Microsoft Lync Server 2010 のプライバシーに関する声明の追加説明

最終更新日: 2010 年 10 月

目次

アーカイブ

アクティビティ フィード

アドレス帳サービス

通話受付管理

詳細な通話の記録 (CDR) データの収集とレポート

通話の委任

発信者番号制御

発信者の名前の表示

クライアント側ログ収集

緊急サービス (911)

場所インフラストラクチャ

Lync Web App Server

メディア バイパス ロケーションの側面

会議の添付ファイル

ピアツーピアのファイル転送

個人用写真

PIN 認証

投票

プレゼンス情報および連絡先情報

PowerPoint でのコラボレーション

プライバシー モード

プライベート回線

QoE (Quality of Experience) データの収集とレポート

役割ベースのアクセス制御

レコーディング

応答グループ サービス (エージェントの匿名化)

サーバー側ログ収集

スキル検索

統合連絡先ストア

Lync 2010 での音声品質の向上

ホワイトボードでのコラボレーション

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の追加説明です。特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」と、この追加説明の両方を参照する必要があります。

このプライバシーに関する声明の追加説明では、社内ネットワークに展開される Microsoft Lync Server 2010 ソフトウェアの展開と使用方法について説明します。社内で Lync Server 2010 をサービスとして利用している場合 (サード パーティ (マイクロソフトなど) が、このソフトウェアを実行しているサーバーをホストしている場合)、情報はそのサード パーティに転送されます。

アーカイブ

この機能について : アーカイブを使用すると、インスタント メッセージング (IM) の会話、会議のアクティビティおよびコンテンツ、および使用特性 (ユーザーのサインイン、会話の開始と参加など) をエンタープライズ管理者がアーカイブできます。

収集、処理、または送信される情報 : アーカイブには、IM の会話の内容、エンド ユーザーのインスタント メッセージングの使用状況に関する情報、会議の内容、および会議の情報が、エンタープライズ管理者が構成したサーバーに保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : エンタープライズ管理者はこの情報を使用して、Lync Server 2010 の社内での使用を管理できます。

選択/制御 : 既定の設定では、アーカイブは無効になっています。エンタープライズ管理者は、Microsoft Lync Server 2010 の [コントロール パネル] にある [監視およびアーカイブ] 設定ページで、[アーカイブ ポリシー] と [アーカイブ構成] を更新して、この機能を有効にすることができます。

アクティビティ フィード

この機能について : アクティビティ フィードを使用すると、エンド ユーザーは連絡先リストにある連絡先の "更新情報" を参照できます。これにより、エンド ユーザーは自分の最新の個人メモ、写真の変更、肩書きやオフィスの場所の変更を他のユーザーに表示できます。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーは、Microsoft Lync 2010 で次の情報をプレゼンスを通じて公開します。

  • (Active Directory ドメイン サービスなどの企業ディレクトリからの) 会社の写真の更新時間

  • Web 写真 (エンド ユーザーがアップロードして他のユーザーに参照してもらう写真) と更新時間

  • (企業ディレクトリから) 会社での肩書きが変更された時間と肩書き

  • (企業ディレクトリから) 会社のオフィスの場所が変更された時間とオフィスの場所

  • 投稿された最新の個人メモの履歴

  • Microsoft Exchange Server からの不在時のメモ

マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : この情報は、アクティビティ フィードを表示し、"友人および家族"、"ワークグループ"、"仕事仲間"、または "外部連絡先" のプライバシー関係にある、エンド ユーザーの連絡先リスト内の連絡先と共有されます。

選択/制御 : エンタープライズ管理者は、エンド ユーザーに対して保持される個人メモの数を管理する PersonalNoteHistoryDepth インバンド設定を構成できます。0 に設定すると、メモの履歴は保持されず、現在のメモだけが保存されます (過去のリリースではこの動作でした)。各エンド ユーザーは、Lync 2010 の [オプション] で適切な設定を有効にして、アクティビティ フィールドに情報が公開されないようにすることもできます。

アドレス帳サービス

この機能について : アドレス帳サービスを使用すると、Lync、Microsoft Lync 2010 Mobile などの Lync Server クライアントで連絡先を検索できます。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーが検索文字列を指定すると、アドレス帳データベースまたはアドレス帳ダウンロード ファイルで一致するものが検索されます。指定した検索文字列と一致するレコードすべてがクライアントに返されます。

情報の用途 : 検索文字列の情報は、一致するレコードの検索に使用されます。

選択/制御 : アドレス帳サービスは既定で有効になっています。このサービスを無効にするオプションはありません。

通話受付管理

この機能について : エンタープライズ管理者は通話受付管理を使用することで、WAN リンク上の Lync Server の音声およびビデオのトラフィック量を制御できます。

収集、処理、または送信される情報 : 通話受付管理では、発信者および呼び出し先の IP アドレス、両側のエンドポイントの場所情報 (エンタープライズ ネットワークの内部または外部) および通話がフェデレーションかどうかを収集、処理、および受信します。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : エンタープライズ管理者はこの情報を使用して、Lync Server の音声およびビデオ通話に対する特定の WAN リンクの社内での使用を管理します。

選択/制御 : 通話受付管理は既定では無効になっていますが、エンタープライズ管理者は、Lync Server 2010 の [コントロール パネル] の [ネットワーク構成] 設定ページで、[帯域幅管理を有効にするグローバル ポリシー] を更新することで、有効にできます。

注: 緊急サービスは、通話受付管理ポリシーによって影響を受ける (緊急サービスが誤ったトランクにルーティングされる) 可能性があります。

詳細な通話の記録 (CDR) データの収集とレポート

この機能について : 詳細な通話の記録 (CDR) データの収集とレポート機能では、Lync Server を使用して行われたピアツーピア通信および会議の詳細を収集およびレポートします。

