MacID 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

4 文字の定数を、Dir 関数、Kill 関数、Shell 関数、および AppActivate 関数で使用可能な値に変換するために Macintosh で使用します。

構文

MacID ( constant )

必須の引数 constant は、リソースの種類、ファイルの種類、アプリケーション シグネチャ、または Apple Event を指定するために使用される 4 文字で構成されます。たとえば、TEXT、OBIN、または Excel ファイルの場合は "XLS5" (Excel 97 の場合は "XLS8")、Microsoft Word の場合は "W6BN" (Word 97 の場合は "W8BN") などとなります。

解説

MacID 関数は、Macintosh のファイルの種類を指定するために Dir 関数および Kill 関数と共に使用されます。Macintosh ではワイルドカードとして "*" および "?" がサポートされないため、代わりに 4 文字の定数を使用してファイルのグループを識別できます。たとえば、次のステートメントは種類が TEXT のファイルを現在のフォルダーから返します。

Dir("SomePath", MacID("TEXT"))

MacID 関数は、アプリケーションの一意のシグネチャを使用してアプリケーションを指定するために Shell 関数および AppActivate 関数と共に使用されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×