Microsoft Lync 2010 Attendee のプライバシーに関する声明の追加説明

最終更新日: 2010 年 10 月

目次

アーカイブ

クライアント側ログ収集

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム

デスクトップ/プログラムの共有

デスクトップ/プログラムの制御の共有

会議の添付ファイル

会議のダイヤルアウト

投票

PowerPoint でのコラボレーション

レコーディング

音声品質の向上

ホワイトボードでのコラボレーション

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の追加説明です。特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」と、この追加説明の両方を参照する必要があります。

このプライバシーに関する声明の追加説明では、社内ネットワークに展開される Microsoft Lync 2010 Attendee 通信ソフトウェアの展開と使用方法について説明します。Microsoft Lync Server 2010 をサービスとして利用している場合 (サード パーティ (マイクロソフトなど) が、このソフトウェアを実行しているサーバーをホストしている場合)、情報はそのサード パーティに転送されます。そのサード パーティに送信されるデータの用途の詳細については、エンタープライズ管理者またはサービス プロバイダーにお問い合わせください。

アーカイブ

この機能について : アーカイブは、インスタント メッセージング、会議の活動とコンテンツ、および使用特性 (会議の開始と参加など) を管理者がアーカイブに保存できるようにする機能です。

収集、処理、または送信される情報 : アーカイブでは、インスタント メッセージングの会話の内容、ユーザーのインスタント メッセージングの使用状況に関する情報、会議コンテンツ、および会議の情報が、管理者が構成したサーバー上に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 管理者はこの情報を使用して、Lync 2010 Attendee の社内での使用を管理します。

選択/制御 : アーカイブは既定では無効になっています。この機能は、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。アーカイブを有効にするかどうかを判断するには、会社のデータ利用および管理に関するポリシーを確認してください。

クライアント側ログ収集

この機能について : クライアント側ログ収集では、使用しているコンピューターでの Attendee の使用状況に関する情報をユーザー プロファイルに記録できます。この情報は、Attendee に関する問題が発生したときに、トラブルシューティングに利用できます。

収集、処理、または送信される情報 : ユーザーまたは管理者がクライアント側ログ収集を有効にすると、会議の議題、場所、セッション開始プロトコル (SIP) メッセージ、Attendee 使用時の応答、各 Attendee メッセージの送信者と受信者に関する情報、メッセージがたどったルートなどの情報がコンピューターに保存されます。Attendee を使用して参加した会議のコンテンツは保存されません。収集された情報が自動的にマイクロソフトに送信されることはありませんが、手動で操作することで、送信することを選択できます。

情報の用途 : クライアント側のログは、Attendee の問題のトラブルシューティングに利用できます。

選択/制御 : クライアント側ログ収集は、既定では無効になっています。この機能は、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。ログ収集を制御する機能が管理者によって無効にされていない場合は、次の手順を実行して設定を変更することができます。

  1. Attendee の会話ウィンドウで、[メニュー] をクリックし、[設定] をクリックします。

  2. [全般] をクリックし、[Lync Attendee でログをオンにする] および [Lync Attendee で Windows イベント ログをオンにする] をクリックします。

  3. [OK] をクリックします。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム

この機能について : カスタマー エクスペリエンス向上プログラム (CEIP) への参加を選択した場合、傾向および利用パターンを調べるために、ハードウェア構成や、マイクロソフトのソフトウェアおよびサービスの使用状況などの基本的な情報が収集されます。また、発生したエラーの種類とその回数、ソフトウェアとハードウェアのパフォーマンス、およびサービスの速度の情報も収集されます。マイクロソフトは、ユーザーの氏名や住所などの連絡先情報は収集しません。

収集、処理、または送信される情報 : CEIP が有効になっている場合、CEIP 情報は自動的にマイクロソフトに送信されます。CEIP により収集、処理、または送信される情報の詳細については、「Microsoft カスタマー エクスペリエンス向上プログラムのプライバシーに関する声明」を参照してください。

情報の用途 : マイクロソフトは、この情報をマイクロソフトのソフトウェアとサービスの品質、信頼性、およびパフォーマンスの向上を図る目的で使用します。

選択/制御 : CEIP への参加がエンタープライズ管理者によって有効にされていない限り、既定では CEIP は無効になっています。Attendee インストーラーでサインアップが要求されます。管理者が制御を無効にしていない場合、CEIP の設定は次の手順でいつでも変更できます。

