Microsoft Lync 2013 for Windows Phone のプライバシーに関する補足情報

最終更新日: 2013 年 12 月

目次

Microsoft Lync 2013 for Windows Phone のプライバシーに関する補足情報

通話呼び出し (着信の転送/同時呼び出し)

クライアント側ログ

連絡先カード

会話履歴

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP)

デスクトップとアプリケーションの共有

緊急サービス

場所の共有

個人用写真

PowerPoint での共同作業

プレゼンスと連絡先情報

プライバシー モード

プッシュ通知

電子メールとして送信

ログの保存

サインイン エラーの報告

統合連絡先ストア

音声品質の改善

Microsoft Lync 2013 for Windows Phone のプライバシーに関する補足情報

これは、「Microsoft Lync 2013 製品のプライバシーに関する声明」の補足情報です。特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明と、この補足情報の両方を参照する必要があります。

このプライバシーに関する補足は、社内のモバイル デバイスにおける Microsoft Lync 2013 for Windows Phone の展開と使用について扱います。Microsoft Lync Server 通信ソフトウェアをサービスとして使用している場合 (つまり、サード パーティ (Microsoft など) が、ソフトウェアを実行するサーバーをホストしている場合)、情報はその第三者に送信されます。お客様の企業から第三者に送信されたデータの使用の詳細については、自社のエンタープライズ管理者またはサービス プロバイダーにお問い合わせください。

ページの先頭へ

通話呼び出し (着信の転送/同時呼び出し)

この機能について: 通話呼び出し機能では、ユーザーは 1 人以上の代理人を指定して、代わりに電話の発信や応答、Lync 会議の設定や出席をしてもらうことができます。また、ユーザーは通話をボイス メール、別の番号または代理人に転送したり、日常的に使用する電話番号とモバイル デバイスや代理人または呼び出しグループなどの別の電話番号を同時に呼び出すなどの操作を自動で行うことができます。

収集、処理、または送信される情報: 代理人を指定するときは、構成プロセスで代理人の連絡先情報を指定してください。代理人として設定されたユーザーは、組織内の他のユーザーの代理人に指定されたことを知らせる通知を受け取ります。代理人が自分を代理人として設定した他のユーザーの代わりに電話に応答すると、そのユーザーにこのイベントを知らせる電子メールが送信されます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: Lync では、代理人が委任を受けたユーザーに代わって電話をかけたり、通話に応答したり、会議のスケジュール設定や会議への参加ができるようにするために、代理人の連絡先情報が利用されます。

選択/コントロール: 通話呼び出しは既定で無効になっていますが、この機能は次の方法で有効または無効にすることができます。

  1. Lync for Windows Phone の [個人用情報] ビューで、[着信の転送] をタップします。

  2. ドロップダウン メニューから、[同時呼び出し] または [着信の転送先] を選択します。

  3. オプションの一覧から [代理人] をタップします。

注:  一覧には、そのモバイル デバイスで以前に定義された代理人が表示されます。代理人は Lync デスクトップ クライアントから設定する必要があります。

ページの先頭へ

クライアント側ログ

この機能について: クライアント側ログでは、Lync for Windows Phone の利用状況情報を記録することができます。記録された情報は Lync for Windows Phone で発生する問題のトラブルシューティングに使用できます。

収集、処理、または送信される情報: クライアント側ログが有効になっていると、デバイス ID、ユーザー エイリアスおよびドメイン、プレゼンス データ、メッセージの詳細、ログオン履歴、連絡先リスト、クライアント構成データなどの情報がローカル デバイスに保存されます。Lync 会話の内容は保存されません。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: クライアント側ログに収集された情報は、企業のカスタマー サポートによって利用されるか、問題のトラブルシューティングを行う目的で Microsoft に送信できます (「ログの送信」セクションをご覧ください)。

選択/コントロール: クライアント側ログは既定で無効になっていますが、この機能は次の方法で有効または無効にすることができます。

  1. Lync for Windows Phone の [個人用情報] ビューで、[設定] をタップします。

  2. オプションの一覧から [ログ] をタップします。

  3. [ログを有効にする] オプション ページで、[ログ] トグルを [オン] にスライドします。

ページの先頭へ

連絡先カード

この機能について: ユーザーとユーザーの組織内の他のユーザーに関する連絡先、プレゼンス、場所の情報を表示する機能です。連絡先カードからは、インスタント メッセージや電子メール、電話を使った通信がワンステップで可能です。

