Microsoft サービス契約書

最終更新日 :2007 年 9 月

本契約書はお客様と、本契約の第 22 条に記載されているマイクロソフト法人との間の契約です。本契約における「当社」とは、マイクロソフト法人を意味します。本契約の対象は、Microsoft Office Online および Microsoft Office Live のすべての Web サイト (およびその後継サイト)、サービス (プレリリース サービスを含む)、およびソフトウェアです。これには、更新、サポート、コンテンツも含まれます。本契約では、それらすべてを「本サービス」と呼びます。また、本契約の有効期間中にお客様が他の Microsoft サービスを追加登録した場合、そのサービスに別のライセンス条項がない限り、そのサービスも本契約の適用対象となります。別のライセンス条項がある場合は、当該条項が適用されるものとします。お客様はお客様自身が満 18 歳以上であり、現在居住する地域における成年に達していること、ならびにお客様が提供する情報のすべてが真正であることを表明しているものとします。一部のサービスには、その他の注意事項や行動規範が適用される場合があります。このような注意事項や行動規範は、参照によって本契約に組み込まれます。

これらの条項に同意する場合にのみ、本サービスを利用できます。同意されない場合、本サービスを利用することはできません。本契約では、本サービスに対する当社の責任の限定および保証の免責は、法律上許容される範囲まで許可されます。本契約の各条項を注意してお読みください。

目次

サービスの利用開始

サービスの利用条件

サービスの利用禁止条件

サービス アカウント

関連アカウントのユーザー

本契約の変更

料金と課金

サービスの変更 (解除と終了)

サービスの制限

プレリリース バージョンのサービス

マイクロソフトが編集できない領域

プライバシー

ソフトウェア

使用が許可される素材

Windows Live? ID

取引

フィードバック

連絡方法

無保証

責任の制限

賠償請求は 1 年以内に申し立てる

マイクロソフト法人、準拠法、および紛争解決の場所

契約の解釈

譲渡

不可抗力

注意事項

Domain Name Service

ページの先頭へ

1.   サービスの利用開始
本サービスを利用するためのアカウントを作成する場合、登録プロセスが終わった時点からすぐに本サービスの利用を開始できます。登録プロセスの間に示されるように、一部のサービスは当社での設定が完了するまで利用できない場合があります。本サービスを利用するためのアカウントを作成しない場合、本サービスはすぐには利用できません。

ページの先頭へ

2.   サービスの利用条件
本サービスの利用にあたって、お客様は以下の項目に従うものとします。

  • すべての法を遵守する。

  • 当社が提示する行動規範や注意事項に従う。

  • マイクロソフト スパム対策ポリシーを遵守する。

  • パスワードの秘密を保持する。

  • 本サービスに関係するセキュリティ侵害に気付いた場合、直ちに当社に通知する。

ページの先頭へ

3.   サービスの利用禁止条件
本サービスを利用するにあたり、以下の行為は禁止されています。

  • マイクロソフト、マイクロソフトの関連会社、リセラー、販売代理店、ベンダー (以下「マイクロソフト関係者」と総称します) またはマイクロソフト関係者の顧客に損害を与える方法で本サービスを利用する。

  • 違法行為へ関与、助長もしくは増進する。

  • 本サービス (および本サービスに接続されるネットワーク) に損傷、使用不能、過負荷または障害をもたらす、または他のユーザーによる本サービスの利用を妨害する。

  • マイクロソフトとの契約による許可を得ずに、本サービスまたは本サービスの一部を再販売もしくは再頒布する。

  • 一方的に送信される大量メッセージまたは広告メッセージ (以下「スパム」といいます) のリンク先として、本サービスの一部を利用する。

  • 未承認の第三者のソフトウェアまたはサービスを使用して、マイクロソフト インスタント メッセージング ネットワーク (現在は .NET Messenger サービス) にアクセスする。

  • 何らかの自動化されたプロセスまたはサービス (BOT、スパイダー、マイクロソフトが保存している情報の定期的キャッシング、または「メタ検索」など) を使用して、本サービスにアクセスしたり、使用したりする。

  • 何らかの未承認の手段により、本サービスの改変もしくは再転送を行う、またはかかる改変もしくは再転送を試みる。

ページの先頭へ

4.   サービス アカウント
お客様は本サービスを利用するためのサービス アカウントとパスワードを設定できます。本サービスでは、お客様のアカウントに関連付けられたメンバー アカウントおよびパスワードを作成することを他のユーザーに許可することができます。このようなアカウントを「関連アカウント」と呼びます。お客様自身のアカウント、関連アカウント、およびパスワードを使用した行為に関する責任は、すべてお客様が負うものとします。

ページの先頭へ

5.   関連アカウントのユーザー
お客様が関連アカウントのユーザーである場合、サービス アカウントの所有者はお客様の関連アカウントを完全に管理できます。所有者は、本サービスの終了や関連アカウントの閉鎖もしくは変更を任意に行う権利を有するほか、場合によっては関連アカウントに関連付けられたコンピュータの使用情報やサービス利用情報を要求し、受け取る権利を有します。関連アカウントに関するデータはすべて収集され、アカウント所有者とマイクロソフトに送られます。

ページの先頭へ

6.   本契約の変更
マイクロソフトは、通知することなく本契約を随時変更することができます。本契約について重大な変更を行う場合には、変更の 30 日前までにお客様に通知します。お客様が変更に同意されない場合は、変更が行われる前にサービスを解約し、使用を停止する必要があります。サービスの利用を停止しなかった場合、変更後のサービスの利用に関しては変更後の契約が適用されます。

