Microsoft Exchange ユニファイド メッセージングの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この機能では、Microsoft Exchange Server 2007 アカウントを使用する必要があります。ほとんどの自宅での個人のアカウントでは、Microsoft Exchange は使用しません。Exchange 2007は、管理者には、ユニファイド メッセージング機能を利用できるように、これらのコマンドが有効にする必要があります。

Exchange 2007アカウントには、ユニファイド メッセージング (UM) が有効にすると、各Exchange 2007受信トレイの電子メール、音声、および fax メッセージを受信できます。この記事では、できるようにするには、次の操作のユニファイド メッセージングのMicrosoft Office Outlook 2007機能について説明します。  

  • Office Outlook 2007 メール フォームに統合された Microsoft Windows Media Player を使用して、閲覧ウィンドウ、またはメッセージ リストからボイス メッセージを再生できます。

  • ボイス メッセージを電話で再生できます。

  • ボイス メールの設定を個別に構成できます。

この記事の内容

Exchange ユニファイド メッセージング用の Office Outlook 2007 の機能の管理

Exchange ユニファイド メッセージング: ボイス メール フォーム

Exchange ユニファイド メッセージング: 電話で再生する

Exchange ユニファイド メッセージング用の Office Outlook 2007 の機能の管理

サード パーティのユニファイド メッセージング ソリューション

これまで、使用可能になったサード パーティの多くのユニファイド メッセージング ソリューションでは、ボイス メールが受信された後、1 か所に保存されていました。保存されたボイス メールは、電話を使用して受け取るか、ユーザーの [受信トレイ] に送信され、Office Outlook 2007 または Outlook Web Access クライアント コンピュータで再生されました。Exchange に接続してボイス メール データを保存しているユニファイド メッセージング システムでも、ボイス メール システムとクライアント コンピュータが密接に統合されていなかったため、ユーザーがボイス メールをシームレスに利用することはできませんでした。

このようなボイス メール環境では、ボイス メール メッセージのファイルが添付された電子メール メッセージがユーザーに届きます。Windows Media Player または他のメディア プレーヤーを起動し、ボイス メール メッセージを再生して聞く必要がありました。Office Outlook 2007 または Outlook Web Access クライアント コンピュータとサード パーティのユニファイド メッセージング システムが統合されていなかったため、メディア プレーヤー アプリケーションを使用する必要があっただけでなく、Microsoft Outlook を使用して個別のボイス メール設定を構成することができませんでした。個別のボイス メール設定は、別のソフトウェア アプリケーションか、電話を使用して変更する必要がありました。

従来のクライアントと Exchange

アカウントがユニファイド メッセージングに対応し、Office Outlook 2007、または Exchange 2007 に含まれている Outlook Web Access バージョンを使用しているユーザーには、ボイス メール機能に関して、Outlook、Outlook Web Access、または Exchange の従来のバージョンを使用している Exchange ユーザーより多くのオプションがあります。従来バージョンの Outlook または Outlook Web Access のユーザー、あるいは Exchange の従来のバージョンに接続するユーザーは、引き続き、電子メールに添付された標準のサウンド ファイル (*.wav または *.wma) としてボイス メールを受信します。また、ボイス メールを構成することはできません。

Exchange ユニファイド メッセージング用の Office Outlook 2007 の機能

Office Outlook 2007、および Exchange 2007 に含まれている Outlook Web Access では、Exchange 2007 UM に対応したユーザーにボイス メール機能のすべてが提供され、ユーザーはボイス メールをシームレスに利用できます。これらの機能には、多くのボイス メール構成オプションに加えて、統合された Windows Media Player を使用して、閲覧ウィンドウまたはメッセージ リストからボイス メールを再生する機能があります。

注: 統合されたメディア プレーヤーとオプションを利用するためには、Windows Media Player Version 7.0 以降を使用する必要があります。

ユニファイド メッセージング用の Office Outlook 2007 の機能は、Office Outlook 2007 と共にインストールされます。

Office Outlook 2007 のインストール後、Exchange アカウントが UM に対応していると、[オプション] ダイアログ ボックスにボイス メールの構成設定値が表示された [ボイス メール] タブが表示されます。

注: ユニファイド メッセージング用の Office Outlook 2007 の機能は、Office Outlook 2007 でのみ使用でき、以前のバージョンの Outlook では使用できません。

[ボイス メール] タブでは、電話のアクセス番号やボイス メールの [[電話で再生] に使う番号] などの設定を構成したり、ボイス メールのアクセス PIN をリセットしたりできます。

注: Office Outlook 2007ボイス メール] タブでは、Exchange アカウントが有効になっているユニファイド メッセージングの場合にのみがあります。  

