Microsoft Office で自分のプライバシー オプションを表示します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事では、使用する機能のプライバシー オプションについて説明します。一部のプライバシー オプションに影響するか、どのような情報やファイルがからダウンロードした Microsoft に送信します。この記事で説明するその他のオプションは、他のユーザーとファイルを共有したときに、プライバシーを保護するのに役立ちます。

プロダクト キー情報をお探しのお客様に移動できます: Office プログラムのプロダクト キーの入力

下のタブには、別のバージョンの Microsoft Office の各に関する情報があります。

プライバシーを表示するのには、Office 2016 for Windows アプリでのオプションは、簡単な手順をに従ってください。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[プライバシー オプション] の順にクリックします。

[プライバシー オプション]

  • Office を改善するための個人情報を Microsoft に送信します。

    このボックスをオンにすると、Microsoft の品質、信頼性、パフォーマンスの改善に協力する設定になります。 コンピューターから、エラー メッセージ、ハードウェア、ソフトウェアなどの情報が自動的に収集されます。 収集されたデータは匿名の情報として扱われます。 広告や販売活動には一切使用されません。

  • Office を Microsoft のオンライン サービスに接続すると、位置情報や環境設定に合わせた機能を利用できます。

    このボックスをオンにすると、Microsoft に対して、Microsoft とパートナーが提供するオンライン サービスとサイトの使用に関する情報の収集が許可されます。 この設定をオンにすると、[リサーチと参照] セクションで翻訳オプションを利用できるようになります。

ドキュメント固有の設定

  • ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する

    このオプションは、Excel、PowerPoint、Word では無効、Publisher と SharePoint Designer では有効になっています。

    このオプションが有効になっているプログラムでは、以前のバージョンの Office で作成されたドキュメントを使用し、そのバージョンでこのオプションを使用して個人情報を削除していた場合にのみ、このオプションを使用できます。文書から個人情報を削除するには、[ドキュメント検査] をクリックします。

リサーチと参照

  • 翻訳オプション

    [翻訳オプション] を使用して、オンラインの二か国語辞書と機械翻訳の設定を選びます。 このダイアログ ボックスのオプションは、[プライバシー オプション] の [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続すると、位置情報や環境設定に合わせた機能を利用できます] ボックスをオンにした場合にのみ使用できます。

  • [リサーチのオプション]

    [リサーチのオプション] を使用して、複数言語の辞書類やリサーチ サイト サービスを有効にします。

プライバシーを表示するのには、オプション、Office 2010 または 2013 for Windows アプリでは、簡単な手順をに従ってください。

  1. [ファイル]、[オプション] の順にクリックします。

  2. [セキュリティ センター]、[セキュリティ センターの設定]、[プライバシー オプション] の順にクリックします。

各プライバシー オプションの説明

Office にインターネット接続を許可する

Office 2013 に適用されます。

[Office にインターネット接続を許可する] ボックスをオンにして、インターネットに接続されている場合、Office ではオンライン サービスを使用して最新のオンライン コンテンツを検索することができます。

インターネットに接続しているとき、更新されたコンテンツを確認するために Office.com に接続する

Office 2010 に適用します。

[インターネットに接続しているとき、更新されたコンテンツを確認するために Office.com に接続する] ボックスをオンにすると、Office.com Web サイトから、最新のヘルプ コンテンツがコンピューターにダウンロードされます。ダウンロードを利用するには、インターネットに接続している必要があります。ヘルプ システム全体がダウンロードされるのではなく、検索結果のボックスでクリックしたヘルプ資料のみがダウンロードされます。

システムの問題を特定するのに役立つファイルを定期的にダウンロードする

[システムの問題を特定するのに役立つファイルを定期的にダウンロードする] ボックスをオンにすると、次の設定が適用されます。

  • Office.com からファイルをダウンロードすることを許可し、コンピューターが不安定になったり、クラッシュしたときに、Microsoft Office 診断プログラムによって問題の診断と修復が自動的に実行されるようにします。

  • 表示される一部のエラー メッセージに関するエラー報告を送信するように Microsoft が依頼することを許可します。送信される報告やデータは、Microsoft が問題を理解し、解決するために活用されます。

