Microsoft Access データベースへのフォーム データの送信

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

概要

手順 1.: 送信データ接続を有効にする

手順 2.: 送信オプションを構成する

概要

Microsoft Office Access (.mdb) データベースまたは Microsoft Office Access 2007 (.accdb) データベースに基づく Microsoft Office InfoPath フォーム テンプレートをデザインするときに、次の条件が満たされている場合、データ接続ウィザードは、データベースへの送信データ接続を作成します。

  • ユーザーが InfoPath を使用して入力するように、フォーム テンプレートがデザインされている。Web ブラウザを使用して入力するようにフォームがデザインされている場合、フォームはデータベースにデータを直接送信できません。データをデータベースに送信するようにブラウザー互換フォーム テンプレートを構成するには、データベースを操作する Web サービスへデータを送信するデータ接続を使用します。

  • メイン データ接続で使用される主データベース テーブルには、主キー、一意なキー、または一意なインデックスが格納されています。

  • このメイン データ接続で使用される他のデータベース テーブルには、主データベース テーブルへの単純な階層リレーションシップが保持されています。

  • データベースには、画像、イメージ、OLE オブジェクト、ファイル添付、Office Access メモ データ型、SQL Text データ型など、大きいバイナリ データ型を格納できるフィールドは格納されていません。

データベースがこれらの要件を満たしている場合、送信データ接続が作成され、[標準] ツールバーには [送信] が、フォームの [ファイル] メニューには [送信] が追加されます。

注: セカンダリ データ接続はデータベースにデータを送信できません。データベースへの送信データ接続をセカンダリ データ接続として使用するには、データベースを操作する Web サービスを識別し、その Web サービスに送信データ接続を追加します。

送信データ接続を有効にした後、次の方法でフォーム テンプレートの送信オプションをカスタマイズできます。

  • [標準] ツールバーの [送信]、および [ファイル] メニューの [送信] に表示されるテキストを変更します。

  • [標準] ツールバーの [送信]、および [ファイル] メニューの [送信] のキーボード ショートカットを変更します。

  • ユーザーがフォームを送信したときに表示される、ユーザー設定のメッセージを作成します。

  • フォームが送信された後、フォームを開いたままにしておくか、フォームを閉じるか、または新しい空のフォームを開くかを指定します。

ページの先頭へ

手順 1.: 送信データ接続を有効にする

  1. [ツール] メニューの [データ接続] をクリックします。

  2. [データ接続] ダイアログ ボックスで、メイン データ接続をクリックし、[変更] をクリックします。

  3. データ接続ウィザードで [次へ] をクリックします。

  4. ウィザードの次のページで、[この接続での送信を有効にする] チェック ボックスをオンにし、[完了] をクリックします。

ページの先頭へ

手順 2: 送信オプションを構成する

送信データ接続を有効にした後、[標準] ツールバーには [送信] が、[ファイル] メニューには [送信] が表示されます。記入済みのフォームを送信した後ユーザーにメッセージを表示するように、このフォーム テンプレートに基づくフォームが構成されます。このメッセージは、フォームが正常に送信されたかどうかを示します。既定では、ユーザーがフォームを送信した後もフォームは開いたままになっています。[送信] に表示されるテキスト、およびユーザーがフォームを送信した後に発生する動作を変更するには、次の操作を行います。

  1. [ツール] メニューの [送信オプション] をクリックします。

    1. ユーザーがフォームに入力する時に [標準] ツールバーに表示される [送信] ボタンの名前と、[ファイル] メニューに表示される [送信] コマンドの名前を変更するには、[送信オプション] ダイアログ ボックスの [キャプション] ボックスに新しい名前を入力します。

      ヒント: このボタンおよびコマンドにキーボード ショートカットを割り当てる場合は、入力のアンパサンド (&) は、キーボード ショートカットとして使用する文字の前にします。たとえば、として送信] ボタンとコマンドのキーボード ショートカットは、alt キーを押しながら B を割り当てる、 Su と送を入力します。

  2. ユーザーがフォームに入力する時に [送信] コマンドまたは [標準] ツールバーの [送信] ボタンを使用できないようにする場合は、[送信メニューおよび送信ツール バーを表示する] チェック ボックスをオフにします。

    1. 既定では、ユーザーがフォームを送信した後もそのフォームは開いたままになり、フォームの送信が正常に終了したかどうかを示すメッセージが表示されます。この既定の動作を変更するには、[詳細設定] をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

      • ユーザーが入力済みのフォームを送信した後で、そのフォームを閉じるか新しい空のフォームを作成する場合は、[送信後] ボックスの一覧で目的のオプションをクリックします。

      • フォームが正常に送信されたかどうかを示すメッセージを独自に作成する場合は、[ユーザー設定のメッセージを使用する] チェック ボックスをオンにし、[成功時] と [失敗時] の両方のボックスにそれぞれメッセージを入力します。

        ヒント: [失敗時] ボックスのメッセージには、フォームを送信できなかった場合の対処法を含めます。たとえば、フォームを保存したうえで関係者に問い合わせるようにユーザーに促すメッセージを入力できます。

      • ユーザーがフォームを送信した後に確認メッセージを表示しない場合は、[成功時および失敗時にメッセージを表示する] チェック ボックスをオフにします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×