Microsoft Exchange アカウントとは

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Exchange アカウントは、職場または学校のメール アカウントです。ユーザー用に Exchange メール アカウントを用意する組織には、Microsoft Exchange Server というプログラムを実行する IT 部門があります。このサーバーがメール サービスを提供します。

Exchange Server の運用担当者が名前を付けています。Exchange Server の名前については、自分に Exchange メール アドレスを割り当てた担当者に問い合わせてください。

モバイル デバイスを設定すると、自動検出機能によって、自動的に Exchange Server 名とメールボックスが検索され、Outlook が構成されます。サーバーの検索には、指定したメール アカウントのドメイン名が使用されます。自動検出が失敗した場合にのみ、Exchange Server 名の入力を求められます。このような場合、通常は何か問題が起きているので、メール アドレスを割り当てた担当者に問い合わせる必要があります。Exchange Server の名前を担当者に聞き、Outlook の設定を助けてもらうことができます。

Exchange アカウントを使用すると、メール メッセージは会社の Exchange Server にある各ユーザーのメールボックスに配信され、保存されます。連絡先と予定表もメールボックスに保存されます。

会社や学校は、Exchange Server を設定するときに、Exchange アカウントがサーバー上のメールにアクセスするときに使用する方法を選択します。この選択によって、メールの機能が決まります。可能性を次に示します。Exchange アカウントの設定方法を会社または学校に聞いてください。

  • Exchange ActiveSync、API/HTTP は、(通常はノート PC、携帯電話、またはタブレットから) Exchange メールにアクセスするための方法です。メールにアクセスしたり、読んだりしても、実際にはメールはモバイル デバイスにダウンロードされたり、保存されたりしていません。ユーザーは Exchange Server からメッセージを読んでいます。そのため、インターネットに接続していない場合でも、メールにアクセスできます。

  • IMAP は、Exchange ActiveSync と同様に、場所やデバイスを問わず、メールにアクセスするための方法です。IMAP で電子メール メッセージを読むとき、実際にはメッセージはコンピューターにダウンロードされたり、保存されたりしていません。ユーザーは Exchange Server からメッセージを読んでいます。

    IMAP の場合、受信トレイ、削除済みのアイテム、送信済みのアイテムの各フォルダーにあるメールは、デバイスとサーバー間で同期されます。IMAP を使用すると、予定表の記憶域を少なくすることができますが、他のユーザーとの予定表の共同作業はサポートされません

  • POP メールは、Exchange Server からユーザーのコンピューターにダウンロードされます。メールをユーザーのコンピューターにダウンロードすると、メールはサーバーから削除されます。ダウンロード後のメールにアクセスするには、同じコンピューターを使用する必要があります。別のコンピューターまたはデバイスからメールにアクセスすると、以前にダウンロードしたメッセージの一部が削除されたように見えます。

Exchange メール アカウントを使用すると、会社の IT 部門が管理する Exchange Server に接続していなくても、メール メッセージを利用できます。これは、オフラインでの使用、または Exchange キャッシュ モードの使用と呼ばれます。

メール アイテムと予定表アイテムのコピーは、ユーザーのコンピューターのオフライン Outlook データ ファイル (.ost) に保存されます。このファイルは、会社の IT 部門が管理する Exchange Server に接続しているときに、Exchange Server 上のアイテムと定期的に同期されます。これは、Exchange Server 上にあるユーザーのメールボックスのコピーです。

データは会社の Exchange Server 上にあるので、ファイルをバックアップしなくても、新しいコンピューターでこのオフライン Outlook データ ファイル (.ost) を再作成できます。

オフライン Outlook データ ファイル (.ost) を開くには、作成したコンピューター上の Outlook プロファイルを使用する必要があります。

Outlook の [アカウント設定] ダイアログ ボックスで、Outlook プロファイルのメール アカウントの種類を確認できます。

  1. [ツール] メニューの [アカウント設定] をクリックします。

  2. [電子メール] タブの [種類] 列に、各エントリのアカウントの種類が表示されます。

    画面の画像

注: Outlook の一部の機能にアクセスするには、自分のアカウントは、特定のバージョンの Exchange サーバー上にある必要があります。Exchange Server アカウントのバージョンを確認するに接続する Microsoft Exchange アカウントのバージョンを確認するを参照してください] に接続します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×