ページの先頭へ

7.   料金と課金
この条項の内容は、サービスの料金をマイクロソフトに直接支払うすべての状況で適用されます。サービスの料金をマイクロソフト以外の企業に支払う場合、その企業が定めた料金と課金の条項が適用されます。本サービスの料金を支払わない場合でも、本サービスの利用に付随するその他の料金が発生することがあります。たとえば、電話、インターネット アクセス、モバイル テキスト メッセージング、ワイヤレス サービス、その他のデータ送信などの料金です。

  • 支払い  お客様は本サービスの登録時に、支払い手段を指定するものとします。お客様は、その支払い手段の使用が許可されていることを確認するものとします。お客様は、サービスの料金のほか、本契約が有効である間に登録または使用を選択したサービスの有料機能の料金について、指定された支払い手段を使用して当社がお客様に請求することを承認するものとします。お客様が選択した支払い手段に対して請求する金額が、あらかじめ承認された金額を上回った場合、当社は請求の 10 日前までに金額を通知します。

  • 請求  サービス料金は前払いとします。当社は、従前の複数の課金期間の料金を一度に請求する場合があります。サービスの提供期間が未定の場合、または提供期間が自動更新される場合、当社は任意の更新期間でサービスを自動的に更新し、料金を請求することができるものとします。

  • 課金アカウントの更新  お客様は、課金先住所や支払い手段の有効期限など、課金アカウントの全情報を正確かつ最新の状態に維持するものとします。https://billing.microsoft.com にアクセスして、課金アカウントに変更を加えることができます。支払い手段は随時変更できます。お客様が支払い手段の使用を停止することを当社に通知し、なおかつ新しい支払い手段を指定しなかった場合、本サービスは解約されます。お客様が当社に通知を送った場合でも、当社がそれに適切に対応できる前に請求アカウントに請求した料金については、その要望は反映されません。

  • 試用期間  お客様は期間限定の無料サービスなどの試用期間を利用することができます。特に当社から指定がない限り、試用期間を利用しているお客様が料金の発生を避けるには、試用期間の終了以前に本サービスを解約するか、契約料金が発生しないサービスにダウングレードする必要があります。お客様がサービスを解約せず、試用期間の終了時点で本サービスが自動的に有料契約に切り替わることを当社から通知してあった場合、お客様は、指定した支払い手段に対し、サービスの料金が請求されることを承認したことになります。契約料金が発生しないサービスにダウングレードした場合、一部のデータが利用できなくなり、サーバーから恒久的に削除される可能性があります。データのバックアップに必要な作業や、ビジネスの基幹手段の維持はお客様の責任において実施してください。

  • 料金と追加料金

    • 特に規定されていない限り、サービスの料金には、税金、電話およびインターネット利用料、モバイル テキスト メッセージング、ワイヤレス サービスおよびその他のデータ送信の料金は含まれません。このような税金や料金は、お客様が負担するものとします。外国為替が関係する決済は、お客様と支払い手段の提供者との合意に基づくものとします。

    • お客様が選択したサービスに特定の期間と料金が設定されている場合、かかる期間についてはその料金が適用されます。設定された期間が終了すると、当該サービスには新しい料金が適用されます。

    • 当社はサービスの料金を随時変更することができるものの、新しい料金を適用する場合はその 30 日前までに通知いたします。新しい料金に同意されない場合、お客様は新しい料金が適用される前に本サービスを解約し、使用を停止する必要があります。サービスが期間制 (月間制や年間制) の場合、新しい料金は当社が指定した日付から適用されます。

  • サービスの変更  お客様は本サービスを別のサービスに切り替えることができます。その場合、新しいサービス料金がお客様の支払い手段に請求されることを承認することになります。契約料金が不要なサービス、または料金の低いサービスに切り替えた場合、以前利用していたサービスの契約料金の未使用分、またはサービス料金の差額の払戻しを受けることができます。払戻金を他のサービスに充当することはできません。

  • 払戻し  明示的な規定がない限り、または法律により規定されていない限り、料金はすべて返金不能とします。法律により規定されていない限り、返金にかかる費用はお客様が負担するものとします。

  • お客様への支払い  お客様が払戻しを受けるには、当社が支払いを行うために必要なすべての情報 (支払いを受け取る銀行口座の情報など) を直ちに当社に提供するものとします。お客様が支払いを受け取る権利が発生する以前に、当社に必要な情報を提供する必要があります。通知する情報の正確性についてはお客様が責任を負います。支払いを受けることで課せられる税金はお客様の負担とします。本来お客様に支払うべきものでない支払いをお客様が受け取った場合、当社はかかる支払いを取り消し、返却を求めることができ、また、お客様は当社の要求に協力することに同意するものとします。

  • オンライン明細書 (誤り)  課金明細書はオンラインでのみ提供されます。https://billing.microsoft.com にアクセスして、明細書を表示、印刷、および請求してください。書面による明細書の郵送を請求した場合、手数料がかかる場合があります。書面による明細書には、請求した日から 120 日前までの項目のみが記載されます。課金に誤りがあった場合、当社はお客様からの報告を受け取った後直ちに訂正し、請求内容を調査します。誤りは、課金明細に最初に記載されてから 120 日以内に報告していただく必要があります。この期間内にお客様から報告がなかった場合、当社は誤りを訂正する義務がなくなります。誤りが最初に課金明細に記載されてから 120 日以内にお客様から報告がなかった場合、当社はその誤りによって生じる損失に対する一切の責任を免除され、賠償請求に応じる義務はなくなるものとします。この期間内にお客様から報告がなかった場合、当社は誤りを訂正する義務がなくなります。

