ビジネスをセキュリティで保護する

悪意のあるサイトから保護する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
テキスト付きのアート: 管理センターが変更されています。「https://aka.ms/aboutM365Preview」を参照してください。

Advanced Threat Protection、または ATP の安全なリンクは、フィッシングおよびその他の攻撃で使用されている悪意のあるリンクから組織を保護するのに役立ちます。 それを有効にする方法を見てみましょう。

  1. 管理センターからhttps://admin.microsoft.comで、[セキュリティ]、[脅威管理]、[ポリシー]、[ ATP の安全なリンク] の順に選択します。 ATP の安全なリンクの保護機能を十分に活用するには、既定のポリシーを編集して、特定のユーザーのポリシーを追加することもできます。 まず、既定のポリシーを編集してみましょう。

  2. 組織内のユーザーに対してブロックする1つ以上の url を入力します。

  3. office ドキュメント内のリンクに保護を適用するには、[office 365 ProPlus、office for iOS、および Android ] を選びます。

  4. [ユーザーのクリックを追跡しない] を選択し、[ユーザーがクリックしてから移動して保存する] を選択します。 次に、特定のユーザーのポリシーを定義します。

  5. プラス記号を選択し、必要に応じて名前と説明を追加します。 既知の悪意のあるリンクの一覧に対して、url をチェックするかどうかを選びます。

  6. [安全な添付ファイルを使用してダウンロード可能なコンテンツをスキャンする] を選択して、ダウンロード可能なコンテンツを参照するリンクを確認します。

  7. 組織内のユーザーから送信されるメッセージに安全なリンクを適用するかどうか、ユーザーが安全なリンクをクリックしたときに追跡するかどうか、ブロックされたリンクをユーザーが上書きしないようにするかどうかを選びます。

  8. 自分のパブリック web サイトなど、確認する必要がない信頼済みサイトの URL を入力します。

  9. ポリシーを適用するユーザーを選択します。 追加情報を入力する必要がある場合があります。 [ OK]、[保存] の順に選択します。

データセンターを通じてポリシーが機能するように、30分待ちます。 ATP の安全なリンクを有効にした場合、ユーザーがリンクを含むメールを受信すると、リンクがスキャンされます。 リンクが安全であると判断された場合、ユーザーはそれをクリックすることができます。 ただし、リンクがブロックリストにある場合は、ブロックされていることを示すメッセージがユーザーに表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×