Microsoft Bookings で言語とタイム ゾーンを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft の予約 を使っていて、間違った時刻に予約が作成される場合は、タイム ゾーンの設定の変更が必要な場合があります。または、予約が正しくない言語で作成される場合は、言語の設定を変更する必要があります。

予約 には、2 つの独立した言語とタイム ゾーンの設定があります。1 つ目の設定は、ビジネス側のエクスペリエンスを設定します。この設定は、予約予定表の言語とタイム ゾーンを制御し、ログインしているユーザーの個人用予定表に適用される Outlook on the web の設定を使って設定します。言語とタイム ゾーンの 2 つ目の設定は、ユーザーが使うセルフサービスの予約ページに適用され、そのページの言語とタイム ゾーンだけを制御する専用の "地域設定" ページを使って設定します。

この記事では、これらの設定にアクセスしてタイム ゾーンと言語が正しく設定されていることを確認する方法、および必要な場合にそれらを編集する方法について説明します。

注: 現在、Bookings は、Office 365 Business Premium サブスクリプションをお持ちのお客様がご利用いただけます。

予約予定表の言語とタイム ゾーンの設定

予約予定表では、ログインしているユーザーの言語とタイム ゾーンの設定が使われます。そのため、たとえば、ログインしているユーザーのタイム ゾーンが東部標準時 (EST) に設定されている場合、予約予定表の既存の予定の開始時刻と終了時刻は EST で表示されます。このタイム ゾーンは、もともと、ユーザーの Microsoft Office 365 アカウントと Outlook on the web アカウントが作成されるときに設定されたものです。予約予定表の言語とタイム ゾーンを設定するには、以下の手順のようにします。

最初に、Office 365 にログインし、ランディング ページ (下図参照) または Office 365 アプリ起動ツールで、[メール] タイルまたは [予定表] タイルをクリックします。 

アプリ起動ツールの[メール] ボタンと [予定表] ボタン

クリックしたアプリが開いたら、画面の右上隅にある 設定アイコン をクリックして、個人とアカウントの設定を開きます。設定パネルの検索ボックスで、「タイム ゾーン」を検索します。このアカウントの現在の個人の言語とタイム ゾーンの設定が表示されます。前に説明したように、この設定は、予約予定表の言語とタイム ゾーンも制御します。変更が必要な場合は、[言語] または [現在のタイム ゾーン] ボックスのドロップダウン矢印をクリックして、最適な選択肢を選びます。

現在のタイム ゾーンが表示されている [設定] ページ

選択が済んだら [保存] をクリックします。[設定] パネルが閉じ、Outlook on the web が再起動して、新しい言語とタイム ゾーンの設定が適用されます。

予約ページの言語とタイム ゾーンの設定

ユーザーが使う予約ページの言語とタイム ゾーンの設定を変更するプロセスは、もう少し複雑です。まず、予約ページに使われる URL を取得する必要があります。その後、その URL の一部を使って、予約ページ専用の言語とタイム ゾーンの設定を開く新しい URL を作成します。

予約ページの URL を取得するには、Office 365 アカウントにログインし、[予約] をクリックして、[予約ページ] ノードをクリックします (下の左側の図を参照)。

予約ページを既に保存して発行している場合、[コピー] ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、予約ページの URL がクリップボードにコピーされます (下の右側の図を参照)。[コピー] ボタンが表示されない場合は、最初に [保存して発行] をクリックして予約ページを発行し、[コピー] ボタンでコピーする URL を作成する必要があります。

[コピー] ボタンが強調表示されている Booking ページ

予約ページの [コピー] ボタンをクリックし、表示されるダイアログ ボックスの指示に従って、メモ帳などのテキスト エディターに予約ページの URL を貼り付けます。次に、予約 アカウントによって使われるメールボックスを表す URL の部分を探す必要があります。テキスト エディターには、次に示すサンプルのような予約ページ URL が貼り付けられます。太字で強調表示されている部分が、予約ページの URL で見つける必要がある部分です。予約予定表の名前に似たエイリアス、"@" 記号、".com" で終わる長いドメイン名で構成されています。

https://outlook.office365.com/owa/calendar/MicrosoftBookings@changingtimezones.onmicrosoft.com/bookings/

次に、下の URL の "[予約メールボックスのアドレスをここに挿入]" の部分を、上の予約ページ URL で太字になっている、予約 アカウントのメールボックス アドレスを表す部分に、置き換える必要があります。そのためのよい方法としては、下の URL もテキスト エディターにコピーし、下の太字で表されているテキストを、上で見つけた予約アカウントのメールボックス アドレスに置き換えます。余計なスペースやスラッシュが入ったり、必要な文字が削除されたりしないようにご注意ください。

https://outlook.office365.com/owa/[予約メールボックスのアドレスをここに挿入]/?offline=disabled&path=/options/regional

上の手順のようにすると、セルフサービスの予約ページ専用の言語とタイム ゾーンの設定を開く URL が作成されます。上の例のテスト アカウント予約ページの言語とタイム ゾーンの設定を変更するために使われる URL は次のとおりです。

https://outlook.office365.com/owa/MicrosoftBookings@changingtimezones.onmicrosoft.com/?offline=disabled&path=/options/regional

この URL を使うには、新しい Web ブラウザー タブを開き、上の URL をコピーして、新しいブラウザー ウィンドウのアドレス バーに貼り付け、Enter キーを押します。セルフサービス予約ページの [地域とタイム ゾーンの設定] ページ (下図参照) が開きます。ログインを要求される場合は、予約 にログインするときと同じユーザー名とパスワードを使います。このページが表示されたら、下の図で赤く囲ってある [現在のタイム ゾーン] フィールドをクリックして、選択されているタイム ゾーンを確認および変更できます。または、やはり下の図に示されている [言語] フィールドをクリックして、予約ページで使われる言語を変更できます。必要に応じて設定した後、[保存] をクリックしてブラウザー ウィンドウを閉じます。

その後、予約 のセルフサービス予約ページを開くと、選択したタイム ゾーンの時刻と、選択した言語のテキスト文字列が表示されます。

変更を反映するには、既に開いているすべての予約ページを閉じて開きなおす必要があることにご注意ください。

地域とタイム ゾーンの設定ページの現在のタイム ゾーンの設定

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

予約ページの公開と公開中止

Microsoft Bookings の概要

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×