  • 支払いの遅れ  法律によって禁じられている場合を除き、お客様が課金に対して異議を唱えている場合であっても、期日までに支払われなかった料金に対しては延滞料を課すことができます。かかる延滞料について、お客様は支払い義務を負います。延滞料は、各未払い月の料金の 1% 未満、または法律で定められた最大限度未満とします。当社は、未払い料金を第三者に依頼して徴収することができます。未払い料金の徴収に要した妥当な費用は、すべてお客様が負担するものとします。このような費用には、適切な弁護士報酬およびその他の法的費用が含まれます。お客様が料金の全額を期日までに支払わなかった場合、当社はサービスを中断または解約することができます。

ページの先頭へ

8.   サービスの変更 (解約と終了)

  • マイクロソフトによる変更  当社は理由の如何を問わず、いつでも通知なしに本サービスを変更することができます。お客様が本契約書の条項に違反した場合などを含め、当社は理由の如何を問わず、本サービスまたは本サービスの一部を通知なしに解約または中断できるものとします。その場合、本サービスに対するお客様の使用権は直ちに終了します。本サービスが解約された場合であっても、課金アカウントに対する料金の支払い義務に変更はありません。当社が本サービスを理由なく解約した場合、その期間のサービス料金の未使用分が案分して払い戻されます。

  • お客様による変更  お客様は理由の如何を問わず、いつでも本サービスを解約することができます。サービスの解約については、https://billing.microsoft.com をご覧ください。一部のサービスでは解約料が生じる場合があり、お客様はサービス規約で定められた解約料を全額支払うものとします。お客様による本サービスの解約は、課金アカウントに対する料金全額の支払い義務に何ら影響するものではありません。

  • データ  お客様自身によって、または何らかの理由でマイクロソフトによって、本サービスが終了または解約された場合、お客様のデータがサーバーから恒久的に削除される可能性があります。データのバックアップに必要な作業や、ビジネスの基幹手段の維持はお客様の責任において実施してください。

  • 権利および義務の放棄  本契約を終了するために必要な範囲内において、各当事者は、準拠法に基づく権利および義務をすべて放棄して、裁判所の介入による本契約の終了を請求します。

ページの先頭へ

9.   サービスの制限
マイクロソフトはサービスに制限を設けることができます。たとえば、次のような項目が制限されます。

  • 本サービスにおいて、マイクロソフト、お客様、または他のユーザーが投稿もしくは提供した電子メール メッセージ、掲示板への投稿、その他のコンテンツが保存される日数

  • 本サービスを通じてお客様が送受信することのできる電子メール メッセージの数とサイズ

  • お客様が利用できるマイクロソフトのサーバー上の最大ストレージ容量

  • 当社がお客様のためにホスティングする Web サイトで使用できる帯域幅容量

  • お客様のアカウントまたは任意の関連アカウントのユーザー数

  • 同一のクレジット カードによって契約できるサービス アカウント数

  • 使用されていないサービス アカウント (お客様が長期間サービスにサインインしていないサービス アカウント) の保持期間

  • 本サービスを利用して実行できる取引数

お客様が、通知されたサービス制限を超えた場合、マイクロソフトはお客様のサービスを解約する権利を留保します。

ページの先頭へ

10.   プレリリース バージョンのサービス
一部のサービスはプレリリース バージョンである場合があります。その場合、完成版の機能やサービスと動作が異なることがあります。完成版では機能が変更される場合があります。完成版がリリースされない場合もあります。当社は、お客様に事前に通知することなく、プレリリース サービスを随時変更する権利を留保します。

ページの先頭へ

11.   マイクロソフトが編集できない領域

  • コンテンツ  マイクロソフト、お客様、関連アカウントのユーザー、および第三者は、データ、文書、情報、広告、通信、メッセージ、第三者の Web サイトへのリンクなどの素材 (以下「コンテンツ」といいます) を本サービス上に掲載または保存することができます。本サービスには誰でもアクセスできる領域が含まれています。これは、マイクロソフトがホスティングするお客様の公開 Web サイト、コミュニティ掲示板サービス、共有カレンダーなど、お客様が他のユーザーと情報をやり取りできる公開領域です (以下「本サービスの公開領域」といいます)。また、本サービスにはマイクロソフトのサーバー上の共有作業サイトなど、他のユーザーによるアクセスをお客様が制限できるサービス領域もあります (以下「本サービスの非公開領域」といいます)。

  • 知的財産権  マイクロソフトは、著作権などの知的財産権で保護されたコンテンツの不正使用を認めません。お客様は、他人の著作権や知的財産権を侵害するコンテンツを共有する行為が本契約に違反することを了解します。お客様は、お客様および他のユーザーによるコンテンツの使用および公開によって、いかなる第三者の知的財産権も侵害されないことを表明し、かつ保証するものとします。お客様は、コンテンツが本契約または該当する規約に違反している場合、または削除する必要があると判断するだけの正当な理由がある場合、マイクロソフトは予告なくいつでもコンテンツを削除できることを了解します。

  • コンテンツの掲載  お客様は、お客様および他のユーザーが本サービスにおいて投稿または提供するコンテンツをマイクロソフトが管理または保証しないことを了解します。マイクロソフトは、お客様および他のユーザーが投稿または提供したコンテンツに対する知的財産権を主張しません。コンテンツを投稿または提供することにより、お客様は、マイクロソフトおよび一般人 (本サービスの公開領域に掲載されたコンテンツの場合)、もしくはお客様がアクセスを許可した一般人 (本サービスの非公開領域に掲載されたコンテンツの場合) に対し、次の行為を行うことについて自由かつ無制限で、全世界における永続的な許可を与えることになります。

