Microsoft Office InfoPath のショートカット キー

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このヘルプ トピックでは、Microsoft Office InfoPath 2007 の一般的な作業 (フォーム テンプレートをデザインする際の作業など) のショートカット キーについて説明します。これらのショートカット キーは、U.S. キーボード レイアウトを基にしています。他のレイアウトでは、一部のキーが U.S. キーボードのキーに対応していない可能性があります。

2 つ以上のキーを同時に押すショートカット キーでは、キーはプラス記号 (+) で区切って示しています。1 つのキーを押した後にすぐに別のキーを押すショートカット キーでは、キーはコンマ (,) で区切って示しています。

このトピックを印刷するには、Tab キーを押して [すべて表示] を選択し、Enter キーを押します。次に、Ctrl キーを押しながら P キーを押します。

このトピックの内容

フォーム テンプレートのデザイン

ヘルプを表示

[ヘルプ] ウィンドウ

メニューのツールバー、およびタスク ウィンドウを使用します。

ダイアログ ボックスを使用します。

Microsoft Office の基本操作

フォーム テンプレートをデザインする

フォーム テンプレートを作成します。

目的

キー

新しいフォーム テンプレートをデザインする。

Ctrl + Shift + D

注: [作業の開始] ダイアログ ボックスが開いた場合は、[フォーム テンプレートのデザイン] が選択されるまで Tab キーを繰り返し押し、Enter キーを押します。

[デザイン モードで開く] ダイアログ ボックスを開く。

Ctrl + O または Ctrl + F12

[デザイン タスク] 作業ウィンドウを表示する。

Alt + N

現在のフォーム テンプレートをプレビューする。

Ctrl + Shift + B

語句を検索する。

Ctrl + F

語句を置換する。

Ctrl + H

選択されているテキストまたは項目を切り取る。

Ctrl + X

選択されているテキストまたは項目をコピーする。

Ctrl + C

テキストまたは項目を貼り付ける。

Ctrl + V

現在のフォーム テンプレートを印刷する。

Ctrl + P

選択されたコントロールのプロパティを表示する。

Alt + Enter

コントロールを挿入する。

Alt + I、C

前のコントロールを選択する。

Ctrl + < (小なり記号) または Shift + Tab

次のコントロールを選択する。

Ctrl + > (大なり記号) または Tab

Microsoft Script Editor (MSE) を開く。

Alt + Shift + F11

Web ブラウザで Microsoft Office Developer Center Web サイトを開く。

Alt + H、I

ハイパーリンクを挿入する。

Ctrl + K

段落の先頭までを選択する。

Ctrl + Shift + ↑

段落の末尾までを選択する。

Ctrl + Shift + ↓

テキスト、グラフィックス、またはフィールドを 1 行上または 1 行下まで選択する。

Shift + ↑または Shift + ↓

改行を挿入する。

Shift + Enter

ユーロ通貨記号を挿入する。

Ctrl + Alt + E

テキストの書式設定

目的

キー

すべての書式を削除する。

Ctrl + Space

選択されているテキストに対して太字の書式を適用または削除する。

Ctrl + B

選択したテキストに斜体を適用する/選択したテキストから斜体を削除する。

Ctrl + I

選択したテキストに下線を適用する/選択したテキストから下線を削除する。

Ctrl + U

選択されているテキストに対して取り消し線の書式を適用または削除する。

Alt + Shift + K

選択されているテキストに対して上付きの書式を適用または削除する。

Ctrl + Shift + =

選択されているテキストに対して下付きの書式を適用または削除する。

Ctrl + =

選択されているテキストに対して [標準] スタイルを適用または削除する。

Ctrl + Shift + N

選択されているテキストに見出し 1 スタイルを適用または削除する。

Alt + Ctrl + 1

選択されているテキストに対して [見出し 2] スタイルを適用または削除する。

Alt + Ctrl + 2

選択されているテキストに見出し 3 スタイルを適用または削除する。

Alt + Ctrl + 3

選択されている段落に対して箇条書きの書式を適用または削除する。

Ctrl + Shift + L

段落の左インデントを設定する。

Ctrl + M

段落のインデントを左から削除します。

Ctrl + Shift + M

選択されている段落を両端揃えにする。

Ctrl + J

選択されている段落を右揃えにする。

Ctrl + R

選択されている段落を中央揃えにする。

Ctrl + E

選択されている段落を左揃えにする。

Ctrl + L

選択されているテキストのフォント サイズを大きくする。

Ctrl + Shift + コンマ (,)

選択されているテキストのフォント サイズを小さくする。

Ctrl + Shift + ピリオド (.)

