Microsoft Office Outlook が起動不可となった場合

Microsoft Office Outlook が起動不可となった場合

Outlook 2016、Outlook 2013、または Outlook 2010 の起動に問題がある、または "Microsoft Outlook を起動できません。Outlook ウィンドウを開けません" というエラー メッセージが表示されていますか。Microsoft はユーザーの問題の解決をお手伝いできます。または、以下のトラブルシューティングの手順に従って、ユーザー自身で起動の問題を解決することもできます。

Microsoft が Outlook に関する一般的な問題を診断し、解決することができます。自動診断ツールで問題を解決できない場合、または自分で問題を解決したい場合は、次のセクションを参照してください。

はじめに

問題を解決する
Microsoft Office 365 サポート/回復アシスタントで Outlook と Office 365 の問題を解決する

アドインが Outlook と競合する場合があります。Outlook をセーフ モードで起動 (アドインをロードせずに Outlook を起動) することで、アドインに問題があるかどうかを判断できます。

注: ABBYY FineReader アドインを有効にすると、以前のバージョンのソフトウェアが Outlook の起動エラーを引き起こす可能性があります。詳細については、「Office programs may crash with the FineReader add-in installed (FineReader アドインのインストールで Office プログラムがクラッシュする)」をご覧ください。

Outlook をセーフ モードで起動する

  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順に選びます。

  2. Outlook /safe を入力し、[OK] を選びます。

  3. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスで、Outlook の既定の設定を受け入れ、[OK] を選びます。

    [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスで Outlook の既定の設定を使用する

  4. メッセージが表示されたら、パスワードを入力し、[承諾] を選びます。

ヒント: 

  • セーフ モードになっていることを確認する方法として、画面の上部に次のようなラベルが表示されます。

    ウィンドウの上部にあるラベルは、受信トレイの所有者の名前を示し、Outlook がセーフ モードで動作していることを示す

  • また、タスク バーの Outlook Outlook のアイコンの上に注意記号が表示される アイコンが、プログラムが正常に動作していないことを警告します。

Outlook がセーフ モードで起動する場合、問題はいずれかのアドインにある可能性があります。Outlook を再起動する前に、すべてのアドインを無効にする必要があります。

アドインを無効にする

  1. Outlook の左上隅で、[ファイル][オプション][アドイン] の順に選択します。

  2. [Office アドインの表示と管理]の下部の [管理] ボックスに [COM アドイン] が表示されていることを確認し、[移動] を選びます。

  3. 予防策として、現在のアドインの [COM アドイン] 一覧が開いたら、次のいずれかを行います。

    • [使用できるアドイン] の下に一覧表示された、すべての選択されたアドインのタイトルを手動で記録します。

      または

    • プロパティ シートのスクリーン ショットを取得し、任意の場所に画像を保存します。

  4. 選択したアドインのタイトルをキャプチャしたら、選択されているすべてのチェック ボックスをオフにし、[OK] を選びます。

    注意: チェック ボックスをクリックしてオフにします。アドインを選択せずに [削除] を選択します。管理者権限がある場合、実際にアドインが削除される可能性があります。このトラブルシューティングの演習のため、アドインを削除せずに無効にすることができます。

  5. [ファイル]、[終了] の順に選びます。

再起動

  1. [スタート][ファイル名を指定して実行] の順に選び、[開く] ボックスに Outlook と入力します。

    注: プログラムが正常に読み込まれた場合は、エラーの原因はいずれかのアドインにある可能性があり、そのアドインを特定する必要があります。問題のアドインを特定するには、アドインを 1 つずつ有効にします。

  2. Outlook の左上隅で、[ファイル][オプション][アドイン] の順に選択します。

  3. 再度有効にするアドインの横にあるチェック ボックスをオンにして、[OK] を選びます。

  4. 元のすべてのアドインを再度有効にし、エラーの原因が明らかになるまで、すべての手順を繰り返します。

    重要: Outlook がセーフ モードで開く場合は、有効にしたアドインがエラーの原因であることを覚えておいてください。

    • Outlook を再起動し、問題が発生した有効にしたアドインを無効にしてから、Outlook を起動します。

    • Outlook で当初は有効になっていたすべてのアドインに対し、再起動 - 無効 - 再起動のプロセスを確実に行います。複数のアドインでエラーが発生する場合があります。

