Microsoft Excel ラベル印刷ウィザード

Excel のラベル印刷ウィザードアドインは、市販のラベル用紙を使い Excel シート内の住所録などのデータを印刷する便利な手段を提供します。例えば、以下のような手順で住所録データをラベルとして印刷する場合にとても簡単に印刷することができます。

[注意] このアドインは Microsoft Excel 2007 以降のバージョンに装備されています。

  1. 住所録を含むExcel のデータファイルを Excel から開きます。

  2. [ファイル] タブをクリックして、[印刷] をクリックして、画面の下側に表示される[ラベル印刷ウィザード] ボタンをクリックします。

ラベル印刷ウィザードメニュー

[ラベル印刷ウィザード]ボタンが表示されていない場合は、[ラベル印刷ウィザード] アドインを有効にする必要があります。


[ラベル印刷ウィザード] アドインを有効にする方法

  1. [ファイル] タブをクリックして、[オプション]をクリックします。

  2. [Excel のオプション] ダイアログから [アドイン] をクリックします。

  3. 画面の下側に表示される[Excel アドイン] の隣の [設定] ボタンをクリックします。

    excel オプション ダイアログ ボックス

  1. [アドイン] ダイアログから [ラベル印刷ウィザード] を選択して、 [OK] をクリックします。

    excel アドイン ダイアログ ボックス

  • ラベル印刷ウィザード ステップ 1/3 : 使用できるデータの範囲を指定します。

ラベル印刷ウィザード ステップ 1

  1. ラベル印刷ウィザード ステップ 2/3: 住所録データを印刷するラベルの用紙を選択します。

ラベル印刷ウィザード ステップ 2

[詳細]ボタンをクリックすると、選択されているラベルの詳細情報を基に余白、高さなどサイズ調整して新たなラベル用紙として定義することもできます。また、新しくラベルを作成する場合には、[新規ラベル]ボタンをクリックして、ラベル用紙、余白、高さ、間隔などの情報を入力して定義することもできます。これらは[ユーザー定義フォーム]として保存され、再利用ができます。

新規作成ラベル

  1. ラベル印刷ウィザード ステップ 3/3 : 選択した住所録データ列をどのようにラベルに印刷するかデザインをします。例えば、住所録データに[郵便番号]、[名前]、[住所] 列が含まれている場合、それらの列を[ラベルテンプレート]候補に追加して配置をします。[選択可能な列]から印刷する列の見出しを選び、[>]ボタンをクリックすると[ラベルテンプレート]領域にその列が追加されます。追加された列見出し名をマウスで操作して、ラベルのどの位置にその列データを印刷するか配置を決めます。他の列見出しに対しても同様の操作を行います。また、編集ツールを使用して列データの印刷で使用するフォントなどの装飾や各ラベルに共通で使用する図やテキストなどを挿入することもできます。印刷プレビューで確認して問題がなければ[印刷]ボタンをクリックして印刷をします。

ラベル印刷ウィザード ステップ 3

ラベル印刷プレビュー

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×