収集、処理、または送信される情報 : 有効にした場合、すべてのピアツーピア通信および会議のデータが CDR データベースに記録されます (コンテンツは記録されません)。CDR データは社内に展開されている監視サーバー データベースに保存され、監視サーバーの一連の標準レポートでレポートされます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : CDR データを使用して、組織内で行われたピアツーピア通信および会議の履歴を確認できます。

選択/制御 : CDR は既定で有効になっていますが、エンタープライズ管理者は、CDR データの収集のために、監視サーバーをインストールし、監視サーバーのバックエンド データベースに接続する必要があります。エンタープライズ管理者は標準の監視サーバー レポートを展開することや、監視サーバー データベースに問い合わせを行うカスタム レポートを作成することができます。

通話の委任

この機能について : 通話の委任では、エンド ユーザーが 1 人以上の代理人を指定して、自分の代わりに電話をかけたり、着信に応答したり、オンライン会議に参加してもらうことができます。

収集、処理、または送信される情報 : 代理人がエンド ユーザーの代わりに着信に応答した場合、エンド ユーザーは、このイベントについて伝える電子メール通知を受信します。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : エンド ユーザーはこの機能を使用して代理人と共同で作業できるため、代理人はエンド ユーザーのスケジュールや会議を管理できます。また、エンド ユーザーは、自分の代わりに発信された通話や応答された着信について、代理人が行ったことを追跡できます。

選択/制御 : 通話の委任は既定では無効になっており、エンタープライズ管理者は EnableDelegation を True に設定して有効にする必要があります。

注: エンタープライズ管理者は、Linc Server と同期されるように Exchange 予定表代理人の設定を行うことができます。同期を有効にすると、適切なアクセス許可 (非編集作成者のアクセス許可と同等またはそれ以上のアクセス許可) を持つ Exchange 予定表代理人が、Lync にエンド ユーザーの代理人として自動的に追加されます。これによって、エンド ユーザーの着信の転送設定は変更されません。

発信者番号制御

この機能について : 発信者番号制御機能では、呼び出し先に表示される電話番号を管理します。エンタープライズ管理者は、代替番号を指定することでルートごとに発信者番号を非表示にすることができます。代替番号は、そのルートを通じて発信されるすべての通話の発信者番号として表示されます。たとえば、個人の勤務先電話番号から電話をかけても、呼び出し先には、ユーザー個人の勤務先電話番号ではなく、会社の代表番号が表示されます。

収集、処理、または送信される情報 : 発信者の電話番号が表示されます。

情報の用途 : この情報は、発信者の電話番号を非表示にし、代替番号を表示するために使用されます。

選択/制御 : [発信者番号を非表示にする] は、Lync Server 2010 の [コントロール パネル] の [ルート] ページでオンとオフを切り替えることができます。[発信者番号を非表示にする] をオフにすると、発信者の電話番号が表示されます。[発信者番号を非表示にする] をオンにする場合は、代替番号を指定する必要があり、その番号が呼び出し先に表示されます。

発信者の名前の表示

この機能について : この表示名には、Lync Server のローカル リポジトリ (アドレス帳サービス) に保存されているエンド ユーザーの名前が設定されます。Lync Server のエンド ユーザーから公衆交換電話網 (PSTN) に電話をかけた場合、この機能によって表示名情報が出口の PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーに送信されます。

収集、処理、または送信される情報 : Lync Server ネットワークから発信された通話の場合、Lync Server で表示名情報の提供に関するプライバシーの制限が設定されていない場合、出口の PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーに表示名が送信されます。この情報は、通話の呼び出し先で表示可能です。

情報の用途 : この情報を使用して、呼び出し先に発信者の名前と電話番号が表示されます。これは、確定的なものとは見なさないでください。

選択/制御 : 現在、Lync Server 内には、表示名情報の提供に関してプライバシー制限を設定するためのコントロールはありません。表示名は必ずサーバーから転送されます。PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーによっては、通話方向 (着信、発信) ごとに表示名をフィルターまたは置換する機能持っている場合があります。

クライアント側ログ収集

この機能について : クライアント側ログ収集を使用して、エンド ユーザーはコンピューター上のユーザー プロファイルに含まれている Lync 使用状況の情報をログに記録できます。

収集、処理、または送信される情報 : 有効にした場合、会議の議題、場所、セッション開始プロトコル (SIP) メッセージ、Lync の会話への応答、各 Lync メッセージの送信者と受信者に関する情報、メッセージが送信されたルート、連絡先リスト、プレゼンス情報などの情報がエンド ユーザーのコンピューターに保存されます。Lync の会話の内容は保存されません。情報がマイクロソフトに自動的に送信されることはありません。エンド ユーザーまたはエンタープライズ管理者は、手動でログをマイクロソフトに送信することができます。

情報の用途 : クライアント側のログは、Lync の問題のトラブルシューティングに利用できます。

選択/制御 : クライアント側ログ収集は既定では無効になっています。有効にするには、エンタープライズ管理者が ucEnableUserLogging に 1 を設定する必要があります。

緊急サービス (911)

