Microsoft Lync Web スケジューラのプライバシーに関する補足

最終更新日: 2011 年 4 月

目次

Microsoft Lync Web スケジューラのプライバシーに関する補足

Lync Web スケジューラ

Microsoft Lync Web スケジューラのプライバシーに関する補足

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の補足情報です。特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明と、この補足情報の両方を参照する必要があります。

このプライバシーに関する補足は、ユーザーまたはユーザーが所属する企業のネットワークに展開される Microsoft Lync Web スケジューラ コミュニケーション ソフトウェアの展開と使用について扱います。Microsoft Lync Server 2010 をサービスとして使用している場合 (つまり、サード パーティ (Microsoft など) が、ソフトウェアを実行するサーバーをホストしている場合)、情報はその第三者に送信されます。第三者に送信されたデータの使用の詳細については、エンタープライズ管理者またはサービス プロバイダーに問い合わせてください。

Lync Web スケジューラ

このツールの機能: Lync Web スケジューラにより、エンド ユーザーはオンライン ミーティングをスケジュールおよび管理することができます。

収集、処理、または送信される情報: 以下の情報が収集されます。情報がマイクロソフトに送信されることはありません。

  • 開催者名

  • 参加者名

  • 発表者名

  • 電子メール アドレスのリスト

  • 会議の件名、および会議に関するその他の情報 (例、開始/終了時刻、電話会議 ID、パスコード、ユーザーの電話会議の自動案内プロバイダー情報/オーディオ電話会議のプロバイダー情報)

  • Microsoft Exchange のユーザーのすべてのプロキシ アドレス (X.400-X500 アドレス、Exchange ユニファイド メッセージング (UM) アドレス、SIP および電話/Exchange UM ボイス メールの URI)

  • 会議の場所情報

情報の用途: 上記の情報は会議のスケジュールおよび管理に使用されます。情報はメモリ内で処理され、Lync Server に渡されます。

注:  情報は、Lync Managed API および Lync Server と共有されます。

選択/制御: エンドユーザーが上記の情報を Lync Server に渡すかどうかを制御する機能は用意されていません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×