Microsoft Office OneNote 2007 のプライバシーに関する補足

最終更新日: 2006 年 10 月

このページは、「2007 Microsoft Office system のプライバシーに関する声明」の補足情報です。特定の Office プログラムまたはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、2007 Microsoft Office system のプライバシーに関する声明と、この補足情報の両方を参照する必要があります。

画像やその他のドキュメントへのリンク

ハード ディスク上またはサーバー上の画像、ファイル、データ ソース、またはその他のドキュメントへのリンクを作成すると、そのファイルへのパスがドキュメントに保存されます。リンクには、ユーザー名またはネットワーク上のサーバーに関する情報が含まれることがあります。データ接続の場合は、データ接続リンクにユーザー名やパスワードを保存するかどうかを選択できます。

また、XML スキーマをドキュメントに適用すると、作成した XML スキーマへのパスがドキュメントに保存されます。パスにユーザー名が含まれることもあります。

印刷

Microsoft Office OneNote 2007 では、Office OneNote 2007 のノートブックの印刷後にそのノートブックを保存すると、ノートブックと共にプリンタへのパスが保存されます。パスにユーザー名またはコンピュータ名が含まれることもあります。

リサーチと参照

Office OneNote 2007 では、特殊な用語やフレーズに関する情報を質の高い多くのコンテンツ プロバイダに問い合わせることができます。特殊な用語やフレーズの検索を要求すると、Office OneNote 2007 は、検索するテキスト、使用されているソフトウェア製品、システムで設定されているロケール、さらに、お客様がリサーチ情報をダウンロードする権利を持つことを示す認証情報がプロバイダで必要とされる場合はその認証情報をインターネットを通じて送信します。

これらの情報は、Office OneNote 2007 から、ユーザーが選択した第三者のプロバイダに送信されます。プロバイダは、要求された単語またはフレーズに関する情報を返します。

お客様が受け取る情報には、第三者のプロバイダのサイトにあるより詳しい情報へのリンクが含まれることがよくあります。このリンクをクリックすると、お客様が将来同じプロバイダのサービスを利用する際、プロバイダがお客様を識別できるようにするための Cookie がシステムに保存される場合があります。このような第三者のサイトでのプライバシーの扱いについて、Microsoft は責任を負いかねます。問い合わせ先のサービスを Microsoft が運営している場合を除き、Microsoft がこれらの情報を受信または保存することはありません。

翻訳サービス

Office OneNote 2007 では、二か国語辞書または機械翻訳を使用して、ノートブックの一部または全部を翻訳することができます。ノートブックの翻訳方法については、翻訳する単語またはフレーズを選択するか入力する方法と、ノートブック全体を翻訳する方法のどちらかを選択できます。

翻訳する単語またはフレーズを選択するか入力すると、その文字列が二か国語辞書と比較されます。二か国語辞書には、アプリケーションに付属しているものと、Microsoft Office Online から入手可能なものがあります。

"ノートブック全体の翻訳" を実行する場合は、第三者が提供する翻訳サービスにノートブックが暗号化されずに送信されます。暗号化されずにインターネット経由で送信されるすべての情報と同じように、そのノートブックは他のユーザーに見られる可能性があります。

Microsoft Office Online で提供されるいずれかの辞書またはノートブックがの翻訳サービスを使用すると、Office OneNote 2007 からインターネットを通じて、翻訳する文字列、使用されているソフトウェアの種類、およびシステムで設定されているロケールと言語が送信されます。第三者が提供する翻訳サービスを利用する場合は、Web サイトにアクセスするために以前にサインアップしたことを示すキャッシュ済みの認証情報も Office OneNote 2007 から送信されることがあります。

お客様が受け取る情報には、第三者の翻訳サービスの Web サイトにあるより詳しい情報へのリンクが含まれることがよくあります。このリンクをクリックすると、お客様が将来同じプロバイダのサービスを利用する際、プロバイダがお客様を識別できるようにするための Cookie がシステムに保存される場合があります。

ドキュメント ワークスペース サイト

Office OneNote 2007 を使用すると、Microsoft Windows SharePoint Services サイト上のドキュメント ワークスペース サイトにアクセスできます。ドキュメント ワークスペース サイトは、1 つまたは複数のドキュメントに対する他のチームのメンバーとの共同作業をすばやく、簡単に行うことができる共有スペースです。

