Microsoft 予約へのアクセス権を取得する

このトピックでは、Microsoft 予約無料アドオンを取得して、ユーザーにライセンスを割り当てる方法について説明します。

エンタープライズサブスクリプションの無料 Microsoft 予約アドオンを入手する

一般法人向け Office 365 for Business、Office 365 Enterprise E3、および E5 サブスクリプションの場合、ビジネスアプリ (無料)アドオンを通じて提供される Microsoft 予約アプリは、既定では無効になっています。 ライセンスを取得してユーザーに割り当てるには、次の手順を実行します。

重要: これらの手順は、顧客が直接購入した Office 365 サブスクリプションにのみ適用されます。

  1. Microsoft 365 管理センターにサインインします。 グローバル管理者である必要があります。 Office 365 for business にサインインする場所

  2. 管理センターで、[課金>購入サービス] に移動します。

  3. [サービスを購入する] ページで、キーボードの CTRL キーを押しながら Fキーを押して、ブラウザーの検索機能を開き、ビジネスアプリ (無料)を検索します。

  4. ビジネスアプリ (空き)カードを見つけたら、マウスをポイントするか、カード上の任意の場所をクリックして [今すぐ購入] ボタンを表示し、[今すぐ購入] をクリックします。 (このアドオンは、実際には無料です)。

  5. + (プラス) と- (マイナス) アイコンを使用して、必要なライセンス数を選択し、[今すぐチェックアウト] を選択します。

  6. [チェックアウト] ページで注文を確認し、[次へ] をクリックします。

  7. 現時点でクレジットカード情報を提供しない場合は、支払い方法から [請求書] を選択します。 月額プランが更新され、請求明細書のように表示されることを通知するメール通知が表示されますが、$0.00 の借入は義務となります。

  8. [注文] を選択します。

  9. [すべての設定] ページで、ユーザーにライセンスを割り当てるか、管理センターのホームページにアクセスするかを選択できます。

  10. 「一般法人向け Office 365 でライセンスをユーザーに割り当てる」の手順に従います。 手順に従って、1人のユーザーまたは複数のユーザーにライセンスを追加することができます。

次の手順については、「 Microsoft 予約のセットアップ」の手順を実行します。

Microsoft Enterprise Agreement またはボリュームライセンスサブスクリプションの無料の予約アドオンを入手する

Office 365 Enterprise E3 と E5 を Microsoft Enterprise agreement またはボリュームライセンスを使って購入した場合は、ボリュームライセンスサービスセンター (VLSC) で Microsoft 予約アドオンを入手する必要があります。 無料のアドオンを入手したら、組織内のユーザーにライセンスを割り当てることができます。 チャネルパートナーまたは再販業者と協力して、アドオンのゼロドルの発注書を配置します。 ボリュームライセンスサービスセンターでアドオンを購入した後は、次の手順に従って、ライセンスを取得し、Microsoft 365 管理センターでユーザーに割り当てることができます。

VLSC の詳細については、次のトピックを参照してください。

無料の予約アドオンを入手する

  1. Microsoft 365 管理センターにサインインします。 グローバル管理者である必要があります。 Office 365 for business にサインインする場所

  2. 管理センターで、[課金>購入サービス] に移動します。

  3. [サービスを購入する] ページで、キーボードの CTRL キーを押しながら Fキーを押して、ブラウザーの検索機能を開き、ビジネスアプリ (無料)を検索します。

  4. ビジネスアプリ (空き)カードを見つけたら、マウスをポイントするか、カード上の任意の場所をクリックして [今すぐ購入] ボタンを表示し、[今すぐ購入] をクリックします。 (このアドオンは、実際には無料です)。

  5. + (プラス) と- (マイナス) アイコンを使用して、必要なライセンス数を選択し、[今すぐチェックアウト] を選択します。

  6. [チェックアウト] ページで注文を確認し、[次へ] をクリックします。

  7. 現時点でクレジットカード情報を提供しない場合は、支払い方法から [請求書] を選択します。 月額プランが更新され、請求明細書のように表示されることを通知するメール通知が表示されますが、$0.00 の借入は義務となります。

  8. [注文] を選択します。

  9. [すべての設定] ページで、ユーザーにライセンスを割り当てるか、管理センターのホームページにアクセスするかを選択できます。

  10. 「一般法人向け Office 365 でライセンスをユーザーに割り当てる」の手順に従います。 手順に従って、1人のユーザーまたは複数のユーザーにライセンスを追加することができます。

次の手順については、「 Microsoft 予約のセットアップ」の手順を実行します。

クラウドソリューションプロバイダー (CSP) サブスクリプション用の無料のビジネスアプリ (無料版) のアドオンを入手する

クラウドソリューションプロバイダーを通じて Office 365 Enterprise E3 と E5 を購入した場合は、パートナーと協力して Microsoft 予約にアクセスする必要があります。

21Vianet が運営する Office 365 のエンタープライズサブスクリプションの無料の予約アドオンを取得する (中国)

Microsoft 記帳は、office 365 Enterprise E3 と、Office 365 が 21Vianet (中国) で運営されている E5 サブスクリプションで利用できるようになりました。 組織の予約にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. 21vianet (中国) で運営されている Office 365 については、管理センターにサインインします。 グローバル管理者である必要があります。

  2. 管理センターで、[課金>購入サービス] に移動します。

  3. [サービスを購入する] ページで、キーボードの CTRL キーを押しながら Fキーを押して、ブラウザーの検索機能を開き、ビジネスアプリ (無料)を検索します。

  4. ビジネスアプリ (空き)カードを見つけたら、マウスをポイントするか、カード上の任意の場所をクリックして [今すぐ購入] ボタンを表示し、[今すぐ購入] をクリックします。 (このアドオンは、実際には無料です)。

  5. + (プラス) と- (マイナス) アイコンを使用して、必要なライセンス数を選択し、[今すぐチェックアウト] を選択します。

  6. [チェックアウト] ページで注文を確認し、[次へ] をクリックします。

  7. 現時点でクレジットカード情報を提供しない場合は、支払い方法から [請求書] を選択します。 月額プランが更新され、請求明細書のように表示されることを通知するメール通知が表示されますが、$0.00 の借入は義務となります。

  8. [注文] を選択します。

  9. [すべての設定] ページで、ユーザーにライセンスを割り当てるか、管理センターのホームページにアクセスするかを選択できます。

  10. 「一般法人向け Office 365 でライセンスをユーザーに割り当てる」の手順に従います。 手順に従って、1人のユーザーまたは複数のユーザーにライセンスを追加することができます。

次の手順については、「 Microsoft 予約のセットアップ」の手順を実行します。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×