Microsoft Office Project のユーザー補助機能

マイクロソフトは、製品およびサービスをどなたにとってもより使いやすいものにするために努力しています。Project には、多くのバリアフリー機能が用意されています。これらの機能は、追加でインストールするアクセシビリティ製品がなくても、どなたでもお使いいただけます。

この記事の内容

ニーズに合わせて Project をカスタマイズする

作業効率を上げる

Project でのユーザー補助の制限

マイクロソフトの追加でインストールするユーザー補助製品およびサービスについて

Windows のユーザー補助機能

別の形式のドキュメント

聴覚障碍のあるユーザーのためのカスタマー サービス

ニーズに合わせて Project をカスタマイズする

各自のニーズにより適合するよう Project をカスタマイズするために、次の方法を検討してください。

  • テキストの倍率および色を変更する    プロジェクトの表示倍率を変更すると、画面上の情報を読みやすくなります。変更するには、ビューやレポートを拡大縮小するか、タイムスケールを変更するか、画面表示の倍率を変更します。また、リボンのボタンも、見やすく使いやすいように拡大できます。Microsoft IntelliMouse ポインティング デバイスを使用すると、画面上のボタンをクリックする代わりに、マウスから直接スクロールや倍率変更を行うことができます。さらに、カスタム カラー パレットを作成して、定義した色だけを使用することもできます。

  • ビューの外観を変更する     ビュー内のバー、ボックス、リンク線、およびテキストの外観を変更できます。たとえば、ガント チャート ビューの任意の部分を選択して、書式設定を直接適用することにより、ビューの外観を思いどおりに変更できます。ガント バーの外観を変更するには、ガント バーをダブルクリックしてから、フォントの変更やバーのテキスト サイズを大きくするなど、任意の外観を選択します。

  • ツール バーおよびメニューをカスタマイズする     ボタンやコマンドのうち一部しか使用しない場合に、そのボタンをリボンの上にあるクイック アクセス ツール バーに追加できます。

ページの先頭へ

作業効率を上げる

Project には、繰り返し行うタスクを自動化して、作業効率を上げるために役立つ機能が用意されています。

  • スペル チェック プログラムを使用する     Project では、作業中に一般的なスペルおよび入力に関するエラーを修正できるほか、少数の特定可能な文字を入力すると、列内で繰り返し使用されているエントリを自動的に入力することもできます。

  • 頻繁に使用するタスクを自動化する     マクロを使用すると、複雑なタスクを自動化できるため、頻繁に行うタスクの実行に必要な手順を減らすことができます。マクロは、ショートカット キーに割り当てることができるため、Project の標準的なコマンドと同じように簡単に使用できます。

    セキュリティに関するお知らせ : 実行可能なファイルやコードをマクロやアプリケーションで実行する場合は注意が必要です。実行可能なファイルやコードは、使用しているコンピューターとデータのセキュリティを侵す危険性のあるアクションを実行するために使用されることがあります。

ページの先頭へ

Project でのユーザー補助の制限

Project でサポートされるユーザー補助には、表に示す例外があります。

問題

例外

キーボードのユーザー補助

Project の主な機能は、キーボードだけで実行できます。その他の機能もキーボードから実行できますが、次のような例外があります。

  • [タスク メモ]、[リソース メモ]、および [割り当てメモ] の各ダイアログ ボックス内のテキストに太字や斜体などのリッチ テキスト書式を適用するには、マウスを使用する必要があります。

  • Project の一部のダイアログ ボックスでは、グリッドに表示される項目の一覧が長くなることがあります。グリッド内の項目にスクロールするには、↓キーと↑キー、または PageDown キーと PageUp キーを使用します。