ドキュメント ワークスペース サイトにアクセスすると、Office OneNote 2007 は、そのサイトに関する情報を提供するためにドキュメント ワークスペース サイトからデータをダウンロードします。特に、Office OneNote 2007 は次の情報を取得します。

  • Windows SharePoint Services サイトの名前

  • サイトの URL またはアドレス

  • サイトのユーザーの名前、電子メール アドレス、およびアクセス許可レベル

  • ドキュメントやタスクの一覧、およびサイトから入手できるその他の情報

また、Office OneNote 2007 は、お客様がコンピュータからアクセスした Windows SharePoint Services サイトの一覧を Cookie として保存します。この一覧により、以前に訪れたことのあるサイトにすばやくアクセスできます。お客様が訪れたサイトの一覧は、より広く利用されるようにお客様自身が指定しない限り、Microsoft が利用したり、インターネットに公開したりすることはありません。

Windows SharePoint Services

Microsoft Windows SharePoint Services は、ドキュメントや会議での共同作業が可能な Web ベースの共有ワークスペース サイトを提供します。

Web ブラウザまたはいずれかの Office プログラムを使用して SharePoint サイトにアクセスすると、そのサイト上に新しいサブサイトを作成するアクセス許可があれば、コンピュータに Cookie が保存されます。このような Cookie が集まって、アクセス許可のあるサイトの一覧が形成されます。この一覧は、既に訪れたことのあるサイトにすばやくアクセスできるようにするために、いくつかの Office プログラムで利用されます。

お客様が訪れたサイトの一覧は、より広く利用されるようにお客様自身が指定しない限り、Microsoft が利用したり、インターネットに公開したりすることはありません。

この一覧は、Web ブラウザで Cookie のキャッシュをクリアすることにより削除できます。

Windows SharePoint Services で新しい Web サイトやリストを作成した場合、あるいは既存の Web サイトやリストにユーザーを追加または招待した場合は、お客様自身を含めた各ユーザーの次の情報がサイトに保存されます。

  • 氏名

  • 電子メール アドレス

  • ユーザー ログオン名 (DOMAIN\username などの Microsoft Windows NT ログオン)

お客様や他のユーザーがサイトで追加または変更した要素には、すべてユーザー ID が付加されます。特別な場合を除き、SharePoint サイトのすべてのコンテンツと同じように、この情報にはサイトの管理者とメンバーしかアクセスできません。

SharePoint サイトのすべての要素には、"作成者" と "更新者" の 2 つのフィールドが含まれます。"作成者" フィールドには、この要素を最初に作成したユーザーの名前とその作成日が記録されます。"更新者" フィールドには、この Office OneNote 2007 ドキュメントを最後に変更したユーザーの名前とその変更日が記録されます。

SharePoint サイトをホストしているサーバーの管理者は、サイト内の一部のデータにアクセスできます。これらのデータは、サイトの利用パターンを分析し、サイトの利用可能時間のパーセンテージを向上するために使用されます。これらのデータは、サーバーの管理者しか利用できません。その SharePoint サイトをホストしているのが Microsoft である場合を除き、Microsoft がサーバーの管理者とデータを共有することはありません。収集されるデータには、サイトにアクセスしたユーザー全員の名前、電子メール アドレス、およびアクセス許可が含まれます。

個々の SharePoint サイトで利用可能なコンテンツはすべて、そのサイトにアクセスする任意のユーザーによって検索および表示される可能性があります。

監査

Windows SharePoint Services には監査機能が用意されており、管理者は、重要なコンテンツに対するユーザーの操作について信頼性の高い監査記録を残すことができます。

Windows SharePoint Services の管理者が監査機能を有効にすると、サーバーでは、ユーザーの実行した特定のアクションが SharePoint コンテンツ データベースに自動的に記録されます。これらのアクションには、表示、編集、チェックイン、チェックアウトなどがあります。サーバーでは、記録されるアクションごとに、ファイルやアクションに関する識別情報と、ユーザーの SharePoint ID および IP アドレスが記録されます。この処理中になんらかのデータが Microsoft に送信されることはありません。

この機能は既定でオフになっており、コンテンツが保存されている SharePoint サイトの管理者だけが利用できます。

作成者名

すべての Office OneNote 2007 ファイルには、そのファイルまたはセクションの作成者の名前が保存されます。この名前が保存されないようにするには、Office OneNote 2007 で次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  2. [表示] をクリックします。

