Microsoft Office Communications Server 2007 R2 グループ チャット ("グループ チャット") のプライバシーに関する声明の追加説明

最終更新日 : 2008 年 12 月

このページは、「Microsoft Office Communications 製品のプライバシーに関する声明」の追加説明です。特定の Microsoft Office Communications 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、「Microsoft Office Communications 製品のプライバシーに関する声明」と、この追加説明の両方を参照する必要があります。

チャットの履歴

この機能について : チャットの履歴には、チャット ルームに投稿されたすべてのメッセージおよびファイルが、チャット ルームにまだ表示されているかどうかに関係なく、記録されます。

収集、処理、または送信される情報 : チャットの履歴では、チャット ルームに投稿されたメッセージおよびファイルが、管理者が構成したサーバーに保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 自分がメンバとなっていて、チャットの履歴が保持されている特定のチャット ルーム、特定のフォルダ、またはすべてのチャット ルームにおいて、チャットの履歴の内容を検索できます。チャット ルームでのチャットの履歴にアクセスするには、チャット ルームのメンバである必要があります。

選択および制御 : チャットの履歴は、チャット ルーム マネージャによってこの機能が有効化されているチャット ルームでのみ利用できます。

クライアント側ログ収集

この機能について : クライアント側ログ収集では、コンピュータでのグループ チャットの使用状況に関する情報がユーザー プロファイルに記録されます。この情報は、グループ チャットに関する問題が発生したときに、トラブルシューティングの目的に利用できます。

収集、処理、または送信される情報 : クライアント側ログ収集では、グループ チャットのやり取りのためのセッション開始プロトコル (SIP) メッセージなどの、コンピュータに関する情報が格納されます。これには、それぞれのグループ チャットの投稿をルーティングする送信側のコンピュータおよびサーバーに関する情報 (IP アドレス、ネットワーク アドレスなど) が含まれます。これに加え、連絡先リスト、IP アドレス、電話番号、表示名、コンピュータ名、プレゼンス情報、作成した標準チャット ルーム、スコープ付きチャット ルーム、およびプライベート チャット ルームの名前が格納されます。ただし、グループ チャットの投稿の内容は格納されません。クライアント側ログ収集によって、この情報がコンピュータの外部に送信されることはありません。

情報の用途 : クライアント側ログ収集は、グループ チャットに関する問題が発生したときに、トラブルシューティングの目的に利用できます。収集された情報が自動的にマイクロソフトに送信されることはありませんが、手動で操作することで、送信することを選択できます。

選択および制御 : クライアント側ログ収集は既定でオンに設定されており、無効にすることはできません。ただし、グループ チャットのクライアント側ログ ファイルにアクセスすることや、削除することはできます。クライアント側ログ ファイルは、次の手順で見つけることができます。

1. グループ チャットのクライアント側ログ ファイルが格納されているコンピュータ上のフォルダを開きます。このフォルダがある場所は、使用しているオペレーティング システムに応じて異なります。Windows XP と Windows Vista での場所を次に示します。

  • Windows XP : <システム ドライブ>\Documents and Settings\<ユーザー名>\Tracing

  • Windows Vista : <システム ドライブ>\Users\<ユーザー名>\Tracing

2. フォルダを開いたら、名前が GroupChatConsole で始まるファイルを選択します。これがグループ チャットのログ ファイルです。

コンプライアンス

この機能について : 管理者は、コンプライアンス機能を使用して、グループ チャット、ファイル、ストーリー、およびイメージを含むグループ チャット活動 (ログに記録されるものとされないものの両方) をアーカイブできます。

収集、処理、または送信される情報 : コンプライアンス機能では、チャット メッセージの内容とチャットの使用状況に関する情報が、管理者が構成したサーバーに保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : この情報は、管理者が企業におけるグループ チャットの使用を管理するために利用できます。

選択および制御 : コンプライアンス機能は既定で無効になっています。この機能は、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。会社のデータ使用状況と監視ポリシーを確認して、コンプライアンス機能を有効にするかどうか判断してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×