    • 本サービスに関連するコンテンツを使用、改変、複製、頒布、表示する。

    • コンテンツと共にお客様の名前を公表する。

      さらにお客様は、一般人もしくはお客様がアクセスを許可した一般人に対し、かかる権利を他の人に与えることを許可します。お客様は、本条項の権利を許諾するために必要なすべての権利を有していること、およびコンテンツの使用と公表によっていかなる法律にも違反しないことを表明かつ保証するものとします。マイクロソフトは、お客様が本サービスの公開領域に掲載したコンテンツの対価をお客様に支払いません。本項は、法律により認められたコンテンツに対しかかる法律的に認められたコンテンツの使用および公開が法律に違反しない限りにおいて適用されます。

  • サービスの非公開領域  お客様は、次の操作に関しては、本サービスの非公開領域に掲載されたコンテンツの技術的処理が必要になる場合があることを了解するものとします。

    • コンテンツを保存および取得する。

    • 接続先ネットワークの技術要件に対応する。

    • 本サービスの制限を遵守する。

  • 第三者 Web サイトへのリンク  本サービスには第三者 Web サイトへのリンクを含めることができます。そのような第三者 Web サイトは、マイクロソフトの管理対象外となります。マイクロソフトが、本サービス内にこのようなリンクを設定した場合、それはもっぱらお客様の便宜を計ることを目的としたものです。本サービスにこのようなリンクを含めている場合でも、マイクロソフトが第三者の Web サイト、サービス、または製品を推奨することを意味するわけではありません。マイクロソフトは、お客様が本サービス上に掲載した第三者 Web サイトへのリンクを無効化する権利を留保します。

ページの先頭へ

12.   プライバシー

  • アクセスと開示  本サービスを運営し、提供するため、当社はお客様に関する一定の情報を収集します。当社ではそのようにして収集した情報を、「Microsoft オンライン プライバシーに関する声明」の規定に従い使用し、保護します。特に、当社は、以下のために、お客様の通信内容を含め、お客様に関する情報にアクセスし、またはそれを開示することができるものとします。

    • 法令の遵守、または法令に基づく要求もしくは訴訟への対応。

    • お客様による本サービスの使用に適用される契約もしくはポリシーの履行を含む、マイクロソフトもしくは当社の顧客の権利または財産の保護。

    • かかるアクセスまたは開示が、マイクロソフトの従業員、顧客もしくは一般人の安全保護に必要であると当社が誠実に判断した場合の対応。

      お客様は、本条項に概要が規定されたアクセスおよび開示に同意するものとします。

  • 個人情報の転送  本サービスで収集された個人情報は、米国、またはマイクロソフト、マイクロソフトの関連会社、子会社、委託先が施設を保有するその他の国や地域において保管および処理することができます。本サービスのご利用により、お客様は、お客様が所在する国あるいは地域外への情報の転送に同意したことになります。マイクロソフトは、EU 諸国からのデータの収集、使用、保存についてはアメリカ合衆国商務省によって定められたセーフ ハーバー フレームワークを遵守します。このようなデータの転送の詳細については、「Microsoft オンライン プライバシーに関する声明」を参照してください。

  • パフォーマンスおよび使用状況のデータ  お客様に本サービスを提供するため、当社はサービス パフォーマンス、お客様のコンピュータおよびサービス利用状況に関する情報を収集することができます。当社は、この情報をお客様のコンピュータから自動的にアップロードすることができます。この情報によってお客様個人が特定されることはありません。

  • フィルタリング テクノロジ  当社は、本サービスの保護、お客様の保護、本契約の違反の防止を目的に、テクノロジその他の手段を利用する場合があります。例としては、スパムおよびウィルスを防止し、セキュリティを高めるためのフィルタリングなどがあります。ただし、このような手段によって、お客様による本サービスの利用に支障が生じる場合があります。

  • プライバシー保護のための対策  お客様による本サービスのご利用の際に、第三者との取引を通じて、第三者の個人情報を収集できる場合があります。その場合、(a) 少なくとも、かかる第三者から収集した個人情報の利用目的をすべて開示するプライバシー ポリシーをお客様の Web サイト上で公開し、(b) お客様の Web サイトのホーム ページおよび第三者の個人情報が収集される全ページ (チェック アウト ページを含む) にプライバシー ポリシーへのリンクを掲載し、(c) プライバシー ポリシーで明示的に許可されている目的のみに個人情報を使用するものとします。

ページの先頭へ

13.   ソフトウェア

  • 用途  本サービスの一環としてお客様が当社よりソフトウェア (以下「本ソフトウェア」といいます) を受け取った場合、本ソフトウェアについては、受け取り時にお客様に提示されたライセンスの条件に従って使用するものとします。お客様に対しライセンスが提示されていない場合、当社 (または、お客様の居住地によっては当社の関連会社) は、本契約によって承認された本サービスの使用のみを目的として、お客様の本サービス申込書に記載された台数のコンピュータでのみ、本ソフトウェアを使用する権利を付与します。当社 (または、お客様の居住地によっては当社の関連会社) は、本ソフトウェアに対するその他すべての権利を留保します。本ソフトウェアの使用権は、本サービスを使用する権利が終了または満了したときに終了し、お客様は速やかに本ソフトウェアをアンインストールしなければなりません。当社は、本サービスが終了した日後、本ソフトウェアを無効化することができます。

  • アップデート  当社は、お客様が使用する本ソフトウェアのバージョンを自動的にチェックすることができます。当社は、本ソフトウェアのアップグレードを自動的にお客様のコンピュータにダウンロードし、本サービスのアップデート、拡張および展開を行うことができます。

  • ライセンス条項の適用範囲  本ソフトウェアは、著作権等の知的財産に関する法律と条約により保護されています。本ソフトウェアは使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。本契約により、お客様は本ソフトウェアを使用する限定的な権利を認められます。その他の権利はマイクロソフトがすべて留保します。法律によって明示的に許可されている場合を除き、お客様は、本サービスに含まれるすべてのソフトウェアについて、逆アセンブル、逆コンパイル、またはリバースエンジニアリングを行うことはできません。

