Microsoft Exchange Server の電子メール アカウントでオフライン アドレス帳の詳細を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2000、Exchange Server 2003 または Exchange Server 2007 のアカウントを Exchange キャッシュ モードで使用する必要があります。大部分のホーム ユーザー アカウントおよび個人用アカウントは Microsoft Exchange を使用していません。

オフライン アドレス帳には、Microsoft Outlook で電子メール メッセージを送信したり、送信者についての情報を表示したりするために必要な、ユーザーのプロパティ (電子メール アドレスなど) が記載されています。オフライン アドレス帳を使用すると、各ユーザーの名前を解決したり記録を開くために Microsoft Exchange に接続する必要がなくなるため、ネットワーク トラフィックの軽減やパフォーマンスの向上につながります。

オフライン アドレス帳は、グローバル アドレス一覧 (GAL) の情報のスナップショットです。したがって、グローバル アドレス一覧のすべての情報がオフライン アドレス帳で使用できるわけではありません。グローバル アドレス一覧の情報のうち、オフライン アドレス帳で使用できないものは次のとおりです。

  • 各社員の社員コードなど、サーバー管理者が追加したカスタム プロパティ

  • 組織の階層

  • グループのメンバシップ

この情報を取得するには、Outlook が Exchange にアクセスできる必要があります。そのため、Exchange キャッシュ モードでオンライン作業を行っている場合、つまり接続状態が [Microsoft Exchange に接続しました] である場合、オフライン アドレス帳と GAL の両方を使用してユーザー情報の一覧を取得できます。Exchange キャッシュ モードで接続状態が [切断]、[接続中]、[オフライン] のいずれかである場合、オフライン アドレス帳の情報しか表示できません。

次の手順を実行することで、オフライン アドレス帳をダウンロードするかどうか、および詳細情報をダウンロードするかどうかを選択できます。

  1. [ツール] メニューの [送受信] をポイントし、[送受信設定] をポイントします。次に、[送受信グループの定義] をクリックします。

    キーボード ショートカット ctrl キーと alt キーを押しながら S

  2. Exchange アカウントを含む送受信グループを選択します。

  3. [フォルダ オプション] の [オフライン アドレス帳のダウンロード] チェック ボックスをオンにします。

  4. [アドレス帳設定] をクリックします。

  5. [ダウンロードする情報] で、[完全な詳細情報] または [詳細なし] をクリックします。

注: Exchange キャッシュ モードを使用している場合、オフライン アドレス帳の完全な詳細情報をダウンロードすることをお勧めします。そうすることで、Outlook のウィンドウが応答しなくなる回数、および Microsoft Windows Server Active Directory に不要な接続を行う回数が減少します。

Exchange キャッシュ モードで Outlook を実行し続ける場合、Exchange が実行されているサーバーの更新状況にもよりますが、オフライン アドレス帳は約 1 日に 1 回自動更新されます。

オフライン アドレス帳は、未圧縮の形式で数 MB から数百 MB までサイズが変動する可能性があります。オフライン アドレス帳のサイズに影響を及ぼす要因は、次のとおりです。

  • 組織でのセキュリティ証明書の使用。オフライン アドレス帳のサイズに影響する単独では最大の要因です。

  • Windows Server Active Directory Domain Services のユーザー数。

  • Windows Server Active Directory Domain Services の配布グループ数。

  • 組織が各ユーザーおよび各配布グループについて Windows Server Active Directory Domain Services に追加した情報。たとえば、各ユーザーのアドレスのプロパティを追加している組織があります。

Outlook には、オフライン アドレス帳が過剰にダウンロードされることから組織のネットワークを保護するため、次の安全策が用意されています。

  • 既定の構成では、13 時間おきに一度のみ、オフライン アドレス帳の完全なダウンロードが試みられます。Outlook でサーバーからの応答を受信し、オフライン アドレス帳のダウンロードを開始するごとに、ダウンロード試行回数がカウントされます。

  • 既定の構成では、差分更新の試行回数に制限がありません。差分更新に失敗した場合、1 時間後に再度更新が試みられます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×