  • コンピューターに発生する問題を解決するのに役立つ最新のヘルプ コンテンツを Microsoft が提供することを許可します。

詳細については、「Office 診断プログラムの設定を変更する」を参照してください。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する

[カスタマー エクスペリエンス向上プログラムに参加する] ボックスをオンにすると、Microsoft Office の品質、信頼性、性能の向上を目指すカスタマー エクスペリエンス向上プログラムにご参加いただけます。

  • プログラムの参加にあたって特に行っていただく手続きはありません。フォームに入力したり、アンケートに答えたり、電話連絡に応答する必要はまったくありません。

  • Microsoft 側で参加ユーザーのコンピューターから必要な情報を自動的に収集させていただきます。対象となる情報は、表示されたエラー メッセージと、いつメッセージが表示されたか、ユーザーが使用しているコンピューター機器の種類、コンピューター上で Microsoft ソフトウェアの実行に問題がないかどうか、ハードウェアとソフトウェアが適切に応答し、迅速に機能しているかなどです。通常、これらの情報を 1 日 1 回の頻度で収集します。

  • 収集されたデータは匿名の情報として扱われます。広告や販売活動には一切使用されません。

このプログラムの詳細については、カスタマー エクスペリエンス向上プログラム web サイトを参照してください。

Office.com の検索結果を改善するため、インストールされている Office アプリケーションを自動的に検出する

Office 2010 に適用します。

[Office.com の検索結果を改善するため、インストールされている Office アプリケーションを自動的に検出する] ボックスをオンにすると、Office.com の検索結果の範囲が、インストールされている Office プログラムに絞り込まれます。

不審な Web サイトからの Microsoft Office ドキュメント、またはそのような Web サイトにリンクしている Microsoft Office ドキュメントをチェックする

次のOffice 2010プログラムに適用されます。 Access、Excel、InfoPath、OneNote、PowerPoint、Project、Publisher、Visio、Word、Excel Starter、および Word Starter します。

[不審な Web サイトからの Microsoft Office ドキュメント、またはそのような Web サイトにリンクしている Microsoft Office ドキュメントをチェックする] ボックスをオンにすると、偽装 Web サイトの検出機能によって、フィッシング詐欺からコンピューターを保護することができます。Office が、偽装ドメイン名を持つ Web サイトへのリンクを検出すると、警告メッセージが表示されます。偽装 Web サイトの検出機能は、ローカル コンピューター上で実行されます。この機能によって、Microsoft へ情報が送信されることはありません。詳細については、「不審な Web サイトへのリンクについてのセキュリティの警告を有効または無効にする」を参照してください。

[リサーチ] 作業ウィンドウで新しいサービスの確認とインストールを許可する

[[リサーチ] 作業ウィンドウで新しいサービスの確認とインストールを許可する] ボックスをオンにすると、Office プログラムによって新しいリサーチ サービスが自動的にチェックおよびインストールされるようになります。

ファイル検証機能を向上させるため、ファイルの送信を許可する

Word および Word Starter にのみ適用されます。

[ファイル検証機能を向上させるため、ファイルの送信を許可する] ボックスをオンにすると、Microsoft に対して、ファイル検証に失敗したファイルに関する情報の収集が許可されます。既定では、Microsoft へのファイルの送信を確認するダイアログ ボックスが定期的に表示されます。

Microsoft Office Starter で広告の個人設定を許可する

Excel Starter および Word Starter にのみ適用されます。

[Microsoft Office Starter で広告の個人設定を許可する] ボックスをオンにすると、Microsoft に対して、Microsoft およびパートナーが提供するオンライン サービスおよびサイトの使用に関する情報の収集が許可されます。この情報は、ユーザーにとって興味のある広告を判断するのに使用します。

変更履歴またはコメントを含むファイルを印刷、保存、送信するときに警告を表示する

Word および Word Starter にのみ適用されます。

[変更履歴またはコメントを含むファイルを印刷、保存、送信するときに警告を表示する] ボックスをオンにすると、変更履歴を含むドキュメントを印刷、保存、送信するときに警告メッセージが表示されます。

文書の比較と反映の精度を向上させるためランダムな番号を保存する

Word にのみ適用されます。

[文書の比較と反映の精度を向上させるためランダムな番号を保存する] ボックスをオンにすると、複数の校閲者が加えた変更を文書に反映する際に、最適な結果を得られる可能性が高まります。

