Microsoft Office Access 2007 製品の概要

Microsoft Office Access 2007 が備える Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスとインタラクティブなデザイン機能を利用すると、データベースに関する詳しい知識がなくても、情報の追跡とレポートを簡単に行えます。あらかじめ作成済みのアプリケーションを使ってすぐに作業を開始し、ビジネス ニーズの変化に合わせて変更および調整していくことができます。また、電子メール内のフォームを通じた情報収集や、外部アプリケーションからのデータのインポートを行うことができます。詳細レポートを作成および編集して、データを理解しやすいように、並べ替え、フィルター、グループ化の処理を行った情報を表示することで、十分な情報を得たうえで決定を下すことができます。情報を共有するには、Office Access 2007 ファイルを Windows SharePoint Services Web サイトに移動します。そこでは、リビジョン履歴の監査、削除した情報の復元、データへのアクセス許可の設定、情報の定期的なバックアップが可能です。

概要

Office Access 2007 には、すぐに作業を開始できるように作成済みのデータベース ソリューションのライブラリが用意されています。

目的に合ったトピックをクリックしてください

情報の追跡をすばやく開始する

意味のあるレポートを作成して調整する

追跡した情報を他のユーザーと共有する

機密情報を管理および監査する

情報の追跡をすばやく開始する

Office Access 2007 では、次のような結果優先の機能を使ってすぐに作業を開始できます。

  • 作成済みのソリューション    新しい [作業の開始] 画面には、さまざまな作成済みデータベース ソリューションが表示されます。これらのアプリケーションをすぐに使用して、連絡先、イベント、案件、資産、タスクなどを追跡します。また、テンプレートとして利用し、追跡する情報の種類や追跡する方法に合わせて拡張および調整します。他のアプリケーション テンプレートが Microsoft Office Online から入手可能になると、[作業の開始] 画面に表示されます。

  • Office Fluent ユーザー インターフェイス    Office Access 2007 は新しい外観に更新され、追跡管理アプリケーション (Access データベース ソリューション) の作成、変更、操作がさらに簡単になりました。Office Fluent ユーザー インターフェイス (UI) は状況によって変化し、作業効率を高めて、必要な機能がすぐに見つかるように設計されています。使用できる 1,000 近くのコマンドから、現在実行しているタスクに関連するコマンドのみが Fluent UI に表示されます。さらに、タブ付きウィンドウ ビューや、新しいステータス バー、スクロール バー、タイトル バーにより、Office Access 2007 で作成されるアプリケーションはモダンな外観を備えるようになりました。

  • 機能強化されたナビゲーション    新しいナビゲーション ウィンドウには、テーブル、フォーム、クエリ、およびレポートが 1 か所にまとめて表示されます。また、カスタム グループを作成して、1 つのテーブルに関連するすべてのフォームとレポートを整理して表示することもできます。

  • テーブルをすばやく作成    Office Access 2007 では、データシート内で直接操作してテーブルを作成およびカスタマイズする作業がさらに簡単になります。Microsoft Office Excel と同じ操作で、データ セルに情報を入力できます。新しい値を入力すると、自動的に新しいフィールドが追加され、データ型 (日付、数値、テキストなど) が検出されます。また、Excel テーブルを新しいデータシートに貼り付けるだけで、Office Access 2007 で自動的にすべてのフィールドが作成され、データ型が認識されます。

  • Microsoft Office Outlook 2007 から連絡先レコードをインポートする    Office Access 2007 では、個々の Access 連絡先レコードを Office Outlook 2007 との間で簡単に交換できます。Outlook 連絡先レコードを Office Access 2007 にインポートしたり、Office Access 2007 から連絡先レコードをエクスポートして Office Outlook 2007 の連絡先として保存したりできます。

Outlook 連絡先リスト

Office Access 2007 は、新しくなった Office Fluent ユーザーインターフェイスを備えており、Outlook 連絡先と密接に統合されています。

  • データをフィルター処理して並べ替える    Office Access 2007 では、データを簡単にフィルター処理して、ビジネス上の疑問点を明らかにすることができます。テキスト、数値、日付のデータ型には異なるフィルター オプションを使用できます。たとえば、新しいフィルター オプションを使用すると、すべてのレコードの日付列を今日、昨日、先週、来月、将来、過去などの条件で簡単にフィルター処理できます。フィルター処理の操作は、Office Excel 2007 と Office Access 2007 の間で一貫性が維持されているため、必要な情報を見つけるために新しい方法を学ぶ必要はありません。

