Microsoft 365 Business を使い始める

Microsoft 365 Business とは

Microsoft 365 Business は、ビジネス生産性と共同作業ツールの包括的なセットです。これには、常に最新の状態に保たれた Outlook、Word、Excel、およびその他の Office 製品が含まれます。iOS、Android、Windows 10 のすべてのデバイス上の作業ファイルを、管理が容易なエンタープライズ レベルのセキュリティで保護することができます。

Microsoft 365 Business では、最大 300 のライセンスを利用できますが、オンプレミスの AD を含むハイブリッドはサポートしていません。いずれかが必要な場合、詳細については、Microsoft 365 Enterprise ドキュメントを参照してください。

Microsoft 365 Business を入手する

この時点では、Microsoft 365 Business はパートナーが利用できます。ユーザーも、2017 年 8 月 2 日に開始されるパブリック プレビューにサインアップすることができます。

Microsoft 365 Business をセットアップする

Microsoft 365 Business Suite のセットアップと管理の概要

次の図に、管理者が Microsoft 365 Business をセットアップして管理する方法を示します。 Microsoft 365 Business 用に Windows PC を準備する手順についても説明します。Windows AutoPilot を使用して、Microsoft 365 Business 管理センターに新しいデバイスを追加することもできます。AutoPilot を使用すると、新しいデバイスのセットアップと事前構成が行われるので、ユーザーが自分の Microsoft 365 Business の資格情報を使用してサインインするとすぐにそのデバイスを生産的に利用できます。

図の AAD は、Azure Active Directory または Azure AD のことです。

管理者、およびユーザーのセットアップと管理のフローを示す図

Microsoft 365 Business をセットアップする (管理者)

グローバル管理者の資格情報で Microsoft 365 Business 管理センターにサインインし、次の手順を完了して Microsoft 365 Business をセットアップします。

  1. Microsoft 365 Business でデバイス上のデータを保護するための前提条件

    最初に前提条件を読み、デバイスが Microsoft 365 Business の前提条件を満たしていることを確認します。

  2. セットアップ ウィザードを使用して Microsoft 365 Business をセットアップする

    ローカル Active Directory からクラウドに完全に移行する場合は、Microsoft 365 Business 管理センターでセットアップ ウィザードを使用して手動でユーザーを追加することも、Azure AD Connect と 1 回限りの同期を行うこともできます。これを行うには 2 つの方法があります。

  3. セットアップ ウィザードでユーザー ライセンスを追加すると、これらのユーザーが Office をインストールするとすぐに、Office アプリのデータがユーザーの Android および iPhone アプリで保護されるようになります。

    ユーザーの PC や他のデバイスをセットアップするには、次のセクションの「デバイスをセットアップする (管理者)」と「デバイスをセットアップする (ユーザー)」をご覧ください。

デバイスをセットアップする (管理者)

ユーザーが新しいユーザー デバイスをすぐに使用できるようにセットアップすることができます。

  • Windows AutoPilot を使用して、Windows 10 PC をセットアップする

    AutoPilot を使用すると、デバイスを Microsoft 365 Business にアップロードし、それらのデバイスに 1 つのプロファイルを割り当てることができます。プロファイルは、1 つのデバイスまたはデバイス グループに適用できる設定のコレクションです。Windows 10 PC にプロファイルを適用した場合は、ユーザーが自分の Microsoft 365 Business の資格情報を使用してサインインすると、デバイスが自動的にセットアップされて使用できるようになります。

  • Windows 10 デバイスで Office を自動的にインストールまたはアンインストールする

    Microsoft 365 Business 管理センターから、Windows 10 デバイスに Office をインストールします。セットアップ時に、ユーザー ライセンスを割り当てるときにこれを行うこともできます。

デバイスをセットアップする (ユーザー)

ユーザーは、次の手順に従って、自身のデバイスをセットアップする必要があります。

  • Microsoft 365 Business ユーザーのモバイル デバイスをセットアップする

  • (省略可能) OneDrive for Business にファイルを移動する。サードパーティ製のツールを使用して、Windows プロファイルに関連付けられているファイルを OneDrive に移動することもできます。

    PC に多数のローカル ファイルやお気に入りがある場合は、PC を Azure Active Directory に接続する前に、それらを OneDrive for Business に移動できます。

  • Windows AutoPilot を使用して、Windows 10 PC をセットアップする

    AutoPilot を使用すると、デバイスを Microsoft 365 Business にアップロードし、それらのデバイスに 1 つのプロファイルを割り当てることができます。プロファイルは、1 つのデバイスまたはデバイス グループに適用できる設定のコレクションです。Windows 10 PC にプロファイルを適用した場合は、ユーザーが自分の Microsoft 365 Business の資格情報を使用してサインインすると、デバイスが自動的にセットアップされて使用できるようになります。

  • Microsoft 365 Business ユーザーの Windows PC をセットアップする

    この手順では、新しいコンピューターを手動でセットアップするか、既存の Windows 10 PC を Azure Active Directory に接続するかを選択できます。

    既存のコンピューターを Azure AD に接続すると、OneDrive for Business から個人用のファイルを戻すことができます。

サポート サービス

サポートに連絡する場合:

  • パートナーにお問い合わせください。

  • Microsoft 365 Business 管理者の場合、Microsoft カスタマー サポート チームに問い合わせることができます。お気軽にお問い合わせください

関連トピック

Microsoft 365 Business のドキュメントとリソース
Microsoft 365 Business の管理

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×