この機能について : エンタープライズ管理者によって緊急サービスが利用可能になっている場合、Lync では、お客様が選択されたサードパーティのルーティング サービス プロバイダーに場所を送信できます。緊急サービス番号 (米国の場合は 911) に電話がかかると、サードパーティのルーティング サービス プロバイダーはその場所を緊急時対応スタッフに送信します。エンタープライズ管理者は、緊急通話機能をエンド ユーザーの職場に限定することができるので、緊急通報機能を利用可能にする範囲について、管理者が各エンド ユーザーに確認する必要があります。この機能を有効にした場合、緊急サービスのスタッフに送信される場所情報は、エンタープライズ管理者が各エンド ユーザーの場所 (会社の電話番号など) に割り当て、場所データベースに入力した場所になります。このような場所が利用できない場合、エンド ユーザーが手動で場所フィールドに情報を入力していれば、その場所が使用されます。エンド ユーザーが職場にいてワイヤレスのインターネット接続経由で Lync を使用して緊急サービスに電話をかけた場合、緊急対応時のスタッフに送信される場所情報はおおよその場所にすぎません。これは、その場所が、コンピューターの通信に使用される特定のワイヤレス エンドポイントの場所であるためです。また、そのワイヤレス エンドポイントの場所は、エンタープライズ管理者が手動で入力したものであるため、緊急サービス スタッフに送信される場所情報は、エンド ユーザーの実際の場所とは異なる可能性があります。この機能を十分に活かすためには、企業で認定ソリューション プロバイダーから提供されるルーティング サービスを利用する必要があります。ただし、このサービスは米国内でのみ利用可能です。

収集、処理、または送信される情報 : Lync で取得される場所情報は、会社の Location Information Server (LIS) で設定された自動の場所情報、またはエンド ユーザーが場所フィールドに手動で入力した場所情報によって決まります。この情報はエンド ユーザーのコンピューター上のメモリに保存され、緊急サービスの番号が入力されると、適切な緊急サービス プロバイダーにルーティングし、おおよその場所を提供するために、この場所情報が通話と共に送信されます。エンド ユーザーの場所は、インスタント メッセージ経由でローカルのセキュリティ デスクに送信されることがあります。緊急電話の場合、詳細な通話の記録に、発信者の場所情報が含まれます。 マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 場所情報は、適切な緊急サービス プロバイダーに通話をルーティングしたり、緊急時対応スタッフを派遣するために使用されます。この情報は、発信者の場所や連絡先の電話番号情報と共に、通知として会社のセキュリティ デスクに送信することもできます。

選択/制御:

[無効] :

E911 は既定では無効になっています。エンタープライズ管理者が有効にした場合、サブネットまたはユーザー (あるいはその両方) の場所のポリシーを変更または削除できます。また、サービス プロバイダーからのルーティング サービスを中止できます。

[有効] :

E911 を有効にする場所のポリシーを定義して、統合コミュニケーション (UC) クライアントがユーザーからまたはユーザーに対して (あるいはその両方で) 登録するサブネットに割り当てる必要があります。E911 ルーティング サービスは、サービス プロバイダーから取得し、そのサービス プロバイダーとのルーティング接続を確立する必要があります。

場所インフラストラクチャ

この機能について : 各ユーザーの場所とタイム ゾーン情報が計算され、プレゼンス機能で他のユーザーと共有されます。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーの地理的な場所データは、2 つのメカニズムのいずれかを使用して収集されます。それは、ユーザーが手動でデータを入力するか、会社の Location Information Server (LIS) によって自動的に設定されるかのいずれかです。また、エンド ユーザーのタイム ゾーンは、エンド ユーザーのコンピューター上の Windows オペレーティング システムから取得されます。収集される場所データは、書式付きの住所情報と "説明" 文字列で構成されます。説明は、エンド ユーザーの場所に関する情報を他のユーザーに伝えるための文字列 ("自宅" や "職場" など) で、書式付きの住所情報は、"5678 Main St, Buffalo, NY, 98052" のような住所です。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 場所の説明およびタイム ゾーン データは、プレゼンス プライバシーの構成方法に基づいて、Lync プレゼンスを介して他のユーザーと共有されます。この情報はユーザーの連絡先カードに表示されます。書式付きの住所は、連絡先カードを介して共有されませんが、エンド ユーザーが緊急電話 (911 など) をかけた場合、緊急サービス スタッフに送信される場合があります (「緊急サービス」の説明を参照してください)。

選択/制御:

エンタープライズ管理者は、次のコントロールを使用できます。

  • [EnhancedEmergencyServicesEnabled] True に設定した場合、場所セクションに表示されるメニューの [場所の設定] を使用することで、場所フィールドの場所名のエントリと、"場所" の完全なダイアログ ボックスを使用できるようになります。False に設定すると、場所フィールドの場所名に使用できる場所エントリが限定的になります。また、このコントロールを True に設定すると、場所データが緊急サービス通話にも使用されます。False に設定すると、緊急サービス通話では使用されません。エンド ユーザーがこの設定を上書きすることはできません。場所の説明 (LIS から取得される、またはエンド ユーザーが入力する) は、この設定に関係なく、プレゼンスを介して共有されます。

  • [UseLocationForE911Only] True に設定した場合、LIS の場所データはプレゼンスを介して自動的に共有されません。False に設定すると、LIS の場所データが自動的にプレゼンスを介して共有されます。

  • [PublishLocationDataDefault] このコントロールでは、プレゼンスを使用して場所の説明を共有するかどうかを明示的に選択していないすべてのユーザーの既定の動作を構成します。True に設定すると、場所は既定で共有されます。False に設定すると、既定では、場所は共有されません。

  • [LocationRequired] このコントロールでは、エンド ユーザーに場所の入力を要求するかどうかを指定します。指定できる値は、Yes、Disclaimer、または No です。

    • [Yes] - 場所データがない場合、赤い字で "場所の設定" と表示されます。

    • [Disclaimer] - 場所データがない場合、赤い文字で "場所の設定" と表示され、その横に "X" が示されます。エンド ユーザーは、[X] をクリックすると免責条項を確認できます。エンタープライズ管理者がこの値を選択した場合は、免責条項のテキストを設定する必要があります。

