Microsoft Lync 2010 Attendant のプライバシーに関する声明の追加説明

最終更新日: 2010 年 10 月

目次

アーカイブ

音声テスト サービス

通話ログ

クライアント側ログ収集

会議名簿の発信者番号

連絡先カード

会話履歴

カスタム プロファイル機能

緊急サービス (911)

会議のダイヤルアウト

Outlook 用のオンライン会議アドイン

プレゼンス情報および連絡先情報

プライバシー モード

レコーディング

統合連絡先ストア

音声品質の向上

このページは、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」の追加説明です。特定の Microsoft Lync 製品またはサービスに関するデータ収集と利用の方法について理解するためには、「Microsoft Lync 製品のプライバシーに関する声明」と、この追加説明の両方を参照する必要があります。

アーカイブ

この機能について: アーカイブを使用すると、インスタント メッセージング (IM) の会話、会議の活動とコンテンツ、および使用特性 (ユーザーのサインイン、会話の開始と参加など) を管理者がアーカイブできます。

収集、処理、または送信される情報: アーカイブには、IM の会話の内容や、インスタント メッセージングの使用状況に関する情報が、管理者が構成したサーバーに保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: 管理者は、この情報を使用して、Microsoft Lync 2010 Attendant の社内での使用を管理します。

選択/管理 : アーカイブは既定では無効になっています。この機能は、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。アーカイブを有効にするかどうかを判断するには、会社のデータ利用および管理に関するポリシーを確認してください。

音声テスト サービス

この機能について: [通話品質の確認] ボタンを使用して、Microsoft® Lync 2010 Attendant へのテスト通話を行うことで、通話の音声品質を確認できます。この機能により、実際の通話での自分の音声を確かめることができます。テスト通話を実行すると、音声テスト サービスにより、ビープ音の後に音声サンプルを録音するように促されます。音声サンプルが、あらかじめ定義された時間 (たとえば 5 秒間) 録音され、再生されます。ネットワークが最適な状態でない場合や、デバイスが適切に設定されていない場合は、再生される音声を聞くことで、問題に気付くことができます。

収集、処理、または送信される情報: テスト通話を実行すると、音声テスト サービスによるメッセージの後、音声サンプルが録音されます。音声サンプルは、通話が終了すると削除されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: 音声サンプルは、実際の通話で自分の声がどのように聞こえるかをユーザー自身が確認して、デバイスが適切に設定されているかどうか、および通話できる状態であるかどうかを知るためのものです。ユーザーは録音された音声サンプルを聞いて、デバイスが正常に機能する状態であり、音声が適切にレンダリングされていることをチェックして、実際の通話が可能な状態であるかどうかを判断できます。

選択/制御: 音声サンプルを録音したくない場合は、テスト通話を実行しないこともできます。テスト通話を実行するには、次の操作を行います。

  1. メニュー バーの [オーディオ デバイス] アイコンをクリックします。

  2. [通話品質の確認] をクリックし、表示される指示に従います。

通話ログ

この機能について: 通話ログを使用すると、Attendant によって処理された音声通話の記録を Microsoft Outlook フォルダーに保存できます。

収集、処理、または送信される情報: 開始時刻、終了時刻、通話時間、通話参加者など、音声通話に関する情報が Outlook の [会話履歴] フォルダーに保存されます。通話の内容は保存されません。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: この情報を使用して、音声通話の履歴を確認することができます。

選択/制御: 通話ログは既定で有効になっています。通話ログを制御する機能が管理者によって無効にされていなければ、次の手順を実行して設定を変更することができます。

  1. メニュー バー アイコンの [オプション] をクリックします。

  2. [個人] タブで、[Outlook の [会話履歴] フォルダーに通話ログを保存する] チェック ボックスをオフにします。

  3. [OK] をクリックします。

クライアント側ログ収集

この機能について: クライアント側ログ収集では、使用しているコンピューターでの Attendant の使用状況に関する情報をユーザー プロファイルに記録できます。この情報は、Attendant に関する問題が発生したときに、トラブルシューティングに利用できます。

