Microsoft Office アップロード センター

Microsoft Office アップロード センターでは、サーバーにアップロードされているファイルの状態を 1 か所で確認できます。ファイルを Web サーバーにアップロードする場合には、まずローカルの Office ドキュメント キャッシュにファイルが保存された後でアップロードが開始されるため、オフラインのときやネットワーク接続に障害があるときでも、変更を保存して直ちに作業を続けることができます。Microsoft Office アップロード センターでは、アップロードの進行状況と、注意が必要なファイルがあるかどうかを管理できます。

これは、次のような場合に役立ちます。

  • サーバーのファイルを開いているときに、サーバーがオフラインになった場合。ファイルを保存しておけば、サーバーがオンラインに戻ったときにアップロードされます。

  • 空港のホットスポットでファイルを操作しているうちに、搭乗時間になった場合。アップロード センターで状態をチェックして、アップロードが完了したことを確認し、ネットワークを切断して、飛行機に搭乗できます。

  • アップロード中にエラーが発生した場合。即座に通知が表示されるため、問題を解決して、すぐにアップロードを再開できます。

Office 2010 以降では、Office アップロード センターは Microsoft Office の一部として自動的にインストールされます。アップロード センターにアクセスするには、状況と Windows のバージョンに応じて次のいくつかの方法があります。

通知アイコンを使用してアップロード センターを開くには、次の操作を実行します。

  1. 通知領域の [アップロード センター] アイコン アップロード センター アイコン をクリックします。

  2. [アップロード センターを開く] をクリックします。

Windows 8 または Windows 10 でアップロード センターを開くには:

  1. [スタート] 画面で、アップロード センターを検索します。

  2. [Office アップロード センター] アイコンをクリックします。

Windows の [スタート] メニューを使用してアップロード センターを開くには、次の操作を実行します。

  1. [スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Office] または [Microsoft Office Starter] の順にクリックします。

  2. [Microsoft Office ツール] をクリックします。

  3. [Microsoft Office アップロード センター] をクリックします。

通知領域のアップロード センター アイコン

このアイコンには、次の通知領域のアイコンによってファイルのアップロードの状態も示されます。

アップロード センター アイコン

アップロードが保留中のアイテムがないことを示します。

アップロード センターのアップロード保留の通知アイコン

アップロード センターからサーバーに接続できないため、アップロードが保留されているファイルがあることを示します。サーバーが利用可能になると、ファイルは自動的にアップロードされます。

アップロード センターの一時停止の通知アイコン

アップロードが一時停止しているため、アップロードが保留中のファイルがあることを示します。アップロード センターを開いて、[アップロードの再開] を選択して、ファイルのアップロードを続行できます。

アップロード センターのアップロード失敗の通知アイコン

アップロードが失敗したファイルがあることを示します。アップロード センターを開き、エラーが発生した各ファイルについて [競合の解決] メニューを選択すると、アップロードの失敗を解決できます。

アイコンに加えて通知も表示されるため、ファイルのアップロードの状態を把握することができます。

アップロード センターのポップアップ通知

また、アップロード センター アイコンの上にマウス ポインターを置いた場合も、通知が表示されます。

アップロード センターの警告ポップアップ

ページの先頭へ

アップロード センターでファイルを表示する

アップロード センターでは、[保留中のアップロード]、[最近アップロードされたもの]、および [キャッシュ ファイルすべて] の各ファイルを表示できます。アップロード センターを開くと、既定の画面に現在保留中のアップロードが表示されます。最近アップロードされた 25 個のファイル、または現在キャッシュ内にあるすべてのファイルの一覧を表示するには、ドロップダウン メニューの矢印をクリックし、表示する画面を選択します。

保留中のアップロードが表示されている Office アップロード センター

アップロード センターですべてのファイルを操作する

  • アップロード センターで、アップロードが保留中のファイルをすべてアップロードするには、[すべてアップロード] をクリックします。

  • すべてのアップロードを一時停止するには、[アップロードの一時停止] をクリックします。すべてのアップロードを再開するには、[アップロードの再開] をクリックします。

  • 通知、および Office ドキュメント キャッシュの管理方法を変更するには、[設定] をクリックします。詳細については、「Office アップロード センターの設定」を参照してください。

アップロード センターで特定のファイルを操作するには、ファイルの横にある [アクション] または [競合の解決] をクリックし、メニューから目的の操作を選択します。