    • [No] - 場所情報がない場合、黒い文字で "場所の設定" と表示されます。

Lync Web App Server

この機能について : Lync Web App を使用するには、Microsoft Lync Web App Web コンポーネントを展開する必要があります。Lync Web App は、会議を実現できるようにする Microsoft Silverlight ブラウザー プラグイン ベースのプログラムです。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーのサインイン アドレス、パスワード、および会議情報を使用して、ユーザーが会議に接続する前にそのユーザーを認証します。プログラムの共有とデスクトップの共有情報は、その会議に参加するすべてのユーザーと共有されます。すべての会議参加者は、エンド ユーザーのプレゼンスおよび連絡先情報を表示できます。

情報の用途 : ユーザーのサインイン アドレス、パスワード、および会議情報を使用して、ユーザーが会議に接続する前にそのユーザーを認証します。

選択/制御 : Lync Web App Web コンポーネントは既定で有効になっています。

メディア バイパス ロケーションの側面

この機能について : メディア バイパスでは、Lync Server ユーザーおよびそのユーザーに関連する PSTN または PBX 通話で使用される PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーの既定のローカル メディア着信 IP アドレスの場所が識別されます。2 つの要素が帯域幅の制約なしに適切に接続されるように配置され、メディア バイパスが有効な場合、メディアは Lync Server ユーザーと PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラー間で直接やり取りされ、Lync Server の仲介サーバーをバイパスします。通話のシグナリングは継続して Lync Server ユーザーから Lync Server の仲介サーバーを経由し、PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーに送られます。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーおよび PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーのローカルの既定のメディア着信 IP アドレスの地域は、それぞれのローカルの既定のメディア IP アドレスを、Lync Server 構成ストア内に保存されているバイパス ID と照合して判断されます。バイパス ID は GUID で、アクセス プロキシでフィルター処理されないため、内部のユーザーが使用できるだけでなく、外部ユーザーおよびフェデレーション ユーザーにも提供されます。この機能で、マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : Lync Server ユーザーおよび PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーが同じロケール内にある場合、各要素のローカルの既定のメディア IP に関連付けられたバイパス IP は同じになります。通信相手からバイパス ID を受信した側では、自分のバイパス ID が一致していることがわかります。この場合、通話のメディアは Lync Server ユーザーと PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラー間で直接やり取りすることができ、仲介サーバーをバイパスできます。

選択/制御:

既定では、メディア バイパスは、グローバルでも、特定の PSTN ゲートウェイ/IP-PBX/セッション ボーダー コントローラーへの各トランクについても無効になっています。エンタープライズ管理者は、次の 2 つの方法を使用して、グローバルにも、特定のトランクについても有効にすることができます。

Lync Server の [コントロール パネル] を使用する

  • グローバルなバイパスを有効にするには、[ネットワーク構成] をクリックし、一覧の [グローバル] 構成をダブルクリックします。次に、[グローバル設定の編集] ページで [メディア バイパスを有効にする] をクリックし、詳細な設定を指定します。

  • 特定のトランクのバイパスを有効にするには、[VoIP ルーティング] をクリックし、[トランク構成] タブをクリックします。次に、既存のトランクをダブルクリックし、[メディア バイパスを有効にする] をクリックします。

Microsoft Lync Server 2010 管理シェルを使用する

  • New-CsTrunkConfiguration または Set-CsTrunkConfiguration コマンドレットを使用してトランクのメディア バイパスを有効にすることができます。

  • New-CsNetworkMediaBypassConfiguration および Set-CsNetworkConfiguration コマンドレットを使用して、グローバルなメディア バイパスを有効にできます。

会議の添付ファイル

この機能について : エンド ユーザーは、ファイルを添付ファイルとしてアップロードすることで、会議参加者とそのファイルを共有できます。

収集、処理、または送信される情報 : 添付ファイルは、エンタープライズ管理者によって定義された会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server に保存されます。エンド ユーザーは添付ファイルのアップロードを選択できます。添付ファイルは、エンド ユーザーまたは会議の他の参加者によってダウンロードされます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : アップロードされた会議の添付ファイルに含まれる情報は、Lync 会議の他の参加者と共有されます。

選択/制御 : エンタープライズ管理者は、AllowFileTransfer ポリシーを通じていずれかのユーザーまたはすべてのユーザーに対してこの機能を有効または無効にできます。このポリシーは既定では有効です。

ピアツーピアのファイル転送

この機能について: Lync ユーザーは、2 名の IM 会話 (会議ではありません) で相互にファイルを転送できます。

収集、処理、または送信される情報 : ファイルは Lync クライアント間で直接転送されます。ユーザーはファイル転送を開始するかどうかの選択、および転送するファイルの選択ができます。ファイル受信者は、ファイルを受信することに明示的に同意する必要があります。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : ピアツーピアのファイル転送機能を使用すると、ユーザーは IM 会話中にファイルをリアルタイムで送信し合うことができます。

選択/制御 : エンタープライズ管理者は、EnableP2PFileTransfer ポリシーを通じていずれかのユーザーまたはすべてのユーザーに対してこの機能を有効または無効にできます。ポリシーは既定では有効です。

個人用写真

この機能について : 個人用写真では、エンド ユーザーの個人の写真が他のエンド ユーザーに表示されます。これはエンド ユーザーのみが構成できるもので、Active Directory などの会社のディレクトリに表示される写真とは異なります。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーの個人用写真の共有設定、および写真の Web アドレスは、エンド ユーザーの入力を使用して収集され、Lync プレゼンスを通じて公開されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : この情報を使用して、エンド ユーザーの環境をカスタマイズして、写真を他のユーザーと共有できるようにします。

選択/制御:

エンタープライズ管理者は、次のことを制御できます。

  • 既定で最初からユーザーが写真を共有するかどうか。この設定はユーザーが上書きできます。

  • ユーザーがダウンロードできる写真の最大サイズ。

  • 使用できる写真の種類。

PIN 認証

この機能について : PIN 認証は、会議自動応答の会議に参加するユーザーの認証および Microsoft Lync 2010 Phone Edition を初めて導入するユーザーの認証に使用されるメカニズムです。ユーザーは電話番号または内線番号および Lync Server がユーザーの資格情報の検証に使用する PIN を入力します。PIN は、ユーザーが設定するか、エンタープライズ管理者がプロビジョニングできます。