収集、処理、または送信される情報: ユーザーまたは管理者がクライアント側ログ収集を有効にすると、会議の議題、場所、セッション開始プロトコル (SIP) メッセージ、Attendant の会話での応答、各 Attendant メッセージの送信者と受信者、メッセージがたどったルート、連絡先リスト、プレゼンス情報などの情報がコンピューターに保存されます。Attendant の会話の内容は保存されません。収集された情報が自動的にマイクロソフトに送信されることはありませんが、手動で操作することで、送信することを選択できます。

情報の用途: クライアント側のログは、Attendant の問題のトラブルシューティングに利用できます。

選択/制御: クライアント側ログ収集は既定では無効になっています。この機能は、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。ログ収集を制御する機能が管理者によって無効にされていない場合は、次の手順を実行して設定を変更することができます。

  1. メニュー バー アイコンの [オプション] をクリックします。

  2. [全般] タブで、[Attendant でログを有効にする] チェック ボックスと [Attendant の Windows イベント ログを有効にする] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] をクリックします。

会議名簿の発信者番号

この機能について : 参加者リスト (名簿) には、会議の参加者全員のリストが表示されます。

収集、処理、または送信される情報: 電話会議にダイヤルインすると、発信者の電話番号 (発信者番号) がすべての参加者に表示されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: 会議参加者は、この情報を使用して、電話で会議に参加している複数の参加者を識別することができます。

選択/制御: 発信者番号は、電話会社から取得された番号であり、既定で表示されます。電話をかけるときに発信者番号をブロックすることにより、電話番号を共有しないよう選択することができます。

  • 発信者番号を完全にブロックするには、地域の電話会社に問い合わせてください。

発信者の地域で機能が提供されている場合は、電話番号をダイヤルする前に特別なコードを入力することにより、通話ごとに、発信者番号をブロックできます。詳細については、地域の電話会社にお問い合わせください。

連絡先カード

この機能について: 連絡先カードは、他の社員の静的情報と動的情報を収集し、Attendant 上にその情報を表示します。また、新しいバージョンの Outlook の連絡先にもこの情報が表示されます。連絡先カードにより、電子メール、通話、インスタント メッセージング、会議の予約などの操作をワンクリックで実行できます。

収集、処理、または送信される情報: 連絡先カードの静的情報は、会社のディレクトリ (Active Directory Domain Services など) から収集され、Lync Server 2010 を介して他のユーザーと共有されます。電話番号やプレゼンス情報など、収集される動的情報は、ユーザーが入力し、Lync Server 2010 を介して他のユーザーと共有できます。カードに表示される予定表の空き時間情報は、Microsoft Exchange Server から取得されます。連絡先カードに表示される場所情報は、「場所」セクションの説明に従って取得されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: 連絡先カードの情報が表示され、連絡先情報を他の人と共有できます。

選択/制御:

次の制御オプションがあります。

プライバシー関係: 連絡先をさまざまなプライバシー関係 ("友人および家族"、"ワークグループ"、"仕事仲間"、"外部連絡先"、"禁止された連絡先") に分類できます。連絡先にプライバシー関係を割り当てることにより、どの連絡先と何の情報を共有するのかを制御できます。プライバシー関係の設定手順は次のとおりです。

  1. 連絡先を右クリックします。

  2. [プライバシー関係の変更] をクリックします。

  3. 情報の共有方法に関するオプションをクリックします。

予定表情報: Outlook のオプションから、空き時間情報を表示するためのアクセス許可を制御できます。

会話履歴

この機能について: Attendant 会話履歴は、Exchange Server からユーザーの会話履歴を取得し、Outlook 上に表示します。

収集、処理、または送信される情報: 会話履歴のログを有効にした場合、IM での会話の内容、および音声チャットの統計情報 (日時、通話時間、発信者情報など) がユーザーの Exchange アカウントで保存されます。Attendant 上で、ユーザー本人によって、またはエンタープライズ管理者によって定義されたポリシーによって会話履歴のログが無効にされている場合、これらの情報は収集されず、表示もされません。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: Attendant はこの情報を Outlook に表示します。これにより、ユーザーは過去の会話を確認し、続けることができます。また、Attendant のメイン メニューから会話の要約を表示することもできます。

