Microsoft InfoPath 2010 の新機能

Microsoft InfoPath 2010 では、リッチなフォーム ベースのアプリケーションを、SharePoint Server 2010 プラットフォーム上に、従来よりも簡単に構築できるようになりました。 InfoPath 2010 では、他の 2010 Microsoft Office system アプリケーションおよびサーバーとの統合の強化により、データの収集、整理、および管理方法が強化されます。 新機能を使用すると、信頼性の高いデータを収集するための、強力で見た目にも美しいフォームをすばやく簡単にデザインできます。

新しいリボン ユーザー インターフェイス

Microsoft Office Fluent ユーザー インターフェイスを踏襲する新しい InfoPath 2010 のリボンは、特定の活動に関連したタスクごとにコマンドがタブ構造で整理されて表示され、フォームの入力やデザインに携わるユーザーにとって、無駄のないシンプルなユーザー インターフェイスとなっています。

[ファイル] タブをクリックすると、新しい Microsoft Office Backstage ビューが表示されます。 Backstage ビューを使用すると、実行中の作業に不可欠な情報を 1 か所で参照できます。 フォームを発行するなど、特定のアクションを実行するために、いくつものダイアログ ボックスをクリックしながらたどってゆく必要はありません。メニューやツールバーよりも少ない手順でタスクを完了できます。

ページの先頭へ

フォーム テンプレートのデザイン

InfoPath 2010 では、作成するフォームの種類を選択して、すばやくフォームをデザインし、カスタマイズすることができます。 InfoPath 2010 のフォームを使用することによって、社員、提携先、仕入先など、フォームにアクセスするさまざまなユーザーからデータを収集できます。

フォームの種類を選択する    多様なフォーム テンプレートから選んでニーズに合ったフォームをデザインできます。 それぞれのフォーム テンプレートをクリックすると、テンプレートの説明が表示されます。 フォームのデザイン プロセスを単純化するため、一部のテンプレートには、既定のレイアウト テーブルまたはオプションの自動構成があらかじめ適用されています (フォームの送信場所など)。

フォーム構造をレイアウトする    既製のページ レイアウト テンプレートを挿入したり、レイアウト用の表 (列、配置、ラベルのオプションなど) を使用して、ある程度完成した状態からフォームを作成することができます。 レイアウト スタイルや色を選択することにより、機能的で見た目にも魅力的なフォームを作成することが可能です。 レイアウト スタイルと配色パターンは、[ページ デザイン] タブのテーマ ギャラリーにまとめられています。

フォームのコントロールを追加する    リボンにある新しいコントロール ギャラリーを使用すると、新しいコントロールをすばやく追加して、コントロールのプロパティを変更することができます。 InfoPath 2010 で追加された新しいコントロールは次のとおりです。

  • ピクチャ ボタン    カスタム イメージをボタンとして使用します。

  • 日付と時刻の選択    ユーザーはこのコントロールを使用して日時を入力したり、カレンダー表示から日付を選択したりできます。

  • ハイパーリンク    フォームの入力時にハイパーリンクを挿入します。

  • ユーザー/グループの選択    SharePoint リストからユーザーを入力または選択します。

  • 署名欄    ユーザーがフォームにデジタル署名を追加できます。

  • 外部データの選択    Business Connectivity Services (BCS) を介して外部のシステムからアイテムを入力または選択します。

フォームにルールを追加する    あらかじめ条件とアクションが定義された新しいクイック ルールで、既定のオプションを使用したり、独自のルールを作成したりできます。 ルール管理のユーザー インターフェイスの向上により、データの検証やフォームの書式設定などのアクションを実行するルールが備わったフォームを、コードをまったく記述せずに、数回のクリック操作だけでデザインできます。

フォーム テンプレートを発行する    Backstage ビューに設けられた新しい [クイック発行] ボタンを使用すると、SharePoint リスト フォームを 1 回のクリックで発行できます。 新しいクイック発行機能ではさらに、あらゆるフォームを 1 回のクリックで同じ場所に再発行することができます。 フォームを更新して再発行する際、その都度、複数のダイアログ ボックスを経由する必要はありません。

SharePoint リスト用にフォームを作成    SharePoint リスト内アイテムの作成、編集、および表示に使用する SharePoint フォームの機能を拡張します。 新しいフォームを作成することも、既存のリストに変更を加えることもできます。

レイアウトの変更、追加ビューの作成、フィールド値の設定、データ検証ルールの追加といった作業のほか、フォームのセクションの表示と非表示を切り替えることもできます。 新しいクイック発行機能により、SharePoint フォームを 1 回のクリックで発行することができます。

SharePoint Workspace を使用して SharePoint リストのフォーム作成をオフラインで行う    SharePoint Workspace では、SharePoint リストおよびライブラリをオフラインで作業することができます。 オフラインで行うあらゆる SharePoint フォーム データの閲覧と入力には、SharePoint Workspace 内でホストされる InfoPath 2010 が使用されます。 オフライン時に入力された情報は、サーバーとの接続が確立した後で自動的に同期されます。

ページの先頭へ

より拡充された Web フォーム

InfoPath 2010 では、Web ブラウザー フォームで使用できる機能が拡充されています。 Web ブラウザー フォームでは、InfoPath アプリケーションに近い操作感が実現されています。 ブラウザー フォームでは、次のようなコントロールおよび機能がサポートされています。

コントロール

  • 箇条書き、段落番号、および標準リスト

  • 複数選択リスト ボックス

  • コンボ ボックス

  • ピクチャ ボタン

  • ハイパーリンク機能

  • 選択肢グループと選択肢セクション

  • 日付/時刻コントロール

  • ユーザー/グループの選択

フィルター

Web ブラウザー フォームのコントロールに表示されるデータにフィルターを適用できるようになりました。 リスト ボックス、ドロップダウン リスト ボックス、コンボ ボックス、繰り返しテーブル、繰り返しセクションなどでは、フィルターを適用することにより、表示されるアイテム数を制限することができます。

ページの先頭へ

InfoPath フォーム Web パーツを使用してポータル ページ上でフォームをホストする

SharePoint Server 2010 では、InfoPath フォーム Web パーツを使用して、従来よりも簡単に、Web ページ上でフォームをホストできます。 従来は、InfoPath フォームを Web ページ上でホストする必要がある場合、ユーザーが Visual Studio でコードを作成する必要がありました。 今後は、一切コードを記述することなく、Web パーツ ページに InfoPath フォーム Web パーツを追加し、発行済みのフォームを参照することができます。

SharePoint リストまたはフォーム ライブラリに発行された InfoPath Web ブラウザー フォームはすべて、Web パーツを使用してホストできます。 また、ページ上の他の Web パーツにフォームを接続して、データをやり取りすることもできます。

ページの先頭へ

標準準拠のブラウザー フォーム

InfoPath 2010 の Web ブラウザー フォームは、Web Content Accessibility Guidelines 2.0 (WCAG 2.0) AA に準拠しました。 障碍のあるユーザーにとって利用しやすいフォームを作成できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×