収集、処理、または送信される情報 : 認証中に、電話番号または内線番号およびユーザーの PIN が収集されます。Lync Server は、バックエンド データベースに問い合わせてこの情報を検証します。PIN は、セキュリティのため、一方向のハッシュとしてバックエンド データベースに保存されます。一度設定された PIN はどのユーザーにも表示されません。PIN は、ユーザーまたは管理者あるいはヘルプデスク ユーザーが設定またはリセットできます。

管理者またはヘルプデスク ユーザーが PIN を設定またはリセットすると、新しい PIN が表示されて、ユーザーに電子メールで送信することもできます。提供されている電子メール テンプレートはカスタマイズ可能です。このテンプレートには、管理者またはヘルプデスク ユーザーが PIN を表示していた可能性があり、PIN を設定し直すことを推奨することをユーザーに伝えるテキストが含まれています。

情報の用途:

PIN は、会議へのユーザーの認証や、Lync 2010 Phone Edition を実行する電話の展開のために、Lync Server によって使用されます。

選択/制御 : この機能は、既定で有効になっています。エンタープライズ管理者は、Lync Server の [コントロール パネル] の [セキュリティ設定] ページで [PIN 認証] のボックスをクリックすることで無効にすることができます。

投票

この機能について : Lync ユーザーは、オンライン会議および会話中に投票を行って、参加者から匿名で回答を収集できます。

収集、処理、または送信される情報 : 個々の投票は匿名で行われます。収集された投票結果はすべての発表者が確認でき、どの発表者もこの結果をすべての参加者に提示することができます。投票は、エンタープライズ管理者が定義した会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 投票機能により、参加者の傾向を発表者が短時間で確認できるため、コラボレーションが促進されます。

選択/制御:

エンタープライズ管理者は、次のポリシーを使用できます。

  • [EnableDataCollaboration] : エンタープライズ管理者はこのポリシーを使用して、すべてのコラボレーション機能 (Microsoft PowerPoint でのコラボレーション、ファイル共有、投票、ホワイトボードでのコラボレーション、添付ファイル) を制限できます。このポリシーを False に設定すると、これらの機能の機能レベル ポリシーは無効になります。

  • [AllowPolling] : エンタープライズ管理者はこのポリシーを使用して、投票機能を有効または無効にできます。この機能は既定では有効になっています。

プレゼンス情報および連絡先情報

この機能について : この機能を使用することで、エンド ユーザーが (社内および社外の) 他のユーザーの公開情報 (状態、肩書き、電話番号、場所、メモなど) にアクセスしたり、自分の公開情報に他のユーザーがアクセスできるようにしたりすることができます。エンタープライズ管理者は、Microsoft Outlook メッセージングおよびコラボレーション クライアントや Exchange との相互運用を構成して、エンド ユーザーが不在メッセージやその他の状態情報を公開できるようにすることもできます。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーはサインイン アドレスとパスワードを使用して Lync Server に接続します。エンド ユーザーおよびその管理者は、プレゼンス状態に関する情報および連絡先情報を公開でき、これらの情報はサインインに関連付けられます。 マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 他の Lync ユーザーやプログラムが、エンド ユーザーのプレゼンス情報および連絡先情報にアクセスできるので、公開されている状態や情報を確認して、より円滑にコミュニケーションを取ることが可能になります。

選択/制御: エンド ユーザーは公開される情報を選択できます。エンタープライズ管理者が、エンド ユーザーの代わりに公開される情報を構成することもできます。エンタープライズ管理者は、Lync Server の [コントロール パネル] の [ユーザー] ページと [IM およびプレゼンス設定] ページで、公開される情報をエンド ユーザーが管理する機能を無効にすることができます。

PowerPoint でのコラボレーション

この機能について : Lync ユーザーは、オンラインの会話または会議中に PowerPoint プレゼンテーションの表示、参照、およびコメントの付加を行うことができます。

収集、処理、または送信される情報:

エンド ユーザーのアクションによってこの機能をすべて使用できます (PowerPoint プレゼンテーションのアップロード、ナビゲート、またはコメントのどの作業を行う場合でも)。会話または会議で発表されたファイルはすべての会議参加者に送信され、これらのユーザーのコンピューター上のフォルダーから直接取得できるようになります。ファイルの所有者または発表者は、他のユーザーによる Lync へのファイルの保存を制限できますが、ファイルの取得または参照については制限されません。PowerPoint ファイルは、エンタープライズ管理者が定義した会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : PowerPoint でのコラボレーションによって、会話の参加者は効率的なプレゼンテーションを提供し、フィードバックを受けることができます。

選択/制御:

エンタープライズ管理者は、次のポリシーを使用できます。

  • [EnableDataCollaboration] - このポリシーを使用して、エンタープライズ管理者はすべてのデータ コラボレーション機能 (PowerPoint でのコラボレーション、ファイル共有、投票、ホワイトボードでのコラボレーション、添付ファイル) を制限するか、許可するかを指定できます。このポリシーを False に設定すると、これらの機能の機能レベル ポリシーは無効になります。

  • [AllowAnnotations] : エンタープライズ管理者はこのポリシーを使用して、会議参加者の PowerPoint コンテンツに対するコメント機能を制限できます。

また発表者は、[会議オプション] ダイアログ ボックスを使用して、参加者の役割 ("なし"、"発表者のみ"、"すべての人") ごとに PowerPoint プレゼンテーションに対するコメントを制限できます。この設定は会議ごとに使用できます。