ファイルを開くまたは保存するときに、非表示になっている変更履歴/コメントを表示する

Word および Word Starter にのみ適用されます。

[ファイルを開くまたは保存するときに、非表示になっている変更履歴/コメントを表示する] ボックスをオンにすると、文書を開くまたは保存するときに、文書内にあるすべての変更履歴を確認できます。これにより、校閲者に文書を送る前に不要な変更履歴を削除することができます。

ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する

次の Office プログラムに適用されます。 Excel、PowerPoint、Publisher、SharePoint Designer、Word、Excel Starter、および Word Starter します。

[ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する] オプションは、Excel、PowerPoint、および Word では無効、Publisher および SharePoint Designer では有効になっています。

このオプションが有効になっているプログラムでは、以前のバージョンの Office で作成されたドキュメントを使用し、そのバージョンでこのオプションを使用して個人情報を削除していた場合にのみ、このオプションを使用できます。文書から個人情報を削除するには、[ドキュメント検査] をクリックします。

ドキュメント検査

Excel、PowerPoint、Word で作成されたファイルから個人情報や非表示のデータを削除するには、[ドキュメント検査] をクリックします。ドキュメント検査の詳細については、次の記事を参照してください。

使用している製品によって少しプライバシー オプションにアクセスするための方法が異なります。特定のプライバシー オプションの説明を読んで、コントロール、ドロップダウンからに関する補足し、[下にスクロールする製品を選択します。

Access、Excel、PowerPoint、または Word の場合

  1. Microsoft Office ボタンOffice ボタンの画像 をクリックし、[プログラムのオプションの項目] を選びます (例: Word のオプション)。

  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。次に、[プライバシー オプション] をクリックします。

クリップ オーガナイザー、OneNote、SharePoint Designer では、またはプロジェクト

[ヘルプ] メニューの [プライバシー オプション] をクリックします。

InfoPath、Outlook、Publisher、または Visio

[ツール] メニューの [セキュリティ センター] をクリックし、[プライバシー オプション] をクリックします。

各プライバシー オプションの説明を読む

インターネットに接続しているとき、Microsoft Office Online でヘルプ情報を検索する

すべての2007 Office リリースプログラムに適用されます。

Microsoft Office オンライン検索インターネットに接続しているときにヘルプ コンテンツのチェック ボックスをオンにすると、いる場合は、Microsoft Office Online Web サイトからお使いのコンピューターにダウンロード最新のヘルプ コンテンツを取得します。ダウンロードを受信するインターネットに接続されている必要があります。ヘルプ システム全体がダウンロードされない、結果] ボックスの [検索] をクリックすること、ヘルプ記事だけです。

Microsoft Office Online の特集リンクを更新する

該当する2007 Office リリースプログラム: Access、Excel、PowerPoint、Word、および Visio します。

[リンクのおすすめの Microsoft Office Online の表示] チェック ボックスを選択すると、最も最新の状態の見出しと Microsoft Office Online Web サイトからお使いのコンピューターにダウンロードお勧めのテンプレートを取得します。ダウンロードを受信するインターネットに接続されている必要があります。

システムの問題を特定するのに役立つファイルを定期的にダウンロードする

すべての2007 Office リリースプログラムに適用されます。

[システムの問題を特定するのに役立つファイルを定期的にダウンロードする] チェック ボックスをオンにすると、次の設定が適用されます。

  • Office Online からファイルをダウンロードすることを許可し、コンピュータが不安定になったり、クラッシュしたときに、Microsoft Office 診断プログラムによって問題の診断と修復が自動的に実行されるようにします。

  • 表示される一部のエラー メッセージに関するエラー報告を送信するように Microsoft が依頼することを許可します。送信される報告やデータは、Microsoft が問題を理解し、解決するために活用されます。

  • コンピュータに発生する問題を解決するのに役立つ最新のヘルプ コンテンツを Microsoft が提供することを許可します。

この機能の詳細については、診断および修復 Office 診断プログラムを使用して、Office プログラムがクラッシュするを参照してください。

カスタマ エクスペリエンス向上プログラムに参加する

すべての2007 Office リリースプログラムに適用されます。

[カスタマ エクスペリエンス向上プログラムに参加する] チェック ボックスをオンにすると、Microsoft Office の品質、信頼性、性能の向上を目指すカスタマ エクスペリエンス向上プログラムにご参加いただけます。