  • 輸出規制  本ソフトウェアはアメリカ合衆国および日本国の輸出に関する規制の対象となります。お客様は、本ソフトウェアに適用されるすべての国内および海外の輸出規制法規を遵守しなければなりません。かかる輸出規制法規には、輸入国、エンドユーザー、およびエンドユーザーによる使用に関する制限が含まれます。詳細については、www.microsoft.com/exporting (英語) を参照してください。

ページの先頭へ

14.   使用が許可される素材

  • メディア要素およびテンプレート  お客様は、本サービスに関連するメディア イメージ、クリップアート、アニメーション、サウンド、音楽、シェープ、ビデオ クリップ、テンプレート、および本サービスに関連したその他の形式のダウンロード可能コンテンツ (以下「メディア要素」といいます) にアクセスすることができます。メディア要素にアクセスする場合、お客様の Web サイトを含むソフトウェア製品の一部として、お客様による修正を加えてメディア要素をコピーおよび使用したり、メディア要素を使用許諾、表示、および頒布したりすることができます。ただし、(i) メディア要素を単独で、もしくは何らかのコレクションの一部として、または製品の主要な価値がメディア要素にある場合は製品の一部として、販売、使用許諾もしくは頒布すること、(ii) お客様の製品の顧客に対し、メディア要素を使用許諾または頒布するための権利を付与すること、(iii) 特定可能な個人、政府、ロゴ、イニシャル、エンブレム、商標、または企業を表現したメディア要素を、商業目的で使用許諾もしくは頒布すること、または、製品、企業、活動を推奨したり、それらとの関連を示唆するような方法で、メディア要素を使用許諾または頒布すること、または (iv) メディア要素を使用して、その時点で有効な法律によって規定された意味での猥褻または公序良俗に反する作品を作成することはできません。

    Microsoft Office Online Web サイト (またはその後継サイト) からメディア要素およびテンプレートを取得する場合、Microsoft Office スイートまたはそのいずれかのプログラムに対する有効なライセンス、あるいは Microsoft Clip Gallery または Microsoft Clip Organizer (または Microsoft Clip Organizer の代替製品) を含むマイクロソフト ソフトウェア製品に対する有効なライセンスを所有している場合にのみ、かかるメディア要素およびテンプレートを使用することができます。

  • ドキュメント  お客様は、ホワイト ペーパー、サポート技術情報記事、データシート、FAQ などのサービスに関する情報 (以下「ドキュメント」といいます) にアクセスすることができます。かかるドキュメントは、参照だけを目的として使用することができます。ドキュメントの複製、頒布、改変、二次著作物の作成はできません。当該地域の法律に従って正式に認可された教育機関の場合、教室内での配布だけを目的としてドキュメントをダウンロードして複製することができます。

  • 制限  本サービスで提供されるメディア要素、テンプレート、ドキュメントの利用を許諾するライセンスには、本サービスのデザインやレイアウト、またはマイクロソフトが所有、運用、使用許諾、または管理する Web サイトのデザインやレイアウトに対するライセンスは含まれていません。マイクロソフトからの明示的許可がない限り、本サービスのロゴ、グラフィック、サウンド、イメージを複製または転送することはできません。マイクロソフトおよびその供給者は、メディア要素、テンプレート、ドキュメントの正確性と、お客様の目的への適合性を保証いたしません。本サービスに包含されていることをもって、マイクロソフトがその利用を推奨していることを意味するものではありません。本サービスから得られる情報やデータなどは、投資、税金、または法律に関する助言などを含め、いかなる専門的な助言も意図するものではありません。

ページの先頭へ

15.   Windows Live? ID
当社は、本サービスと組み合わせて使用するための Windows Live ID 資格情報をお客様に提供する場合があります。Windows Live ID は多目的認証 Web サービスであり、これを使用することで Web サイトへのサインインが簡略化されます。お客様は、何らかのソフトウェアまたはハードウェアを使用することにより、直接アクセスするユーザーまたは Windows Live ID を使用するユーザーの数を減らす (ハードウェアやソフトウェアの「マルチプレクシング」または「プーリング」と呼ばれる場合があります) ことはできません。商品やサービスの提供、代金の支払いなど、Windows Live ID をサポートする第三者 (広告主を含む) との取引に関する責任は、すべてお客様が負うものとします。本契約は、お客様が Windows Live ID 資格情報にアクセスする場合や使用する場合に必ず適用されます。Windows Live ID を使用してサイトやサービスにアクセスする場合、当該サイトやサービスの契約条件が適用されることもあります。お客様が利用する各サイトまたは各サービスの利用規約を参照してください。

ページの先頭へ

16.   取引
お客様が本サービスによって、第三者 (第三者が提供するサービスを含む) から何らかの提供を受けた場合、かかる提供に関しては、マイクロソフトではなく、かかる第三者とお客様との関係に基づくものとなることに同意するものとします。お客様と第三者との関係に関するか、これを関与させる請求をお客様が行う場合、その対象は当該第三者のみとし、当該第三者への請求をマイクロソフトが支援した場合であっても、マイクロソフトに対しては請求しないものとします。お客様は、以下に挙げる項目を含め、第三者との取引に全面的責任を負うものとします。

  • 物品およびサービスの配送ならびに支払

  • 注文、支払およびその他の取引の処理および検証

  • 注文あるいは取引に関係する顧客サポート (注文漏れ、請求トラブル、支払いなど)