プライバシー モード

この機能について : プライバシー モードは、エンド ユーザーがプレゼンス情報 ("連絡可能"、"取り込み中"、"応答不可") を、連絡先リストに掲載されている連絡先とのみ共有するための設定です。

収集、処理、または送信される情報 : プライバシー モードを有効にすると、Lync はエンド ユーザーがユーザー設定を切り替えることができるモードになります。このモードでは、エンド ユーザーのプレゼンス情報を、連絡先リスト内の連絡先とのみ共有するように切り替えることができます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : プライバシー モード設定は、Lync でプライバシー モードにするかどうかを指定するために使用されます。

選択/制御:

  • エンタープライズ管理者は、プール レベルで、(EnablePrivacyMode インバンド設定を使用して) プライバシー モードを有効にできます。既定では、この機能を有効にすると、Lync のすべてのエンド ユーザーはサインイン後すぐにプライバシー モードに切り替わります。

  • 管理者の設定によってサーバーでプライバシー モードが有効になっている場合、ユーザーは、すべてのユーザーがプレゼンス情報を参照できるようにする (標準モード) ことも、連絡先のみがプレゼンス情報を参照できるようにする (プライバシー モード) こともできます。エンド ユーザーは、[オプション] ダイアログ ボックスの [状態] タブで状態を設定します。

  • 管理者の設定によってサーバーで標準モードが有効になっている場合、エンド ユーザーはプライバシー モードに切り替えることはできません。標準モードでのみ実行できます。ただし、エンド ユーザーは、プライバシー モードが適用されないよう、事前に除外設定することができます。この設定により、管理者が後からプライバシー モードに切り替えても、エンド ユーザーが Lync にサインインしたときに切り替えられないようにすることができます。

プライベート回線

この機能について : プライベート回線は、非公開の追加の電話番号をエンド ユーザーに提供する機能です。エンド ユーザーは追加の電話番号を他のユーザーに提供するかどうかを選択できます。

収集、処理、または送信される情報 : プライベート回線機能からは、通常の非プライベート番号への通話を処理するのと同様の方法でデータが収集されます。つまり、詳細な通話の記録はどの呼び出しの場合でも同様に保存されます。

プライベート番号への発信者がその通話を他の人に転送した場合など、不注意からプライベート番号が第三者に送信される場合があります。

情報の用途 : この情報は、実行された通話の履歴を提供するために使用されます。詳細については、「詳細な通話の記録データの収集とレポート」を参照してください。

選択/制御 : この機能には、エンド ユーザーまたは管理者のコントロールはありません。

QoE (Quality of Experience) データの収集とレポート

この機能について : QoE (Quality of Experience) データの収集およびレポートでは、Lync を使用するピアツーピア通信および会議のメディア品質を収集およびレポートします。これらの統計には、IP アドレス、損失率、使用されたデバイス、通話で発生した低品質のイベントなどが含まれます。

収集、処理、または送信される情報 : エンタープライズ管理者が QoE を有効にすると、Lync および会議のピアツーピア通信のメディア品質データが QoE データベースに記録されます。この機能では、Lync のコンテンツは記録されません。QoE データは、社内に展開された監視サーバーのバックエンド データベースに保存され、標準の監視サーバー レポートでレポートされます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : エンタープライズ管理者はこの情報にアクセスでき、この情報を使用して、システム内でやり取りされるメディア品質に関するフィードバックを収集できます。この情報には、ユーザーの IP アドレスが含まれます。

選択/制御 : QoE は既定で有効になっていますが、QoE データを収集するには、エンタープライズ管理者が監視サーバーをインストールし、監視サーバーのバックエンド データベースに接続する必要があります。エンタープライズ管理者は、標準の監視サーバー レポートを展開することや、監視サーバー データベースに照会するカスタム レポートを作成することができます。

エンタープライズ管理者は、次の Lync Server 用 Windows PowerShell コマンドレットを使用して、QoE レポートをオフにすることができます。

Set-CsQoEConfiguration –EnableQoE $False

役割ベースのアクセス制御

この機能について : 役割ベースのアクセス制御 (RBAC) 機能では、エンタープライズ管理者のシナリオで管理権限を委任できます。エンタープライズ管理者による管理インターフェイスの操作は、特別に許可された操作および変更できるオブジェクトによって制限できます。

収集、処理、または送信される情報 : エンタープライズ管理者の機能は、ユーザーのグループ メンバーシップ、特に Active Directory セキュリティ グループに基づいて実行時に評価されます。システム内の役割の機能は、中央の管理サーバーで構成および設定されます。

情報の用途 : エンタープライズ管理者は、特定の展開に対して追加の RBAC 管理の役割を構成できます。エンタープライズ管理者は、別の管理者がメンバーになっている別の役割をすべて表示できます。

選択/制御 : これは、IT 管理タスクのセキュリティおよび認証メカニズムです。この機能は、エンド ユーザーには影響せず、表示もされません。

レコーディング

この機能について : この機能を使用すると、開催者または発表者は、Lync セッションに関するあらゆるものを記録できます。これには、会議に参加した人、音声、ビデオ、コンテンツ (IM での会話、プログラム共有、PowerPoint プレゼンテーション、投票、配布資料、ホワイトボードなど) が含まれます。開催者または他の発表者がレコーディングを一時停止または停止しても、進行中の他のレコーディングには影響はありません。

収集、処理、または送信される情報 : 発表者がレコーディングする場合、レコーディングはその発表者のコンピューターに保存されます。レコーディングから生成される追加のビデオ ファイルは、既定では発表者のローカル コンピューターに保存されますが、レコーディングを行っている発表者が指定した場合は、別のコンピューターに保存することもできます。ユーザーがコンテンツを会議にアップロードすると、そのコンテンツをそのユーザーまたはその他のユーザーが作成したレコーディングに追加するためのアクセス許可が付与されます。

