Microsoft Office Live Meeting 2007 クライアントのプライバシーに関する声明

最終更新日: 2007 年 6 月

マイクロソフトでは、お客様のパーソナル コンピューティングに求められるパフォーマンス、パワー、便利さを備えたソフトウェアをお届けすると同時に、お客様のプライバシー保護に努めています。このプライバシーに関する声明では、Microsoft® Office Live Meeting 2007 クライアント (以下「Live Meeting クライアント」といいます) によるデータの収集と利用方法の多くについて説明します。

この声明では、インターネットを使用して情報をやり取りする一部の機能について取り上げており、完全なものではありません。この声明は、マイクロソフトのオンラインまたはオフラインの他のサイト、製品、およびサービスには適用されません。お客様がこの製品を Microsoft Office Live Meeting サービスなどの別の Microsoft サービスと共にご利用になる場合、一部の機能は、以下で説明する内容とかなり違うことがあります。以下で説明する機能の一部が Microsoft サービスに統合されている場合や、Microsoft サービスに追加機能が含まれている場合があります。この製品を他の Microsoft サービスと共にご利用になる場合、お客様のプライバシーの取り扱い方法については、「Microsoft Office Live Meeting Service Privacy Statement」など、該当する Microsoft サービスのプライバシーに関する声明を参照してください。

個人情報の収集と使用

マイクロソフトでは、お客様個人を特定できる情報や、お客様にご連絡を差し上げるための情報が必要な場合は、情報のご提供を明確にお願いします。お客様から収集する個人情報は、マイクロソフトおよびその系列企業または関連企業によって、お客様からご要望があったサービス、またはお客様が承認されたサービスを提供したり、取引を実施したりするために使用されます。これらに関して、お客様により効果的な顧客サービスを提供するため、Live Meeting クライアントおよび関連するマイクロソフトのサイト、製品、またはサービスを改善するため、そしてお客様が同じ情報を繰り返し入力する手間を省いたり、お客様の嗜好や興味に沿ってサービスをカスタマイズすることによって、Live Meeting クライアントをより使いやすいものにするために、マイクロソフトは個人情報を使用する場合があります。

この声明に記載されている場合を除き、お客様から提供される個人情報がお客様の同意なしで第三者に提供されることはありません。マイクロソフトは、ユーザー サポートの提供、取引の処理、サービスの統計分析処理など、限定されたサービスの提供について他社に委託する場合があります。これらの企業に対しては、サービス提供に必要な個人情報のみが提供されます。これらの企業は、個人情報を他の目的で利用することは禁止されます。

マイクロソフトで収集または受信された情報は、マイクロソフトまたはその関連企業、系列企業、または代理店が所在する米国またはその他の国で保存および処理されることがあります。お客様はマイクロソフトが提供するサイトまたはサービスを使用することで、国外への情報の転送に同意したものと見なされます。マイクロソフトは、欧州連合 (EU) からのデータの収集、使用、および保管について、米国商務省が定める Safe Harbor 規制に準拠します。

マイクロソフトは、法律に基づき開示する必要がある場合、または開示行為が必要であると合理的に判断される以下の場合、個人情報を開示することがあります。(a) 法令上の要請に応じるため、またはマイクロソフトに対して行われた法的手続きを遵守するため。(b) マイクロソフトの権利を保護または防御するため (契約の履行を含む)。(c) マイクロソフトの従業員、マイクロソフトのサイト、製品またはサービスのユーザー、もしくは一般公衆の安全を確保する目的で、緊急に行動をとるため。

お客様のコンピュータに関する情報の収集と使用

このソフトウェアは、インターネットを通じてお客様のコンピュータから特定の標準的な情報 ("標準的なコンピュータ情報") を収集し、マイクロソフトに送信するための機能を備えています。一般に、標準的なコンピュータ情報には、IP アドレス、オペレーティング システムのバージョン、ブラウザのバージョン、デバイスの製造元、デバイス名、およびバージョンを示すハードウェア ID、お客様の地域と言語の設定などが含まれます。特定の機能またはサービスによってマイクロソフトに情報が送信される場合、標準的なコンピュータ情報も一緒に送信されます。

以下で説明する Live Meeting クライアントの個々の機能、ソフトウェア、またはサービスに関するプライバシーの詳細では、収集される追加情報およびその使用方法を示します。

お客様の情報のセキュリティ

マイクロソフトは個人情報の保護に努めています。マイクロソフトは、さまざまなセキュリティ技術と手続きを利用して、ユーザーの個人情報を不正なアクセス、使用、および開示から守っています。たとえば、お客様が提供された情報は、管理された施設内のアクセス制限のあるコンピュータ システムに保存されます。