  • プログラムの参加にあたって特に行っていただく手続きはありません。参加フォームの記入、アンケートへの回答、電話での対応などは一切不要です。

  • Microsoft 側で参加ユーザーのコンピュータから必要な情報を自動的に収集させていただきます。対象となる情報は、ソフトウェアで表示されたエラー メッセージと、いつメッセージが表示されたか、ユーザーが使用しているコンピュータ機器の種類、コンピュータ上で Microsoft ソフトウェアの実行に問題がないかどうか、ハードウェアとソフトウェアが適切に応答し、迅速に機能しているかなどです。通常、これらの情報を 1 日 1 回の頻度で収集します。

  • 収集されたデータは匿名の情報として扱われます。広告や販売活動には一切使用されません。

このプログラムの詳細については、カスタマー エクスペリエンス向上プログラム Web サイトを参照してください。

変更履歴またはコメントを含むファイルを印刷、保存、送信するときに警告を表示する

Office Word 2007のみに適用されます。

印刷、保存、または変更履歴やコメントを含むファイルを送信する前に警告するオプションをクリックしたときに、印刷、保存、または変更履歴を含む文書を送信しようとした場合に警告メッセージが表示します。変更履歴の詳細については、変更履歴の削除するを参照してください。

組み込みの精度を向上させるためランダムな番号を保存する

Office Word 2007のみに適用されます。

[反映の精度を向上させるためにストア ランダムな番号] オプションをクリックしたときに複数の校閲者からの変更履歴を結合するときに最適な結果を得られる可能性を大きくします。詳細については、コメントと 1 つの文書に複数の校閲者からの変更内容を結合するを参照してください。

ファイルを開くまたは保存するときに、非表示になっている変更履歴/コメントを表示する

Office Word 2007のみに適用されます。

非表示のマークアップを開くまたは保存するときに表示する] オプションをクリックするとすべての変更履歴内にある文書を開くか、文書を保存するときに表示されるを確認します。これにより、確認のためドキュメントを送信する前に不要な変更履歴を削除することができます。変更履歴の詳細については、変更履歴の削除するを参照してください。

ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する (無効)

Office Word 2007のみに適用されます。

[ファイルを保存するときにファイルのプロパティから個人情報を削除する] チェック ボックス (無効) を使用できるのは、以前のバージョンの Office で作成された文書を使用し、そのバージョンで同じオプションを使用して個人情報を削除していた場合のみです。文書から個人情報を削除するには、[ドキュメント検査] をクリックします。

ドキュメント検査

Office Word 2007のみに適用されます。

Office Word 2007と以前のバージョンで作成された文書から個人情報やその他の非表示のデータを削除するには、ドキュメント検査をクリックします。ドキュメント検査機能の詳細については、非表示のデータと個人情報を Office ドキュメントから削除するを参照してください。

不審な Web サイトからの Microsoft Office ドキュメント、またはそのような Web サイトにリンクしている Microsoft Office ドキュメントをチェックする

次の2007 Office リリースプログラムに適用されます。 Access、Excel、InfoPath、PowerPoint、Visio、および Word します。

確認の Office ドキュメントまたは不審な Web サイトへのリンクのチェック ボックスをオンにすると、フィッシング詐欺から保護するために偽装された Web サイトの検出でにオンにします。2007 Office リリース偽装しているドメイン名を持つ Web サイトへのリンクを検出すると、セキュリティの警告メッセージと通知されます。偽装された Web サイトの検出チェックは、お使いのコンピューターでローカルに実行されます。この機能は、Microsoft への情報を送信しないします。詳細については、有効にする、またはへのリンクや不審な Web サイトからのファイルに関する警告を無効にするを参照してください。

Microsoft のプライバシーに関する声明

プライバシーを読むには、ステートメントは、 Microsoft のプライバシーに関する声明

ご意見をお待ちしています。

この記事は、コメントの結果として、2017 年 6 月 20日の佐藤によって更新されました。情報が役に立つ、見つかった場合していない場合は、特に、どのようにすれば、良いを知らせ次のフィードバックのコントロールを使用してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×