収集、処理、または送信される情報: 連絡先カードの情報は複数の場所から収集されます。名前、ビル名、オフィス番号などの静的情報は社内の企業ディレクトリ (Active Directory ドメイン サービスなど) から収集されます。予定表の空き時間情報などの情報は、Microsoft Exchange Server から、場所情報はさまざまな方法で取り込まれます (「場所」セクションをご覧ください)。電話番号は企業ディレクトリから取り込むこともできますが、ユーザーが手動で入力することもできます。プレゼンス情報は、Outlook 予定表を使って Lync 側が管理しますが (ユーザーにより有効に設定されている場合)、ユーザーが手動で入力することもできます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 連絡先情報は、Lync Server を使用することで組織内のユーザーと共有されます。

選択/コントロール: 連絡先は、Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

会話履歴

この機能について: 会話履歴は、お使いのデバイス上のセキュリティで保護された記憶域にインスタント メッセージの会話を保存する機能です。

収集、処理、または送信される情報: インスタント メッセージの会話の内容と、日付、時刻、長さ、発信者情報などの音声会話に関する統計情報がローカル デバイスに保存されます。Lync for Windows Phone によって作成されるインスタント メッセージの会話履歴は、 Outlook の [会話履歴] には保存されません。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: Lync では、この情報がメインのユーザー インターフェイスの [チャット] タブに表示されるため、ユーザーは過去の会話を見て、そこからの会話を続けることができます。

選択/コントロール: 会話履歴は、エンタープライズ管理者によって、有効または無効にされます。

会話履歴は次の方法で削除できます。

  1. 会話リストで、削除する会話をタップして押し続けます。

  2. コンテキスト メニューで [会話の削除]をタップします。

ページの先頭へ

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP)

この機能について: カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) に参加すると、プログラムの使用方法、お使いのコンピューターまたはデバイス、接続されているデバイスについて基本的な情報が収集されます。また、それぞれがどのようにセットアップされ、実行されているかについての情報も収集されます。収集された情報のレポートは Microsoft に送信され、よく使われる機能の向上と一般的な問題の解決のために活用されます。また、CEIP では、お客様が遭遇したエラーの種類と数、ソフトウェアやハードウェアのパフォーマンス、サービスの速度も収集します。Microsoft は、お客様の名前、住所など、連絡先の情報は収集しません。

収集、処理、または送信される情報: CEIP の情報は、機能が有効になっている場合、自動的に Microsoft に送られます。CEIP によって収集、処理、または送信される情報の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明」を参照してください。

情報の用途: Microsoft はこの情報を、Microsoft のソフトウェアとサービスの品質、信頼性、パフォーマンスを向上させるために使用します。

選択/コントロール: CEIP は、既定では無効に設定されています。エンタープライズ管理者は、組織に対して CEIP を有効または無効にすることができます。エンタープライズ管理者が組織に対して CEIP を構成していない場合、ユーザーは最初のインストール プロセス中にサインアップを選択できます。エンタープライズ管理者が CEIP コントロールを無効にしていない場合、CEIP の設定は次の手順でいつでも変更できます。

  1. Lync for Windows Phone で、[設定] に移動します。

  2. [Lync の品質向上へのご協力] を選びます。

  3. [Lync の品質向上へのご協力] ページで設定をオンまたはオフにし、トグルを [オン] または [オフ] にスライドします。

注: ユーザーが既に Lync を使っているときに管理者が設定を変更して CEIP を有効または無効にすると、新しい設定はユーザーが Lync を終了し、再度サインインしたときに反映されます。

ページの先頭へ

デスクトップとアプリケーションの共有

この機能について: デスクトップとアプリケーションの共有では、会議に参加しているすべてのユーザーとデスクトップや指定したアプリケーションを共有しながら、ビデオ チャットを通じて共同作業ができます。これにより、同僚と同じ部屋にいるかのようにファイルを共有して編集できます。また、Microsoft PowerPoint プレゼンテーションを発表し (「PowerPoint での共同作業」セクションをご覧ください)、仮想ホワイトボードを使って他のユーザーと共同作業を行うことができます。仮想ホワイトボードには、会議に参加しているすべてのユーザーがメモや図を書き込むことができます。ユーザーがデスクトップまたはアプリケーションを最初に共有した時点では、ユーザー自身が制御権を持つ唯一のユーザーです。ユーザーが指定した場合、共有のデスクトップまたはアプリケーションの制御を他のユーザーに許可できます。制御を許可されたユーザーは、自分のマウスやキーボードを使って移動操作や変更を行うことができます。

