Microsoft Classroom のアクセシビリティ機能

Microsoft Classroom は、複数のブラウザーおよびオペレーティング システム上でアクセシビリティ機能を使用するように設計されています。この記事では、Classroom が Windows 10 上でアクセシビリティ機能を使用する方法について説明します。

キーボード

ボタン、リンク、およびメニュー項目の間を移動するには、Tab キーを使用します。項目を選択するには、Space キーを使用します。

コンピューターの簡単操作センター

ナレーター、拡大鏡、ハイコントラスト設定を使用するには、Windows ロゴ キー + U キーを押してコンピューターの簡単操作センターを開きます。 

ナレーター

ナレーターは、Windows に搭載されているスクリーン リーダーです。ナレーターをオンにすると、画面上のテキストやボタンが読み取られるので、Internet Explorer および Microsoft Edge ブラウザーで Microsoft Classroom を使用できるようになります。

ナレーターをオンにするには、Windows ロゴ キー + U キーを押して、[ナレーター] をオンにします。 

拡大鏡

拡大鏡は画面の一部を拡大します。 

拡大鏡をオンにするには、Windows ロゴ キー + U キーを押して、[拡大鏡] を選択し、[拡大鏡] をオンにします。 

拡大表示するには、Windows ロゴ キー + 正符号 (+) キーを押します。縮小表示するには、Windows ロゴ キー + 負符号 (-) キーを押します。拡大鏡をオンにすると、拡大鏡ツールバーが表示され、各種ビューを拡大縮小および選択するためのオプションが利用できるようになります。 

ハイ コントラスト

テキストを見やすくするには、[設定] でハイ コントラスト テーマを選択します。Windows ロゴ キー + U キーを押して、[ハイ コントラスト] を選択します。一覧からテーマを選びます。テキストやハイパーリンクなどの要素の色を変更するには、現在表示されている色を選択し、次に希望する色を選択します。 

設定が完了したら、[適用] を選択します。 

注:ハイ コントラストは、Internet Explorer および Microsoft Edge ブラウザーでサポートされています。その他のブラウザーでは、ハイ コントラストを有効にする方法が異なる場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×