[フォント] 作業ウィンドウを開く。

Ctrl + D

表を操作します。

目的

キー

繰り返しテーブルを挿入する。

Alt + I、G

他の列の幅を変更せずに、列の幅を罫線の左方向に変更する。

Shift キーを押しながら、列の罫線をドラッグします。

他の行の高さを変更せずに、行の高さを罫線の上方向または下方向に変更する。

注: 最小の高さが設定されている行の場合、このショートカット キーを使用すると、行の高さが罫線の上方向に変更されます。行の最小の高さは、テキストやコントロールが含まれているかどうかなど、さまざまな要素によって決まります。

Shift キーを押しながら、行の罫線をドラッグします。

選択されているすべての行または列のサイズを、同じ高さまたは幅に変更する。

Alt キーを押しながら、行または列の罫線をドラッグします。

テーブル内の次または前のセルに移動する。

Tab または Shift + Tab
カーソルが最後の行の最後のセル内にあるときに Tab キーを押すと、テーブルに新しい行が追加されます。

テーブルのセルを選択または選択解除する。

F2

修正して変更を保存します。

目的

キー

次のスペルミスまたは文法エラーを検索する。

注: [自動スペル チェック] チェック ボックスがオンになっている必要があります (Alt + T を押し、O を押します)。

Alt + F7

現在のフォーム テンプレートを保存または発行する。

注: このショートカット キーを使用すると、フォーム テンプレートを保存するか発行するかを選択するダイアログ ボックスが開きます。今後このダイアログ ボックスを非表示にすることを選択した場合は、Alt + Shift + F2 を押すと [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されます。

Alt + Shift + F2

直前の操作を元に戻す。

Ctrl + Z

直前の操作をやり直します。

Ctrl + Y

現在のフォーム テンプレートを保存する。

Shift + F12

印刷前にフォーム テンプレートのプレビュー

目的

キー

[印刷プレビュー] ダイアログ ボックスを表示する。

Alt + F、V

次のページに移動する。

Alt + →

前のページに移動する。

Alt + ←

拡大表示して、フォーム テンプレートの一部を大きく表示する。

Alt + =

縮小表示して、フォーム テンプレート全体を小さく表示する。

Alt + ハイフン (-)

ページの先頭へ

ヘルプの使い方

[ヘルプ] ウィンドウを使用します。

ヘルプ ウィンドウからは、すべての Microsoft Office ヘルプ コンテンツにアクセスできます。ヘルプ ウィンドウには、トピックや他のヘルプの内容が表示されます。

ヘルプ ウィンドウのショートカット キー

目的

キー

ヘルプ ウィンドウを開きます。

F1

ヘルプ ウィンドウを閉じます。

Alt + F4

ヘルプ ウィンドウとアクティブなプログラムの間で切り替える。

Alt + Tab

[InfoPath 2007 のヘルプとヒント] ホームに戻る。

Alt + Home

次の項目を選択する。

Tab

前の項目を選択する。

Shift + Tab

選択されている項目に対して既定の操作を実行する。

Enter

名前のヘルプの参照] セクションで、次または前の項目をそれぞれ選択します。

Tab または Shift + Tab

名前のヘルプの参照] セクションの展開または、選択されたアイテムを折りたたみます。

Enter

次の隠し文字またはハイパーリンク (トピック最上部の [すべて表示] または [すべて非表示] を含む) を選択する。

Tab

前の隠し文字またはハイパーリンクを選択する。

Shift + Tab

選択されている [すべて表示] または [すべて非表示]、隠し文字、またはハイパーリンクのアクションを実行する。

Enter

前のヘルプ トピックに戻ります ([戻る] ボタン)。

Alt + ←または BackSpace

次のヘルプ トピックに進みます ([進む] ボタン)。

Alt + →

現在表示されているヘルプ トピック内を、上下に少しずつスクロールする。

↑、↓

現在表示されているヘルプ トピック内を、上下に大きくスクロールする。

PageUp、PageDown

ヘルプ ウィンドウのコマンドのメニューを表示する。これを行うには、ヘルプ ウィンドウにフォーカスを移動しておく必要があります (F1 キーを押します)。

Shift + F10

直前の操作を停止する ([停止] ボタン)。

Esc

ウィンドウを更新します ([更新] ボタン)。

F5

表示中のヘルプ トピックを印刷する。

注: 現在のヘルプ トピックがアクティブ ウィンドウではない場合は、F6 キーを押してから Ctrl + P キーを押します。

Ctrl + P

接続の状態を変更する。

F6、↓

[検索する語句を入力します] ボックスにテキストを入力する。

F6、↓ (繰り返し押す)

