Microsoft Office SharePoint Server 2007 で利用できるライブラリ テンプレート

Microsoft Office SharePoint Server 2007 サイトでは、格納するファイルの種類と用途に応じて、各種のライブラリから使用するライブラリを選択できます。

この記事の内容

概要

Office SharePoint Server 2007 で利用できるライブラリ

概要

ライブラリとは、チーム メンバーと共同してファイルを作成、収集、更新、管理できるサイト上の場所のことです。各ライブラリにはファイルの名前と主要情報が一覧表示されるため、チーム メンバーはこの一覧を参考に、これらのファイルを使用して共同作業に取り組むことができます。

ライブラリをカスタマイズする方法はいくつかあります。ドキュメントの表示方法、追跡方法、管理方法、および作成方法を制御できます。改訂版の数や種類も含めて、バージョン管理を行え、承認前のドキュメントを参照できるユーザーを制限することもできます。ワークフローを使用すると、ライブラリのドキュメントに対して共同作業を行うことができます。情報管理ポリシーを指定して、ライブラリ内のドキュメントの処理と有効期限を管理できます。

格納するファイルの種類と用途に応じて、各種のライブラリから使用するライブラリを選択できます。

ページの先頭へ

Office SharePoint Server 2007 で利用できるライブラリ

  • ドキュメント ライブラリ    文書やスプレッドシートなど、多くの種類のファイルに、ドキュメント ライブラリが使用されます。その他の種類のファイルもドキュメント ライブラリに格納できますが、一部の種類のファイルはセキュリティ上の理由によりブロックされます。Microsoft Windows SharePoint Services と互換性のあるプログラムを操作する場合は、これらのファイルをライブラリから作成できます。たとえば、マーケティング チームには、資料、ニュース リリース、および文書を企画するための独自のライブラリがあります。

  • 画像ライブラリ    デジタル画像やグラフィックのコレクションを共有するには、画像ライブラリを使用します。他の種類の SharePoint ライブラリに画像を格納することもできますが、画像ライブラリにはいくつかの利点があります。たとえば、画像ライブラリでは、スライド ショーでの画像の表示や、コンピュータへの画像のダウンロード、Office SharePoint Server 2007 と互換性のあるグラフィック プログラムを使った画像編集が可能できます。ロゴや企業イメージなど、多くのグラフィックをチームで再利用する場合や、チームのイベントまたは製品発売時の画像を保存しておく場合などは、画像ライブラリを作成することをお勧めします。

  • Wiki ページ ライブラリ    相互にリンクした Wiki ページのコレクションを作成するには、Wiki ページ ライブラリを使用します。Wiki を使用すると、複数のユーザーが日常的な情報を収集することができ、この情報は簡単に作成や変更が可能です。画像、表、ハイパーリンク、および内部リンクを含む Wiki ページをライブラリに追加できます。たとえば、チームであるプロジェクト用の Wiki サイトを作成すると、そのプロジェクトで役立つ情報を、ページ間でリンクを設定できる Wiki ページにまとめて、サイト上に保存しておくことができます。

  • フォーム ライブラリ     XML ベースのビジネス フォームを管理する必要がある場合は、フォーム ライブラリを使用します。たとえば、経費明細書の管理にフォーム ライブラリを使用できます。フォーム ライブラリを構築するには、Microsoft Office InfoPath など、Office SharePoint Server 2007 と互換性のある XML エディタまたは XML デザイン プログラムが必要です。

  • レポート ライブラリ    レポート ライブラリを使用すると、ビジネス インテリジェンス分析に使用されるビジネス データ Web パーツ、主要業績評価指標 (KPI) Web パーツ、および Excel Web Access Web パーツに含まれる情報を作成、管理、および共有する上で役立ちます。レコード センター サイト テンプレートには既定でレポート ライブラリが含まれますが、サイト コレクション内でドキュメント ライブラリを作成できるユーザーであれば、新たにレポート ライブラリを作成することができます。レポート ライブラリには、レポートごとにバージョン履歴が維持され、以前のバージョンがアーカイブされます。特別なイベントやマイルストーン用に新しいバージョンのレポートを用意し、その後、以前使用していたバージョンのレポートに戻すことができます。

  • 翻訳管理ライブラリ    翻訳管理ライブラリを使用すると、手動のドキュメント翻訳プロセスを簡単にするビューと特別な機能により、翻訳された文書の作成、格納、および管理に役立ちます。翻訳管理ライブラリは、ドキュメントとその翻訳を格納するために設計されています。このライブラリは原版ドキュメントとその翻訳の関係を追跡し、これらのドキュメントをすべてグループ化して、簡単に検索できるようにします。さらに、このライブラリは、手動のドキュメント翻訳プロセスの管理に役立つように設計された、特別な翻訳管理ワークフローを使って構成することができます。

  • データ接続ライブラリ    データ接続ライブラリは、ユーザーが必要とするデータ ソースを簡単に検索し、使用するために組織が一元的に接続ファイルを発行できるようにする、新しい SharePoint ドキュメント ライブラリです。データ接続ファイルは簡単に作成および更新でき、ソリューション デザイナは、2007 Microsoft Office system クライアント アプリケーション内から簡単にそれらのファイルを再利用することができます。

  • スライド ライブラリ    スライド ライブラリを使用すると、Microsoft Office PowerPoint 2007 プレゼンテーションに含まれるスライドの共有や再利用、スライドの履歴の追跡が可能であるほか、個々のスライドをまとめてプレゼンテーションを作成したり、プレゼンテーション内のスライドが変更されたときに通知を受け取るようにしたりできます。スライドは、Office PowerPoint 2007 からスライド ライブラリに発行できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×