Mac 上でアクセシビリティ チェックを使用して、アクセシビリティの問題を見つけて解決する

スペル チェックでスペル ミスを見つけられるのと同様に、アクセシビリティ チェックでは、アクセシビリティに関する問題を見つけて修正することができます。

アクセシビリティ チェックでは、見つかった問題のレポートが表示され、それぞれの問題が障碍を持つユーザーにとって支障になる理由が示されます。最後に、問題を修正する方法が示されます。

アクセシビリティ チェックのルール

アクセシビリティ チェックでは、一連のルールに照らしてファイルをチェックすることで、障碍を持つユーザーにとって支障になる可能性がある問題が確認されます。各問題は、エラー、警告、またはヒントとして分類されます。

  • エラー 障碍のある人がファイルの内容を理解するのをとても難しくする、または不可能にする問題です。

  • 警告 すべてではありませんが、ほとんどの場合、障碍のある人がファイルの内容を理解するのを難しくする問題です。

  • ヒント 障碍のある人がファイルの内容を理解するのを妨げる問題ではありませんが、よりアクセシビリティが向上します。

解決するには、コンテンツの変更、書式の変更、または更新が必要な問題もあります。

アクセシビリティ チェックは、コンテンツのアクセシビリティを改善するために使うことができる Office の機能についても通知します。

アクセシビリティ チェックを使う

  1. Word、Excel、PowerPoint では、[校閲]、[アクセシビリティ チェック] の順に選択します。

    [校閲] リボンと [アクセシビリティ チェック] アイコンのスクリーン ショット

    OneNote では、[ツール]、[アクセシビリティ] の順に選択します。

    [アクセシビリティ チェック] メニュー

    Outlook では、メール メッセージを作成するときに、[オプション]、[アクセシビリティのチェック] の順に選択します。

    アクセシビリティ チェックを起動する Outlook の UI のスクリーンショット
  2. [アクセシビリティ チェック] ウィンドウに検査結果が表示されます。

  3. 特定の問題を選択すると、問題を修正する必要がある理由、およびコンテンツを変更するための手順が表示されます。

    アクセシビリティ チェック メニューのスクリーン ショット

詳細情報

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×