  • 注文や取引に関連して発生したあらゆる税金の特定、徴収、および納付

  • お客様、およびお客様の関連アカウントによる、第三者の製品やサービスの購入および使用

お客様は以下の内容を表明し、保証するものとします。

  • お客様が広告、販売、頒布する製品およびサービスが合法的に販売および頒布されるものであり、本契約に違反するものではない。

  • お客様が提供する製品およびサービスの販売、頒布、広告に必要なすべてのライセンスをお客様が保有している。

  • すべての販売および広告が準拠法を遵守している。

  • お客様に関連するすべての法令 (お客様による第三者からの情報収集に関連したプライバシー関連法令を含む) を遵守する。

ページの先頭へ

17.   フィードバック
マイクロソフトに対して本サービスに関するフィードバックを提供する場合、お客様は、お客様のフィードバックを、その方法や目的を問わず使用、共有、および商品化する権利を無償でマイクロソフトに譲渡するものとします。またお客様は、第三者が、フィードバックを含むマイクロソフトのソフトウェアやサービスの特定部分を使用し、あるいはこれと連動させるために、第三者の製品、テクノロジ、およびサービスに必要なあらゆる特許権を無償で第三者に供与するものとします。当社がお客様のフィードバックを取り入れたことにより、マイクロソフトが第三者に対しソフトウェアまたはドキュメントの使用を許諾することが必要となるようなライセンスの対象となるフィードバックについては、お客様はこれを提供しないものとします。これらの権利は本契約終了後も有効に存続します。

ページの先頭へ

18.   連絡方法
本契約は電子的形式により実施されます。当社は本サービスに関連する情報をお客様に伝えることを約すと共に、かかる情報を電子的形式により伝える権利を有します。本サービスについては、法律によってお客様に伝えることが義務づけられた情報が他にもある場合があります。かかる情報については、電子的形式でお客様に伝えることができるものとします。

当社は必要な情報を以下の手段によってお客様に提供することができるものとします。

  • 本サービスの登録時にお客様が指定した電子メール アドレス宛の電子メール

  • 当社が、お客様のホーム ページでの通知についてお客様に知らせる電子メールを事前に送信した場合は、お客様のホーム ページ

通知は、電子メールの送信日に行われ、受信されたものと見なします。お客様が本サービスにアクセスでき、利用できる場合にあっては、お客様はかかる通知を受信するために必要なソフトウェアおよびハードウェアを備えているものとします。通知を電子的手段で受け取ることに同意しない場合、お客様は本サービスを解約しなければなりません。

またお客様は、お客様のホーム ページまたは https://billing.microsoft.com で示されている方法で、マイクロソフトに通知を送ることができます。

ページの先頭へ

19.   無保証
マイクロソフトは、本サービスおよび本サービスから得られる結果の信頼性、正確性、および適時性についての保証はいたしません。お客様は、本サービスのセキュリティ対策には固有の限界があること、また、お客様には本サービスがニーズを満たしているかどうかを判断する責任があることを了解するものとします。

本サービスは、使用可能な形で現状有姿のまま瑕疵を問わない条件で提供されます。本サービスの使用から生じる危険は、お客様が負担するものとします。マイクロソフト関係者は、法律上許容される最大限において明示的な保証、担保、または条件を提供しないものとします。お客様が所在する地域の法律によっては、本契約で変更することができない権利が認められる場合があります。法律上許容される範囲において、当社は、商品性、特定目的に対する適合性、仕上げ作業、権利の不侵害、および良好な品質などに関する黙示の保証または条件については一切責任を負いません。

ページの先頭へ

20.   責任の制限
お客様は、1 か月分のサービス料金または 5 米ドル (いずれか大きい額の方が適用されます) を上限として、直接損害についてのみマイクロソフト関係者から賠償を受けることができます。法律上許容される範囲において、お客様は、派生的損害、逸失利益、特別損害、間接損害、または付随的損害を含むその他の損害について、マイクロソフト関係者から賠償を受けることはできません。

この制限は、以下の項目に適用されるものとします。

  • 本サービス

  • 第三者のインターネット サイト上のコンテンツ (コードを含む)、第三者のプログラム、または第三者の行為

  • お客様による本サービスへのアクセスまたは使用に影響を及ぼすウイルスもしくはその他の無効化機能

  • 本サービスと他のサービス、ソフトウェア、およびハードウェアとの間の非互換性

  • 本サービスと関連して、的確かつ適時にお客様が取引を開始、実行、もしくは完了する際の遅延や障害

  • 契約違反、保証規定違反、厳格責任、過失、またはその他の不法行為に対する賠償請求

また、以下の場合にも適用されるものとします。

  • この救済により、お客様の損失が完全には補償されない場合、またはその本来の目的が達成されない場合

  • マイクロソフトがかかる損害の可能性について知っていたか、知っていたはずである場合

一部の州では付随的、派生的損害の除外、または責任の制限が認められていないため、上記の制限事項がお客様に適用されないことがあります。また、一部の国や地域では付随的、派生的、およびその他の損害の除外または制限が認められていないため、上記の制限事項が適用されないことがあります。

ページの先頭へ

21.   賠償請求は 1 年以内に申し立てる
法律上許容される範囲で、本契約書または本サービスに関する賠償請求は 1 年以内に申し立てる必要があります。この場合の 1 年は、賠償請求を申し立てることが可能になった最初の日から起算されます。1 年以内に申し立てなかった場合、その賠償請求は永久に排除されます。本条項はお客様およびお客様の継承者に適用されます。また、マイクロソフトおよびその継承者と譲受人にも適用されます。

ページの先頭へ

22.   マイクロソフト法人、準拠法、および紛争解決の場所

本契約は、お客様とお客様の国または地域のマイクロソフト法人との間で締結されます。下記の表で、お客様が居住する国 (個人として契約する場合) またはお客様の会社の所在地 (法人として契約する場合) を選択してください。次に、お客様と契約するマイクロソフト法人が表示され、そのマイクロソフト法人との紛争を解決する際の準拠法と場所が表示されます。

