケーションから列を結合できます。たとえば、SharePoint リストに提案、契約、プレゼンテーションなどのドキュメントを保存し、顧客関係管理 (CRM) データベース内の顧客にこれらのドキュメントを関連付けるすることができます。これにより、すべての顧客のドキュメントを 1 か所で保持する、ビジネス アプリケーションの顧客のレコードに簡単に移動できるようにします。

リストやライブラリにビジネス アプリケーションの動作を組み込むことも、ビジネス アプリケーションのユーザー インターフェイスを表示、Web ページとフォームを開き、実行できるように他のよく使われているタスクを SharePoint サイトからします。また、 Office SharePoint Server 2007には、いくつかのビジネス データ Web パーツを接続し、サイト上のビジネス データの表示方法をカスタマイズするのには使用できますが含まれています。Office SharePoint Server 2007では、ビジネス データ検索機能を有効にすると、SharePoint サイト内のビジネス データを検索できます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×