Microsoft Office Live Meeting (2007 バージョン) の製品概要

Microsoft Office Live Meeting 2007 は、各組織が加入するか、組織内部でホストするオンライン ミーティング スペースです。仕事仲間とオンラインでコミュニケーションを取ることができるため、距離が離れていても、リアルタイムで共同作業を行うことができます。Microsoft Office Live Meeting 2007 をコンピュータにインストールすると、会議に接続できるようになります。会議は、組織のサーバーでホストされている場合と、Microsoft Office Live Meeting サービスとして利用されている場合があります。Live Meeting では、会議の参加者が、各自のコンピュータから、わずかな費用で、移動の手間をかけることなく、プレゼンテーションの配信、プロジェクトの開始、ブレインストーミング、ファイルの編集、ホワイトボードを使用した共同作業、商談などを行うことができます。

目次

新機能

組織の連携強化

魅力のあるWeb会議

エンタープライズ クラスの信頼性

新機能

Microsoft Office Communications Server 2007 R2 リリース上で Microsoft Office Live Meeting を使用すると、Outlook アドインとして [今すぐミーティング] ボタンが表示されます。このボタンを Outlook から使用して、臨時会議を開催することができます。

また、Office Communications Server 2007 R2 では、会議自動アテンダント機能を使用して、コンピュータ オーディオと参加者のダイヤルをブリッジすることができます。コンピュータにアクセスできないユーザーも、一般的な携帯電話、会社または自宅の電話を使用して、Office Live Meeting の電話会議に参加できるようになりました。開催者は、Office Live Meeting 会議のスケジュールを設定するときに、電話会議に参加するための電話番号を追加できます。招待された人は、任意の電話から会議にダイヤルインして、会議のオーディオ部分に参加できます。

ページの先頭へ

組織の連携強化

Office Live Meeting の 2007 バージョンでは、オンライン ミーティング、オンライン イベント、およびオンライン トレーニングを使用して、組織内と組織間を密接に結び付けます。ユーザーは、顧客、パートナー、仕事仲間に接続して、議論や共同作業を行うことができます。ユーザー エクスペリエンスを全体的に向上させるために、会議ウィンドウが再設計されました。会議の開催者は、会議セッション中に参加者の興味を失うことなく、集中させることができます。また、発表者は、参加者からリアルタイムにフィードバックを得ることができるので、それに基づいて発表の進度や内容を調整し、参加者の要望に応えることができます。

会社では、Office Live Meeting を使用して従業員を教育したり、潜在的な顧客やパートナーに新製品について知らせたりできます。後で、参加できなかった人が情報を入手できるようにすることもできます。Office Live Meeting 2007 では、組織内外の参加者向けに Web セミナーを記録できます。また、必要に応じて、大勢の人が参加して必要な情報を得られるように、多数の聴衆をサポートすることもできます。

ページの先頭へ

魅力のあるWeb会議

Office Live Meeting 2007 では、音声、ビデオ、およびメディアを統合することで、参加者にアピールすることができます。ライブまたは録画のビデオ、チャット、スライド、アプリケーション共有、ボイス オーバー IP (VoIP) および公衆交換電話網 (PSTN) による音声通話、聴衆フィードバック ツールなど、いくつものコミュニケーション オプションが用意されています。

ページの先頭へ

エンタープライズ クラスの信頼性

Office Live Meeting 2007 バージョンでは、エンタープライズ クラスの信頼性の高いサービスが提供されます。このソリューションは過去 10 年間にわたる実績によって高い可用性が裏付けられており、その品質、信頼性、およびセキュリティ機能を信頼していただけることと思います。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×