ユーザーのプロファイルには、そのユーザーの Outlook 設定が含まれています。時には、そのプロファイルが破損する場合があります。新しいプロファイルを作成して、Outlook の起動時に使用されるプロファイルを変更すると、プロファイルが破損していたかどうかを判断できます。

  1. コントロール パネルを開くには、次のいずれかの手順を実行します。

    • Windows Vista または Windows 7 の場合、[スタート][コントロール パネル] の順に選びます。

    • Windows 8 と Windows 10 の場合、[スタート] を選んで [コントロール パネル] と入力します。

      注: Windows 10 の場合、コントロール パネルで、右上隅にある [表示方法] ボックスが [カテゴリ] に設定されていることを確認します。

  2. [メール] を選びます。

  3. [メール設定 - Outlook] ダイアログ ボックスで、[プロファイルの表示][追加] の順に選びます。

    Outlook アカウントのプロファイルを追加または削除するために使用するメールのプロパティ シート

  4. [プロファイル名] ボックスに、新しいプロファイルに使用する名前を入力します。

    kerimills に設定された新しい Outlook メール プロファイル

  5. アカウントの追加ウィザードの [自動アカウント セットアップ] ページの[電子メール アカウント] で、[名前][電子メール アドレス][パスワード] を入力し、[次へ] を選びます。

    自動アカウント セットアップを使用して、Outlook 用に新しく作成されたプロファイルの一部としてメール アカウントを追加する

    注: アカウントの追加ウィザードは、メール サーバーの設定を自動的に検索します。

  6. [完了] を選ぶと、[メール] ダイアログ ボックスの [全般] タブに追加した新しいプロファイル名が一覧表示されます。

  7. [Microsoft Outlook の起動時に使用するプロファイル] で、[使用するプロファイルを選択する] を選び、[OK] を選びます。

別のプロファイルを使用する

  1. Outlook を再起動します。

  2. [プロファイルの選択] ダイアログ ボックスのドロップダウン リストで、作成した新しいプロファイル名を選びます。

    新しいプロファイルの名前を持つプロファイル ダイアログ ボックスを選択する

  3. [OK] を選びます。

    注: Outlook が正常に起動したら、Outlook プロファイルが破損しており、それが問題の原因と特定されます。

プロファイルを削除する場合は、先にデータ ファイルをバックアップする必要があります。[削除] を選ぶと、オフライン キャッシュのすべてのコンテンツが削除されます。詳細については、「Outlook データ ファイル (.pst および .ost) の概要」をご覧ください。

Outlook は、すべてのメール メッセージ、会議、イベント、連絡先、およびタスクをデータ ファイルに格納します。これらのファイルも破損する場合があります。受信トレイ修復ツール (scanpst.exe) を実行し、Outlook データ ファイルをスキャンしてエラーを修復できます。

  1. Outlook を終了して、受信トレイ修復ツールを使用します。

    注: 左側のウィンドウのコンテンツは、使用している Outlook のバージョンによって異なります。

  2. Outlook のバージョンに応じた手順については、次のリンクを参照してください。

Outlook の左端にあるナビゲーション ウィンドウには、フォルダーの一覧と、メール、予定表、連絡先、およびタスクの間を移動するアイコンがあります。/resetnavpane コマンドを実行すると、ナビゲーション ウィンドウに対して行ったすべてのユーザー設定が削除されます。

  1. Outlook を閉じます。

  2. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順に選びます。

  3. [開く] ボックスで、Outlook.exe /resetnavpane を入力し、[OK] を選びます。

互換モードは、以前のオペレーティング システムでプログラムを実行するためのモードです。Outlook が互換モードで実行されている場合、互換モードを無効にすると問題を解決できることがあります。

注: この手順は、Outlook 2013 または Outlook 2010 向けです。Outlook 2016 には [互換性] タブはありません。

  1. コンピューター上の Outlook.exe ファイルを見つけます。

    • Outlook 2013 の場合、このファイルは C:\Program Files\Microsoft Office\Office 15\ または C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office 15\ にあります。

    • Outlook 2010 の場合、このファイルは C:\Program Files\Microsoft Office\Office 14\ または C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office 14\ にあります。

  2. Outlook.exe ファイルを右クリックし、[プロパティ] を選択してから、[互換性] タブを選択します。

  3. [互換性] タブにあるチェック ボックスがオンになっている場合はオフにし、[適用]、[OK] の順に選択します。

  4. Outlook を再起動します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×