Microsoft Office Communications 製品のプライバシーに関する声明

最終更新日 : 2009 年 1 月

特定の Microsoft Office Communications 製品に関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、このプライバシーに関する声明と、該当する追加説明の両方を参照する必要があります。お客様がこの製品を別のサービスと共にご利用になる場合、機能の一部が下記の説明または追加説明と大幅に異なる可能性があります。機能の一部がサービスに統合されている場合や、サービスに追加機能が含まれている場合があります。

全般

マイクロソフトでは、お客様のパーソナル コンピューティングに求められるパフォーマンス、パワー、および便利さを備えたソフトウェアをお届けすると同時に、お客様のプライバシー保護に努めています。このプライバシーに関する声明では、このドキュメントの「追加説明」セクションに記載されているマイクロソフト製品によるデータの収集と利用方法について説明します。この声明では、インターネットを使用して情報をやり取りする機能について取り上げます。この声明は、マイクロソフトが提供するその他のオンラインまたはオフラインのサイト、製品、またはサービスには適用されません。

追加説明

2008 製品リリース

関連リンク

個人情報の収集と使用

お客様から収集する個人情報は、お客様がご利用中の機能を有効にし、お客様からご要望があったサービスまたはお客様が承認されたサービスの提供や取引を実施するために、マイクロソフトおよびその系列企業または関連企業によって使用されます。また、この情報は、マイクロソフトの製品およびサービスの分析や改善に役立てるために使用される場合があります。

この声明に記載されている場合を除き、お客様から提供される個人情報がお客様の同意なしで第三者に提供されることはありません。マイクロソフトは、製品やサービスに関するお客様からのお問い合わせに対する回答、サービスの統計分析処理など、限定されたサービスの提供について他社に委託する場合があります。マイクロソフトは、これらの会社がサービスを履行するために必要な個人情報のみを提供します。これらの会社が、当該個人情報を他の目的で利用することは禁止されています。

マイクロソフトは、次の場合に、お客様の通信内容など、お客様に関する情報にアクセスまたはこれを開示することがあります。(a) 法律に従うため、または法律上の要請または法的手続きに応じるため。(b) サービスの使用を規定する契約またはポリシーの実施を含め、マイクロソフトまたはマイクロソフトの顧客の権利または財産を保護するため。(c) マイクロソフトの従業員、顧客、または公衆の安全を確保する目的でこのような情報へのアクセスまたは開示が必要であると合理的に判断し、行動するため。

このドキュメントの「補足情報」セクションに記載されている製品によって収集される情報またはマイクロソフトに送信される情報は、マイクロソフト、その関連会社、子会社、またはサービスの提供者が設備を有している米国あるいは他の国において保管および処理されることがあります。マイクロソフトは、EU 諸国からのデータの収集、使用、および保存については、米国商務省によって定められたセーフ ハーバー フレームワークを遵守します。

お客様のコンピュータに関する情報の収集と使用

お客様がインターネットに対応する機能を備えたソフトウェアを使用するとき、アクセス先の Web サイトおよび使用するオンライン サービスに対して、お使いのコンピュータに関する情報 (以下、"標準的なコンピュータ情報" と呼びます) が送信されます。マイクロソフトは、製品やサービスの改善および統計分析を目的として、標準的なコンピュータ情報を使用して、お客様にインターネット対応サービスを提供します。通常、標準的なコンピュータ情報には、IP アドレス、オペレーティング システムのバージョン、ブラウザのバージョン、地域/言語の設定などの情報が含まれます。標準的なコンピュータ情報には、デバイスの製造メーカー、名前、およびバージョンを示すハードウェア ID が含まれる場合があります。特定の機能またはサービスによってマイクロソフトに情報が送信される場合、標準的なコンピュータ情報も一緒に送信されます。

お客様の情報のセキュリティ

マイクロソフトはお客様の個人情報の保護に努めています。マイクロソフトは、さまざまなセキュリティ技術と手続きを利用して、ユーザーの個人情報を不正アクセス、不正使用、および不正開示から保護しています。たとえば、お客様が提供された情報は、管理された施設にある、限られた人間しかアクセスできないコンピュータ システムに保管されています。

