Microsoft Azure テーブル ストレージに接続する (Power Query)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Azureと同様に、他のデータ ソースに接続するのには、使用する Excel の取得し、変換する (Power Query)が発生します。 Microsoft Azureテーブルの記憶域は、大量の構造化、非リレーショナル データを保存するサービスです。Microsoft Azureテーブル ストレージ サービスの詳細については、テーブルの記憶域サービスを使用する方法を参照してください。

[データ] タブの [データの取り込み] をクリックして >から Azure > Azure テーブル ストレージからします。[データの取り込み] ボタンが表示されない場合は、新しいクエリをクリックして >から Azure > Microsoft Azure テーブル ストレージからします。

Power Queryリボン タブで、[ Azure から] をクリックして > Microsoft Azureテーブル ストレージからします。次の追加の手順に従います。

Azure] ダイアログ ボックスで power Query のインポート

次へ

  1. Microsoft Microsoft Azureテーブル ストレージ] ダイアログ ボックスで、 Microsoft Azureストレージのアカウント名または URL を入力し、[ OK] をクリックします。

  2. テーブル ストレージ サービスに初めて接続する場合は、ストレージ アクセス キーの入力と保存を求められます。[Microsoft Azure テーブル ストレージへのアクセス] ダイアログ ボックスの [アカウント キー] ボックスにストレージ アクセス キーを入力し、[保存] をクリックします。

    注: ストレージ アクセス キーの取得が必要な場合は、[Microsoft Azure ポータル] で自分のストレージ アカウントを選び、ページの下部の [アクセス キーの管理] アイコンをクリックします。プライマリ キーの右にあるコピー アイコンをクリックし、その値を [アカウント キー] ボックスに貼り付けます。

  3. [クエリ エディター] に、[ナビゲーター] の Microsoft Azure テーブル ストレージで使えるすべてのテーブルが一覧表示されます。 [ナビゲーター] で、データをインポートするテーブルをクリックします。 選んだ Microsoft Azure テーブルには、PartitionKeyRowKeyTimestampContent など定義済みの列が表示されます。

  4. [コンテンツ] 列を展開し、さらに展開する列を選んで、[OK] をクリックします。

  5. クエリ エディター] で選択した列がある後[適用して閉じる]を Excel シートにデータをインポートをクリックします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Power Query は Excel 2016 では [取得して変換] と呼ばれています

外部データ ソースからデータをインポートする

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×