  1. Attendee の会話ウィンドウで、[メニュー] をクリックし、[設定] をクリックします。

  2. [全般] タブで、[Microsoft が Lync Attendee の使用状況についての情報を収集することを許可する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

注: ユーザーが Attendee を既に使用しているときに管理者が設定を変更して CEIP を有効または無効にした場合、ユーザーが Attendee を終了して会議に再び参加したときに、新しい設定が有効になります。

デスクトップ/プログラムの共有

この機能について : デスクトップ/プログラムの共有では、Attendee を使用しているときに、コンピューターの画面または実行中の特定のプログラムの表示を他の参加者と共有できます。

収集、処理、または送信される情報 : 共有セッションを開始すると、共有している内容に応じて、すべての会議参加者が、ユーザーのモニター、デスクトップ全体、またはコンピューターの画面上で選択されたプログラムを見ることができます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : デスクトップ/プログラムの共有を使用することで、参加者とのコラボレーションができます。

選択/制御:

Attendee の会議の進行中にデスクトップ/プログラムの共有を開始するには、次の手順を実行します。

  1. Attendee の会話ウィンドウで、[共有] をクリックします。

  2. メニューの [デスクトップ] をクリックし、複数のモニターがある場合は 1 つを選択します。または、[プログラム] をクリックして 1 つ以上のプログラムを選択します。

デスクトップまたはプログラムの共有を停止するには、次の手順を実行します。

  • 画面上部の共有バーにある [共有の停止] をクリックします。

重要: デスクトップ上で開かれているドキュメントや画像は、デジタル著作権管理ソフトウェアによって保護されている場合でも、Attendee でデスクトップを共有している他のユーザーに表示される場合があります。

デスクトップ/プログラムの制御の共有

この機能について : デスクトップ/プログラムの制御の共有では、デスクトップまたはプログラムの制御を、別のコンピューターで Microsoft Lync 2010 クライアントまたは Attendee を使用している他のユーザーに付与することができます。

収集、処理、または送信される情報 : 制御を付与されたユーザーは、自分のコンピューターで直接キーボードやマウスを使っているかのように、制御を付与したユーザーのコンピューターまたは選択されたプログラムを操作したり、変更を加えたりすることができます。ユーザーおよびその他の Attendee の参加者は、変更された内容をすぐに表示できます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 制御の共有を使用すると、ユーザーやその他の参加者が見ている前で、ユーザーが共有した内容に応じて、デスクトップまたはプログラムを他のユーザーが操作することができます。

選択/制御:

デスクトップの制御を共有するには、次の手順を実行します。

1.デスクトップ共有またはプログラム共有を開始します。

2.画面上部の共有バーにある [制御の付与] メニューで、制御を許可するユーザーを選択します。

他のユーザーに許可したデスクトップの制御を取り消すには、次の手順を実行します。

-画面上部の共有バーにある [制御の付与] メニューで、[制御を取り戻す] をクリックします。

会議の添付ファイル

この機能について : ユーザーは、ファイルを添付ファイルとしてアップロードして、会議参加者とそのファイルを共有できます。

収集、処理、または送信される情報 : 添付ファイルは、エンタープライズ管理者によって定義された会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Attendee に保存されます。ユーザーは添付ファイルのアップロードを選択できます。添付ファイルは、ユーザーまたは会議の他の参加者によってダウンロードされます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : アップロードされた会議の添付ファイルに含まれている情報を、Lync 2010 会議の他の参加者と共有することができます。

選択/制御:

発表者は、会議参加者の役割 (開催者、発表者、すべての人) ごとに添付ファイルへのアクセスを制限できます。添付ファイルが使用できない場合、その添付ファイルは添付ファイル一覧に表示されません。

会議のダイヤルアウト

この機能について : 会議のダイヤルアウト機能を使用すると、会議に参加する Attendee ユーザーは公衆交換電話網 (PSTN) 番号を既存の音声/ビデオ (AV) 会議に追加できます。