ユニファイド メッセージング用の Office Outlook 2007 の機能を使用すると、以下を実行できます。

  • Outlook でボイス メッセージを聞くことができます。

  • ボイス メールの設定を個別に構成できます。

  • すべてのボイス メールを 1 か所で参照できます。

  • 新しいアイコンを使用して、[受信トレイ] 内のボイス メッセージおよび FAX メッセージを電子メール メッセージと区別できます。また、新着メッセージの通知も、電子メール メッセージ、ボイス メッセージ、FAX メッセージによって個別に設定できます。

  • ボイス メッセージが再生済みかどうかを確認できます。

  • テキスト ボックスでボイス メール メッセージに注釈を付けることができます。

  • 送信者の連絡先情報がわかっているときは、ボイス メッセージに電子メール メッセージで返信できます。

  • 受信した電話番号をショートカット メニューを使用して [連絡先] に追加できます。

ページの先頭へ

Exchange ユニファイド メッセージング: ボイス メール フォーム

ボイス メール フォーム

Office Outlook 2007 ボイス メール フォームは既定の電子メール メッセージ フォームに似ていますが、既定の電子メールにない操作を実行できます。たとえば、ボイス メッセージの再生、停止、一時停止や、メッセージの電話で再生、ボイス メッセージへのメモの追加および編集などの操作を実行できます。ボイス メール フォームには Windows Media Player が埋め込まれているほか、メモを追加するための領域があります。埋め込まれている Windows Media Player とメモ用の領域は、ボイス メッセージをプレビューするときは閲覧ウィンドウに表示され、ボイス メッセージを開いたときは独立したウィンドウに表示されます。

閲覧ウィンドウのボイス メール コントロール

ボイス メール フォームのオプション

ボイス メール フォームには、ボイス メッセージの再生、ボイス メッセージの電話で再生、メモの追加などの操作のためのインターフェイスがあります。Exchange アカウントがユニファイド メッセージングに対して有効になっていない場合、ボイス メール メッセージは添付ファイルとして受信され、ボイス メール フォーム オプションは使用できません。

  • [再生]     [再生] をクリックすることにより、ボイス メッセージを再生してコンピュータのスピーカーまたはヘッドフォンで聞くことができます。[再生] をクリックすると、Windows Media Player でメッセージが再生されます。

  • [電話で再生]     [電話で再生] をクリックすると、選択したボイス メッセージが指定した電話番号で再生されます。[電話で再生] をクリックすると、[電話で再生] ダイアログ ボックスが表示され、電話で再生の機能の構成と制御を行うことができます。

  • [ノートの編集]     ツールバーの [ノートの編集] をクリックすると、ボイス メール メッセージを開き、[ノート] ボックスでメモやコメントを追加したり編集したりできます。

ページの先頭へ

Exchange ユニファイド メッセージング: 電話で再生する

電話で再生とは

電話で再生の機能を利用すると、ボイス メッセージを電話で再生できます。ボイス メール メッセージをコンピュータのスピーカーで聞く代わりに、任意の電話で再生できます。ボイル メール メッセージの再生には、自宅の電話、会社の電話、または携帯電話を利用できます。会社のデスクにいるとき、公共のコンピュータを使用しているとき、音声に対応していないコンピュータを使用しているとき、または人に聞かれたくないボイス メッセージを聞くときに、プライバシーの高い電話を選択することもできます。

Office Outlook 2007 ボイス メール フォームの [電話で再生] ツールバー オプションをクリックすると、[電話で再生] ダイアログ ボックスが表示されます。[電話で再生] ダイアログ ボックスには、[ダイヤル] ボックスに数値を入力するため、最近使った電話番号の一覧の数値をクリックするため、通話の開始と終了のための各オプションおよび通話を監視するための状態メッセージが表示されます。

注: 再生できるボイス メッセージは 1 度に 1 件だけです。通話の再生中に別の再生を開始すると、エラー メッセージが表示されます。

[電話で再生] に使う番号

最近使った電話番号の一覧

[電話で再生] ダイアログ ボックスには最近使った電話番号の一覧が表示されます。[ボイス メール] タブで指定した電話番号が常に一覧の先頭に表示され、主電話番号として自動的に選択されています。ドロップダウン メニューを使用すると、電話をかける他の番号を選択できます。この機能は、Exchange 2007 Outlook Web Access では利用できません。

[電話で再生] オプション

[電話で再生] ダイアログ ボックスには、[ダイヤル] オプションと [切断] オプションが表示されます。[電話で再生] ダイアログ ボックスを開くと、[ダイヤル] が有効、[切断] が無効になっています。通話が開始すると、通話が終了するまで、[ダイヤル] が無効になります。通話を終了するには、[切断] をクリックするか、電話を切ります。[電話で再生] ダイアログ ボックスを閉じ、[閉じる] をクリックすると、通話が終了します。

件名、送信日時、および状態

[電話で再生] ダイアログ ボックス下部には、ボイス メッセージの件名、送信日時、通話の現在の状態を示すメッセージが表示されます。電話で再生の機能に固有のエラーもここに表示されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×