このプライバシーに関する声明の変更

マイクロソフトでは、製品およびサービスの変更、またはお客様からのフィードバックを反映するために、このプライバシーに関する声明を更新する場合があります。変更を掲載した場合、ページ冒頭の "最終更新日" も更新されます。この声明自体、またはマイクロソフトが収集したお客様の個人情報の使用方法に重要な変更があった場合、変更を適用する前にその告知をマイクロソフトの Web サイトに掲載するか、お客様に直接メールでお知らせします。このプライバシーに関する声明を定期的に見直して、お客様の情報を保護するためのマイクロソフトの取り組みについてご理解ください。

お問い合わせ

この声明に対するご意見をお寄せください。マイクロソフトがこの声明を守っていないと思われる場合は、Web フォームを使用してご連絡ください。

Microsoft Privacy - UCG
Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, Washington, 98052-6399

個々の機能

このドキュメントの残りの部分では、以下の個々の機能を取り上げます。

コンテンツおよびアプリケーション共有

機能の概要: Live Meeting クライアントでは、ファイルやデスクトップ上で開いているアプリケーションなど、コンテンツおよびアプリケーションを他のミーティング参加者と共有できます。

収集、処理、または送信される情報: 共有を有効にすると、他のすべてのミーティング参加者は、お客様が共有しているコンテンツを見ることができます。また、ミーティング発表者は、お客様が共有として設定しているコンテンツを編集できます。コンテンツを表示する際のパフォーマンスを改善するために、一部のミーティング コンテンツは、参加者がミーティングでコンテンツを表示する前に、参加者のコンピュータに記録またはダウンロードされることがあります。

情報の使用: 自分または他のユーザーによって共有されたコンテンツを使用して、ミーティング参加者と共同で作業できます。

選択肢/コントロール: コンテンツおよびアプリケーション共有を使用するには、共有するコンテンツを選択または作成し、[コンテンツ] メニューに移動し、[共有] を使用します。ミーティングからコンテンツを削除するには、[共有] でコンテンツを右クリックし、[削除] をクリックします。

クライアント側ログ収集

機能の概要: クライアント側ログ収集では、Live Meeting セッションに関する情報がお客様の一時フォルダに保存されます。この情報は、Live Meeting クライアントで問題が発生した場合に、問題のトラブルシューティングの目的で使用されます。

収集、処理、または送信される情報: お客様のコンピュータには、お客様の一意の Live Meeting ID、ミーティング参加者の ID、ミーティング コンテンツの URL、オーディオ状態の推移、およびミーティングの開始時刻と終了時刻が記録されます。クライアント側ログ収集では、このような情報がお客様のコンピュータから送信されることはありませんが、管理者は、サーバー上で類似のデータを記録するように構成できます。詳細については、「サーバー側ログ収集」セクションを参照してください。

情報の使用: Live Meeting クライアントで問題が発生した場合、この問題のトラブルシューティングの目的でログを使用できます。ログが Live Meeting クライアントによってマイクロソフトに送信されることはありませんが、お客様はこの情報を手動で送信することを選択できます。

選択肢/コントロール: ログ機能は既定で有効になっており、無効にすることはできません。コンソール セッションごとに 1 つのログが作成され、最大で 10 個のログが同時に作成されます。同じ日に開催されるそれ以降のミーティングは、同じ日の同じセッション用のログ ファイルの末尾に追加されます。1 週間経過したログは、新しいミーティングのログで上書きされます。ログ ファイルを手動で削除するには、%TEMP% ディレクトリ内の "pwconsole"、"lmpub"、および "bgpubmgr" で始まる名前のファイルを削除します。

サーバー側ログ収集

機能の概要: サーバー側ログ収集を使用すると、管理者は、Live Meeting のアクティビティ、コンテンツ、会話、および使用状況の特性 (ユーザーのサインイン時刻、会議の開始時刻、会議への参加時刻など) をアーカイブできます。

収集、処理、または送信される情報: 管理者がサーバー側ログ収集を有効にしていると、Live Meeting のミーティング コンテンツ、および Live Meeting クライアントの使用状況に関する情報が、管理者によって構成されたサーバーに保存されます。サーバー側ログ収集によって収集される情報は、プレゼンテーション中にスライドを参照した会議参加者、発表者や参加者が行った質疑応答、スライドの切り替え、お客様を含む会議参加者が入力したメモ、アプリケーション共有、コメントの掲載、プレゼンテーションの印刷やダウンロードの依頼など、ミーティング参加者の Live Meeting クライアントから生成される情報です。