お客様の居住地、または本社が所在している国または地域を選択してください。

Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, WA 98052
米国

抵触法に関わらず、本契約の解釈および契約違反に対する賠償請求については、ワシントン州法に準拠するものとします。消費者保護法、不正競争防止法、および不法行為に関係する賠償請求を含め、その他の賠償請求についてはすべて、お客様が居住する米国内の州の法律に準拠するか、お客様が米国外に居住している場合は、お客様が利用しているサービスを当社が運営している国もしくは地域の法律に準拠するものとします。お客様および当社は、本契約から発生したか、これに関係するすべての紛争について、アメリカ合衆国ワシントン州キング カウンティの州裁判所および連邦裁判所の専属管轄権を取り消し不能の形で承認するものとします。

Microsoft Luxembourg S.a.r.l.
20 Rue Eugene Ruppert
Immeuble Laccolith, 1st Floor
Luxembourg 2543

抵触法に関わらず、本契約の解釈および契約違反に対する賠償請求については、ルクセンブルグの法律に準拠するものとします。消費者保護法、不正競争防止法、および不法行為に関係する賠償請求を含め、その他の賠償請求についてはすべて、お客様が利用しているサービスを当社が運営している国もしくは地域の法律に準拠するものとします。お客様および当社は、本契約から発生したか、これに関係するすべての紛争について、ルクセンブルグの裁判所の専属管轄権を取り消し不能の形で承認するものとします。

〒 151-8583
東京都
渋谷区代々木2-2-1
小田急サザンタワー
マイクロソフト株式会社

本契約、および本契約から生じた事項または本契約に関連する事項はすべて、日本の法律に準拠します。お客様および当社は、専属管轄権が東京地方裁判所に帰属することに取り消し不能で同意します。

Microsoft Operations Pte Ltd
1 Marina Boulevard
#22-01 One Marina Blvd
Singapore 01898

本契約は、シンガポールの法律に準拠します。本契約に起因または関連して生じる紛争は、その存在、有効性、もしくは解除に関する疑義を含め、シンガポール国際仲裁センター (SIAC) の仲裁規則に基づき、シンガポールにおける仲裁に委ね、最終的に解決するものとします。当該規則は、参照により本条項に組み込まれたものとみなします。裁決機関は、SIAC の会長が指名する仲裁人 1 名によって構成されるものとします。仲裁に用いる言語は英語とします。仲裁人の決定は最終的なもので、拘束力を有し、異議の申し立てはできないものとし、また、お客様が居住する国もしくは地域における判断の基準として用いることができます。

Microsoft Regional Sales Corporationはアメリカ合衆国ネバダ州法に基づき設立され、シンガポールに支社を有する法人であり、その主たる事業所の所在地は下記のとおり。
438B Alexandra Road,
#04-09/12, Block B,
Alexandra Technopark
Singapore, 119968

抵触法に関わらず、本契約は、アメリカ合衆国ワシントン州法に準拠します。本契約に起因または関連して生じる紛争は、その存在、有効性、もしくは解除に関する疑義を含め、シンガポール国際仲裁センター (SIAC) の仲裁規則に基づき、シンガポールにおける仲裁に委ね、最終的に解決するものとします。当該規則は、参照により本条項に組み込まれたものとみなします。裁決機関は、SIAC の会長が指名する仲裁人 1 名によって構成されるものとします。仲裁に用いる言語は英語とします。仲裁人の決定は最終的なもので、拘束力を有し、異議の申し立てはできないものとし、また、お客様が居住する国もしくは地域における判断の基準として用いることができます。

Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, WA 98052
米国

抵触法に関わらず、本契約は、アメリカ合衆国ワシントン州法に準拠します。アメリカ合衆国ワシントン州キング カウンティの州裁判所および連邦裁判所の管轄権が非専属的な管轄権となります。

Microsoft Korea, Inc.
POSCO Bldg
8th Floor
892 Daechi 4-Dong
Kangnam-Gu
Seoul, Korea 135-777

本契約は、大韓民国の法律に準拠します。お客様および当社は、ソウル地方裁判所の専属管轄権に取り消し不能で同意します。

Microsoft Taiwan Corporation
8F, No 7 Sungren Road
Shinyi Chiu, Taipei
Taiwan 110

本契約は、台湾の法律に準拠します。お客様と当社は、台北地方裁判所を本契約から生じたあらゆる紛争または本契約に関連するあらゆる紛争に対する管轄権を有する第一審裁判所として取り消し不能で指定します。

ページの先頭へ

23.   契約の解釈
本契約のすべての条項は、法律上許容される範囲内で最大限に適用されます。本契約の一部について、本契約に記載されたとおりには執行することができないと裁判所によって判断される場合があります。かかる事態が発生した場合、当該執行不能箇所は、その意図に最も近い別の条件に置き換えるものとします。本契約の他の部分は変更されません。本契約は、その他の注意事項や行動規範と共に、本サービスについてのマイクロソフトとお客様の間で結ばれる全面的な契約になります。本契約は本サービスに関連するその他の契約や声明のすべてに優先します。お客様が本サービスに関する秘密保持義務を負っている場合 (プレリリース バージョンのサービスのテスターである場合など)、当該秘密保持義務の効力は継続するものとします。本契約の条文の見出しによって、本契約の他の条文が制限されることはありません。

ページの先頭へ

24.   譲渡
マイクロソフトは、お客様に通知することなく本契約の全体または一部を随時譲渡することができます。お客様は、本契約または本契約の一部を第三者に譲渡することはできません。お客様によるかかる譲渡の試みはすべて無効とします。ただし、お客様は本サービスを解約することができます。お客様が本サービスを解約した場合、かかる第三者はサービス アカウントを取得し、当社と契約を締結することができます。