選択/制御: IM での会話、通話、またはその両方についてログを無効にすることができます。この設定は次の手順で変更できます。

  1. メニュー バー アイコンの [オプション] をクリックします。

  2. [個人] タブで、[Outlook の [会話履歴] フォルダーに IM 会話を保存する] チェック ボックスをオンにします。

  3. [OK] をクリックします。

会話履歴を有効にする場合は、IM での会話が保存されることを相手に通知します。

カスタム プロファイル機能

この機能について: 次のカスタム プロファイル機能を使用して、Attendant の使用方法をカスタマイズすることができます。

  • 最新の検索: Attendant で入力された最新の検索内容を保存します。以後、この情報にすばやくアクセスできるようになります。

  • 最近の会話: Attendant で最近処理された会話を一覧表示します。以後、この情報にすばやくアクセスできるようになります。

  • よく入力される番号: 選択された番号を保存します。以後、この情報にすばやくアクセスできるようになります。

  • 連絡先のカテゴリとコメント: 連絡先に関するメモと、連絡先のカスタム カテゴリの割り当てを表示します。転送された会話を受け取ったときに、連絡先の重要度を簡単に判別することができます。

  • 会話テンプレート: IM の会話でよく使用する言い回しをテンプレートとして保存します。このテンプレートを選択することで、新しい IM の会話をすばやく開始できるようになります。

  • 会議テンプレート: 会議でよく使用する設定内容をテンプレートとして保存します。このテンプレートを選択することで、新しい会議をすばやく開始できるようになります。

  • 表示構成: 連絡先カードの表示方法を変更できます。

  • 配布グループの順序: カスタム配布グループの表示順序を変更できます。

収集、処理、または送信される情報 : カスタム プロファイル機能では、Attendant の使用状況に関する情報、基本設定、およびテンプレートがコンピューターの Windows ユーザー プロファイルに保存されます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: カスタム プロファイル機能の情報を使用して、Attendant の使用環境をカスタマイズすることができます。1 つの Windows ユーザー アカウントを他の Attendant ユーザーと共有している場合は、同じカスタム プロファイル機能の設定が適用されます。別の Attendant アカウントを持っている場合は、情報が分離され、同じ Windows アカウントを使用する別のユーザーから見られることがなくなります。

選択/制御: カスタム プロファイル機能は既定で有効になっており、無効にすることはできません。自分の Attendant の使用情報、基本設定、およびテンプレートが他のユーザーに見られないようにするには、自分専用の Windows アカウントを使用して Attendant にログインすることをお勧めします。

保存されている検索履歴と [よく入力される番号] ボックスの情報は削除できます。これらの情報は次の手順で削除できます。

  1. メニュー バー アイコンの [オプション] をクリックします。

  2. [個人] タブで [検索履歴と [よく入力される番号] ボックスの番号を削除する] を探します。

  3. [検索] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

緊急サービス (911)

この機能について: エンタープライズ管理者によって緊急サービスが有効になっている場合、緊急サービス番号にダイヤルすると (米国では 911 など)、Attendant で場所情報が緊急時対応スタッフに転送されます。エンタープライズ管理者は、職場での緊急通話機能を制限できるため、緊急通話機能が使用できる範囲について管理者に確認する必要があります。この機能が有効な場合、緊急時対応スタッフに転送される場所情報は、エンタープライズ管理者がユーザーの場所 (オフィスの番号など) に割り当てて場所データベースに入力した場所になります。職場にいてワイヤレス インターネット接続で Attendant を使用している状態で、緊急サービスにダイヤルした場合、緊急時対応スタッフに転送される場所情報は、おおよその場所にすぎません。これは、その場所が、コンピューターの通信に使用される特定のワイヤレス エンドポイントの場所であるためです。また、そのワイヤレス エンドポイントの場所情報は、エンタープライズ管理者が手動で入力したものであるため、緊急サービス スタッフに転送される場所情報は、エンド ユーザーの実際の場所とは異なる可能性があります。この機能を十分に活かすためには、認定ソリューション プロバイダーから提供されるルーティング サービスを使用する必要があります。ただし、ルーティング サービスは米国内でのみ利用可能です。

