Microsoft Exchange ユニファイド メッセージングの概要

Microsoft Exchange Server アカウントがユニファイド メッセージング (UM) に対して有効になっている場合、電子メール、ボイス、および FAX の各メッセージを "受信トレイ" に受信できます。また、Exchange Server 2010 アカウントで追加の機能 (ボイス メール メッセージを転写したものを "受信トレイ" に配信するボイス メール プレビューなど) も使用できます。

注:  ユニファイド メッセージングを使用するには、Microsoft Exchange Server 2010 または Exchange Server 2007 のアカウントを使用する必要があります。また、ここで説明する機能を使用するには、Exchange Server 管理者がユニファイド メッセージング機能を有効にしている必要があります。

ユニファイド メッセージングの機能

注:  一部の機能は、Exchange Server 2010 アカウントでのみ使用できます。Exchange アカウントのバージョンの詳細については、「アカウントが接続する Microsoft Exchange Server のバージョンを確認する」を参照してください。

  • Exchange 情報へのアクセス    インターネット対応の携帯電話、Microsoft Office Outlook 2007、Outlook 2010、および Outlook Web App (OWA) から、すべてのボイス メール機能にアクセスできます。これらの機能には、多くのボイス メール構成オプションに加えて、ボイス メールを閲覧ウィンドウから再生する機能 (組み込みの Windows Media Player を使用) と、メッセージ一覧から再生する機能 (コンピューターのスピーカーを使用) があります。

  • 電話で再生    電話で再生機能を使用すると、ボイス メッセージを電話で再生できます。会社のデスクで作業しているときや、だれでも使用できるコンピューターまたはマルチメディアに対応していないコンピューターを使用しているとき、機密扱いのボイス メッセージを聞くときなど、コンピューターのスピーカーでボイス メッセージを聞きたくない、または聞くことができないことがあります。このような場合に、任意の電話 (自宅の電話、会社の電話、携帯電話など) を使用して、ボイス メッセージを再生できます。

詳細については、「ユニファイド メッセージングの [電話で再生] に使う番号] オプションを構成する」を参照してください。

  • ボイス メール フォーム    Outlook 2007、Outlook Web App、および Outlook 2010 のボイス メール フォームは、既定の電子メール メッセージ ウィンドウに似ています。ただし、このフォームには、ボイス メッセージの再生、停止、または一時停止や、ボイス メッセージの電話での再生、ノートの追加や編集などの作業を行うためのコントロールが含まれています。

ボイス メール フォームには、Windows Media Player が組み込まれているほか、オーディオ ノート フィールドがあります。組み込みの Windows Media Player とノート フィールドは、ボイス メッセージをプレビューするときは閲覧ウィンドウに表示され、ボイス メッセージを開いたときは独立したウィンドウに表示されます。

  • ユーザーによる構成    Outlook Web App (Exchange 2010 アカウントのみ) または Outlook 2010 (Exchange 2007 アカウントのみ) を使用して、ユニファイド メッセージングの一部のボイス メール オプションを構成できます。たとえば、電話番号やボイス メールの [電話で再生] の番号を構成することや、ボイス メールにアクセスするための暗証番号をリセットすることができます。

詳細については、「ユニファイド メッセージングの [電話で再生] に使う番号] オプションを構成する」または「ユニファイド メッセージングのボイス メールの暗証番号をリセットする」を参照してください。

  • 通話応答    通話応答では、本人が対応できないときに着信通話に応答することや、個人の応答メッセージの再生、メッセージの録音などができるほか、ボイス メール メッセージを電子メール メッセージとして "受信トレイ" に送信することもできます。

詳細については、「ユニファイド メッセージングのボイス メール応答メッセージを録音する」および「ユニファイド メッセージングのボイス メール応答メッセージを選択する」を参照してください。

