Microsoft Classroom で新しいクラスを設定する

Office 365 に含まれている School Data Sync を使用している学校や学区の場合、Classroom での新しいクラスの作成は自動的に行われます。学校の情報システム (SIS) 内にある名簿情報を使用して、クラス、教師、学生が自動的に作成および登録されます。

School Data Sync を使用していない学校の場合、教師はクラスの作成および管理を手動で行うことができます。次の 4 つの手順があります。

  1. 新しいクラスを作成する

  2. 学生と共同で指導する教師とを追加する

  3. クラスをカスタマイズする (省略可能)

  4. クラスをアクティブ化する

新しいクラスを作成する

  1. Microsoft Classroom にサインインします。

  2. [+ 新しいクラス] を選択し、学校内で他と重複しないクラス名を入力します。

  3. [完了] を選びます。クラスは非アクティブ クラスの一覧内に作成されます。

学生と教師をクラスに追加する

  1. Microsoft Classroom にサインインします。

  2. ユーザーの追加先とするクラスを選択します。

  3. [管理] を選択します。[学生] で、[登録済み] の横にあるリンクをクリックします。

  4. [+ 学生の追加] または [+ 教師の追加] を選択して、該当するユーザーの名前または学校のメール アドレスを入力します。

  5. [Done] を選びます。

クラスをカスタマイズする

クラスをカスタマイズするには、[非アクティブ] を展開し、作成済みのクラスを選択し、[管理] を選択します。[管理] 画面からは、次のことを実行できます。

  • クラスの説明を入力する

  • クラスの情報を入力または変更する

  • クラスの色、アイコン、カバー写真を選ぶ

クラスをアクティブ化する

クラスがアクティブになるまで、学生はクラスを表示することも、クラスに追加された課題を表示することもできません。クラスをアクティブにすると、課題がすべての学生に表示されるようになります。

  1. 教師として Microsoft Classroom (http://classroom.microsoft.com) にサインインします。

  2. [非アクティブ] とマークされたセクションで、アクティブにするクラスを選びます。

  3. [管理] を選択し、[クラスのアクティブ化] を選択します。

クラスを非アクティブにするには、該当するクラスを開き、[管理] を選択します。[クラスの非アクティブ化] を選択して、非アクティブ クラスの一覧にクラスを移動します。これにより、学生に対して課題は表示されなくなります。課題は保持されているので、クラスが再度アクティブになると、学生は課題を確認できるようになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×