Microsoft Office 診断プログラムの結果

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Office 診断プログラム このページでは Microsoft Office 診断プログラムを実行した結果について説明します。 コンピューターの正常性と 2007 Microsoft Office system のインストールを改善する方法に関する候補が表示されることがあります。 この記事の内容は Microsoft Office 診断プログラムを実行した後に表示される結果のみに適用されます。 Microsoft Office 診断プログラムを実行していない場合は、「クラッシュした Office アプリケーションを Office 診断プログラムで診断および修復する」の指示に従ってください。 以下で説明する手順に従っても問題が解決しない場合は、この記事の下にある、役立つリソースを示した「その他のリソース」セクションを参照してください。

注: 後で参照できるように、このページを印刷したり、ブックマークしておくと便利です。

診断結果

Microsoft Office 診断プログラムの問題は見つかりませんでした。

その他のリソース

セットアップの診断 - ファイルの破損または変更ファイル

セットアップの診断で Microsoft Office のインストール問題が修復されました。通常は、これで Microsoft Office プログラムが正常に動作します。

Microsoft Office プログラムが引き続きクラッシュするようであれば、ハードウェアの故障またはハードウェアの構成上の問題が原因である可能性があります。ハードウェアの故障が 2007 Office release のインストール環境に影響していないか、ディスク診断とメモリ診断の結果で確認してください。

その他のリソース

セットアップの診断 - メディアが見つからない

有効なソースが見つからなかったため、セットアップの診断は完了しませんでした。 ローカルのインストール ソースが見つからないか、Microsoft Office のインストールに使用された元のソースが修復処理に使用できません。 この診断を正常に実行できるように、元のソースの指定が必要になる場合があります。 2007 Office releaseに有効なソースには、次のものがあります。

  • 2007 Office release インストール CD

  • コンピュータの製造元から提供されたインストール ディスクまたは修復用 CD

  • 2007 Office releaseのネットワーク インストールへの接続

有効なソースにアクセスする準備を整えてから、Office 診断プログラムを再度実行してください。

その他のリソース

ディスクの診断 - ハード ディスク故障の予測

ハード ディスクの Self-Monitoring, Analysis, and Reporting Technology (SMART) 機能により、ハード ディスク故障の可能性があることを示すエラーが見つかりました。 SMART は、ハード ディスクのユーザーが故障の徴候を事前に察知できるようにするため、ディスク ドライブの製造元によって提供されている機能です。 Microsoft Office アプリケーションの不安定性が、これらのハード ディスク ドライブのエラーに起因することがあります。

注: この結果が重大な問題を示す場合がありますが、一部のハード ディスクではそれらの結果が正しく報告されていない可能性があります。

次の手順に従って操作することをお勧めします。

  1. 重要なデータをすぐにバックアップします。

  2. 他の診断の結果を確認し、他の診断によって報告された問題を解決するための手順に従います。 これらの問題を解決した後、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行し、このディスク診断の問題が解決されているかどうかを確認します。

  3. このエラーが続く場合には、コンピューターまたはハード ディスクの製造元になどに連絡します。

その他のリソース

ディスクの診断 - システム イベント ログのエラー

ディスクの診断により、ハードウェア エラーの形跡が見つかりました。 Microsoft Office アプリケーションの不安定がこれらのハードウェアのエラーの結果となることがあります。

この結果は、次のいずれかが発生した場合に発生します。

  • ハード ディスクの SMART (Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology) 機能でエラーが検出された場合。SMART は、ユーザーがハード ディスクの故障を事前に察知できるようにするため、ディスク ドライブの製造元によって提供されている機能です。

  • Microsoft Office 診断プログラムにより、ハードディスク上に不良 (失敗) セクターが見つかった場合。

  • Microsoft Office にハード ディスクからファイルへのアクセス問題があるが、正常に機能するためにこれらのファイルが必要である場合。

次の手順に従って操作することをお勧めします。

  1. 他の診断の結果を確認し、診断から報告されたすべての問題を解決するための指示に従います。 これらの問題を解決した後、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行し、このディスク診断の問題が解決されているかどうかを確認します。