情報の使用: 管理者は、この情報を使用してエンタープライズでの Live Meeting クライアントの使用を管理できます。

選択肢/コントロール: サーバー側ログ収集は既定で無効になっており、管理者が構成する必要があります。組織のデータの使用ポリシーおよび監視ポリシーを確認して、ログ収集を有効にするかどうかを決めてください。

マイ コンピュータへの記録

機能の概要: ミーティング開催者がマイ コンピュータへの記録機能を有効にすると、ミーティングの内容 (Live Meeting セッション中に行われたユーザー間のリアルタイムの音声とビデオによる "チャット" を含む) を記録できます。マイ コンピュータへの記録では、ミーティングでアップロードまたは作成されたすべてのミーティング コンテンツ (ホワイトボード、質問と回答、メモ、テキスト、投票など) も記録されます。リモート デスクトップ接続を使用している場合、音声とビデオのレコーディングはサポートされません。

収集、処理、または送信される情報: マイ コンピュータへの記録を有効にすると、ミーティングのコンテンツ、音声、およびビデオが、お使いのコンピュータに保存されます。

情報の使用: この情報を使用して、過去の Live Meeting セッションのコンテンツ、音声、およびビデオを確認できます。

選択肢/コントロール: マイ コンピュータへの記録機能は、ミーティング参加者に対して既定で無効になっており、有効にするには、ミーティング開催者または管理者が設定する必要があります。この機能が有効な場合、ミーティング参加者はだれでもミーティングを記録できます。お客様または他のミーティング参加者が記録機能を有効にすると、"レコーディングが開始されました" というメッセージがすべての参加者にブロードキャストされ、すべてのミーティング参加者の Live Meeting クライアントの左上隅に、記録中であることを示す赤いインジケータが表示されます。

マイ コンピュータへの記録を有効または無効にするには (ミーティング開催者の場合):

  1. [ミーティングのオプション] をクリックします。

  2. [記録] の [参加者によるローカル コンピュータへのレコーディング] で、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [ローカル コンピュータのレコーディングを無効にする]

    • [発表者のみ記録可能]

    • [発表者は記録可能で、発表者は出席者に記録を許可できる]

  3. [OK] をクリックします。

マイ コンピュータへの記録を有効にするには (ミーティング参加者の場合):

  1. Live Meeting クライアントで、[記録] メニューをクリックします。

  2. [マイ コンピュータへ] タブで、[記録] をクリックします。

過去の記録を再生または削除するには:

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。次に、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をクリックし、[Microsoft Office Live Meeting レコーディング マネージャ] をクリックします。

  2. 記録を再生するには、[最近のレコーディング] で表示する記録を右クリックし、[再生] をクリックします。

  3. 記録を削除するには、[最近のレコーディング] で削除する記録を右クリックし、[削除] をクリックします。

Microsoft Office Live Meeting ヘルプ

機能の説明: Microsoft Office Live Meeting ヘルプを使用すると、Microsoft Office Online 上の最新の Live Meeting ヘルプ情報にアクセスできます。

収集、処理、または送信される情報/情報の使用: 送信されるデータ、およびその使用方法の詳細については、「Microsoft オンライン プライバシーに関する声明」を参照してください。Microsoft Office Live Meeting サービスをご利用の場合、追加情報を入手するには、「Microsoft Office Live Meeting Service Privacy Statement」を参照するか、Live Meeting サービス カスタマ サポートへ直接お問い合わせください。

選択肢/コントロール: Microsoft Office Live Meeting ヘルプの使用はオプションです。

連絡先カード

機能の概要: 連絡先カードを使用すると、お客様に関する追加情報をミーティング参加者に提供できます。

収集、処理、または送信される情報: 連絡先カードに入力した情報を共有した場合、参加者の一覧が他の参加者に見えるようになっていると、連絡カードの情報が他のすべてのミーティング参加者に表示されます。連絡先カードに入力した情報は、すべての Live Meeting クライアント間で同期され、連絡先カードの情報の共有を無効に設定しない限り、すべてのミーティングで表示されます。

情報の使用: 連絡先カードを使用すると、お客様に関する情報を他のミーティング参加者と共有できるほか、連絡先カードを持っている他のミーティング参加者についての詳細情報を知ることができます。

選択肢/コントロール: 連絡先カードの使用はオプションです。既定では、連絡先カードには情報は登録されていません。連絡先情報の共有を有効または無効にするには、次の操作を行います。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をクリックします。次に、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をクリックし、[Microsoft Office Live Meeting 2007] をクリックします。

  2. [Microsoft Office Live Meeting へようこそ] ページで、メニューの矢印をクリックします。

  3. [オプション] をクリックします。

  4. [連絡先カード] セクションで、他のミーティング参加者と共有する情報の横のチェック ボックスをオンにし、情報を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×