このプライバシーに関する声明の変更

マイクロソフトでは、製品およびサービスの変更、またはお客様からのフィードバックを反映するために、このプライバシーに関する声明および補足情報を更新します。変更を掲載した場合、ページ冒頭の "最終更新日" も更新されます。このプライバシーに関する声明および補足情報を定期的に確認して、お客様の情報を保護するためのマイクロソフトの取り組みについてご理解ください。

詳細情報

マイクロソフトでは、プライバシーに関する声明および補足情報についてのお客様のご意見、ご感想をお待ちしております。ご質問がある場合やマイクロソフトがこれらのドキュメントを遵守していないと思われる場合は、この「問い合わせ用フォーム : UC プライバシーに関するフィードバック」を使用するか、または次の住所に郵便でお問い合わせください。

Microsoft Privacy - UC
Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, Washington, 98052 USA

個々の機能

Microsoft エラー報告

この機能について : Microsoft エラー報告は、発生している問題をマイクロソフトに報告したり、問題を回避または解決するのに役立つ情報を受け取ったりすることを可能にするサービスを提供します。

収集、処理、または送信される情報 : Microsoft エラー報告によって収集、処理、または送信される情報の詳細については、「Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」の Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明を参照してください。

情報の用途 : お客様から提供されるエラー報告データは、お客様の問題を解決するためや、マイクロソフトのソフトウェアおよびサービスを改善するために使用されます。

選択および制御 : 初めてエラーが発生したときに、Microsoft エラー報告に参加するかどうかを選択できます。Microsoft エラー報告を有効にした場合、発生した問題がマイクロソフトに自動的に報告されます。

まれに、たとえば解決が特に困難な問題が発生した場合、マイクロソフトは、メモリ セクション (問題の発生時に実行されていた特定のアプリケーションまたはすべてのアプリケーションによって共有されていたメモリを含みます)、レジストリ設定、コンピュータ上の 1 つまたは複数のファイルなどの追加データを要求することがあります。同様に、現在のドキュメントが含まれることもあります。追加データが要求されたとき、お客様はマイクロソフトにエラー報告を送信するかどうかを選択する前に、エラー報告に含まれる情報を確認することができます。

重要な情報 : 企業のお客様は、グループ ポリシーを使用して、コンピュータ上での Microsoft エラー報告の動作を構成できます。構成オプションには、Microsoft エラー報告を無効にする機能が含まれます。Microsoft エラー報告のグループ ポリシーを構成したいと考える管理者向けに、「Windows Server グループ ポリシー TechCenter」に詳細な技術情報が公開されています。

オンライン フィードバック

この機能について : オンライン フィードバックは、製品およびサービスに関するフィードバックをマイクロソフトに直接送信できるようにする機能です。

収集、処理、または送信される情報 : オンライン フィードバックを使用するように設定すると、メッセージの内容と標準的なコンピュータ情報がマイクロソフトに送信されます。

情報の用途 : お客様が送信された情報は、マイクロソフトのサイト、製品、またはサービスの向上に使用される場合があります。また、お客様から収集した情報は、使用している製品またはサービスについてお客様から提供されたフィードバックに関する追加情報を要求するために使用される場合もあります。

選択および制御 : オンライン フィードバックの使用は任意です。

オンライン ヘルプ

この機能について : [オンライン ヘルプ] または [ヘルプ] をクリックすると、オンライン サポート マテリアルに接続され、使用できる最新のコンテンツが表示されます。

収集、処理、または送信される情報 : [オンライン ヘルプ] または [ヘルプ] を使用すると、表示されたヘルプ トピックに関して提供することを選択した任意の評価またはフィードバックが要求と共にマイクロソフトに送信されます。検索ボックスまたはフィードバック ボックスに個人情報を入力した場合、情報はマイクロソフトに送信されますが、個人を識別したり連絡を取ったりする目的では使用されません。

情報の用途 : [オンライン ヘルプ] および [ヘルプ] では、検索の情報に基づいて、最も関連性の高い結果が返され、新しいコンテンツが開発され、既存のコンテンツが改善されます。

選択および制御 : オンライン サポート マテリアルへの接続を希望しない場合は、[オンライン ヘルプ] および [ヘルプ] をクリックしないでください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×