収集、処理、または送信される情報: Attendant で取得される場所情報は、Location Information Server によって自動的に設定された場所情報によって決まります。この情報はコンピューターのメモリに格納され、緊急サービス番号が入力されると、この場所情報が、通話と共に適切な緊急サービス プロバイダーに転送され、ユーザーのおおよその場所を伝えます。緊急電話では、通話詳細記録にユーザーの場所情報が含まれます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途 : 場所情報は、適切な緊急サービス プロバイダーに通話をルーティングしたり、緊急時対応スタッフを派遣するために使用されます。この情報は、発信者の場所や連絡先の電話番号情報と共に、通知として会社のセキュリティ デスクに送信することもできます。

選択/制御:

この機能は、既定では無効になっており、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。この機能が利用できるかどうかについては、エンタープライズ管理者に確認する必要があります。緊急電話をかけたときに、場所情報が自動的に取得されたり、緊急時対応スタッフに転送されたりするかどうかについて、ユーザーが制御することはできません。

ただし、場所情報が自動的に取得されない場合は、管理者に問い合わせて場所を適切に構成するように通知するメッセージが表示されます。現在の自分の場所情報は、次の手順で確認できます。

  1. メニュー バー アイコンの [オプション] をクリックします。

  2. [個人] タブの [場所] で、自分の場所を確認します。

  3. [OK] をクリックします。

会議のダイヤルアウト

この機能について: この機能により、会議に出席している Attendant ユーザーが、既存のオーディオ ビデオ (AV) 会議に PSTN 番号を追加できます。

収集、処理、または送信される情報: AV 会議に招待されている PSTN ユーザーが通話を受信すると、そのユーザーは AV 会議の開催者の発信者番号を受信します (この番号は、必ずしもそのユーザーを会議に追加した人物の発信者番号とは限りません)。PSTN ユーザーは、電話に応答した時点で、その会議に参加したことになります。

情報の用途:

開催者の発信者番号が、会議に招待されている PSTN ユーザーに送信されます。

選択/制御 :

エンド ユーザー、エンタープライズ管理者のいずれもこの機能は制御できません。可能であれば、PSTN ユーザーを追加する前に、インスタント メッセージまたは電子メールを PSTN ユーザーに送信し、AV 会議に参加する意向があるかどうかを尋ねることをお勧めします。これにより、PSTN ユーザーは何が起こっているのか把握して、電話に出ないという選択をすることができます。

Outlook 用のオンライン会議アドイン

この機能について: これは、Attendant と共にインストールされる Outlook アドインで、ユーザーはオンライン会議の予約や、カスタマイズができるようになります。

収集、処理、または送信される情報:

  • 開催者の名前

  • 参加者の名前

  • 発表者の名前

  • 電子メール アドレス一覧

  • 会議の議題および会議に関するその他の情報 (開始時間/終了時間、電話会議 ID、パスコード、会議自動応答/電話会議プロバイダー情報など)

  • Microsoft Exchange 用のすべてのプロキシ アドレス (X400-X500 アドレス、Exchange ユニファイド メッセージング (UM) アドレス、SIP および電話/Exchange UM ボイス メール URI)

  • 会議の場所情報

情報の用途: 情報は、会議の予約および「クライアント側ログ収集」セクションに記載されている関連ログの収集用にのみ使用されます。予約については、情報はメモリ内で処理され、すばやくアクセスできるように、ユーザーのローカル コンピューター上のレジストリに格納されます。

注: 情報は、Microsoft Lync 2010 Managed API と Lync Server で共有されます。

選択/制御: 個人情報のログ収集は、既定では無効になっています。エンタープライズ管理者の支援を受けることで、レジストリを更新し、コンピューターでの詳細ログの記録を有効にすることができます。

プレゼンス情報および連絡先情報

この機能について: この機能を使用することで、エンド ユーザーが (社内および社外の) 他のユーザーの公開情報 (状態、肩書き、電話番号、場所、メモなど) にアクセスしたり、自分の公開情報に他のユーザーがアクセスできるようにしたりすることができます。また、管理者は、Outlook および Exchange との統合を構成して、(Outlook の予定表に会議の予定が入っている場合などに) 不在メッセージやその他の状態情報が表示されるようにすることもできます。