  • ネットワーク ダイアグラム ビュー内のグループ化されたタスクは、キーボードを使用して折りたたむことができますが、展開するにはマウスを使用する必要があります。

ハイコントラストと表示属性

Project では、ホスト オペレーティング システムのユーザー補助設定がサポートされますが、以下の例外があります。

ハイコントラスト モードでは、製品の特定の領域が期待されるとおりに表示されないか、まったく表示されません。

  • ハイコントラスト モードでは、変更箇所の表示を有効にしたときに、強調表示されたセル内のテキストが非常に読みにくくなります。

  • ハイコントラスト モードでは、[タスク メモ]、[リソース メモ]、および [割り当てメモ] の各ダイアログ ボックスのリッチ テキスト書式のボタンは適切に表示されません。

  • ハイコントラスト モードでは、インジケーター アイコンは適切に表示されません。インジケーターによって伝達される情報にアクセスするには、インジケーターをダブルクリックしてダイアログ ボックスを開くか、データの取得先を見てください。

  • ハイコントラスト モードでは、リソースの利用可能時間や割り当てを示すグラフが読みにくくなります。この情報を得るには、[リソース配分状況] ビューのテーブルを使用します。

  • Windows XP または Windows Vista でユーザー補助の設定ウィザードを実行した場合は、ユーザー インターフェイス要素が適切に表示されません。この問題に対処するには、コントロール パネルでハイコントラスト モードを有効にしてください (Windows XP の場合は [ユーザー補助オプション]、Windows Vista の場合は [コンピューターの簡単操作センター] から設定できます)。

Project の一部のダイアログ ボックスでは、フォント サイズを非常に大きくすると、テキストの一部が表示されなくなります。

情報の公開

Project では、Microsoft Active Accessibility (MSAA) を使用して情報が公開されますが、次のような例外があります。

  • [稼働時間の変更]、[レポート]、[COM アドイン]、[コマンドの配置の変更]、[ハイパーリンクの挿入]、および [サービス オプション] の各ダイアログ ボックスでは、MSAA ガイドラインに従った情報の公開は行われません。

  • [イナズマ線] ダイアログ ボックスの一部のコントロールでは、MSAA の Name プロパティを使用したコントロール名の公開は行われません。

  • コンポーネント オブジェクト モデル (COM) アドインでは、MSAA ガイドラインに従った情報の公開は行われません。

  • Project ウィンドウの下部に表示されるステータス バーでは、MSAA ガイドラインに従った情報の公開は行われません。

  • [ページ設定] ダイアログ ボックスでタブを切り替えたときに、MSAA オブジェクト階層を使用した子オブジェクトの公開は正しく行われません。ただし、スクリーン リーダーでは、別の方法を使用してそのオブジェクトにアクセスできます。

  • ガント チャート ビューのグラフ部分など、グラフィカルなビューでは MSAA はサポートされません。ただし、グラフィカルなビュー内のすべての情報は、MSAA をサポートする表形式 (ガント チャート ビューの左側にある表など) で確認できます。

  • コンボ ボックスでは、MSAA の選択メソッド (accSelect) は機能しません。また、コンボ ボックスでは、MSAA の Role プロパティに対して誤った値が公開されます。

  • ビュー バーでは、MSAA の Name プロパティを使用したビュー名の公開は正しく行われません。

  • 一部のスペル チェックでは、MSAA ガイドラインに従った情報の公開は行われません。

  • リスト項目の左側にチェック ボックスが配置されたリスト ボックスでは、項目が音声で表現されません。

  • リソースの切り替えウィザードで特定の項目を選択すると、フォーカスがダイアログ ボックス内の別のコントロールに自動的に移動します。

アニメーション

Project では、アニメーションの Office アシスタントが有効になっているときにアニメーションが使用されます。アニメーションはユーザーの判断で無効にできます。アニメーションを無効にした場合でも、提供される情報に違いはありません。

ページの先頭へ

マイクロソフトの追加でインストールするユーザー補助製品およびサービスについて

以降のセクションでは、障碍を持つユーザーが Microsoft Windows をより簡単に使用できるようにするための機能、製品、およびサービスに関する情報を示します。