Access

Office Access 2007 では、データを簡単にフィルター処理して、ビジネス上の疑問点を明らかにすることができます。

  • 複数値を持つフィールドを操作する    Office Access 2007 では複合データ型がサポートされているため、セルに複数の値を受け入れる列を作成できます。たとえば、複数のユーザーにタスクを割り当てた場合は、セルに複数の名前を含めることができます。Windows SharePoint Services テクノロジは、これらの複合データ型と互換性があり、ローカル データ ストアと Web ベースのデータ ストアの間でデータの対称性を確保することができます。

  • ドキュメントおよびファイルをデータベースに添付する    アプリケーションには、従来よりも興味を引き、役立つ情報を保存することができます。写真、ドキュメント、スプレッドシートなどの複数のファイルをデータ ストア内の個々のレコードに添付することができ、簡単に参照できます。ファイルが圧縮形式でない場合は、Office Access 2007 によってファイルが自動的に圧縮されるため、ハードディスクの容量を節約できます。

  • 対話型のフォーム デザイン    Office Access 2007 は WYSIWYG フォーム デザイン インターフェイスを備えています。画面上でフォーム レイアウトをリアルタイムでデザインして変更することができ、フォームを作成しながらプレビューできます。WYSIWYG デザイン インターフェイスを使用すると、フォームをすばやく作成できるため、デザインと書式設定にかかる時間を短縮でき、重要な作業に多くの時間をかけることができます。

  • リッチ テキスト    太字にしますか。斜体にしますか。大丈夫です。Office Access 2007 では、テーブルに格納されているデータにリッチ テキストがサポートされています。

Office Access 2007 でのフォームの編集

Office Access 2007 では対話型のデザイン モードでフォームを編集することができ、真の WYSIWIG エクスペリエンスを実現しています。

ページの先頭へ

意味のあるレポートを作成して調整する

Office Access 2007 を使用して情報を意味のあるレポートに統合すると、複雑な情報を理解できるようになり、十分な情報を得たうえで決定を下せるようになります。

  • 対話型のレポート デザイン モードによる編集    Office Access 2007 の新機能により、レポートを作成しながらデータがどのように表示されるかを確認できます。新しい WYSIWYG インターフェイスを使用すると、レポート デザイナーでデータを参照しながらレポート レイアウトを直接操作できるため、レポートを実行してどのようにページに表示されるかを確認する必要はありません。このため、見栄えの良いレポートを簡単に作成し、時間を節約することができます。

  • 対話型レポートの閲覧    新しいレポート閲覧モードを使用すると、ユーザー レポートに簡単にアクセスできます。Ctrl+F を使用してレコードを検索し、他のアプリケーションにデータをコピーし、詳細なレコードを表示してデータを編集します。新しいフィルター機能を使用すると、意思決定の基になる情報を絞り込むことができます。

  • レポートの情報をグループ化する    機能強化されたグループ化ウィンドウでは、データ グループがわかりやすく表示されるため、レポートに変更を適用しながらプレビューできます。また、合計、小計、カウント、およびその他のデータの分析に役立つ要素を簡単に追加できます。情報を 1 つ以上のレイヤーにグループ化し、小計を追加することもできます。

Office Access 2007 でレポートを編集する

Office Access 2007 でのレポート編集では、対話型のデザイン モードを使用してグループ化と編集を簡単に行うことができます。

ページの先頭へ

追跡した情報を他のユーザーと共有する

Office Access 2007 を使用すると、情報を簡単に収集できるようになり、他のユーザーがその情報を安全かつ柔軟に利用することができます。

  • Office Outlook 2007 を使用してデータを収集する    Office Access 2007 では、他のユーザーから簡単に情報を収集できます。電子メール メッセージの本文に Microsoft Office InfoPath 2007 または HTML 形式で自動的にデータ収集フォームを埋め込みます。Outlook 連絡先または Access 自体からの電子メール アドレスを使用して、そのフォームを受信者に送信できます。Office Outlook 2007 によって受信フォームが処理され、そのデータが Office Access 2007 データ ストアに保存されるため、データを再入力しなくても追跡管理アプリケーションのデータが迅速かつ効率的に更新されます。

InfoPath による情報収集

Office Access 2007 によって生成される InfoPath (または HTML) フォームを添付した電子メールによって、他のユーザーから情報を収集します。

  • Windows SharePoint Services との Web コラボレーション    Windows SharePoint Services を基盤とした Web サイトでは、プロジェクトに関する情報のやり取り、ドキュメントの共有、および共同作業を行うことができます。Office Access 2007 では、Access ファイルをライブラリに発行するか、アプリケーションを Windows SharePoint Services に移動して、データとフロントエンド データベースをサーバーに移動すると、チームはブラウザーを通じて情報を簡単にやり取りできるようになります。Windows SharePoint Services サイトでフォームとレポートを直接表示、更新、または削除できるかどうかは、権限の設定によって決まります。