ヘルプ ウィンドウ内の領域間を切り替える (ツールバー、[検索する語句を入力します] ボックス、[検索] ボックスの間で切り替えるなど)。

F6

ツリー ビューの目次で、次の項目または前の項目をそれぞれ選択する。

↑または↓

ツリー ビューの目次で、選択した項目の展開および折りたたみをそれぞれ行う。

←または→

次のハイパーリンクを選択するか、トピックの先頭にある [すべて表示] または [すべて非表示] を選択する。

Tab

前のハイパーリンクを選択する。

Shift + Tab

選択されているハイパーリンク、[すべて表示]、または [すべて非表示] に割り当てられた操作を実行する。

Enter

表示中のヘルプ トピックを印刷する。

Ctrl + P

質問を入力します。

質問を入力する前に、[質問を入力してください] ボックスを選択する必要があります。

方法

  1. Alt キーを押してメニュー バーを選択します。

  2. [質問を入力してください] ボックスにカーソルが表示されるまで、Tab キーを繰り返し押します。

  3. 質問を入力します。

  • [質問を入力してください] ボックスに入力した検索文字列を送信するには、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

メニュー、ツールバー、および作業ウィンドウを使用する

アクセスして、メニュー バーとツールバーを使用します。

ツールバーを移動またはサイズ変更するには、まずツールバーを選択する必要があります。

方法

  1. Alt キーを押してメニュー バーを選択します。

  2. Ctrl + Tab キーを繰り返し押して ツールバーを選択します。

  3. [ツールバー オプション] メニューを表示するには、Ctrl + Space キーを押します。

  4. [移動] コマンドまたは [サイズ] コマンドを選択するには、S キーまたは M キーを押します。

目的

キー

ツールバーを移動する。

Ctrl + 方向キー

ツールバーの固定を解除する。

↓ (繰り返し押す)

ツールバーを縦方向にして画面の左端または右端に固定する。

←または→ (繰り返し押す)

メニュー バーを選択するか、または開いているメニューとサブメニューを同時に閉じる。

Alt または F10

F10 キー または Alt キー を押してメニュー バーを選択した後で、作業ウィンドウまたはツールバーを選択する。キーを繰り返し押すと、表示されているツールバー、メニュー バー、および作業ウィンドウの間でフォーカスが移動します。

Ctrl + Tab または Ctrl + Shift + Tab

ツールバーまたはメニュー バーが選択されている場合に、ツールバーの次のボタンまたはメニューを選択する。

Tab または→

ツールバーまたはメニュー バーが選択されている場合に、ツールバーの前のボタンまたは前のメニューを選択する。

Shift + Tab または←

選択されたメニューを開く。または、選択されたボタンまたはコマンドの操作を実行します。

Enter

選択したアイテムのショートカット メニューを表示します。

Shift + F10

タイトル バーのショートカット メニューを表示する。

Alt + Space

メニューまたはサブメニューが開いている場合に、次のコマンドを選択する。

メニューまたはサブメニューが開いている場合に、前のコマンドを選択する。

左側のメニューを選択する。サブメニューが開いている場合は、メイン メニューとサブメニューを切り替える。

右側のメニューを選択する。サブメニューが開いている場合は、メイン メニューとサブメニューを切り替える。

メニューまたはサブメニューの最初のコマンドを選択する。

Home

メニューまたはサブメニューの最後のコマンドを選択する。

End

開いているメニューを閉じる。サブメニューが開いている場合は、サブメニューだけを閉じる。

Esc

選択されているメニューを開く。

Shift + ↓

メニューの一部のコマンドが表示されている場合は、すべてのコマンドを表示する。

Ctrl + ↓

作業ウィンドウと作業中のフォーム テンプレートを切り替える。

F6

作業ウィンドウ内の次の項目を選択する。

Tab

作業ウィンドウ内の前の項目を選択する。

Shift + Tab

注: キーボードを使用して、メニュー バーのすべてのメニュー コマンドを選択できます。Alt キーを押してメニュー バーを選択します。使用するコマンドが含まれるメニュー名の下線付き文字のキーを押します。