収集、処理、または送信される情報: 別の会議参加者が共有を開始した場合、Windows Phone ユーザーは、共有されたデスクトップやアプリケーションを自分の画面上に表示することができます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 共有された情報は、会議参加者により、ビデオ経由での共同作業に使用されます。

選択/コントロール: Lync for Windows Phone ユーザーが表示できるのは、別の会議参加者により共有されたデスクトップまたはアプリケーションのみです。共有されたデスクトップやアプリケーションを制御したり、対話的に操作したりすることはできません。また、Windows Phone で実行されているデスクトップやアプリケーションを、その他の会議参加者と共有することもできません。

ページの先頭へ

緊急サービス

重要:  Lync for Windows Phone を使用して、緊急サービス プロバイダー (米国では 911 など) に連絡しないことをお勧めします。Lync for Windows Phone には、実際の場所を特定するための機能がないため、Lync for Windows Phone を使用して緊急サービス プロバイダーに連絡しても、場所は特定できません。デバイスから緊急サービス プロバイダーに連絡する場合、Lync for Windows Phone を閉じ、デバイスのダイヤル パッドを使用します。

ページの先頭へ

場所の共有

この機能について: 場所の共有は、プライバシー モードを有効にしているときに、連絡先カードのプレゼンス機能を使用してタイムゾーンを他のユーザーと共有する機能です (「プライバシー モード」セクションをご覧ください)。

重要: 実際の場所を Lync for Windows Phone で導き出すことはできません。911 などの緊急サービス プロバイダーにダイヤルするのに、Lync for Windows Phone は使用しないでください。デバイスのダイヤル パッドを使用します。

収集、処理、または送信される情報: タイム ゾーンは、モバイル デバイスのオペレーティング システムから取得され、Lync 連絡先と共有されます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 場所の共有は、位置情報を連絡先ユーザーと連絡先カードにある組織内の他のユーザーに表示します。地理的な場所、書式設定されたアドレス、または公的アドレスなどの他の情報は、プレゼンスを介して共有されることはありません。

選択/コントロール: 場所の共有は、エンタープライズ管理者によって有効または無効にされます。管理は、Lync デスクトップ クライアントから実行できます。

ページの先頭へ

個人用写真

この機能について: 個人用写真は、ユーザーの写真を連絡先カードに載せ、連絡先、および組織内の他のユーザーに向けて表示する機能です。

収集、処理、または送信される情報: 個人用写真は、組織の管理者がアップロードすることもできますし、自分でアップロードすることもできます (有効な場合)。アップロードされたデータは組織のディレクトリ (Active Directory ドメイン サービスなど) に保存されます。この情報は Lync に取り込まれることにより、連絡先と組織内の他のユーザーと共有されます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 個人用写真は、操作をカスタマイズしたり、写真を他のユーザーと共有するために使用されます。

選択/コントロール: 個人用写真の設定は Lync デスクトップ クライアントで管理します。

ページの先頭へ

PowerPoint での共同作業

この機能について: PowerPoint での共同作業は、オンラインの会話または会議中に PowerPoint プレゼンテーションの表示、参照、コメントの付加を行うことができる機能です。

収集、処理、または送信される情報: 別の会議参加者により PowerPoint プレゼンテーションが共有されている場合、Lync for Windows Phone ユーザーは、デバイス上でこのプレゼンテーションを表示できます。これらを制御したり、対話的に操作したりすることはできません。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 共有された情報は、会議参加者により、ビデオ経由での共同作業に使用されます。

選択/コントロール: Windows Phone ユーザーは、他の会議参加者が共有している PowerPoint プレゼンテーションの表示のみが可能です。デバイスから PowerPoint プレゼンテーションをアップロードしたり、コメントを付けたり、共有したりすることはできません。

ページの先頭へ

プレゼンスと連絡先情報

この機能について: プレゼンスと連絡先情報は、組織内の他のメンバーに関するプレゼンスや連絡先情報と、(組織内外の) 個人の連絡先を表示する機能です。管理者は不在時メッセージの返信およびその他のステータス情報が表示されるように Outlook と Exchange Server との統合を構成することもできます (たとえば、Outlook の予定表に会議がある場合)。

収集、処理、または送信される情報: Lync Server への接続にサインイン アドレスとパスワードを使用します。ユーザーと管理者は、プレゼンス状態に関する情報と、サインイン アドレスに関連付けられている連絡先情報を発行できます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 他の Lync ユーザーやプログラムが自分のプレゼンスや連絡先情報にアクセスし、自分に関する公開された状態や情報を判断することで、コミュニケーションの向上を図ることができます。