収集、処理、または送信される情報: Lync Server に接続するときには、サインイン アドレスとパスワードを使用します。ユーザーと管理者は、ユーザーのプレゼンス状態と連絡先情報を公開することができ、その情報はユーザーのサインインに関連付けられます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: 他の Microsoft Lync 2010 および Attendant のユーザーおよびプログラムが、エンド ユーザーのプレゼンス情報および連絡先情報にアクセスできるので、公開されている状態や情報を確認して、より円滑にコミュニケーションを取ることが可能になります。

選択/制御: エンド ユーザーは公開される情報を選択できます。また、管理者が、エンド ユーザーの代わりに公開される情報を構成することもできます。公開情報をユーザー自身で制御する機能が管理者によって無効にされていない場合は、次の手順を実行することでいつでも設定を変更することができます。

  1. メニュー バー アイコンの [オプション] をクリックします。

  2. [電話] タブで、管理者が公開した電話番号の情報を確認できます。追加で番号を入力して、他のユーザーに公開する番号を選ぶこともできます。

  3. [OK] をクリックします。

サインイン情報を変更するには、次の操作を行います。

  1. Attendant にサインインしている場合は、まずサインアウトします。

  2. [サインイン] 画面で、サインイン アドレスを入力します。[設定の変更] リンクをクリックし、接続先のサーバーの名前を入力します。

  3. [サインイン] をクリックします。

また、プライバシー関係を設定して、自分のプレゼンス レベルとプレゼンス情報に関して各ユーザーに表示する内容を指定することもできます。設定するには、次の操作を行います。

  1. 連絡先を右クリックします。

  2. [プライバシー関係の変更] をクリックします。

  3. ユーザーに適したアクセス レベルを選択します。

プライバシー モード

この機能について: プライバシー モードは、ユーザーがプレゼンス情報 ("連絡可能"、"取り込み中"、"応答不可") を、連絡先リストに登録されている連絡先のみと共有するための設定です。

収集、処理、または送信される情報: プライバシー モードを有効にすると、Attendant は、エンド ユーザーがユーザー設定を切り替えることができるモードになります。このモードでは、エンド ユーザーのプレゼンス情報を、連絡先リスト内の連絡先とのみ共有するように切り替えることができます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: このモードの設定により、プレゼンス データがどのように共有されるかが決まります。

選択/制御: 管理の設定により標準モードがサーバー上で有効になっている場合、ユーザーがプライバシー モードに変更することはできません。

レコーディング

この機能について:

この機能を使用すると、開催者または発表者は Lync 2010 セッションに関するあらゆるものを記録できます。これには、会議に参加した人、音声、ビデオ、コンテンツ (IM での会話、プログラム共有、Microsoft PowerPoint プレゼンテーション、配付資料、ホワイトボードなど) が含まれます。開催者または他の発表者がレコーディングを一時停止または停止しても、進行中の他のレコーディングに影響はありません。

収集、処理、または送信される情報:

発表者がレコーディングする場合、レコーディングはその発表者のコンピューターに保存されます。レコーディングから生成される追加のビデオ ファイルは、既定では発表者のローカル コンピューターに保存されますが、レコーディングを行っている発表者が指定した場合は、別のコンピューターに保存することもできます。ユーザーがコンテンツを会議にアップロードすると、そのコンテンツをそのユーザーまたは他のユーザーが作成したレコーディングに追加するためのアクセス許可が付与されます。

レコーディングの公開フェーズでエラーが発生した場合、レコーディングが一時停止された状態の間にキャプチャされたデータが意図せずレコーディングに含まれている可能性があります。公開フェーズの一部でエラーが発生している場合 (Recording Manager で警告状態を確認してください)、そのレコーディングをなんらかの形式で再生できる場合でも、そのレコーディングを他のユーザーに配布しないようにしてください。

情報の用途 :

