Microsoft Azure Marketplace からデータを取得する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

人口統計、環境、財務、小売、スポーツなど、Microsoft Azure Marketplace はありとあらゆるソースからデータを提供します。多くのソースは無償です。取得したデータ フィードのデータを、Excel および PowerPivot アドインで作成したデータ モデルで使用できます。

Microsoft Azure Marketplace のデータを使うには、Microsoft アカウントが必要です。Azure Marketplace を初めて使う場合は、無償のデータ ソースを 1 つ使って手順を試してみてください。また、「チュートリアル: Microsoft Azure Marketplace データを使って Power View レポートを作成する」もご覧ください。

Microsoft Azure Marketplace からの開始

  1. Microsoft Azure Marketplace Web サイトに移動します。

  2. Microsoft アカウントでログインします。

  3. 最初に使用するときは、アカウント情報を入力し、Excel でのインポートまたはエクスポートに使用するアカウント ID を作成します。

  4. [データ] をクリックします。

  5. [料金] の下にある [無料] をクリックして、無償のデータ ソースのみを一覧表示します。

  6. データ ソースをクリックします。無料のデータ ソースを含むほとんどのデータ ソースは、使用の際にサインアップが必要です。サインアップするリンクをクリックします。

  7. データ ソース ページで、[このデータの参照] を見つけます。ほとんどのページにこの名前のリンクがあり、クリックすると、クエリ ウィンドウが開きます。

  8. クエリを実行します。

  9. [プログラムへのエクスポート] で [Excel PowerPivot] を選び、[ダウンロード] をクリックします。

  10. ドキュメントを開くか保存するように求められたら、[開く] をクリックします。

  11. [新しいブックの作成] をクリックし、[OK] をクリックします。Excel が開いて PowerPivot アドインが開始され、[PowerPivot] ウィンドウが開き、あらかじめ指定されたデータ フィード URL でテーブルのインポート ウィザードが起動します。

  12. PowerPivot によってアカウント ID が要求される場合があります。アカウント ID は、Azure Marketplace の [マイ アカウント] ページで確認できます。

PowerPivot からの開始

  1. Excel で、[PowerPivot] タブ、[データ モデルの管理] の順にクリックして、[PowerPivot] ウィンドウを開きます。

  2. [ホーム] の [外部データの取り込み] で [データ サービスから]、[Microsoft Azure Marketplace から] の順にクリックします。

  3. Microsoft Azure Marketplace が、サイトの [カタログ] ページで開かれます。左側の設定を選んで、種類、料金、カテゴリ、発行元によりデータをフィルター処理します。PowerPivot に直接インポートできる無料または購入済みのデータセットの参照またはサインアップを行います。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×