ページの先頭へ

25.   不可抗力
マイクロソフトは、戦争、侵略、電力不足、テロ、地震、天災など、マイクロソフトが制御できない事象に起因する損失、損害については一切の責任を負うことなく、また本契約の違反とはみなさないものとします。

ページの先頭へ

26.   注意事項
株価情報
本サービスで表示される株価情報は、S&P ComStock, Inc. により提供されます。他に特段の表示がない限り、株価情報は 20 分以上遅れて提供されます (NASDAQ 株価情報は 15 分以上の遅れです)。「リアルタイム情報」と表記された株価情報は、S&P ComStock, Inc. から受信した後、遅延なく表示されるものです。お客様が実際にリアルタイム情報を受信するまでには、インターネット上の伝達時間などの影響を受ける場合があります。すべての株価情報には、データの新しさを示すために「最終取引時刻」が表示されます。

本サービスにおいて、S&P ComStock, Inc. (以下「ComStock」といいます) およびその関連会社により提供されるすべての情報 (以下「ComStock情報」といいます) は、ComStock およびその関連会社が所有し、許諾するものであり、すべてのユーザーは個人的な使用に限り、ComStock 情報の保存、操作、分析、書式変更、印刷、表示を許可されます。ユーザーはいかなる形式でも、またいかなる人が対象であっても、ComStock 情報を出版、再送信、再配布、または複製することはできません。また、ユーザーは証券、投資、会計、金融、法務、メディア事業や企業などに関連して、ComStock 情報を利用することはできません。お客様が ComStock 情報に基づいて証券取引を行う場合、事前に、利用する証券会社や金融機関の担当者などに価格情報を確認することをお勧めします。ComStock およびその関連会社は、ComStock 情報について、明示的であると黙示的であるとを問わず (商品性、特定目的や用途に対する適合性の保証などを含め) 一切の保証をいたしません。ComStock 情報は現状有姿のままユーザーに提供されます。ComStock およびその関連会社は、その原因のいかんを問わず、ComStock 情報の中断、不正確性、誤り、脱落と、それより生じた損害 (直接的または間接的を問わず、間接損害、派生的損害、懲罰的損害賠償など) については、ユーザーまたはその他の者に対し一切の責任を負わないものとします。

著作権表示
All contents of the service are Copyright c 2007 Microsoft Corporation and/or its suppliers, One Microsoft Way, Redmond, Washington 98052-6399 U.S.A.All rights reserved.

著作権の尊重
コンテンツ作成者の権利を尊重してください。音楽、写真、およびビデオなどのコンテンツは著作権によって保護されている場合があります。コンテンツに登場する人は自分の映像の使用を管理する権利を有しています。権利を有するか、所有者から許可を得ているか、あるいは法律で認められている場合を除き、他の人のコンテンツを共有することはできません。

商標表示
Microsoft は Microsoft Corporation の登録商標です。商標情報は、http://www.microsoft.com/library/toolbar/3.0/trademarks/ja-jp.mspxでご確認ください。本契約書で明示的に付与されていない権利はすべてマイクロソフトが留保します。

著作権侵害のクレームの通知と手続き
United States Code Title 17 (米国著作権法)の Section 512 (c) (2) に基づき、著作権侵害のクレームの通知は、当社指定のエージェントに送付する必要があります。以下の項目に関係のないお問い合わせについては回答いたしません。Notice and Procedure for Making Claims of Copyright Infringement」(英語情報) を参照してください。

ページの先頭へ

27.   Domain Name Service

  • サービス  お客様が本サービスを使用してドメイン名を登録、更新、譲渡する場合、マイクロソフトはお客様を認定レジストラ Melbourne IT Limited に接続します。Melbourne IT などの認定レジストラは、ドメイン名の登録、更新、譲渡を行っています。ccTLD および gTLD に関するドメイン サービス契約 (以下「ドメイン サービス契約」といいます) は、Melbourne IT など認定レジストラとお客様の間の契約であり、マイクロソフトとお客様の間の契約ではありません。ドメイン サービス契約は、お客様のドメイン名の登録、更新、譲渡に適用されます。お客様がドメイン名を使用するにあたっては、Internet Corporation for Assigned Names and Numbers (以下「ICANN」といいます) のポリシーにも従うものとします。このポリシーには、ICANN Uniform Domain Name Dispute Resolution Policy (http://www.icann.org/udrp/#udrp) が含まれます (英語情報)。

  • マイクロソフトは、お客様が登録または更新を希望するドメインの利用可能性を管理するものではありません。お客様は、本サービスおよび Melbourne IT を介して登録、更新、譲渡するドメイン名が第三者の権利を侵害しないことを表明し、保証するものとします。

  • パブリック レジストリ  お客様は、氏名、住所、電話番号、電子メール アドレスなどの連絡先情報が Melbourne IT によって収集され、パブリック レジストリに記録されることを了解するものとします。

  • サービスの終了  本サービスの契約を締結した最初の 5 日間を除き、お客様または当社が本サービスを解約した場合、お客様のドメイン名は当該年次期間については、登録された状態のまま維持されます。ただし、当該ドメイン名で本サービスを利用することはできません。当該ドメイン名を使って電子メール サービスを利用することや、お客様の Web サイトを指定することはできなくなります。お客様または当社が本サービスを解約した後、ドメイン名の更新および所定の更新費用の支払についてはお客様が責任を負うものとします。お客様は、本サービスを解約することで解約料を請求されることがあり、その場合、本サービスの規約で定められた解約料を全額支払うものとします。本サービスを解約した場合でも、お客様の課金アカウントに対する料金および解約料の全額を支払う義務が免除されることはありません。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×