レコーディングは、レコーディングが保存されている場所へのアクセス権を持つすべてのユーザーが再生できます。

選択/制御:

既定では、レコーディング機能は無効になっており、エンタープライズ管理者が有効にする必要があります。この機能が有効でなっていれば、会議の発表者はだれでもレコーディングを開始できます。発表者がレコーディングを有効にすると、レコーディングが開始されたことを示す通知が、互換性のあるクライアントおよびデバイスを使用している参加者にブロードキャストされます。互換性のない以下のクライアントまたはデバイスを使用してレコーディング セッションに参加しているユーザーは、記録はされますが、レコーディングの通知は届きません。

互換性のないクライアント:

  • Microsoft Office Communicator 2007 R2

  • Microsoft Office Communicator 2007

  • Microsoft Office Communicator Web Access (2007 R2 リリース)

  • Microsoft Office Communicator Web Access (2007 リリース)

  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Attendant

互換性のないデバイス:

  • Microsoft Office Communicator 2007 R2 Phone Edition

  • Microsoft Office Communicator 2007 Phone Edition

統合連絡先ストア

この機能について: 統合連絡先ストアは、次の 3 つの主要な機能で構成されています。

  • 検索のマージ – この機能では、グローバル アドレス一覧 (GAL) とユーザー個人の Outlook 連絡先がまとめられ、ある連絡先を検索すると、検索結果には 1 つの該当する連絡先のみが表示されます。

  • 連絡先のマージ – この機能では、電子メールまたはサインイン ID (あるいはその両方) が一致している Outlook と Active Directory のエントリの連絡先情報が集約されます。一致が確認されると、Lync では 3 つのデータ ソース (Outlook、GAL、およびプレゼンス情報) のデータが集約されます。この集約されたデータは、検索結果、連絡先リスト、連絡先カードなど、さまざまなユーザー インターフェイス コンポーネントに表示されます。

  • Lync 連絡先に対応する Outlook 連絡先の作成 (連絡先の同期) – Lync では、ユーザーが Microsoft Exchange Server 2010 またはそれ以降のバージョンのメールボックスを使用している場合、既定の連絡先フォルダーにあるすべてのユーザーの連絡先に対して Outlook の連絡先が作成されます。すべての Lync 連絡先に対して Outlook 連絡先が作成されることにより、ユーザーは Outlook、Outlook Web Access、および Exchange と連絡先を同期しているモバイル デバイスから Lync の連絡先情報にアクセスできます。

収集、処理、または送信される情報: Attendant では、プレゼンス、Active Directory および Outlook から連絡先情報を収集します。この情報は、エンタープライズの Attendant で内部的に使用されます。Outlook 連絡先を作成する際、Attendant により、プレゼンス、Active Directory、および Outlook の連絡先情報が Exchange に書き込まれます。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: プレゼンス、Active Directory、および Outlook からの連絡先情報が、Attendant のユーザー インターフェイス (連絡先リスト、連絡先カード、検索結果など) に表示されます。この情報は、連絡先の同期 (上記の機能一覧の 3 番目の機能) を使用して Exchange にも書き込むことができます。

選択/制御:

同期の設定は、エンタープライズ管理者によって設定されるポリシーによって制御されます。

音声品質の向上

この機能について: Attendant では、通話中にデバイス、ネットワーク、またはコンピューターの問題が検出されると、通話品質の改善に役立つ通知が表示されます。

収集、処理、または送信される情報: 通話の音声品質を低下させるデバイスが設定されている場合 (エコーやノイズが発生するなど)、Attendant はユーザーだけでなく、通話の相手にも、ユーザー側のデバイス設定により通話品質に問題が生じていることを通知します。通話の相手には、音声品質の低下を引き起こすデバイスが使用されていることのみが通知されます。通話の相手には、ユーザーが使用しているデバイスは知らされません。マイクロソフトに情報が送られることはありません。

情報の用途: 通話の相手に送信される情報は、通話品質を向上させるために使用できます。たとえば、発表者は、通話を聞いているだけのユーザーの回線はミュートにすることができます。

選択/制御: Attendant の通話品質の通知を無効にすることはできません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×