選択/コントロール: プレゼンスと連絡先情報の設定は Lync デスクトップ クライアントから管理します。

ページの先頭へ

プライバシー モード

この機能について: プライバシーモードは、プレゼンス情報 (空き時間情報、取り込み中、応答不可など) を、連絡先リストに表示されている連絡先とだけ共有できるようにする設定です。

収集、処理、または送信される情報: プライバシー モードを有効にすると、Lync はユーザーによる設定の調整が可能なモードになり、プレゼンス情報を連絡先リスト内の連絡先とのみ共有する設定が可能になります。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: この設定により、ユーザーはプレゼンス データの共有方法を決定できます。

選択/コントロール: 既定では、プライバシー モードはオフになっていますが、エンタープライズ管理者が有効または無効にすることができます。設定は、Lync デスクトップ クライアントから管理します。

ページの先頭へ

プッシュ通知

この機能について: プッシュ通知は、モバイル デバイスで新しいメッセージの受信あるいは新しい着信があったときに通知する機能です。通知は、デバイスのオペレーティング システムに応じて、呼び出し音、ポップアップ通知、サウンド、異なる色のアイコンなど、さまざまな方法で指定できます。通知は、デバイスで新しいメッセージの受信あるいは新しい着信があった場合にそのデバイスのローカルに生成されます。これは、フォアグラウンドで Lync for Windows Phone が実行されていないときにのみ発生します。Lync for Windows Phone がフォアグラウンドで実行されていると、プッシュ通知はオフになります。プッシュ通知は有効または無効にすることができますが、プッシュ通知を無効にしても、メッセージの受信またや着信を停止するわけではありません。単に通知機能が無効となるだけです。新しいメッセージの受信または着信を停止するには、Lync for Windows Phone を閉じる必要があります。

収集、処理、または送信される情報: モバイル デバイスでは、情報は収集、処理、または送信されません。情報が Microsoft に送信されることはありません。他の Lync ユーザーからデバイスに送信されたすべてのメッセージおよび着信は、Microsoft プッシュ通知サービスを通ってから、デバイスへ配信されます。会話が確立した後は、すべてのメッセージおよび着信は、会話の参加者間で、直接送信されます。

選択/コントロール: プッシュ通知は、エンタープライズ管理者によって、有効または無効にされます。プッシュ通知が有効になっている場合は、次の手順を使用して、有効または無効することができます。

  1. Lync for Windows Phone の [個人用情報] ビューで、画面下のアプリ バーにある [...] をタップし、[設定] を選択します。

  2. [プッシュ通知] のトグルをスライドして、通知のオンとオフを切り替えます。

ページの先頭へ

電子メールとして送信

この機能について: Lync for Windows Phone の会話履歴を、ユーザー指定の電子メール アドレスに添付ファイルとして送信できます。

収集、処理、または送信される情報: 送受信される会話データのうち最新の 50 件は、次のいずれかを行わない限り、ローカル デバイスの独立した保管場所に保存されます。1) ユーザーが会話記録を削除する 2) ユーザーがアプリケーションをアンインストールする、または 3) 新しいユーザーが同じデバイスにサインインする。電子メールとして送信機能を使用して送信したインスタント メッセージの会話履歴は、電子メールのメッセージ形式でユーザーが指定する電子メール アドレスに送信されます。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 会話履歴を電子メールの添付ファイルとして指定の電子メール アドレスに送信することで、アーカイブや共有などの目的でデバイス以外の場所でも使用できます。

選択/コントロール: 電子メールとして送信を使用するには、電子メールの使用がデバイス上で有効になっている必要があります。電子メールの使用を可能にする方法および設定方法については、デバイスに付属のユーザー ガイドをご覧ください。

インスタント メッセージの会話履歴は次の手順で送信されます。

  1. [会話] ウィンドウで、画面下のアプリ バーにある [...] をタップします。

  2. メニューから、[電子メールとして送信] を選択します。

  3. 履歴を自分以外のユーザーにも送りたい場合は、宛先のメール アドレスを入力します。

  4. [送信] をタップします。

ページの先頭へ

ログの保存

この機能について: ログの保存では、ユーザーはクライアント側ログを Microsoft に保存し、発生する可能性のある音声や接続性の問題の調査について、支援を受けることができます (「クライアント側ログ」セクションをご覧ください)。

