Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(3)かな入力の流れ

画像

かな入力で日本語を入力する基本的な流れは、次のとおりです。

この記事は以下のページで構成されています 。

かな入力できる状態を確かめる

試しに名前を入力しましょう

ひらがなを入力しましょう

ここでは、かな入力の基本的な入力方法を紹介します。

かな入力できる状態を確かめる

言語バーの入力モードの表示を次のように "Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(4)候補一覧 に変え、 変換モード表示"Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(5 に変えます。

候補選択

切り取り、コピー、貼り付けの動作 

かな入力できる状態に変えるときは、ここをクリックしてください。

かな入力できる状態にする

言語バー の入力モードの表示を "Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(4)候補一覧 に、 変換モード表示"Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(5 にするには、次の方法があります。

キーで切り替える

言語バーで切り替える

キーで切り替える

  1. 半角/全角 キーを押します。

    半角/全角 キーは、106 日本語キーボードにのみあります。

    キー設定 を、[Microsoft IME][IME Standard][ATOK] に設定したときに使えます。

    もう一度 半角/全角 キーを押すと、 候補一覧"Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(4) になります。

    また、漢字キーで切り替えることもできます。

    候補選択
  2. Alt キーを押しながら カタカナ ひらがな キーを押します。

    候補一覧

言語バーで切り替える

  1. 言語バーの "Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(4) をクリックし、[ひらがな] をクリックします。

    候補一覧

    変換候補

  2. IME ツールバーの 変換モード表示 をクリックし、 "Microsoft IME Office 2010 で日本語入力の練習をしましょう(5 に変えます。

    切り取り、コピー、貼り付けの動作 

注記: 

  • • ローマ字入力からかな入力に切り替えるときは、Alt キーを押しながら カタカナ ひらがな キーを押します。

  • • 漢字キーは、キーボードによって以下のように違います。

    キーボード

    漢字キー

    106 日本語

    Alt + 半角/全角 キー

    101 英語

    Alt + ~ キー

ページの先頭

かな入力で使うキーの並びは?

かな入力で使うキーの位置を確かめてみましょう。

かなを入力するキーは、あ行、か行など、行ごとに大体まとまっています。

画像

実際のキーボードで確かめてください。

試しに名前を入力しましょう

練習として名前を入力しましょう。

  • 読みを入力する

  • 漢字に変換する

読みを入力する

開いているメモ帳に、かな入力で 「いしいともひこ」 を入力してみましょう。

画像

初めに 「いしい」 を入力します。次に、「ともひこ」 を入力します。

  1. 次のキーを押して、"いしい" を入力します。

    画像 画像 画像

    画像

    キーの位置を確かめる?

    画像

  2. 続けて、次のキーを押して、"ともひこ" を入力します。

    画像 画像 画像 画像

    画像

    キーの位置を確かめる?

    画像

    次は、漢字に変えましょう。

注記: 

  • キーを押し間違えたときは、 画像 キーを押して入力した読みを削除し、もう一度入力し直してください。

    画像 キーを押して、入力した読みをまとめて取り消すこともできます。

  • 読みの下の点線は、漢字などに変換されていない読みであることを示しています。

ページの先頭

漢字に変換する

読みを変換して "石井智彦" にしましょう。

画像

画像

変換キーを押して漢字に変換します。

  1. 変換キー を押して、"石井智彦" に変換します。

    画像

  2. Enter キーを押します。

    キーの位置を確かめる?

    画像

注記: 

  • • 以前 "石居" などに変換して確定していると、"石井" が表示されません。そのような場合、"石井" を候補一覧から選び確定すると、次回以降 "石井" がより出やすくなります。このような機能を、"学習" と呼びます。

ページの先頭

ひらがなを入力しましょう

ひらがなを入力しましょう。

濁音、半濁音、小文字を入力する

かっこ、句読点、長音を入力する

ひらがなのまま入力する

濁音、半濁音、小文字を入力する

"すずのはっぴょう" と、 濁音や半濁音、小さいひらがなの入った読みを入力しましょう。

画像

  1. 次のキーを押して 「すずの」 を入力します。

    画像 画像 画像 画像

    画像

    キーの位置を確かめる?

    画像

  2. 続けて、次のキーを押して「はっぴょう」を入力します。

    画像

    画像 を押しながら 画像

    画像

    画像

    画像 を押しながら 画像

    画像

    キーの位置を確かめる?

    画像

    注記: 

    • キーを押し間違えたときは、 画像 キーを押して入力した読みを削除し、もう一度入力し直してください。

      画像 キーを押して、入力した読みをまとめて取り消すこともできます。

ページの先頭

かっこ、句読点、長音を入力する

「「いま」が、いちばーん。」 と、かっこ、句読点、長音の入った読みを入力しましょう。

  1. 1. 次のキーを押して、「「いま」が、」 を入力します。

    画像 を押しながら 画像

    画像 画像

    画像 を押しながら 画像

    画像 画像

    画像 を押しながら 画像

    画像

    キーの位置を確かめる?

    画像

  2. 続けて、次のキーを押して、「いちばーん。」 を入力します。

    画像 画像 画像 画像 画像 画像

    画像 を押しながら 画像

    画像

    キーの位置を確かめる?

    画像

注記: 

  • キーを押し間違えたときは、 画像 キーを押して入力した読みを削除し、もう一度入力し直してください。

    画像 キーを押して、入力した読みをまとめて取り消すこともできます。

ページの先頭

ひらがなのまま入力する

読みのひらがなを、漢字などに変換しないでそのまま入力します。

  1. 読みを入力します。

    画像

  2. 画像 キーを押します。

    画像

    これで、読みの入力の説明を終わります。次に、漢字などへの変換について説明します。

    次は、「変換する候補を選びましょう」です。

ページの先頭

<<前へ|123 45| 次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×