アクセスして、作業ウィンドウを使用します。

作業ウィンドウで作業を行う前に、まず作業ウィンドウを開いて選択する必要があります。

方法

  1. 作業ウィンドウを開くには、Ctrl + F1 キーを押します。

  2. メニュー バーを選択するには、F6 キーを押します。

  3. 作業ウィンドウのオプションのメニューを表示するには、Ctrl + Space キーを押します。

  4. [移動] コマンドまたは [サイズ] コマンドを選択するには、M キーまたは S キーを押します。

目的

キー

[デザイン タスク] 作業ウィンドウを表示する。

Alt + N

プログラム ウィンドウ内の別のウィンドウから作業ウィンドウに移動する (右回り方向)。場合によっては、F6 キーを 2 回以上押す必要があります。

注: F6 キーを押しても必要な作業ウィンドウが表示されない場合は、Alt キーを押してメニュー バーにフォーカスを設定してから、Ctrl + Tab キーを押して作業ペインに移動してください。

F6

プログラム ウィンドウの作業ウィンドウから別の作業ウィンドウに移動します (反時計回りの方向)。

Shift + F6

作業ウィンドウをサイズ変更する ([サイズ] コマンドを選択した後)。

方向キー

作業ウィンドウを移動する ([移動] コマンドを選択した後)。

方向キー

作業ウィンドウを開く。または、現在の作業ウィンドウを非表示にする。

Ctrl + F1

作業中のプログラム ウィンドウから作業ウィンドウに切り替える。(場合によっては、F6 キーを 2 回以上押す必要があります)

F6

メニューまたはツールバーがアクティブの場合に、作業ウィンドウに移動する。(場合によっては、Ctrl + Tab キーを 2 回以上押す必要があります)

