Microsoft Lync 2010 Attendant の新機能

Microsoft Lync 2010 Attendant 通信ソフトウェアでは、次の新機能を使用できます。

この記事の内容

検索結果の並べ替え

エージェントの匿名性

応答グループ アプリケーションによる通話のルーティング

デスクトップ通知の機能強化

会話中のオーディオ デバイスの切り替え

悪意のある通話の報告

Office との統合

オンライン会議の機能強化

場所情報および緊急時の拡張サービスのサポート (E9-1-1)

音声の信頼性

通話のパーク

検索結果の並べ替え

検索結果の並べ替えができる [並べ替え] フィールドが追加されました。

  • 検索結果は、[表示名] または [姓] で並べ替えることができます。

  • アルファベット順の方向も A から Z、または Z から A のいずれかを指定できます。

ページの先頭へ

エージェントの匿名性

匿名応答グループのメンバーがその応答グループ宛ての通話を受信した場合、通話への応答は、応答グループのメンバーとして匿名で行われます。メンバーの ID は発信者に表示されません。

ページの先頭へ

応答グループ アプリケーションによる通話のルーティング

以前のリリースの Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Attendant では、応答グループへの呼び出しは、エージェントの状態が "利用可能" になるまで、キューに送信されていました。

  • Lync 2010 Attendant では、エージェントは、状態に関係なく、すべての着信をキューに送るようになりました。

  • エージェントは、着信の優先順位に応じて、着信に応答できます。

ページの先頭へ

デスクトップ通知の機能強化

Attendant が最小化されているか閉じられているときに通話またはインスタント メッセージを受信した場合に、通話やインスタント メッセージを受信したことを知らせるデスクトップ通知の機能が強化されています。

  • 通知をクリックすると、その通話またはインスタント メッセージに応答することができます。

    着信通知

  • Attendant が最小化されているか閉じられているときに通話またはインスタント メッセージを受信した場合に、通話やインスタント メッセージを受信したことを知らせるデスクトップ通知の機能が強化されています。

ページの先頭へ

会話中のオーディオ デバイスの切り替え

音声チャット中でも、会話を中断することなく、オーディオ デバイスを切り替えることができるようになりました。

  • 会話中にオーディオ デバイスを切り替えるには、ツール バーの [現在のデバイス] をクリックし、ドロップダウン リストでデバイスを選択します。

    オーディオ オプション

ページの先頭へ

悪意のある通話の報告

通話終了時に、サポート チームに対して悪意ある通話を報告できるようになりました (システム管理者がこの機能を構成している場合)。

  • 前回のサインイン以降、最後に着信または発信した通話について報告できます。

  • 悪意のある通話を報告するには、[オプション] ボタンをクリックし、[通話の報告] をクリックします。

ページの先頭へ

Office との統合

Lync 2010 Attendant の機能は、Microsoft Office 2010 プログラム スイートだけでなく、Microsoft SharePoint サービス、Microsoft OneNote メモ作成プログラム、および Microsoft Groove® ソフトウェアからも使用できます。

ページの先頭へ

オンライン会議の機能強化

ロビーとは、会議に参加する意志のある人が入場を要求できる場所です。

発信者は、会議への着信に対応できる人がいない場合でも切断されず、ロビーで待つようになりました。会議主催者は、ロビーを使用して、会議に入場するメンバーを管理できます。

ページの先頭へ

場所情報および緊急時の拡張サービスのサポート (E9-1-1)

Lync 2010 Attendant は、緊急時、緊急電話 9-1-1 サービスが発信者の場所を特定できるように、発信者の物理的な場所を記録するようになりました。

ページの先頭へ

音声の信頼性

音声チャット中にネットワーク接続が切断されても、会話は切断されません。切断されると、自動的に Lync 2010 Attendant が再度サインインを試みます。このとき、会話の中断は発生しません。

ページの先頭へ

通話のパーク

着信通話を保留にするのではなく、他部署に転送する必要がある場合は、その通話を保留キューにパークできます。保留キューからは保留解除用の番号が渡され、これを使って通話の保留を解除できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×