MessageBox マクロ アクション

Access データベースでは、MessageBox マクロ アクションを使用し、警告または情報メッセージを含むメッセージ ボックスを表示できます。たとえば、検証 マクロで MessageBox マクロ アクションを使用できます。コントロール または レコード がマクロの検証条件を満たさないとき、メッセージ ボックスにエラー メッセージが表示され、入力する必要のあるデータの種類に関する指示が与えられます。

注: このトピックには、一部の言語には当てはまらない内容が含まれています。

注: Access 2010 より、メッセージ ボックス マクロ アクションの名前が MsgBox から MessageBox に変更されました。

Access デスクトップ データベースの設定

Access デスクトップ データベースの MessageBox マクロ アクションには、次の引数があります。

アクションの引数

説明

メッセージ

メッセージ ボックスのテキスト。[メッセージ] 引数ボックスにメッセージ テキストを入力します。最大 255 文字か 式 (先頭に等号を付ける) を入力できます。

警告音

メッセージが表示されたときにコンピューターまたはデバイスのスピーカーで警告音を鳴らすかどうかを指定します。[はい] (警告音を鳴らす) または [いいえ] (警告音を鳴らさない) を選択します。既定値は [はい] です。

種類

メッセージ ボックスの種類。種類ごとにアイコンが異なります。[なし]、[重大]、[警告?]、[警告!]、[情報] のいずれかを選択します。既定値は [なし] です。

タイトル

メッセージ ボックス タイトル バー に表示されるテキスト。たとえば、タイトル バーに「Customer ID Validation (顧客 ID 検証)」と表示させることができます。この引数を空白のままにすると、「Microsoft Access」が表示されます。

Access Web アプリの設定

Access Web アプリの MessageBox マクロ アクションには、引数が 1 つしかありません。

アクションの引数

説明

メッセージ

メッセージ ボックスのテキスト。[メッセージ] 引数ボックスにメッセージ テキストを入力します。最大 255 文字か 式 (先頭に等号を付ける) を入力できます。

解説

Access デスクトップ データベースでは、MessageBox マクロ アクションを使用し、Access で表示される組み込みエラー メッセージに似た、書式設定されたエラー メッセージを作成できます。MessageBox マクロ アクションでは、メッセージ引数の 3 つのセクションでメッセージを指定できます。セクションは「@」文字で分離します。

次は書式設定されたメッセージ ボックスの例です。メッセージが区分けされています。メッセージのテキストの最初のセクションは太字の見出しとして表示されます。2 つ目のセクションはその見出しの下にプレーン テキストとして表示されます。3 つ目のセクションは 2 つ目のセクションの下にプレーン テキストとして表示されます。セクションの間に空の行が入ります。

[メッセージ] 引数に次の文字列を入力します。

Wrong button!@This button doesn't work.@Try another.

注: この特別な書式設定方法は Access Web アプリでは使用できません。

Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでは MessageBox アクションを実行できません。代わりに、MsgBox 関数を使用します。

メッセージ ボックスのシナリオ

次は、MessageBox マクロ アクションを利用するさまざまなシナリオ例です。

操作

引数

コメント

MessageBox

メッセージ:製品を確認する仕入れ先の記録に移動し、[製品レビュー] ボタンを再度クリックします。

警告音:いいえ

種類:なし

タイトル:仕入先を選択する

この例では、仕入先フォームに現在の仕入先がない場合、メッセージが表示されます。メッセージの付いたアイコンは表示されません。

MessageBox

メッセージ:仕入先の名前を入力してからレコードを保存してください。

警告音: はい

種類:警告!

タイトル:仕入先の名前がない

この例では、ユーザーがレコードを保存しようとしたとき、レコードに仕入れ先の名前がない場合、メッセージが表示され、音が鳴ります。感嘆符アイコンとメッセージが表示されます。

MessageBox

Message: ="The supplier " & [Forms]![Suppliers]![Supplier Name] & " is already in the database."

警告音: はい

種類:重大

タイトル:仕入先が重複している

このデスクトップ データベースの例では、重複する仕入れ先名が仕入れ先フォームに入力されます。[メッセージ] 引数で、式によりカスタム メッセージ テキストが連結され、仕入れ先フォームの仕入れ先名コントロールに入力された仕入れ先名が表示されます。音が鳴り、メッセージと重大アイコンが表示されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×