Microsoft Office インターナショナルの概要

Microsoft Office は、世界中で 107 を超える言語、および次のエンド ポイントで利用できます。Web、Android、Mac、iOS、Windows、Windows フォン。

マイクロソフトでは、マイクロソフトのミッションと戦略に沿って、このように多くの言語とエンド ポイントで Microsoft Office をローカライズしています。

マイクロソフトでは、お客様のアイデアを表現し共有するための手段として、お客様の第 1 言語が重要であると考えています。マイクロソフトの拡張ローカライズ プログラムは、ユネスコの言語保護の取り組みを支援しています。

Microsoft Office の高レベルのローカライズを行っているのは次のとおりです。

Web サービス

office.com では、数千のテンプレート、Word Online、Excel Online、PowerPoint Online の他に、多くの Microsoft Web サービスが最大 107 言語で利用できます。チェックしてみてください。

Windows

Word、Excel、PowerPoint、Windows 用の文章校正ツールなどの Office のコア アプリは、91 を超える言語で利用できます。Windows 10 のモバイル/コンパニオン アプリは、65 を超える言語で利用できます。

Apple

Office アプリは、MAC OS および iOS プラットフォームで利用できます。どちらも 35 の言語で利用できます。

Android

Word、Excel、PowerPoint、OneNote は、60 の言語で利用可能 (または近日中に利用可能になる予定) です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×