スキップしてメイン コンテンツへ
セットアップ

Windows 10 デバイスをセキュリティで保護する

まずこちらの手順に従ってデバイスを Windows 10 Pro にアップグレードします。 (YouTube.com にアクセスする)

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Microsoft 365 Business を使用すると、確実に Windows 10 デバイス上で Windows Defender ウイルス対策を有効にして、Microsoft 更新プログラムをユーザーのデバイスに自動的にダウンロードすることができます。

  1. Microsoft 365 管理センターにサインインします。

  2. [ポリシー] で [ポリシーの追加] を選択します。

  3. [ポリシーの追加] ウィンドウで、[ポリシー名] に名前を入力し、[ポリシーの種類] から [Windows 10 デバイスの構成] を選択します。

  4. [Windows 10 デバイスのセキュリティ保護] を選択してサブ設定を表示します。

  5. [Windows Defender ウイルス対策を使用してウイルスやその他の脅威から PC を保護する] と [Windows 10 デバイスが自動的に最新の状態を維持できるようにする] をオンにします。

  6. [これらの設定の該当ユーザー] では、すべてのユーザーが既定で選択されていますが、[変更] を選択して、作成したセキュリティ グループを選択することもできます。

  7. ポリシーの作成を完了するには、[追加] を選択します。

  8. [ポリシーの追加] ページで [閉じる] を選択します。

  9. 管理センターのホーム ページで、[ポリシー] を選択して [ポリシー] ページのポリシーを表示し、新しいポリシーが追加されたことを確認します。

  10. ポリシーが有効になったことを確認するには、ユーザーの Windows 10 デバイスで Windows Update に移動し、[詳細オプション] を選択し、設定が灰色表示されていることを確認します。

    次に、[更新プログラムの提供方法を選ぶ] をクリックし、設定が灰色表示され、次のメッセージが表示されることを確認します。"いくつかの設定が非表示になっているか、または組織によって管理されています。"

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×