  2. このエラーが続く場合には、コンピューターまたはハード ディスクの製造元になどに連絡します。

その他のリソース

メモリの診断 - RAM の故障

メモリの診断により、ランダム アクセス メモリ (RAM) の故障の形跡が見つかりました。

次の手順に従って操作することをお勧めします。

  1. 他の診断の結果を確認し、診断から報告されたすべての問題を解決するための指示に従います。 これらの問題を解決した後、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行し、このメモリの診断の問題が解決されているかどうかを確認します。

  2. この結果を得る続行する場合は、Microsoft Windows のメモリ診断を実行します。詳細については、システムのメモリの問題を確認するには、[診断の実行、Microsoft TechNet の記事を参照してください。または、コンピューターまたは RAM の仕入先など、ユーザーに連絡します。

その他のリソース

メモリの診断 - ユーザーが管理者ではない

コンピュータに対する管理者権限がないため、メモリの診断を実行できませんでした。メモリの診断を実行するには、管理者権限を持つユーザーでコンピュータにログオンしてから、Microsoft Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

その他のリソース

更新の診断 - インストールが最新でない

更新の診断、Microsoft Office のインストールがインストールされている最新の service pack がないことを確認します。サービス パックをインストールすると、安定性が向上します。Office 2007 の最新の更新を取得するにアクセスすることをお勧めします。

その他のリソース

互換性の診断 - 競合するバージョンの Outlook がある

互換性の診断で、Microsoft Office Outlook の競合するバージョンが確認されました。不要なバージョンの Outlook をコンピュータから削除するには、次の手順に従います。

  • Microsoft Windows Vista の場合   

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [プログラムのアンインストール] をクリックします。

      注: クラシック表示では、[プログラムと機能] をダブルクリックします。

    3. アンインストールする Outlook のバージョンを選択し、[アンインストール] をクリックします。

  • Microsoft Windows XP の場合   

    1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。

    2. [プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。

    3. アンインストールする Outlook のバージョンを選択し、[削除] をクリックします。

その他のリソース

セットアップの診断 - テストが取り消されている

セットアップの診断がキャンセルされ、正常に完了しませんでした。このテストを実行するには、Microsoft Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

注: セットアップの診断の実行は、状況によって 15 分以上かかる場合があります。

その他のリソース

セットアップの診断 - 問題なし

セットアップの診断で Microsoft Office のインストールに関する問題は見つかりませんでした。

その他のリソース

ディスクの診断 - 問題なし

ディスクの診断でハードディスクに関する問題は見つかりませんでした。

その他のリソース

ディスクの診断 - テストが取り消されている

ディスクの診断がキャンセルされ、正常に完了しませんでした。このテストを実行するには、Microsoft Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

その他のリソース

ディスクの診断 - システム管理者によって無効に設定されている

ディスクの診断はシステム管理者によって無効にされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

その他のリソース

セットアップの診断 - システム管理者によって無効に設定されている

セットアップの診断はシステム管理者によって無効にされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

その他のリソース

メモリの診断 - 問題なし

メモリの診断でシステムのランダム アクセス メモリ (RAM) に関する問題は見つかりませんでした。

その他のリソース

メモリの診断 - 使用中のプログラムが多すぎる

診断を正常に実行するために必要なシステム リソースが他の多くのプログラムによって消費されたため、メモリの診断の実行に失敗しました。 他の開いているプログラムをすべて閉じて、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行します。

その他のリソース

メモリの診断 - サーバー システムで無効になっている

セキュリティ上の理由から、メモリ診断が Microsoft Windows のサーバー バージョンにおいて既定で無効になっています。詳細については、次の指示に従ってください。

その他のリソース

メモリの診断 - テストが取り消されている

メモリの診断がキャンセルされ、正常に完了しませんでした。このテストを実行するには、Microsoft Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

その他のリソース

メモリの診断 - システム管理者によって無効に設定されている

メモリの診断はシステム管理者によって無効にされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

その他のリソース

更新の診断 - 問題なし

更新の診断により、システムに最新の Microsoft Office 更新プログラムがすべてインストールされていることが確認されました。

その他のリソース

更新の診断 - テストが取り消されている

更新の診断がキャンセルされ、正常に完了しませんでした。このテストを実行するには、Microsoft Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