レコーディングの公開フェーズでエラーが発生した場合、レコーディングが一時停止された状態の間にキャプチャされたデータが意図せずレコーディングに含まれている可能性があります。公開フェーズの一部でエラーが発生している場合 (Recording Manager で警告状態を確認してください)、そのレコーディングをなんらかの形式で再生できる場合でも、そのレコーディングを他のユーザーに配布しないようにしてください。

情報の用途 : レコーディングは、レコーディングが保存されている場所へのアクセス権を持つすべてのユーザーが再生できます。

選択/制御:

エンタープライズ管理者は、次のコントロールを使用できます。

  • [AllowConferenceRecording] : 既定のポリシー設定は False です。

    • ピアツーピア通話から会議へエスカレートするユーザーの場合、ポリシーが True に設定されていれば、すべての発表者が記録できます。

    • 臨時の会議を開始したユーザーの場合、ポリシーが True に設定されていれば、すべての発表者が記録できます。

    • 会議をスケジュールしたユーザーの場合、最初の人が会議に参加したときにポリシーが True に設定されていれば、すべての発表者が記録できます。

    • これら 3 つのシナリオの場合、エスカレート、開始、またはスケジュールしたユーザーが管理のポリシーを False に設定すると、どの発表者または参加者も記録できなくなります。

    • 会議のセッション中にポリシーが変更された場合、すべての参加者が退席し、会議が再開されるまで、ポリシーは有効になりません。

  • [EnableP2PRecording] : 既定の設定は False で、ユーザーが Lync にサインインしたときに設定されます。

    • True に設定されているユーザーは、このポリシーが True に設定されている相手との会話を開始した場合、レコーディングができます。

    • ユーザーがレコーディングできるのは、ピアツーピア通信の双方でレコーディングが許可されている場合のみです。

  • [AllowExternalToRecord] : 既定では False です。外部のユーザーには、フェデレーション ユーザーと匿名ユーザーの両方が含まれます。

    • 会議 : AllowExternalToRecord ポリシーは、最初の人が会議に参加したときおよび AllowConferenceRecording が True に設定されている場合にのみ適用されます。

      • True に設定すると、レコーディングが許可された会議では、非エンタープライズ発表者も記録できます。会議のセッション中にポリシーが変更された場合、すべての参加者が退席し、会議が再開されるまで、新しいポリシーは有効になりません。

      • False に設定すると、レコーディングが許可されている会議でも、非エンタープライズ発表者は記録できません。会議のセッション中にポリシーが変更された場合、すべての参加者が退席し、会議が再開されるまで、新しいポリシーは有効になりません。

    • ピアツーピア (P2P) : AllowExternalToRecord ポリシーは、EnableP2PRecording ポリシーが True に設定されている場合にのみピアツーピアの会話に適用されます。

      • True に設定すると、非エンタープライズ ユーザーが記録できます。

      • False に設定すると、非エンタープライズ ユーザーは記録できませんが、非エンタープライズ ユーザーのレコーディングを妨げているユーザーは記録できます。

応答グループ サービス (エージェントの匿名化)

この機能について : 応答グループ サービス (RGS) を使用すると、エンタープライズ管理者は、1 つ以上の小さな応答グループを作成および構成して、1 人以上の指定したエージェントまたはエンド ユーザーに着信電話をルーティングしてキューに入れるために利用できます。この機能により、RGS エージェントは、ID を通話先に自動的に公開せずに通話を処理できます。

収集、処理、または送信される情報 : エージェントの ID は、通話先が Microsoft Communications クライアントまたは PSTN 電話を使用している場合は目に見える形で表示されませんが、匿名の音声通話に IM モダリティが追加されている場合、ID は セッション記述プロトコル (SDP) パケットで送信されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : Microsoft Communications 以外のクライアントでは、ユーザー インターフェイスにエージェントに関する情報が表示される場合があり、エージェントの ID が開示されます。これにより、通話先では RGS を使用しなくてもエージェントに直接電話をかけることができます。

選択/制御 : この機能には、エンド ユーザーまたは管理者のコントロールはありません。

サーバー側ログ収集

この機能について: サーバー側ログ収集は、任意のドメインまたは URI (Uniform Resource Identifier) との間でやりとりされているさまざまなトラフィックをエンタープライズ管理者が収集できるようにするための機能です。

収集、処理、または送信される情報: エンタープライズ管理者が Lync でのログ収集を有効にした場合、指定のドメインまたは URI との間でやりとりされるトラフィックがログ ファイルに記録されます。構成によっては、収集された情報をデバッグ目的に使用することができます。エンド ユーザーに関する情報が、管理者によって指定されたファイルに記録されます。収集される情報には、会議の議題、場所、SIP メッセージ、Lync 招待への応答、各 Lync メッセージの送信者と受信者に関する情報、メッセージがたどったルート、連絡先リスト、プレゼンス情報、IM 会話の内容、および、共有したプログラム、添付ファイル、Microsoft PowerPoint ファイル、ホワイトボード、投票のそれぞれの名前、投票の質問、投票した選択肢のインデックスなどが含まれます。収集された情報が自動的にマイクロソフトに送信されることはありませんが、管理者が手動で操作することで、送信することを選択できます。

情報の用途: サーバー側のログは、Lync の問題のトラブルシューティングに利用できます。つまり、どのサーバーまたはドメインでどのような問題が発生しているかを判別するために利用できます。

選択/制御: サーバー側ログ収集は既定では無効になっています。この機能は、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。管理者は、Windows PowerShell コマンド ライン インターフェイス コマンドレットの New-CsDiagnosticsFilterConfiguration、Set-CsDiagnosticsFilterConfiguration、Get-CsDiagnosticsFilterConfiguration を使用してこの機能をサイトごと、サービスごと、またはサーバーごとに有効または無効にすることができます。IM 会話の内容をログに記録するには、Microsoft サポートの支援を受けて特定の設定を行う必要があります。