  • 通話応答ルール    通話応答ルールは、Exchange 2010 アカウントで使用できる新機能です。この機能を使用すると、着信通話に応答する方法を指定できます。通話応答ルールを着信通話に適用するしくみは、"受信トレイ" のルールを受信電子メール メッセージに適用するしくみに似ています。通話応答ルールは、既定では構成されていません。ユニファイド メッセージング (UM) サーバーが着信通話に応答すると、発信者は着信者へのボイス メッセージを録音するよう求められます。通話応答ルールを使用した場合、発信者は次の操作を行うことができます。

    • ボイス メッセージを録音する。

    • 代替の連絡先に転送する。

    • 代替の連絡先のボイス メールに転送する。

    • 着信者が指定した別の電話番号に転送する。

    • "自分を検索" 機能を使用するか、管理された転送を使用してユーザーを検索する。

  • ボイス メールのプレビュー    Exchange 2010 では、ユニファイド メッセージング サーバーの役割が、新しく作成されたボイス メール メッセージに対して自動音声認識 (ASR) を使用します。"受信トレイ" で受信したボイス メッセージには、ボイス メッセージの録音と、その録音を基に作成されたテキストの両方が含まれています。詳細については、「ユニファイド メッセージング ボイス メール プレビューのオンとオフを切り替える」を参照してください。

  • SMS テキスト メッセージによる不在着信通知とボイス メール通知    ボイス メールの設定で、携帯電話の番号と通話の転送を構成できます。これにより、不在着信と新しいボイス メールの通知を、ショート メッセージ サービス (SMS) のテキスト メッセージの形で携帯電話で受信できます。詳細については、「ユニファイド メッセージングの通知のオンとオフを切り替える」を参照してください。

  • 保護されたボイス メール    保護されたボイス メールは、個人的なメールを送信するためのユニファイド メッセージングの機能です。このメールは、Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) によって保護されており、電子メール メッセージからのボイス ファイルの転送、コピー、または抽出が制限されます。保護されたボイス メールを使用すると、ユニファイド メッセージングの機密性が向上すると共に、ユニファイド メッセージングを使用してボイス メッセージを特定のユーザーにだけ送信できるようになります。

  • Outlook Voice Access    ユニファイド メッセージングを有効にしているユーザーは、電話ユーザー インターフェイス (TUI) および音声ユーザー インターフェイス (VUI) という 2 つのユニファイド メッセージングのユーザー インターフェイスを使用できます。これら 2 つのインターフェイスは、合わせて Outlook Voice Access と呼ばれています。Outlook Voice Access を使用すると、ユニファイド メッセージング システムに電話からアクセスできます。ユニファイド メッセージング システムにダイヤルインすると、Outlook Voice Access を使用して Exchange メールボックスにアクセスし、次の操作を行うことができます。

    • ボイス メールにアクセスする

    • 電子メール メッセージを作成または転送する、または電子メール メッセージに応答する

    • 予定表情報を音声で聞く

    • グローバル アドレス一覧 (GAL) または連絡先のグループ内の連絡先にアクセスまたはダイヤルする

    • 会議出席依頼を受理または拒否する

    • ボイス メール メッセージを設定して発信者に自分が応答できないことを知らせる

    • セキュリティおよび個人オプションを設定する

詳細については、「ユニファイド メッセージングの Outlook Voice Access で読むための Outlook フォルダーを設定する」を参照してください。

  • Outlook Voice Access を使用した一括処理    Exchange 2007 アカウントでは、Outlook Voice Access の電話ユーザー インターフェイス (TUI) または音声ユーザー インターフェイス (VUI) を使用して、電子メール メッセージやボイス メッセージを送信できます。この場合、個人用連絡先の 1 人のユーザーに 1 つの電子メール メッセージを送信できるほか、ディレクトリに受信者を 1 人ずつ追加するか、グローバル アドレス一覧の配信リストの名前を追加して、1 つの電子メール メッセージを複数の受信者に送信することができます。Exchange 2010 アカウントでは、個人用連絡先に保存されているグループ内のユーザーにも電子メール メッセージやボイス メッセージを送信できます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×