  • Windows のユーザー補助機能

  • 別の形式のドキュメント

  • 聴覚障碍のあるユーザーのためのカスタマー サービス

注: この情報の中には、米国でマイクロソフト製品のライセンスを持つユーザーにのみ当てはまるものがあります。この製品を米国以外の地域で取得した場合は、ソフトウェア パッケージに付属しているお買い求め地域のマイクロソフト子会社に関する情報カードを使用するか、マイクロソフト アクセシビリティ Web サイトにアクセスして、マイクロソフトのサポート サービスの電話番号と住所の一覧を参照してください。お買い求め地域のマイクロソフト子会社にお問い合わせいただくと、このセクションに記載されている種類の製品およびサービスを、その地域で利用できるかどうか確認できます。ユーザー補助に関する情報は、日本語、フランス語など他の言語でも参照できます。

Windows のユーザー補助機能

Windows オペレーティング システムには、入力やマウスの使用が困難なユーザー、視覚障碍のあるユーザー、または聴覚障碍のあるユーザーに役立つユーザー補助機能が、数多く組み込まれています。これらの機能はセットアップ時にインストールされます。これらの機能の詳細については、Windows のヘルプ、およびマイクロソフト アクセシビリティ Web サイトを参照してください。

  • 無料のステップ バイ ステップ ガイド     マイクロソフトでは、コンピューターのユーザー補助に関するオプションおよび設定を調節するための詳しい手順を示す、一連のステップ バイ ステップ ガイドを公開しています。このガイドでは、マウスによる操作とキーボードによる操作を左右に並べて示しており、マウス、キーボード、またはその両方を組み合わせて使用する方法を理解できるようになっています。

    マイクロソフト製品のステップ バイ ステップ ガイドについては、マイクロソフト アクセシビリティ Web サイトを参照してください。

  • Windows 向けの支援技術製品     障碍を持つユーザーがコンピューターをより簡単に使用できるよう、さまざまな支援技術製品が提供されています。マイクロソフト アクセシビリティ Web サイトでは、Windows 上で機能する支援技術製品のカタログを掲載しています。

    支援技術を使用する場合は、ソフトウェアまたはハードウェアをアップグレードする前に、互換性に関する問題の有無を支援技術のベンダーに確認してください。

別の形式のドキュメント

印刷資料の読み取りや扱いが困難なユーザーのために、多くのマイクロソフト製品について、より使いやすい形式のドキュメントが用意されています。マイクロソフト アクセシビリティ Web サイトでは、使いやすい形式の製品ドキュメントのインデックスを掲載しています。

さらに、マイクロソフトの上記以外の文書を Recording for the Blind & Dyslexic, Inc (RFB&D) から入手できます。RFB&D 社は、同社の配布サービスに登録された対象メンバーに、これらのドキュメントを配布しています。Microsoft Press が発行するマイクロソフト製品ドキュメントおよび書籍の入手方法の詳細については、次の連絡先に問い合わせてください。

Recording for the Blind & Dyslexic, Inc.
20 Roszel Road
Princeton, NJ 08540

米国内からの電話番号: (800) 221-4792
米国およびカナダ以外からの電話番号: (609) 452-0606
FAX: (609) 987-8116

聴覚障碍のあるユーザーのためのカスタマー サービス

聴覚障碍のある方は、次に示す方法で、テキスト電話 (TTY/TDD) サービスを通じてマイクロソフトの製品サービスおよびカスタマー サービスを利用できます。

  • カスタマー サービスについては、Microsoft Sales Information Center ((800) 892-5234、太平洋標準時の午前 6:30 から午後 5:30 まで、休日を除く月曜から金曜) にお問い合わせください。

  • 米国における技術的なサポートについては、マイクロソフト製品サポート サービス ((800) 892-5234、太平洋標準時の午前 6:00 から午後 6:00、休日を除く月曜から金曜) にお問い合わせください。カナダにおける技術的なサポートについては、(905) 568-9641 (東部標準時の午前 8:00 から午後 8:00、祝日を除く月曜から金曜) にお問い合わせください。

マイクロソフトのサポート サービスは、サービスの利用時点で適用されている価格、期間、および条件に基づいて提供されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×