Microsoft Flow で Microsoft To-Do を使用する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Microsoft To-Do 用の Microsoft Flow のアクションを使用すると、Outlook、Gmail、Google カレンダー、Teams、HipChat、Planner など、Flow でサポートされているその他のサービスのいずれかから新しいタスクを簡単に作成できます。

Microsoft To-Doを使用してフローを作成するには、 Microsoft To-Doで使用するのと同じ職場または学校のアカウントでMicrosoft Flowにログインします。次に、to do を送信するコネクタまたはサービスを選びます。

次に、[新しいメールが届いたとき] など、フローを開始するトリガーを選択するためのオプションが表示されます。[+ ステップの追加] を選択してから、[アクションを追加] を選択します。使用できるアクションから [Microsoft To-Do - タスクの追加] を選択します。また、To Do のタイトルを追加するには、[件名] フィールドも入力する必要があります。[フローの保存] を選択したら準備完了です。

職場または学校のアカウントを使用して microsoft のフローを microsoft に実行することのみが可能であることをご確認ください。現時点では、個人の Microsoft アカウントはサポートされていませんが、今後、より多くのアカウントの種類をサポートすることを期待しています。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×