収集、処理、または送信される情報 : AV 会議に招待されている PSTN ユーザーが電話を受けると、AV 会議の開催者の発信者番号を受け取ります (この番号は必ずしも会議にそのユーザーを追加したユーザーの発信者番号ではありません)。PSTN ユーザーは電話に応答するとすぐに会議に参加できます。

情報の用途:

開催者の発信者番号が、会議に招待されている PSTN ユーザーに送信されます。

選択/制御:

会議のダイヤルアウトについては、ユーザーまたはエンタープライズ管理者は制御できません。可能であれば、PSTN ユーザーを追加する前に、インスタント メッセージまたは電子メールを PSTN ユーザーに送信して、AV 会議に参加するかどうか確認しておくと、PSTN ユーザーは自分が招待されていることがわかります。PSTN ユーザーは、通話を受け入れないこともできます。

投票

この機能について : Attendee ユーザーは、会議中に投票を行って、参加者から回答を匿名で収集できます。

収集、処理、または送信される情報 : 個々の投票は匿名で行われます。収集された投票結果はすべての発表者が確認でき、どの発表者もこの結果をすべての参加者に提示することができます。投票は、エンタープライズ管理者が定義した会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server 2010 に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 投票により、参加者の傾向を発表者が短時間で確認できるため、コラボレーションが促進されます。

選択/制御:

  • 投票をすべての参加者に表示しない場合、発表者は、参加者の役割 (開催者、発表者、すべての人) ごとに投票へのアクセスを制限することができます。投票にアクセスできないユーザーには、そのとき共有されていないものはコンテンツの一覧に表示されません。また、その投票はローカル コンピューターに保存することもできません。

  • 発表者は、投票の開始や終了、投票結果の消去をいつでも行うことができます。

PowerPoint でのコラボレーション

この機能について : Microsoft PowerPoint でのコラボレーションにより、Attendee ユーザーはオンライン会議中に PowerPoint プレゼンテーションの表示、参照、およびコメントの付加を行うことができます。

収集、処理、または送信される情報:

ユーザーのアクションによって PowerPoint のコラボレーション機能をすべて使用できます (PowerPoint プレゼンテーションのアップロード、ナビゲート、またはコメントのどの作業を行う場合でも)。会議で発表されたファイルはすべての会議参加者に送信され、これらのユーザーのコンピューター上のフォルダーから直接取得できるようになります。ファイルの所有者または発表者は、他のユーザーによるファイルの保存を制限できますが、ファイルの取得または参照については制限されません。

PowerPoint ファイルは、エンタープライズ管理者が定義した会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : PowerPoint でのコラボレーションによって、会議の参加者は効率的なプレゼンテーションを行い、フィードバックを受けることができます。

選択/制御:

  • 発表者は、次の手順を実行して、参加者の役割 (発表者のみ、すべてのユーザー、なし) に応じてコメントする特権を制限することができます。

    1. 会話ウィンドウの [参加情報と会議オプション] ダイアログ ボックスで、[会議オプション] をクリックします。

    2. [特権] の [コメントする特権] ボックスの一覧で、必要なオプションをクリックします。

    3. [OK] をクリックします。

  • 発表者は、次の手順を実行して、発表されていないスライドを参加者が表示できないようにすることができます。

    1. [参加情報と会議オプション] ダイアログ ボックスで、[会議オプション] をクリックします。

    2. [特権] の [プライベートに表示] ボックスの一覧で、必要なオプションをクリックします。

    3. [OK] をクリックします。

注:  この特権は、参加者の役割 (発表者のみ、すべての人、またはなし) に従って設定できます。

  • 発表者は、PowerPoint プレゼンテーションが共有されていない場合、特定の役割 (開催者、発表者、すべての人) に従って PowerPoint プレゼンテーションの利用を制限することができます。PowerPoint プレゼンテーションを利用できないユーザーには、共有されておらずコンピューターに保存できないプレゼンテーションは、コンテンツの一覧に表示されません。

レコーディング

この機能について : レコーディングを使用すると、Lync を使用する発表者は Lync セッションに関するあらゆるものを記録できます。これには、会議に参加した人、音声、ビデオ、コンテンツ (インスタント メッセージングでの会話、プログラム共有、PowerPoint プレゼンテーション、投票、配布資料、ホワイトボードなど) が含まれます。開催者またはその他の発表者がレコーディングを一時停止または停止しても、進行中の他のレコーディングには影響ありません。