アップロード センターの [競合の解決] メニュー

また、作業するファイルを選択し、ツール バーの [アクション] メニューおよび各ファイルのショートカット メニューからファイルのアクションを実行することもできます。使用できるアクションは、ファイルの状態によって異なります。

  • [選択]    別の作成者がファイルのサーバー バージョンを変更したため競合が発生し、アップロードが失敗した場合、このアクションでウィンドウを開き、そこで各バージョンを確認して、どちらのバージョンを残すかを選択できます。詳細については、「アップロードセンターで競合を解決する」を参照してください。

  • [開く]    ファイルを開き、アップロード センターから直接表示や編集を行うことができます。

  • [解決のために開く]    アップロードが失敗した場合に、作成に使用したアプリケーションを開くと、問題とそれを解決するためのアクションに関する詳細情報が自動的に表示されます。このアクションは、通常、アップロードの失敗を解決するための既定のアクションです。

  • [Web サイトを開く]    ファイルが保存されている Web サイトを開きます。

  • [名前を付けて保存]    ファイルのコピーをコンピューターに保存します。

  • [コピーの保存]    このアクションでは、変更内容を他の場所に保存して、アップロードの失敗を解決します。

  • [サインイン]    Web サーバーにサインインしていないためにアップロードが失敗した場合、このアクションでサインインして、アップロードの失敗を解決できます。

  • [破棄]    アップロード センターからファイルを削除します。このファイルがサーバー上にある場合は、引き続きダウンロードすることができます。

  • [アップロード]    変更内容のサーバーへのアップロードを試行します。詳細については、「サーバーに現在アップロードしているファイルを閉じる」を参照してください。

アップロード センターのファイルのさまざまな状態は、次のアイコンによって表されます。

アップロード センターのアップロード保留のアイコン

アップロードされていない変更内容がファイルに含まれていないことを示します。

アップロード センターの変更保留のアイコン

サーバーに接続できないため、アップロードされていない変更内容がファイルに含まれていることを示します。サーバーが利用できるようになると、これらのファイルはアップロード センターによって自動的にアップロードされます。

アップロード センターのアップロード一時停止のアイコン

サーバーへのアップロードが一時停止しているために、アップロードされていない変更内容がファイルに含まれていることを示します。これらのファイルをアップロードするには、ツール バーの [アップロードの再開] をクリックします。

アップロード センターのアップロード失敗のアイコン

アップロードに失敗した変更内容がファイルに含まれていることを示します。これらのファイルの問題を解決するには、ファイルの [競合の解決] メニューの [解決のために開く] をクリックします。

ページの先頭へ

表示オプション

既定では、使用可能なすべての通知が有効になっています。表示される通知およびキャッシュ ファイルをカスタマイズするには、次のオプションのチェック ボックスをオンまたはオフにします。

  • [アップロード失敗の通知を表示する]

  • [アップロード保留の通知を表示する]

  • [アップロード一時停止の通知を表示する]

  • [通知領域にアイコンを表示する]

詳細については「Office ドキュメント キャッシュの設定」を参照してください。

  • Office ドキュメント キャッシュにファイルを保存する最大日数を設定するには、[Office ドキュメント キャッシュにファイルを保存する日数]を必要に応じて調整します。最大日数より古いファイルは、アップロードを保留する変更がない場合のみキャッシュから削除されます。

  • サーバーを直接操作する場合や、プライバシーに心配がある場合は、[ファイルを閉じるときに Office ドキュメント キャッシュからファイルを削除する] を選択すると、ファイルを閉じるときにキャッシュからドキュメントが自動的に削除されます。

    重要: [ファイルを閉じるときに Office ドキュメント キャッシュからファイルを削除する] 設定を選択した状態で、アップロードが終了する前にファイルを閉じると、アップロードが終了するまで待機して、ファイルを他の場所に保存するか、または変更を保存せずに閉じるオプションが表示されます。ファイルを保留中のままにしておいて、後でサーバーが使用可能になったときにアップロードすることができなくなります。

  • [キャッシュ ファイルの削除] をクリックすると、いつでも Office ドキュメント キャッシュを消去できます。

    注: [キャッシュ ファイルの削除] をクリックして Office ドキュメント キャッシュを消去するか、[ファイルを閉じるときに Office ドキュメント キャッシュからファイルを削除する] を有効にすると、ドキュメント コンテンツはキャッシュから削除されますが、開かれていたファイルの一覧はキャッシュに保持され、コンピューターに保存されます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×