Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager へようこそ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager へようこそ。Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager には、Outlook の最高の機能とビジネスの管理に役立つツールが統合されています。サービスベースのビジネスか製品ベースのビジネスかを問わず、自社のクライアントとその企業に関する情報を取引先企業または取引先担当者レコードとして入力できます。

この記事の内容

ようこそページで [高速] または [詳細] を選択する

スタートアップ ウィザードをオフにする

ようこそページで [高速] または [詳細] を選択する

Business Contact Manager for Outlook を使用すると、取引先企業や取引先担当者を含むビジネス データが、Outlook の .pst ファイルとは別のデータベースに格納されます。電子メール メッセージ、予定、連絡先など、Outlook .pst ファイル内の情報は変更されません。引き続き Outlook の連絡先を使用して個人の連絡先に関する情報を格納しますが、取引先担当者に関する情報の格納には Microsoft Office Outlook 2007 with Business Contact Manager を使用します。

ようこそページで、次のいずれかのオプションをクリックして [次へ] をクリックします。

高速

Business Contact Manager for Outlook でデータベースを自動的に設定する場合は、[高速] をクリックします。このオプションは、Business Contact Manager for Outlook を初めて使用する場合に選択します。

[高速] オプションについての詳細を展開

コンピューターにデータベースがない場合、Business Contact Manager for Outlook は空のデータベースを設定し、既定の名前を使用します。

このウィザードの完了後に、取引先企業および取引先担当者に関する情報を入力またはインポートして、新しいレコードを作成する必要があります。

コンピューター上に 1 つのデータベースがある場合、Business Contact Manager for Outlook はそのデータベースを構成します。

コンピューター上に複数のデータベースがある場合、Business Contact Manager for Outlook によって、使用するデータベースを選択するように求めるメッセージが表示されます。

データベースが Business Contact Manager for Outlook の以前のバージョンのものである場合、Business Contact Manager for Outlook 2007 で動作するようにデータベースがアップグレードされます。

注: スタートアップの完了後に別のデータベースを使用するには、Business Contact Manager メニューで、[データベース ツール] をクリックし、[データベースの作成または選択] をクリックします。

詳細

新しい空のデータベースをセットアップするか、または既存のデータベース (別のコンピューターにあるデータベースや、以前のバージョンの Business Contact Manager for Outlook のデータベースを含む) に接続する場合は、[詳細] をクリックします。

[詳細] オプションについての詳細を展開

注: リモート コンピューターと呼ばれる別のコンピューター上のデータベースに接続する場合は、あらかじめそのデータベースを共有しておく必要があります。

このウィザードの次のページである [データベースの作成または選択] ページで、新しいデータベースの名前を入力するか、自分のコンピューター上にあるデータベースの名前を入力するか、または共同作業者のコンピューターの名前を指定して、共有されているデータベースの名前をクリックします。

既存のデータベースを使用する場合は、このウィザードの完了後に、取引先担当者や取引先企業に関する追加情報を入力して既存のビジネス データを変更したり、新しい Business Contact Manager for Outlook レコードを作成したりできます。

スタートアップ ウィザードの手順に従って、Business Contact Manager for Outlook データベースをセットアップします。

注: Business Contact Manager for Outlook スタートアップ ウィザードが正常に完了しなかった場合は、「Troubleshoot installing Business Contact Manager for Outlook 2007 (Business Contact Manager for Outlook 2007 のインストールに関するトラブルシューティング)」を参照してください。

Business Contact Manager for Outlook をオフにする

小規模な企業の所有者でなければ、製造元によってコンピューターにインストールされた Business Contact Manager for Outlook は不要である場合があります。この機能をコンピューターから削除するには、次の手順を実行します。

注: スタートアップ ウィザードが表示されないようにするには、Business Contact Manager for Outlook をアンインストールするか、または自分のプロファイルで無効にする必要があります。Business Contact Manager for Outlook は、Outlook 用のアドインです。このアドインを削除しても、Outlook 2007 は削除されません。プロファイルで Business Contact Manager for Outlook を無効にする方法の詳細については、「Business Contact Manager for Outlook 2007 を削除する」を参照してください。

  • Business Contact Manager for Outlook のアンインストール

    • Microsoft Windows XP の場合

      1. [キャンセル] をクリックしてスタートアップ ウィザードを終了し、[はい] をクリックします。

      2. [スタート] メニューの [コントロール パネル] をクリックします。

      3. [コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。

      4. [現在インストールされているプログラムと更新プログラム] ボックスの一覧で、[Business Contact Manager for Outlook 2007] をクリックします。

      5. [削除] をクリックし、画面の手順に従います。

        注:  Business Contact Manager for Outlook 2007 の削除対象のコンポーネントに Microsoft SQL Server 2005 Express (MSSMLBIZ) も表示される場合があります。他のプログラムで使用していない場合に、ディスクの空き領域を解放するには、SQL Server 2005 Express を削除します。

    • Windows Vista の場合

      1. [キャンセル] をクリックしてスタートアップ ウィザードを終了し、[はい] をクリックします。

      2. [スタート] メニューの [コントロール パネル] をクリックします。

      3. [コントロール パネル] で、[プログラムと機能] をクリックします。

      4. [プログラムのアンインストールまたは変更] ページで、[Business Contact Manager for Outlook 2007] をクリックします。

      5. [アンインストールと変更] をクリックします。

      6. 画面の指示に従ってください。

        注:  Business Contact Manager for Outlook 2007 の削除対象のコンポーネントに Microsoft SQL Server 2005 Express (MSSMLBIZ) も表示される場合があります。他のプログラムで使用していない場合に、ディスクの空き領域を解放するには、SQL Server 2005 Express を削除します。

    • ヒント: Business Contact Manager for Outlook 2007 を削除した後にスタートアップ ウィザードが表示される場合は、「Business Contact Manager に関する連絡先」を参照し、記載されているいずれかの方法を使用して、問題についての詳細を Microsoft に提供してください。

  • 注: Business Contact Manager for Outlook 2007 をアンインストールすると、コンピューター上のすべてのユーザー プロファイルから削除されます。Business Contact Manager for Outlook 2007 をアンインストールしても、Outlook 2007 はアンインストールされません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×