収集、処理、または送信される情報:

発表者がレコーディングを選択すると、レコーディングはその発表者のコンピューターに保存されます。レコーディングから生成された追加のビデオ ファイルは、既定では発表者のローカル コンピューターに保存されますが、レコーディングしている発表者が指定した場合は、別のコンピューターに保存することもできます。ユーザーがコンテンツを会議にアップロードすると、そのコンテンツをそのユーザーまたはその他のユーザーが作成したレコーディングに追加するためのアクセス許可が付与されます。

レコーディングの公開フェーズでエラーが発生した場合、レコーディングが一時停止された状態の間にキャプチャされたデータが意図せずレコーディングに含まれている可能性があります。公開フェーズの一部でエラーが発生している場合 (Recording Manager で警告状態を確認してください)、そのレコーディングをなんらかの形式で再生できる場合でも、そのレコーディングを他のユーザーに配布しないようにしてください。

情報の用途:

レコーディングは、レコーディングが保存されている場所へのアクセス権を持つすべてのユーザーが再生できます。

選択/制御:

既定では、レコーディング機能は無効になっています。この機能はエンタープライズ管理者が有効にする必要があります。会議でこの機能を有効にすると、どの会議発表者でもレコーディングを開始できます。発表者がレコーディングを有効にすると、レコーディングが開始されたという通知が、互換性のあるクライアントおよびデバイスを使用している参加者にブロードキャストされます。レコーディング対象のセッションに参加しているユーザーが以下に挙げる互換性のないクライアントまたはデバイスを使用していた場合、記録の対象にはなりますが、そのユーザにはレコーディングの通知は表示されません。

互換性のないクライアント:

  • Microsoft Office Communicator 2007 R2

  • Microsoft Office Communicator 2007

    • Microsoft Office Communicator Web Access (2007 R2 リリース)

    • Microsoft Office Communicator Web Access (2007 リリース)

  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Attendant

互換性のないデバイス:

  • Microsoft Office Communicator 2007 R2 Phone Edition

  • Microsoft Office Communicator 2007 Phone Edition

また、使用しているデバイスやクライアントに関係なく、会議中に全画面表示でビデオを使用している参加者には、会話ウィンドウに戻るまでレコーディングが開始されたことは通知されません。

音声品質の向上

この機能について : Attendee では、通話中にデバイス、ネットワークまたはコンピューターの問題が検出されると、通話品質の改善に役立つ通知が表示されます。

収集、処理、または送信される情報 : 通話の音声品質を低下させるデバイスが設定されている場合 (エコーやノイズが発生するなど)、Attendee はユーザーだけでなく、通話の相手にも、ユーザー側のデバイス設定により通話品質に問題が生じていることを通知します。通話の相手には、音声品質の低下を引き起こすデバイスが使用されていることのみが通知されます。通話の相手には、ユーザーが使用しているデバイスは知らされません。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 通話の相手に送信される情報は、通話品質を向上させるために使用できます。たとえば、発表者は、通話を聞いているだけのユーザーの回線はミュートにすることができます。

選択/制御 : Attendee では、通話品質に関する通知を無効にすることはできません。

ホワイトボードでのコラボレーション

この機能について : ホワイトボードでのコラボレーションでは、Attendee で仮想ホワイトボードを共有し、オンライン会議中にコメントできます。

収集、処理、または送信される情報 : ホワイトボードに記載されたコメントはすべての参加者に表示されます。ホワイトボードは、会議コンテンツ有効期限のポリシーに従って Lync Server に保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : ホワイトボードでのコラボレーション機能では、会議参加者がアイデアについてのディスカッション、ブレインストーミング、メモの作成などを行うことができ、コラボレーションが促進されます。

選択/制御 : 発表者は、ホワイトボードがすべての参加者に表示されていない場合、参加者の役割 (開催者、発表者、すべての人) に従って、ホワイトボードの利用を制限することができます。ユーザーがホワイトボードを利用できない場合、そのユーザーのコンテンツ一覧にホワイトボードは表示されません。また、そのユーザーのコンピューターにホワイトボードを保存することはできません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×