Ctrl + Tab

作業ウィンドウのオプションのメニューを開く。

Ctrl + Space

現在開いているメニューがある場合は閉じる、またはフォーム テンプレートに戻る。

Esc

作業ウィンドウがアクティブな場合は、作業ウィンドウ内の次のオプションを選択する。

Tab

作業ウィンドウがアクティブな場合は、作業ウィンドウ内の前のオプションを選択する。

Shift + Tab

選択したサブメニュー内の選択項目間またはオプション グループ内のオプション間を上に移動する。

選択したサブメニュー内の選択項目間またはオプション グループ内のオプション間を下に移動する。

選択したメニューを開くか、選択したボタンに割り当てられた操作を実行する。

Enter

フォーム テンプレートのショートカット メニューを開く。作業ウィンドウ内の項目が選択されている場合は、ドロップダウン メニューを開く。

Shift + F10

メニューまたはサブメニューが表示されているときに、そのメニューまたはサブメニューの先頭のコマンドを選択する。

Home

メニューまたはサブメニューが表示されているときに、そのメニューまたはサブメニューの末尾のコマンドを選択する。

End

選択された作業ウィンドウ一覧の最初に移動する。

Ctrl + Home

選択された作業ウィンドウ一覧の最後に移動する。

Ctrl + End

ページの先頭へ

ダイアログ ボックスを使用する

アクセスして、ダイアログ ボックスでオプションを選択します。

目的

キー

[デザイン モードで開く] ダイアログ ボックスを開く。

Ctrl + O または Ctrl + F12

開かれたダイアログ ボックスから、この操作をサポートしているダイアログ ボックスのフォーム テンプレートに移動する。

Alt + F6

次のオプションに移動する。

Tab

前のオプションに移動する。

Shift + Tab

次のタブに切り替える。

Ctrl + Tab

前のタブに切り替える。

Ctrl + Shift + Tab

次の分類に切り替える。

Tab

注: 分類を選択した後、方向キーを使用して目的の分類名に移動します。

前の分類に切り替える。

Shift + Tab

注: 分類を選択した後、方向キーを使用して目的の分類名に移動します。

一覧のオプション間、またはオプション グループのオプション間を移動する。

方向キー

選択したボタンに割り当てられている操作を実行する。または、選択したチェック ボックスをオンまたはオフにします。

Space

一覧が閉じている場合は一覧を開き、一覧内の特定のオプションに移動する。

ドロップダウン リスト内のオプションの最初の文字

オプションを選択するか、チェック ボックスをオンまたはオフにします。

Alt + オプション内の下線付き文字

選択したドロップダウン リストを開く。

選択したドロップダウン リストを閉じる。または、コマンドをキャンセルし、ダイアログ ボックスを閉じる。

Esc

選択したコマンドを実行します。

Enter

1 つ前のフォルダに移動します。

Alt + 1

選択したフォルダの 1 レベル上のフォルダを開く。

Alt + 2

選択したフォルダまたはファイルを削除する。

Alt + 3

開いているフォルダに新しいサブフォルダを作成する。

Alt + 4

[縮小表示]、[並べて表示]、[アイコン]、[一覧]、[詳細]、[プロパティ]、および [プレビュー] の間で表示を切り替えます。

Alt + 5

選択したフォルダまたはファイルのショートカット メニューを表示する。

Shift + F10

[検索先] ボックスの一覧または [保存先] ボックスの一覧を開く (Windows Vista の [アドレス バー] が呼び出されている場合)。

F4

[ファイルを開く]、[デザイン モードで開く]、または [名前を付けて保存] の各ダイアログ ボックスでフォルダまたはファイルの一覧を更新する。

F5

ダイアログ ボックス内のエディット ボックスを使用します。

エディット ボックスは、ユーザー名やフォルダのパスなどのエントリを入力したり貼り付けたりするために使用するフィールドです。

目的

キー

エントリの先頭に移動します。

Home キー

エントリの末尾に移動します。

End

左へ 1 文字分移動します。

右へ 1 文字分移動します。

左へ 1 単語分移動します。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動します。

Ctrl + →

左にある文字を選択または選択解除する。

Shift + ←

右にある文字を選択または選択解除する。

Shift + →

左にある単語を選択または選択解除する。

Ctrl + Shift + ←

右にある単語を選択または選択解除する。

Ctrl + Shift + →

カーソル位置からエントリの先頭までを選択します。

Shift + Home

カーソル位置からエントリの末尾までを選択します。

Shift + End

ページの先頭へ

Microsoft Office の基本操作

ウィンドウを表示し、使用する

操作

キー

次のウィンドウに切り替えます。

Alt + Tab

前のウィンドウに切り替えます。

Alt + Shift + Tab

作業中のウィンドウを閉じます。

Ctrl + W または Ctrl + F4

作業中のウィンドウを最小化または最大化した後で元のサイズに戻す。

Ctrl + F5

複数のウィンドウが開いているときに、次のウィンドウに切り替える。

Ctrl + F6

複数のウィンドウが開いているときに、前のウィンドウに切り替える。

Ctrl + Shift + F6

ドキュメント ウィンドウが最大化されていない場合、[移動] コマンド (ウィンドウの [コントロール] メニュー) を実行する。方向キーでウィンドウを移動し、希望する位置に達したら Esc キーを押します。

Ctrl + F7

ドキュメント ウィンドウが最大化されていない場合、[サイズ変更] コマンド (ウィンドウの [コントロール] メニュー) を実行する。方向キーでウィンドウのサイズを変更し、希望するサイズになったら Esc キーを押します。

Ctrl + F8

ウィンドウをアイコン化する (一部の Microsoft Office プログラムでのみ機能)。

Ctrl + F9

サイズ変更した選択したウィンドウを最大化するか、元のサイズに戻す。

Ctrl + F10

画面の画像をクリップボードにコピーします。

PrintScreen キー

選択したウィンドウの画像をクリップボードにコピーします。

Alt + PrintScreen

テキスト内を移動する

操作

キー

左へ 1 文字分移動します。

右へ 1 文字分移動します。

上に 1 行移動する。

下に 1 行移動する。

左へ 1 単語分移動します。

Ctrl + ←

右へ 1 単語分移動します。

Ctrl + →

行の末尾に移動する。

End

行の先頭に移動する。

Home

1 段落上に移動する。

Ctrl + ↑

1 段落下に移動する。

Ctrl + ↓

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×