スキル検索

この機能について : この機能を使用すると、エンド ユーザーは Microsoft SharePoint に掲載されているプロパティ (名前、電子メール、スキル、専門分野など) を使用して社内の人を検索できます。この機能は、エンタープライズ管理者が SharePoint を導入し、Lync 2010 と SharePoint の相互運用を有効にしている場合にのみ使用できます。

収集、処理、または送信される情報 : Lync 2010 に入力された検索クエリは、会社の SharePoint Server に送信されます。SharePoint からの応答は Lync 2010 で処理され、検索結果と関連情報が表示されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : ユーザーが入力した情報は、検索結果を得るために SharePoint に送信され、Lync 2010 で表示されます。

選択/制御 : この機能は、次の 4 つのインバンド設定を使用してエンタープライズ管理者が有効または無効にできます。

  • SPSearchInternalURL

  • SPSearchExternalURL

  • SPSearchCenterInternalURL

  • SPSearchCenterExternalURL

統合連絡先ストア

この機能について : 統合連絡先ストアは、次の 3 つの主要な機能で構成されています。

  1. 検索のマージ - この機能では、Active Directory の連絡先と個人の Outlook 連絡先がまとめられ、ある連絡先を検索すると、検索結果には 1 つの該当する連絡先のみが表示されます。

  2. 連絡先のマージ - この機能では、電子メールまたはサインイン ID (あるいはその両方) が一致している Outlook と Active Directory のエントリの連絡先情報が集約されます。一致が確認されると、Lync 2010 では 3 つのデータ ソース (Outlook、Active Directory、およびプレゼンス情報) のデータが集約されます。この集約されたデータは、検索結果、連絡先リスト、連絡先カードなど、さまざまなユーザー インターフェイス コンポーネントに表示されます。

  3. Lync 2010 連絡先に対応する Outlook 連絡先の作成 (連絡先の同期) - Lync 2010 では、ユーザーが Exchange 2010 またはそれ以降のバージョンのメールボックスを使用している場合、既定の連絡先フォルダーにあるすべてのユーザーの連絡先に対して Outlook の連絡先が作成されます。すべての Lync 2010 連絡先に対して Outlook 連絡先が作成されることにより、ユーザーは Outlook、Outlook Web Access、および Exchange と連絡先を同期しているモバイル デバイスから Lync 2010 の連絡先情報にアクセスできます。

収集、処理、または送信される情報 : Lync 2010 では、プレゼンス、Active Directory、および Outlook から連絡先情報を収集します。この情報は Lync 2010 で内部的に使用されます。Outlook 連絡先を作成する際、Lync 2010 により、プレゼンス、Active Directory、および Outlook の連絡先情報が Exchange に書き込まれます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : プレゼンス、Active Directory、および Outlook からの連絡先情報が、Lync 2010 のユーザー インターフェイス (連絡先リスト、連絡先カード、検索結果など) に表示されます。この情報は、連絡先の同期 (上記を参照) を使用して Exchange にも書き込むことができます。

選択/制御 : この機能は、EnableExchangeContactSync インバンド設定を使用して、Lync Server 2010 管理者が有効または無効にします。

Lync 2010 での音声品質の向上

この機能について : Lync 2010 では、通話中にデバイス、ネットワーク、またはコンピューターの問題が発生すると、エンド ユーザーに通知が表示されます。

収集、処理、または送信される情報 : エンド ユーザーのオーディオ デバイスのセットアップ、ネットワークのセットアップ、およびその他のメディア接続に関する情報が Lync 2010 によって収集され、音声通信中のオーディオ品質の低下の原因が判定されます。エンド ユーザーには、Lync 2000 によって音声品質に問題があることが通知されますが、通話の相手側には、エンド ユーザーが音声品質の低下の原因となっているデバイスを使用していることを示す通知のみ表示されます。相手側には、エンド ユーザーがどのデバイスを使用しているかについては通知されません。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 通話の相手側に送信される情報は、通話品質を向上させるために使用されます。

選択/制御 : エンタープライズ管理者は、以下で説明する PowerShell コマンドを使用して、デバイスに関する音声品質通知を無効にできます。

$a = get-csclientpolicy

$b = new-csclientpolicyentrytype –Name DisablePoorDeviceWarning –Value 1

$a.PolicyEntry.Add($b)

Set-csClientPolicy $a

ホワイトボードでのコラボレーション

この機能について : この機能を使用して、エンド ユーザーはオンライン会議および会話中に Lync 2010 で仮想ホワイトボードを共有し、コメントを付けることができます。

情報の収集、処理、または送信 : ホワイトボードに記載されたコメントはすべての参加者に表示されます。ホワイトボードは、会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server 2010 に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : ホワイトボード機能では、会議参加者がアイデアについてのディスカッションや、ブレインストーミング、メモの作成などを行うことができ、コラボレーションが促進されます。

選択/制御:

エンタープライズ管理者は、次のポリシーを使用できます。

  • EnableDataCollaboration 管理ポリシー - エンタープライズ管理者はこのポリシーを使用して、すべてのデータ コラボレーション機能 (PowerPoint でのコラボレーション、ファイル共有、投票、ホワイトボードでのコラボレーション、および添付ファイル) を制限できます。このポリシーが False の場合、これらの機能の機能レベル ポリシーは無効になります。

  • AllowAnnotations 管理者ポリシー : エンタープライズ管理者はこのポリシーを使用して、すべての会議参加者のコメント機能を制限できます。この設定を無効にすると、エンド ユーザーには Lync 2010 ユーザー インターフェイスでホワイトボードを作成するエントリ ポイントが表示されません。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×