Microsoft 365 Business ユーザーのモバイル デバイスをセットアップする

注: これはパブリック プレビューのプレリリース ドキュメントです。将来のリリースで変更される可能性があります。

タブの指示に従って、Office を iPhone または Android スマートフォンにインストールします。これらの手順を実行すると、Office アプリで作成した作業ファイルは、Microsoft 365 Business で保護されるようになります。

この例は Outlook 用ですが、インストールするその他の Office アプリにも適用されます。

モバイル デバイスをセットアップする

Microsoft 365 Business を使用して iOS デバイスで Office アプリをセットアップする方法に関するビデオをご覧ください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

App Store に移動し、検索フィールドに「Microsoft Outlook」と入力します。

iPhone App Store に移動する

クラウドのアイコンをタップして Outlook をインストールします。

クラウドのアイコンをタップして Outlook をインストールする

インストールが完了したら、[開く] ボタンをタップして、Outlook を開き、[はじめに] をタップします。

[開始] ボタンが表示された Outlook のスクリーンショット

[メールアカウントの追加] 画面で職場のメール アドレスを入力してアカウントを追加し、自分の Microsoft 365 Business の資格情報を入力してサインインします。

自分の職場アカウントにサインインする

組織がアプリ上のファイルを保護している場合は、組織がアプリ内のデータを現在保護しており、使用を継続するには、アプリを再起動する必要があることを示すダイアログが表示されます。[OK] をタップして Outlook を終了します。

組織が Outlook アプリを保護していることを示すスクリーンショット

iPhone で Outlook を見つけて、再起動します。求められたら、PIN を入力し、確認します。これで iPhone で Outlook を使用できるようになりました。

PIN を設定して組織のデータにアクセスする

Android スマートフォンでは、Play ストアに移動します。

Android のホーム画面で、Play ストアをタップする

Google Play の検索ボックスで「Microsoft Outlook」と入力し、[インストール] をタップします。

Outlook のインストールが終了したら、[開く] をタップします。

[開く] をタップして Outlook アプリを開く

Outlook アプリで [はじめに] をタップし、Microsoft 365 Businessメール アカウントを追加して [続行] をタップし、組織の資格情報でサインインします。

Outlook で組織のアカウントにサインインする

Intune ポータル サイト アプリをインストールする必要があること示すダイアログで、[ストアに移動] をタップします。

[Go] をタップしてストアに移動し、Intune ポータル サイト アプリを取得する

Play ストアで、Intune ポータル サイトをインストールします。

Google Play ストアで Intune ポータル サイトの [インストール] ボタンを示すスクリーンショット

Outlook をもう一度開き、PIN を入力して確認します。これで Outlook アプリが使用できるようになりました。

Android で Outlook に PIN を設定する

関連トピック

Microsoft 365 Business のドキュメントとリソース
Microsoft 365 Business を使い始める
Microsoft 365 Business の管理

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×