  • Office Access 2007 による Windows SharePoint Services リストの追跡    操作性を高めるために、お使いのコンピューター上の Office Access 2007 クライアントを使用して Windows SharePoint Services リストの情報を追跡できるようになりました。

  • Windows SharePoint Services リストをオフラインで操作する    Office Access 2007 を使用して、Windows SharePoint Services をオフラインで操作できます。たとえば、出張中には、ポータブル コンピューターに SharePoint リストのローカル コピーを保存しておき、Office Access 2007 の他のテーブルと同じように、リストに対して編集を加えたり、クエリを実行したりすることができます。フォームとレポートでは SharePoint リストが完全な対話形式で使用されるため、ポータブル コンピューターが再度オンラインになった後に、Office Access 2007 でローカルのリストとオンラインのリストを同期することができます。

  • Windows SharePoint Services ワークフローとの統合    Office Access 2007 ユーザーは、Windows SharePoint Services のワークフロー サポートで作成されたビジネス ロジックを使用して、コラボレーション ワークグループ アプリケーションを作成できます。ワークフローを使用すると、タスクを自動的に他のユーザーに割り当てて、プロジェクトの進捗状況をレポートし、タスクが予定どおりに完了するように支援することができます。Windows SharePoint Services のすべてのタスクは、作業スタイルに応じて Office Access 2007 または Office Outlook 2007 内に表示できます。

  • 電子メール通知と RSS 通知    レコードが追加、削除、または変更されたときに電子メールで通知を受け取ることができます。また、RSS (Really Simple Syndication) を購読するユーザーは、Office Outlook 2007 のリスト フィードを購読できます。

  • モバイル接続    Windows SharePoint Services リストには携帯電話からアクセスすることもできるため、リモート ユーザーは常に最新のビジネス情報を取得できます。

  • PDF および XPS のサポート    Office Access 2007 を使用すると、レポートを PDF (Portable Document Format) ファイルまたは XPS (XML Paper Specification) 形式で保存して、印刷、投稿、および電子メールでの配布を行うことができます。レポートを PDF ファイルまたは XPS ファイルにすると、すべての書式設定を維持したまま、配布しやすい形式でレポート情報を保存することができ、他のユーザーは Office Access 2007 がなくてもレポートの表示や印刷が可能になります。

2007 Microsoft Office system プログラムから PDF または XPS ファイル形式で保存するには、先にアドインをインストールする必要があります。詳細については、「PDF および XPS ファイル形式のファイルを印刷、共有、および保護する」を参照してください。

案件管理

Office Access 2007 アプリケーションを Windows SharePoint Services に移動すると、ブラウザーを使用して情報にアクセスできます。

ページの先頭へ

機密情報を管理および監査する

Office Access 2007 を使用すると、管理しやすい環境でデータの透明性が向上するため、情報管理のニーズを容易に満たすことができます。

  • セキュリティの向上    Office Access 2007 には、安全性を向上させて、他の 2007 Microsoft Office system プログラムとの一貫性を高めるために、強化された新しいセキュリティ機能が搭載されています。信頼性に関する判断は 1 つにまとめられて Office セキュリティ センターに統合されています。信頼できる場所を使用すると、セキュリティが強化されたフォルダー内のすべてのデータベースを簡単に信頼することができます。反対に、Access アプリケーションを読み込むときにコードやマクロを無効にすることで、操作の安全性を高めることができます。

懸案事項リスト

Office Access 2007 の新機能を使用すると、レコードを追跡して、レコードの作成、編集、削除を行ったユーザーを確認できます。

  • データの監査    IT 部門のサポートがなくても、ローカルのデータベース ファイルから Windows SharePoint Services が実行されているサーバーにデータを簡単に移行できます。サーバー上のデータは、IT 部門の担当者が組織のポリシーに従って管理、保護、バックアップできます。

  • リビジョン履歴    新機能を使用して、レコードを追跡し、レコードを作成、編集、削除したユーザーを確認できます。必要に応じて、情報の変更日時を表示したり、データの編集をロールバックしたりすることもできます。

  • 権限の設定    Windows SharePoint Services を使用すると、データへのアクセス権を持つユーザーを管理して、制限された読み取り権限や完全な編集権限を割り当てることができます。

  • ごみ箱    Windows SharePoint Services のごみ箱機能を使用すると、誤って削除したデータを復元できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×