  3. [Office のユーザー設定] の [ユーザー名] ボックスで、名前を削除します。

  4. [頭文字] ボックスで、頭文字を削除します。

    OneNote では、作成日時と最終更新時刻を含んだタイムスタンプもファイルに保存されます。

ノートブックの同期

Office OneNote 2007 では、共有の場所または SharePoint サイトにあるノートブックを編集して、その変更と他のユーザーによる変更を定期的に結合できます。結合処理中にバージョンが競合した場合は、競合したページごとに作成者名が保存され、そのページに表示されます。この作成者名は、後から競合の原因を特定するために使用できます。作成者名を変更するには、前出のセクション「作成者名」を参照してください。

共有セッション

Office OneNote 2007 では、共有ノートブック内のセクションに対してリアルタイムの共同作業を行うために、他のユーザーとの共有セッションを作成したり、共有セッションに参加したりできます。セッションを共有するには、[共有] メニューの [ライブ共有セッション] をポイントし、[現在のセクションの共有を開始] をクリックします。また、[共有] メニューの [ライブ共有セッション] をポイントし、[既存のセッションに参加] をクリックして、既存のセッションに参加することもできます。共有セッションを確立するために、お客様の IP アドレスが使用されます。セッションに参加している参加者やセッションへの招待を受け取った参加者は、だれでもこの IP アドレスを確認できます。セッションに参加すると、そのセッションから退席するまで、お客様のユーザー名がすべての参加者に表示されます。セッションの実行中は、共有セクション内にあるすべてのページの情報が、参加しているすべてのユーザーに公開されます。

お客様がコンピュータの管理者である場合は、共有セッションを無効にするポリシーを適用することができます。

OneNote ファイルに保存されるメタデータ

Office OneNote 2007 では、アドインを使用することにより、開発者が OneNote セクションを作成してアクセスできるようになっています。OneNote ファイルを作成したり変更したりすると、アドインによってファイルにメタデータが埋め込まれる可能性があります。このメタデータには、OneNote プログラムで表示されない任意の情報が含まれることがあります。Office OneNote 2007 のアドインを使用する場合の詳細については、アドインの開発者に問い合わせてください。

インスタント メッセージと通知

Office OneNote 2007 には、プログラム内からインスタント メッセージを送信する機能や、ユーザーがオンラインになった場合、あるいは共有ドキュメントまたはワークスペースに変更が加えられた場合に通知を受け取る機能があります。

Office OneNote 2007 では、Microsoft インスタント メッセージ クライアントを使用して、オンライン状態の他のユーザーを表示し、そのユーザーにメッセージを送信できます。Office OneNote 2007 には、インスタント メッセージの状態を Web ページに表示する Web コントロールが含まれています。この機能の目的は、Web ページを使用して、同じドキュメントやワークスペースで作業している他のユーザーと直接共同作業ができるようにすることです。

この Web コントロールを考慮して記述された Web ページ スクリプトは、そのスクリプトをホストしている Web サーバーに対し、インスタント メッセージ プログラムから状態データを送信できます。この機能は、既定では、イントラネット サイト、信頼済みサイト、およびローカル コンピュータ上のサイトでのみ利用できます。

Microsoft Windows SharePoint Services ページと Microsoft Office SharePoint Server 2007 ページは、どちらもこのコントロールを使用します。ただし、どちらのページでも状態データが Web サーバーに送信されることはありません。

お客様が Microsoft Windows SharePoint Services サイトまたは Office SharePoint Server サイトにアクセスし、通知を作成すると、Office OneNote 2007 は次のデータを含んだ Cookie をお客様のコンピュータに保存します。

  • サイト名

  • サイトの URL

  • 通知元が Windows SharePoint Services サイトまたは SharePoint Server サイトのどちらであるか

  • 通知サービスを公開するためにサイトで使用されている URL

この Cookie に含まれるデータによって、サイトからの通知が正しく届くようになります。この Cookie の送信元が Microsoft のサーバーである場合を除き、Microsoft がこの Cookie にアクセスすることはありません。送信元が Microsoft のサーバーであっても、この Cookie が Windows SharePoint Services サイトまたは SharePoint Server サイト以外で使用されることはありません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×