その他のリソース

更新の診断 - システム管理者によって無効に設定されている

更新の診断はシステム管理者によって無効にされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

その他のリソース

更新の診断 - 必要なファイルにアクセスできない

ダウンロードしないことを選択したファイルが更新診断で必要であったため、更新の診断を実行できませんでした。 このファイルをダウンロードするためのアクセス許可を Microsoft Office に与えるには、次の 2007 Office releaseのプログラムの 1 つで、次のいずれかの操作を行います。

  • Access、Excel、PowerPoint、または Word の場合

    1. [Office ボタン] Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション]、[Excel のオプション]、[PowerPoint のオプション]、または [Word のオプション] をクリックします。

    2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。次に、[プライバシー オプション] をクリックします。

    3. [システムの問題を特定するのに役立つファイルを定期的にダウンロードする] チェック ボックスをオンにします。

    4. 1 週間ほど経つとファイルがダウンロードされるので、その段階で、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行します。

  • Visio、Outlook、Publisher、または InfoPath の場合

    1. [ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[プライバシー オプション] をクリックします。

    2. [システムの問題を特定するのに役立つファイルを定期的にダウンロードする] チェック ボックスをオンにします。

    3. 1 週間ほど経つとファイルがダウンロードされるので、その段階で、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行します。

その他のリソース

更新の診断 - Microsoft Office が更新されている

更新の診断により、2007 Office releaseのインストールが最新のサービスパックとともに正常に更新されたことが確認されました。 2007 Office releaseのインストールは最新の状態です。

その他のリソース

互換性の診断 - 問題なし

互換性の診断で互換性の問題は見つかりませんでした。

その他のリソース

互換性の診断 - システム管理者によって無効に設定されている

互換性の診断はシステム管理者によって無効にされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

その他のリソース

既知の解決方法の確認 - テストが取り消されている

解決策の確認の診断がキャンセルされ、正常に完了しませんでした。このテストを実行するには、Microsoft Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

その他のリソース

既知の解決方法の確認 - システム管理者によって無効に設定されている

解決策の確認の診断はシステム管理者によって無効にされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。

その他のリソース

既知の解決方法の確認 - サーバーに接続できない

既知の解決方法の確認の診断で解決方法の検索に必要なサーバーに接続できませんでした。

その他のリソース

既知の解決方法の確認 - 問題なし

既知の解決方法の確認の診断により、システムに問題がないかどうかがスキャンされ、既知の解決方法が確認されました。 対応を必要とする問題はありませんでした。

その他のリソース

更新の診断 - ベータ版のインストールが古い

更新の診断により、2007 Office release (ベータ) のインストールが最新バージョンではないと判断されました。最新バージョンを入手することをお勧めします。

その他のリソース

セットアップの診断 - 他のプログラムによってブロックされている

Microsoft Windows インストーラーが別のプログラムによって使用されているため、セットアップの診断を実行できませんでした。 セットアップの診断を正常に実行するには、次の操作を行います。

  1. 他の開いているプログラムをすべて閉じて、もう一度 Microsoft Office 診断プログラムを実行します。

  2. テストが正常に実行されない場合は、Windows を再起動し、再度 Office 診断プログラムを実行します。

その他のリソース

セットアップの診断 - ユーザーが管理者ではない

コンピュータに対する管理者権限がないため、セットアップの診断を実行できませんでした。セットアップの診断を実行するには、管理者権限を持つユーザーでコンピュータにログオンしてから、Office 診断プログラムを再度実行する必要があります。

その他のリソース

その他のリソース

問題が特定できなかった場合、または、上記の解決策では問題が解決されなかった場合は、次の情報も参照してください。

Microsoft Office 診断プログラム

Microsoft Office 診断プログラムの動作方法の詳細については、「クラッシュした Office アプリケーションを Office 診断プログラムで診断および修復する」の記事を参照してください。

セキュリティと情報の安全性

ウイルス、スパイウェア、またはその他の悪意のあるソフトウェアを (マルウェアとも呼ばれる) によって侵害されている場合に、システムが正しく動作しません。情報と、コンピューターを保護するために使用できるツールでは、 Microsoft セーフティサイトを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×