収集、処理、または送信される情報: クライアント側ログが有効である場合、クライアント側ログ記録により収集された情報のみが送信されます。クライアント側ログが、デバイスから自動的に送信されることはありません。代わりに、デバイスでログ記録が有効化されている場合のみ、送信されます (「クライアント側ログ」セクションをご覧ください)。

情報の用途: デバイスから収集された情報は、検出された問題のトラブルシューティング、および Lync を向上させるために使用されます。

選択/コントロール: ログの送信を使用するには、電子メールの使用がデバイス上で有効になっている必要があります。電子メールの使用を可能にする方法および設定方法については、デバイスに付属のユーザー ガイドをご覧ください。

クライアント側ログは、次の方法で送信できます。

  1. Lync for Windows Phone の [個人用情報] ビューで、画面下のアプリ バーにある [...] をタップし、[設定] を選択します。

  2. オプションの一覧から [ログ] を選択します。

  3. [ログ] オプション ページで、[ログの保存] をタップします。

  4. ログが添付された電子メール フォームが開くので、リンク先の電子メールアドレスを入力し、[送信] をタップします。

ページの先頭へ

サインイン エラーの報告

この機能について: サインイン エラーの報告機能は、ユーザーが Lync へのサインインに失敗すると自動的にエラー レポートを出力します。ユーザーはエラー レポートを Microsoft に送信するオプションを選択できます。

収集、処理、または送信される情報: エラー レポートに取り込まれる情報には、ユーザーのインターネット接続の品質、エラー コード、または失敗したログイン試行の結果として生成された例外データなどの情報が含まれます。この情報には、ユーザーの IP アドレスや SIP URI (Session Initiation Protocol Uniform Resource Identifier) などの個人を特定できる情報が含まれる場合もあります。この情報は Microsoft に送信される場合があります。

情報の用途: サインイン エラー レポートに出力されたデータは、Microsoft がログオンに関する問題のトラブルシューティングや解決に使用します。また、Lync のログオン時の操作性の向上を目的として、よくあるログオン上の問題や傾向の特定にも使用します。

選択/コントロール: この機能は既定ではオフになっています。オン/オフの設定はエンタープライズ管理者が管理します。サインイン エラー レポートの Microsoft への送信は、常に送信するかまったく送信しないかを管理者が設定することができます。ユーザーに設定を許可することもできます。

ユーザーは次の手順でユーザー設定を変更することができます:

  1. Lync メイン ウィンドウの右上にある [オプション] (歯車のアイコン) をクリックします。

  2. [Lync - オプション] ダイアログ ボックスで、[全般] をクリックします。

  3. [全般] タブで、[Lync エラー情報を Microsoft に自動的に送信する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

統合連絡先ストア

この機能について: 統合連絡先ストアは、3 つの主要な機能で構成され、Lync for Windows Phone で使用できるのは、検索の結合機能だけです。検索の結合は、グローバル アドレス一覧 (GAL) と Lync 連絡先を結合し、連絡先を検索すると、検索結果内に単一のエントリが表示されるようにする機能です。

収集、処理、または送信される情報: Lync for Windows Phone は、Outlook、Active Directory ドメイン サービスおよびプレゼンス データから連絡先情報を集約します。この情報は Lync for Windows Phone 内部で使用されます。

情報の用途: Outlook、Active Directory ドメイン サービス、およびプレゼンス データから取り込んだ連絡先情報は、Lync for Windows Phone の UI に表示されます。

選択/コントロール: 統合連絡先ストアの設定は Lync デスクトップ クライアントから管理されます。

ページの先頭へ

音声品質の改善

この機能について: 通話中にデバイスやネットワークの問題が検出された場合、Lync は通話先に音声品質が低下する可能性があることを知らせるメッセージを送信します。

収集、処理、または送信される情報: デバイス設定のために通話の音声品質が低下している (エコーや雑音など) 場合、Lync は他のユーザーに対して、通話の品質が通話元のデバイス設定のために低下していることを知らせます。他のユーザーには、お客様が使用しているデバイスが音声品質の低下を引き起こしているという通知が表示されるだけです。使用しているデバイスの種類は通知されません。情報が Microsoft に送信されることはありません。

情報の用途: 通話中に他のユーザーに送信される情報は、通話状況の改善に役立ちます。たとえば、発表者は、発表を聞いているユーザーの回線をミュートにすることができます。

選択/コントロール: Lync では、通話品質の通知を無効にすることはできません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×